ザーゴ監督解任決断は「札幌戦」、鹿島の鈴木満FDが危惧していた開幕戦での逆転負け「ベースを崩壊させた」

2021.04.15 12:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
鹿島アントラーズの鈴木満フットボールダイレクター(FD)が、監督交代についての経緯を明かした。14日、鹿島はアントニオ・カルロス・ザーゴ監督の解任を発表。後任にコーチを務めていたクラブOBの相馬直樹氏の就任を発表した。

昨シーズンは開幕4連敗からスタートしたザーゴ体制。しかし、シーズン途中から調子を取り戻すと、7連勝を飾るなど順位を上げて5位でフィニッシュしていた。

その中で迎えた今シーズンは再び開幕から不調。8試合を終えて2勝2分け4敗で15位に低迷しており、ザーゴ監督の解任に至った。

監督交代を決めたタイミングについては「色々、毎試合考えるので、色々考えてきました。最終的には、この前の札幌戦です」とコメント。アウェイでの試合で前半に2ゴールを奪いリードしながらも、2-2と追いつかれて勝ち切れなかったことで決断したと明かした。

選手たちのプレーに自信が感じられず、ピッチ上でのミスも多い鹿島。鈴木FDは「理由は色々あると思いますが、やっぱりベースがあって、方向性がみんなが共有できていなかったというか、迷いがやっぱりあって、そういう状況でプレーすると自信もないですし、ミスも多くなる。そういう状況だったのかなと」と語り、チームとしてのベースが失われていたと語った。

今シーズンの鹿島は、札幌戦に似たケースが何度もある。例えば開幕戦の清水エスパルス戦。拮抗した展開でゴールレスのまま試合が終盤に差し掛かると、75分に荒木遼太郎のゴールで先制。従来の鹿島であれば、この1点を守り切って勝利を収めるところだが、78分にチアゴ・サンタナに同点ゴールを許すと、後藤優介、そしてオウンゴールと立て続けに3失点を喫して敗れた。

鈴木FDはこの試合に触れ、「開幕戦の清水戦でそれなりにゲームをコントロールしている中で、後半あと15分ぐらいで1点を取りましたが、そのあとはしっかりと守り切らないといけなかった」とコメント。「あそこから3点取られて負けたことで、チームの自信というか、ベースがガタガタっと崩れたというか。それがずっと尾を引いたという感じがしています」とし、シーズンスタートでつまづいたことが影響していると語った。

また「本来ああいった展開でなかなか点が取れなくて、0-0で終わったり、無理して点を取りにいって逆に1点取られて負けたりっていうような試合はあると思うんです。ただ、あの展開になって勝ち切れずに3点取られて負けた。これはチームのリズムを狂わせた、ベースを崩壊させた要因になった試合だったかなと思います」とし、開幕戦でのプレーぶりが全てだったと振り返った。

さらに、2-1で敗れた浦和レッズ戦についても言及。スコアは1点差だったが、内容では完敗だった試合だが、「特に今年で言えば、あの浦和戦は、内容も良くなかったです。ちょっと、これではな、と思いを強くした試合でもありました。鹿島の良さというところを、もう一度思い直す、思いを強くしてやっていかなければいけないと感じました。そこは相馬監督とも話しましたし、きっと立て直してくれると思います」と振り返った。

2シーズン続けて開幕からつまづいたザーゴ体制。鈴木FDは今シーズンに期待していたことも明かした。

「去年監督も代わり、選手もかなりの人数が代わって、スタートはちょっと苦労するかなという思いはあって、その通りになりましたが、後半盛り返して、戦術的にも前からプレシングというベースもできましたし、それをベースに今年はさらにそこに積み上げていく、上乗せして戦っていって、優勝を目指すという狙いがありましたが、なかなか上手くいかなかったということです」

昨シーズンの積み上げが今シーズン発揮できなかった鹿島。例えば、補強したMFディエゴ・ピトゥカ、MFアルトゥール・カイキが新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で入国できず、チームへの合流が遅れたこともあるだろう。

その中でも上手くいかなかったと感じる点については「去年のベースの上に上乗せするというスタートがなかなか切れずに、ベースを少し崩してしまった中で、ベースに戻すような作業、状況のスタートになってしまった。なかなか噛み合わなかったという感じです」と語り、やはり開幕戦でのつまづきが大きかったと分析しているようだ。

その中で後任を託されたのが相馬監督。「できるだけ長くやって欲しいという思いでのオファーです」と語り、監督として結果を残して欲しいとコメント。そのため、タイトルという目標も変更せず、「目標はタイトルを目指して戦う、タイトルを獲るということは変わりません。そのために目の前の試合、1試合1試合を勝っていく、全ての試合で勝ちたいという目標でやっているので、それは変わりません」とし、クラブとして目指すところがぶれていないことを強調した。

首位の川崎フロンターレが勝ち点を大きく積み上げている中で、盛り返すことは非常に難しい状況となる。その中で指揮を執る相馬監督に期待することについては「相馬はウチ以外でも監督経験がありますし、OBでもあって、将来的には監督をやって欲しいという思いがあった」とし、コーチ就任時から、いずれは監督を任せたいと考えていたとのこと。その中でも「相馬は意外ときめ細やかで神経質なところもあって、一回外国人監督の下で外国人の良さを学んで、もう少し自分が大きくなってくれて、良い指導者に成長してくれたらなと思っていました」とし、ザーゴ監督の下で、指導者としてのさらなる成長に期待していたと語った。しかし、解任により急遽監督就任に。「将来的にはどこかで監督等をやってくれればという思いはありましたが、それがちょっと早まったという感じです」とし、期待を寄せていた。

また、ザーゴ体制時の問題点についても修正できる力があると期待を寄せている状況。「前から行かなきゃいけない、前からディフェンスするという意識だけで、FW、MF、DFのラインで、ちょっと意識の共有ができていない状況で、無理に行ってカウンターを食らって失点する。無失点の試合が非常に少ないという中で、相馬に期待しているのは、彼はディフェンスをしっかり組織化するというか、そういうのが得意な監督でもあるので、守りのベースをもう一回整理しようかなという思いもあり、そこが一番期待していることです」とし、守備の立て直し、リードを守り切るところを期待していると語った。

鹿島は17日に予定されている徳島ヴォルティス戦からカップ戦を含めて13連戦。チームと立て直す時間は取れない中で試合がやってくるが、しっかりとベースを作り直すことができるかに注目だ。
関連ニュース
thumb

鹿島MF遠藤康が右ハムストリング筋損傷で全治4週間

鹿島アントラーズは21日、MF遠藤康の負傷を発表した。 クラブの発表によると、遠藤は16日に行われた天皇杯2回戦のY.S.C.C.横浜戦で負傷したとのことだ。 遠藤はチームドクターによる検査の結果、右ハムストリング筋損傷と診断。全治は約4週間とのことだ。 今シーズンの明治安田生命J1リーグで12試合に出場。YBCルヴァンカップで7試合に出場していた。 2021.06.21 10:37 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島、ファン・アラーノの劇的同点弾で勝ち点1を拾う…仙台は降格圏脱出も逃げ切れず【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、鹿島アントラーズvsベガルタ仙台が20日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ホームの鹿島は現在9位に位置。ルヴァンカップのプレーオフステージ突破を決め、16日に行われた天皇杯第2回戦のY.S.C.C.横浜戦でも8-1の快勝と好調を維持するなかでの今節に向け、小泉をエヴェラウドに変更して試合に臨む。 一方、仙台は現在18位と残留争いの渦中。9日に行われた天皇杯第2回戦のいわてグルージャ盛岡に0-1の敗戦を喫しての今節に向け、GKストイシッチをリーグ戦で初先発させ、巻き返しを図る。 試合は立ち上がりから仙台が縦に速い展開でゴールに迫る。1分に西村が左サイドの氣田からのクロスにヘディングで合わせ、ゴールに迫るが、ここはGK沖がセーブ。対する鹿島も18分、右サイドの土居が上げたクロスにエヴェラウドが頭で合わせるが、ここはGKストイシッチにキャッチされてしまう。 さらに、2分後にもゴール前の混戦から常本がシュートを放つも、これは枠の右に外れた鹿島だが、26分にもカウンターから決定機。ピッチ中央からドリブルでボールを持ち上がった荒木が右サイドを駆け上がった常本にラストパスを出す。バイタルエリア右からフィニッシュに持ち込むが、GKストイシッチが触れたボールを石原にゴールライン手前でクリアされる。 その鹿島は前半アディショナルタイム1分、バイタルエリア手前からディエゴ・ピトゥカが浮き球パスを出すと、エヴェラウドがゴール前に頭で折り返して、同じくボックス内で待ち構える上田がヘッド。しかし、クロスバーに嫌われる。 後半も立ち上がりから攻める鹿島だが、GKストイシッチの牙城を崩せずにいると、61分にマルティノス、アピアタウィア久、上原を投入した仙台が均衡を破る。63分、アピアタウィア久が後方からロングフィードを出すと、これに反応した西村が犬飼と入れ替わり、最後はGK沖までかわして、無人のゴールにボールを流し込んだ。 追いかける展開を強いられた鹿島は失点直後に松村、小泉を投入。さらに、86分にファン・アラーノとJリーグ初出場の林も送り込み、GKストイシッチが立ちはだかり続ける状況の打開を試み続けると、最後の最後にこじ開ける。 後半アディショナルタイム7分、右CKのクリアボールを敵陣右サイドの深くで拾ったファン・アラーノが左足で低い弾道のクロスを送ると、誰にも触れられることなく、そのままゴールに吸い込まれ、鹿島が土壇場で追いついた。 結局、試合は白黒つかず、1-1でタイムアップ。鹿島が意地の勝ち点1を獲得した。一方の仙台は4戦無敗を継続。暫定ながら残留圏の16位に順位も上げたが、最後の最後に勝ち点2を取りこぼす結果に終わった。 鹿島アントラーズ 1-1 ベガルタ仙台 【鹿島】 ファン・アラーノ(後45+7) 【仙台】 西村拓真(後18) 2021.06.20 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:鹿島vs仙台】好調・上田綺世はゴールでアピールなるか? 仙台は降格圏脱出へ

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2021年6月20日(日) 17:00キックオフ 鹿島アントラーズ(9位/27pt) vs ベガルタ仙台(18位/14pt) [県立カシマサッカースタジアム] 天皇杯では格下相手に8ゴールの大勝を収めた鹿島と、格下相手に敗れた仙台。 東京オリンピックメンバーを目指す、鹿島のトリオは高いパフォーマンスを見せられるか。 ◆リーグ戦再開、上位への足掛かりを【鹿島アントラーズ】 中断前のリーグ戦では首位を走り川崎フロンターレの前に1-2で敗戦。上位進出への足掛かりとはできなかった。 中断期間中はYBCルヴァンカップのプレーオフステージで清水エスパルスと戦い、2戦合計3-1でプライムステージ進出を決め、天皇杯ではY.S.C.C.横浜相手に8-1と大勝を収めていた。 リーグ最下位戦となる仙台戦では、再び上位に向けて勝利を目指すところ。カップ戦でも3連勝と好調なチームはしっかりとリーグ戦にもつなげたい。 特に注目は、東京オリンピック出場を目指すFW上田綺世だ。U-24日本代表としても結果を残すと、天皇杯のYS横浜戦では後半から出場すると、ハットトリックを達成。得点感覚が研ぎ澄まされている。 U-24日本代表でも途中出場で結果を残しているが、上田は先発するのか、途中出場なのか。また、GK沖悠哉、DF町田浩樹もしっかりと結果が欲しいところ。3人揃ってピッチに立ち、ゴールという結果でアピールをしたいところだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:ディエゴ・ピトゥカ、レオ・シルバ MF:土居聖真、荒木遼太郎、白崎凌兵 FW:上田綺世 監督:相馬直樹 ◆水を差した天皇杯、切り替えられるか【ベガルタ仙台】 中断前のラストゲームではセレッソ大阪相手に1-1のドロー。大分トリニータ、名古屋グランパスと連勝した中、3戦無敗で中断期間に入った。 そんな中、天皇杯ではいわてグルージャ盛岡に0-1で敗戦。ジャイアントキリングを許し、嫌な空気が漂っている。 リーグ戦で取り戻していた調子に水を差す形となってしまったが、ここは仕切り直したいところ。守備の安定さが増してきているだけに、まずは鹿島相手にも無失点を目指したいところだろう。 天皇杯では結果が出なかったが、手倉森誠監督が何を仕込んでいるのか。降格圏脱出を目指す仙台に注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、吉野恭平、平岡康裕、石原崇兆 MF:関口訓充、上原力也、松下佳貴、氣田亮真 FW:西村拓真、赤崎秀平 監督:手倉森誠 2021.06.20 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

広島、おこしやす京都にまさかの5失点大敗…鹿島はYS横浜に8得点《天皇杯》

16日、第101回天皇杯2回戦の全32試合のうち6試合が各地で行われた。 サンフレッチェ広島は本拠地エディオンスタジアムにおいでやす京都を迎え撃った。ドウグラス・ヴィエイラが1カ月ぶりの出場となったなか、5分にそのD・ヴィエイラのポストプレーを起点に決定機。最後は茶島の右からのクロスを頭で合わせたが、GKの正面に飛んでしまった。 そのGも相手のミスを生かしながら、D・ヴィエイラが左ポストを掠める際どいシュートを放つなど攻勢を続けていた広島だったが、23分に初めて相手の決定機を許すとその5分後、ボックス右から青戸にシュートを流し込まれ失点。 さらに38分には、最終ラインで長沼と茶島の連係ミスでボールを奪われると、GK増田と二対一の場面を作られ、最後は高橋に追加点を奪われた。 関西リーグ1部のチームに不甲斐ない戦いが続く広島。それでも前半アディショナルタイムに、茶島の右サイドからの折り返しを柴崎がダイレクトで流し込んで1点差に詰め寄った。 逆転を狙う広島は、後半も序盤から相手を押し込んでいく。51分に茶島のクロスをボックス中央で収めた鮎川がシュート。これも決定機だったがGKの正面に。 60分あたりで、ハイネル、ジュニオール・サントス、森島と攻撃的なカードを切ると、その5分後には浅野も投入。しかし、ここからさらに崩れることになる。 77分、おこしやす京都の右CKで高橋がヘディングシュートを突き刺し、再び2点のリードを得ると、80分には途中出場の林のゴールが決まって4点目。さらに89分にも、同じく途中出場のイブラヒムがセンタリングを頭で合わせて大量5点目を挙げて、J1の広島に完勝した。 ■天皇杯2回戦 ▽6月16日(水) サンフレッチェ広島 1-5 おこしやす京都AC【31】 【広島】 柴崎晃誠(前46) 【おこしやす】 青戸翔(前28) 高橋康平(前38、後32) 林祥太(後35) イブラヒム(後44) 鹿島アントラーズ 8-1 Y.S.C.C.横浜【39】 【鹿島】 遠藤康(前10、前31) エヴェラウド(前12、後4) 松村優太(前21分 上田綺世(後7分、後25、後33) 【YS横浜】 オニエ・オゴチュクウ(後38) ガンバ大阪 3-1 関西学院大学【43】 【G大阪】 小野瀬康介(前11) ウェリントン・シウバ(前21) パトリック(後42) 【関西学院】 輪木豪太(後10) 横浜FC 1-2 ヴァンラーレ八戸【45】 【横浜FC】 クレーベ(後43) 【八戸】 島田拓海(後18) 相田勇樹(後29) 東京ヴェルディ 0-1 ファジアーノ岡山【52】 【岡山】 野口竜彦(後16) ヴィッセル神戸 4-0 鈴鹿ポイントゲッターズ【53】 【神戸】 田中順也(前29、後16) 小林友希(後4) 安井拓也(後45) ▽6月9日(水) 川崎フロンターレ 1-1[4 PK 3] AC長野パルセイロ【27】 【川崎F】 橘田健人(後46) 【長野】 藤山智史(前42) ジェフユナイテッド千葉 1-0 大宮アルディージャ【28】 【千葉】 チャン・ミンギュ(後32) 清水エスパルス 1-0 福山シティFC【29】 【清水】 原輝綺(後47) ベガルタ仙台 0-1 いわてグルージャ盛岡【30】 【岩手】 ハン・ヨンテ(前2) モンテディオ山形 1-2 ヴェルスパ大分【32】 【山形】 松本幹太(前16) 【V大分】 利根瑠偉(前45、後4) 横浜F・マリノス 2-2[3 PK 5] Honda FC【33】 【横浜FM】 エウベル(後22) レオ・セアラ(延前12) 【Honda】 楠本祐規(前28) 岡崎優希(延後1) ジュビロ磐田 3-0 北海道十勝スカイアース【34】 【磐田】 小川航基(後11、後41) 三木直土(後26) セレッソ大阪 2-0 ガイナーレ鳥取【35】 【C大阪】 大久保嘉人(前5) 奥埜博亮(前31) アルビレックス新潟 4-1 ツエーゲン金沢【36】 【新潟】 田上大地(前23) 三戸舜介(前26) 矢村健(前42、後6) 【金沢】 本塚聖也(後8) サガン鳥栖 1-0 ロアッソ熊本【37】 【鳥栖】 山下敬大(前22) アビスパ福岡 6-0 鹿児島ユナイテッドFC【38】 【福岡】 杉本太郎(前34) ジョルディ・クルークス(後21、後30) 山岸祐也(後26、後33、後48) 栃木SC 2-0 FC町田ゼルビア【40】 【栃木】 松岡瑠夢(前15、前36) