ザーゴ監督解任決断は「札幌戦」、鹿島の鈴木満FDが危惧していた開幕戦での逆転負け「ベースを崩壊させた」

2021.04.15 12:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
鹿島アントラーズの鈴木満フットボールダイレクター(FD)が、監督交代についての経緯を明かした。14日、鹿島はアントニオ・カルロス・ザーゴ監督の解任を発表。後任にコーチを務めていたクラブOBの相馬直樹氏の就任を発表した。

昨シーズンは開幕4連敗からスタートしたザーゴ体制。しかし、シーズン途中から調子を取り戻すと、7連勝を飾るなど順位を上げて5位でフィニッシュしていた。


その中で迎えた今シーズンは再び開幕から不調。8試合を終えて2勝2分け4敗で15位に低迷しており、ザーゴ監督の解任に至った。

監督交代を決めたタイミングについては「色々、毎試合考えるので、色々考えてきました。最終的には、この前の札幌戦です」とコメント。アウェイでの試合で前半に2ゴールを奪いリードしながらも、2-2と追いつかれて勝ち切れなかったことで決断したと明かした。

選手たちのプレーに自信が感じられず、ピッチ上でのミスも多い鹿島。鈴木FDは「理由は色々あると思いますが、やっぱりベースがあって、方向性がみんなが共有できていなかったというか、迷いがやっぱりあって、そういう状況でプレーすると自信もないですし、ミスも多くなる。そういう状況だったのかなと」と語り、チームとしてのベースが失われていたと語った。

今シーズンの鹿島は、札幌戦に似たケースが何度もある。例えば開幕戦の清水エスパルス戦。拮抗した展開でゴールレスのまま試合が終盤に差し掛かると、75分に荒木遼太郎のゴールで先制。従来の鹿島であれば、この1点を守り切って勝利を収めるところだが、78分にチアゴ・サンタナに同点ゴールを許すと、後藤優介、そしてオウンゴールと立て続けに3失点を喫して敗れた。

鈴木FDはこの試合に触れ、「開幕戦の清水戦でそれなりにゲームをコントロールしている中で、後半あと15分ぐらいで1点を取りましたが、そのあとはしっかりと守り切らないといけなかった」とコメント。「あそこから3点取られて負けたことで、チームの自信というか、ベースがガタガタっと崩れたというか。それがずっと尾を引いたという感じがしています」とし、シーズンスタートでつまづいたことが影響していると語った。

また「本来ああいった展開でなかなか点が取れなくて、0-0で終わったり、無理して点を取りにいって逆に1点取られて負けたりっていうような試合はあると思うんです。ただ、あの展開になって勝ち切れずに3点取られて負けた。これはチームのリズムを狂わせた、ベースを崩壊させた要因になった試合だったかなと思います」とし、開幕戦でのプレーぶりが全てだったと振り返った。

さらに、2-1で敗れた浦和レッズ戦についても言及。スコアは1点差だったが、内容では完敗だった試合だが、「特に今年で言えば、あの浦和戦は、内容も良くなかったです。ちょっと、これではな、と思いを強くした試合でもありました。鹿島の良さというところを、もう一度思い直す、思いを強くしてやっていかなければいけないと感じました。そこは相馬監督とも話しましたし、きっと立て直してくれると思います」と振り返った。

2シーズン続けて開幕からつまづいたザーゴ体制。鈴木FDは今シーズンに期待していたことも明かした。

「去年監督も代わり、選手もかなりの人数が代わって、スタートはちょっと苦労するかなという思いはあって、その通りになりましたが、後半盛り返して、戦術的にも前からプレシングというベースもできましたし、それをベースに今年はさらにそこに積み上げていく、上乗せして戦っていって、優勝を目指すという狙いがありましたが、なかなか上手くいかなかったということです」

昨シーズンの積み上げが今シーズン発揮できなかった鹿島。例えば、補強したMFディエゴ・ピトゥカ、MFアルトゥール・カイキが新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で入国できず、チームへの合流が遅れたこともあるだろう。

その中でも上手くいかなかったと感じる点については「去年のベースの上に上乗せするというスタートがなかなか切れずに、ベースを少し崩してしまった中で、ベースに戻すような作業、状況のスタートになってしまった。なかなか噛み合わなかったという感じです」と語り、やはり開幕戦でのつまづきが大きかったと分析しているようだ。

その中で後任を託されたのが相馬監督。「できるだけ長くやって欲しいという思いでのオファーです」と語り、監督として結果を残して欲しいとコメント。そのため、タイトルという目標も変更せず、「目標はタイトルを目指して戦う、タイトルを獲るということは変わりません。そのために目の前の試合、1試合1試合を勝っていく、全ての試合で勝ちたいという目標でやっているので、それは変わりません」とし、クラブとして目指すところがぶれていないことを強調した。

首位の川崎フロンターレが勝ち点を大きく積み上げている中で、盛り返すことは非常に難しい状況となる。その中で指揮を執る相馬監督に期待することについては「相馬はウチ以外でも監督経験がありますし、OBでもあって、将来的には監督をやって欲しいという思いがあった」とし、コーチ就任時から、いずれは監督を任せたいと考えていたとのこと。その中でも「相馬は意外ときめ細やかで神経質なところもあって、一回外国人監督の下で外国人の良さを学んで、もう少し自分が大きくなってくれて、良い指導者に成長してくれたらなと思っていました」とし、ザーゴ監督の下で、指導者としてのさらなる成長に期待していたと語った。しかし、解任により急遽監督就任に。「将来的にはどこかで監督等をやってくれればという思いはありましたが、それがちょっと早まったという感じです」とし、期待を寄せていた。

また、ザーゴ体制時の問題点についても修正できる力があると期待を寄せている状況。「前から行かなきゃいけない、前からディフェンスするという意識だけで、FW、MF、DFのラインで、ちょっと意識の共有ができていない状況で、無理に行ってカウンターを食らって失点する。無失点の試合が非常に少ないという中で、相馬に期待しているのは、彼はディフェンスをしっかり組織化するというか、そういうのが得意な監督でもあるので、守りのベースをもう一回整理しようかなという思いもあり、そこが一番期待していることです」とし、守備の立て直し、リードを守り切るところを期待していると語った。

鹿島は17日に予定されている徳島ヴォルティス戦からカップ戦を含めて13連戦。チームと立て直す時間は取れない中で試合がやってくるが、しっかりとベースを作り直すことができるかに注目だ。
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:鹿島vsFC東京】ボールを動かし主導権を握るのは?先制点がカギ

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月9日(日) 17:00キックオフ 鹿島アントラーズ(15pt/10位) vs FC東京(15pt/11位) [県立カシマサッカースタジアム] 前節はアウェイで快勝した鹿島と、ホームで完敗を喫したFC東京の一戦。 勝ち点で並ぶ両者だが、上位に浮上するには負けられない一戦となる。 ◆上位との対決を前に勢いを【鹿島アントラーズ】 前節は横浜FCとアウェイで対戦し、0-3で快勝。前半で2ゴールを奪うと、終盤にも加点し、危なげなく勝利を収めた。 相馬直樹新監督を迎えてからのリーグ戦3試合は2勝1分け。監督交代の結果が出ていると言って良いだろう。あとは継続あるのみだ。 ボールを握って繋いでいくスタイルを継続しているが、同じタイプの相手は得意ではない。そのため、このFC東京戦は1つのターニングポイントになる可能性がある。 さらに、この先の相手がハードスケジュールに。名古屋グランパス、横浜F・マリノス、サガン鳥栖、セレッソ大阪、川崎フロンターレと、上位陣との連戦が。この上位陣との試合が今シーズンの行方を大きく左右することになるだけに、まずはFC東京をしっかりと叩いておきたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:レオ・シルバ、三竿健斗 MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、土居聖真 FW:染野唯月 監督:相馬直樹 ◆苦しい4連敗、脱出への道は守備【FC東京】 前節はホームに横浜F・マリノスを迎えての一戦となったが、結果は0-3で完敗。力の差を見せつけられてしまう形となった。 気が付けば4連敗。順位も11位とボトムハーフに転落。優勝を掲げて臨んだシーズンとしては、全くもって想定外の結果と言えるだろう。 今シーズンの大きな課題は守備の不安定さ。失点数が多いこともあるが、ピッチ上で見られるミスが多く、良い守備からリズムを作ることがほとんどできていない。 攻撃陣も元気が無く、決定的な仕事ができていない状況。チーム全体としてのリズムが好調時とは違い、そのためにも守備をしっかりと立て直していきたいところだ。 勝ち点で並ぶ鹿島との一戦。似たスタイルを掲げているだけに、守備がしっかりとハマれば結果は自ずとついてくるはず。一方で、ハマらなければ無残に敗れる可能性もあるだけに、しっかりと守備から入っていきたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:波多野豪 DF:岡崎慎、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川諒也 MF:東慶悟、安部柊斗、森重真人、アダイウト FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラン 監督:長谷川健太 2021.05.09 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

実はイジられキャラ? ヒゲが特徴的な鹿島MFアルトゥール・カイキの武器は「パワーとスピード、そして決定力」

鹿島アントラーズに新加入したブラジル人MFアルトゥール・カイキが、初めてメディア取材に応じた。 アルトゥール・カイキはコリチーバやフィゲイレンセ、フラメンゴ、シャペコエンセなどでプレー。2018年にアル・シャバブへと加入すると、バイーアやクルゼイロへ期限付き移籍。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは、130試合に出場し25ゴール10アシスト、セリエBでは101試合に出場し25ゴール4アシストを記録していた。 4月7日に来日したアルトゥール・カイキは、Jリーグバブルによる隔離期間を終えてチームに合流。まだデビューはしていないが、チームトレーニングを行なっている状況だ。 そのアルトゥール・カイキは、3日にオンライン取材に応対。初めてのメディア対応となった。 まず、現在のコンディションについては「ずっと準備をしてきましたし、Jリーグバブルに入ってもギリェルメ フィジカルコーチとオンラインでやっていました」とコメント。「1人でやるのは気持ちの部分であって、真剣に取り組むしかなかったです」と語り、「今はみんなと顔を合わせて一緒にトレーニングできて嬉しいですし、自分のコンディションを戻して、監督が選べる1人に早くなりたいなと思っています」と、さらにコンディションを上げて、チームのメンバーに選ばれたいと語った。 自身のプレーの特徴については「パワーとスピードだと思っています」とコメント。「あとは武器といえば決定力だと思うので、それを発揮できればと思います」と語り、左サイドを主戦場とする中で、カットインからのシュートなどにも自身をうかがわせた。 まだ試合出場には時間がかかりそうなアルトゥール・カイキ。それでも出場するとなった場合には「自分が出場できるかどうかは監督が決めることですが、攻撃の選手としても守備をしなくてはいけないと思っています」と語り、「キャリアでもそういった意識でプレーしてきたので、そういったところ、チームとしてやるべきことをやって自分の色を出していければと思います」と、チームが目指すやり方に合わせつつ、良さを出したいと意気込んだ。 鹿島のチームに合流して数日が立つが、チームの印象としては「今日は2日前に試合があったので、リカバリーを兼ねてのものであり、緊張感をほぐすことも必要だと思います」とレクリエーション中心のメニューについてコメント。「試合もずっと見ていて、練習もチームメイトとやっていますが、どのポジションも技術的に高い選手がいて、非常に選手層が厚いと思います」と語り、チーム内での競争が激しくなりそうという印象を持っているようだ。 また、ジーコTD(テクニカルダイレクター)との会話についても明かし「1つは来た時にサッカー用語を渡されて、これを覚えておけと言われました。ピッチ内でコミュニケーションを取らないといけないので、最低限の言葉を教えられました」とし、ピッチで使う日本語を教えられたとコメント。また「僕が何をすべきかを細かくアドバイスくれていて、日本の生活やサッカー、クラブの歴史などについても聞きました」と多くのアドバイスを受けたようだ。 一方で、「練習量が少ないというのはずっとからかわれています」とし、「コロナで活動できない期間が長かったので、冗談でよく練習をもっとしろと言われています」と、イジられることが多いキャラクターのようだ。 <span class="paragraph-title">◆「威圧感もあると思う」</span> そのイジりは、特徴的な風貌のヒゲにも表れている。「2016年からこういったヒゲを生やしていて、1つは奥さんが気に入ってくれているのと、娘に切らないでとも言われています」と家族もお気に入りだとコメント。「でも、今日は他のブラジル人選手に老けて見えるとからかわれていました」と語り、ヒゲについてもイジられるようだ。 そのヒゲを伸ばしている理由は「元々薄くヒゲを生やしていましたが、伸ばしてみようかなという単純なキッカケです」と語り、「伸ばしたら意外に良かったので単純に伸ばしているだけです」と、何か思いを込めているというものではないとのことだ。それでも「風貌がこういう感じだと威圧感もあると思うので」と、相手選手への圧をかける意味もあると明かしてくれた。 今回鹿島への移籍を決めた理由については「パラナ・クルーベでプレーしていた時から色々な打診があったんですが、日本に行く機会はなかったです。バイーアでも日本でプレーした選手から話を聞いて、日本の良い話しか聞いていなかったです」とコメント。日本の良い話を聞くことはあったが、移籍の話はなかったという。 そんな中で日本行きのキッカケを生み出したのは日系3世の奥さんだったとのこと。「奥さんが代理人に日本からのオファーはないの? と言ったら、翌日に日本からオファーがあると言われて、すぐに決めました」とコメント。憧れていた日本行きが決まった経緯を明かしてくれた。 奥さんの祖母が日本人という日本との縁があったアルトゥール・カイキ。日本食についても興味があるようで「もともと奥さんが日系なので、よくブラジルで日本食を食べていました。ブラジルで食べていた日本食が、日本のものを同じかどうかを感じてみたいというのはあります」と語った。 また、Jリーグには知り合いがいると言い。「水曜日に対戦するアビスパの(ドウグラス・)グローリ選手からも直接聞いていますし、レオ(・シルバ)と僕の共通の友人からも聞いています」とコメント。Jリーグや日本のことはよく話に聞いていたという。 日本については「ブラジルにいるサッカー選手は日本の生活のことをみんな良いというので、生活が良ければ、そこでサッカーをする環境はもっともっと良いと僕たちは繋げます」とコメント。「日本以上の生活をする国はないというのはみんなが言っています」と語り、国としての日本が良いことから、日本の良い環境でサッカーがしたいと思うようになったようだ。 そのアルトゥール・カイキは家族の存在もモチベーションになっているとのこと。「ちょうどブラジルとの時差があるので、今頃(19時ごろ)の時間帯から家族と連絡を取り合います」と語り、「今の状況の中でやっていくしかないので、1日でも早くコロナが収まって家族と会えればと思う。ピトゥカやレオ、エヴェラウドも早く家族に会えればと思う」と、ブラジルにいる家族に会える日を待っていると語った。 それでも「僕はサッカーしかプレーできないので、サッカーでチームに良い影響をもたらせて、将来的に娘たちに良い生活をさせてあげるためにプレーしています」と語り、家族のために鹿島で結果を出していきたいと意気込みを語った。 2021.05.03 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:横浜FCvs鹿島】監督交代の2クラブ、変化見られない横浜FCか復調中の鹿島か

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月1日(土) 17:00キックオフ 横浜FC(2pt/20位) vs 鹿島アントラーズ(12pt/13位) [ニッパツ三ツ沢球技場] ここまで未勝利で最下位の横浜FCと、今季もスタートでつまづいた13位鹿島の一戦。 J1でこの時点で監督交代に踏み切っている両者がぶつかり合う。 ◆カップ戦勝利をリーグ戦に繋げられるか【横浜FC】 ミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップでは柏レイソルを相手に2-0で勝利。ルヴァンカップではグループで首位に立つなど2勝目を記録。早川知伸監督就任後の初白星を記録した。 この勝利をキッカケに、リーグ戦でも勝利と行きたいところ。しかし、この勝利も手放しで喜べるものとはなかなか行かない。 相手の柏は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて入国できず、14日間の隔離措置を終えてチームに合流して間もない4人の助っ人を起用。さらに10代の選手を起用するなど、主力とは言えないチーム構成だった。 さらに、リーグ戦に目を移せば、前節の横浜F・マリノスとの“横浜ダービー”では5-0で完敗。盛り返しそうなタイミングもあったが、隙を見せた瞬間に一気にやられてしまった。 試合後にはサポーターからも怒号が飛び、監督交代も状況が好転していない状態。苦しい戦いはまだ続いている。 一部の主力選手はカップ戦でも起用されていただけに、中2日での試合にどう影響が出るのか心配だが、久々の勝利が背中を押してくれることを願い、リーグ戦初勝利を目指す。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:南雄太 DF:前嶋洋太、伊野波雅彦、袴田裕太郎、武田英二郎 MF:小川慶治朗、瀬古樹、手塚康平、松尾佑介 FW:伊藤翔、クレーべ 監督:早川知伸 ◆前線に離脱者続出、どう乗り切るか【鹿島アントラーズ】 前節はホームにヴィッセル神戸を迎えての一戦。相馬直樹監督になってのリーグ戦2戦目となった試合は、1-1の引き分けに終わった。 ミッドウィークのルヴァンカップはアウェイでのサガン鳥栖戦で2-2のドロー。相馬監督就任後は公式戦4試合で2勝2分けという状況だ。 しかし、チームには気掛かりな部分もある。今季は無得点だったが昨季のチーム得点王であるFWエヴェラウドが離脱。さらに、神戸戦では上田がヒジを負傷しながらもゴールを決めていたことが判明。離脱となった。 加えて鳥栖戦では腰痛持ちの染野唯月も途中交代。チームとして前線が不足している状況が生まれているのが懸念点だろう。 相馬監督がこの辺りをどう策を講じるのか。鳥栖戦で土居聖真を前半だけで下げていることもあり、横浜FC戦はゼロトップの可能性もあり得るだろう。何れにしても、勝利を掴むためにしっかりと戦いたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:レオ・シルバ、三竿健斗 MF:小泉慶、荒木遼太郎、白崎凌兵 FW:土居聖真 監督:相馬直樹 2021.05.01 13:10 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島の監督を解任されたザーゴ氏、ブラジル復帰希望もオファーは今の所なし

成績不振により鹿島アントラーズの監督を解任されたアントニオ・カルロス・ザーゴ氏だ(51)が、現時点でオファーがないようだ。ブラジル『Diario do Nordeste』が伝えた。 ザーゴ監督は、2020年1月に鹿島の監督に就任。2020シーズンは開幕から4連敗と大きくづまづいた中、シーズン中盤から盛り返すと、最終的には5位でシーズンを終えていた。 優勝候補にも挙げられた中で迎えた2021シーズンも開幕ダッシュに失敗。チームとして成績が好転しないことから、14日に解任されていた。 ザーゴ氏の解任はブラジル国内でも話題に上がっており、国内で監督を探しているクラブから引く手数多とみられていた。 フリーのザーゴ氏は、フォルタレザの監督に就任するとみられていたが、現時点ではオファーを受けていないことを明かしている。 「私はフォローしている。今の所、誰も私にオファーは出していないし、連絡もない。私は戻りたいと思っている。北東部、特にフォルタレザに大きな敬意を抱いている」 鹿島の監督に就任するまでのザーゴ氏は、パウメイラスやインテルナシオナウなどブラジル国内で指揮を執った他、ローマやシャフタール・ドネツクでテクニカルコーチを務め、ヨーロッパでの経験も持っていた。2019シーズンはブラジルのレッドブル・ブラガンチーノでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエBで優勝。セリエA昇格を置き土産に、2020シーズンに鹿島の監督就任していた。 ザーゴ氏が語るフォルタレザは、25日にエンデルソン・モレイラ監督が辞任。後任を探す必要があり、攻撃的なサッカーを見せる監督を求めている状況。サンパウロで指揮を執っすねことがあるフェルナンド・ディニス氏の招へいに動いたが、成立しなかった。 2021.04.28 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島に痛手…今季3得点のFW上田綺世が神戸戦で負傷、全治3週間の離脱

鹿島アントラーズは26日、FW上田綺世の負傷を発表した。 クラブの発表によると、上田は24日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節のヴィッセル神戸戦で負傷したとのことだ。 チームドクターによる検査の結果、右ヒジ関節内側側副じん帯損傷および右上腕骨裂離骨折と診断。約3週間とのことだ。 今シーズンの上田は開幕戦に出場も負傷。その後復帰すると、ここまで明治安田J1で7試合に出場し3得点を記録していた。 <span class="paragraph-title">【動画】上田綺世の今シーズン初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=vmud60tr2az717t73wq6gnvo9" async></script> 2021.04.26 16:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly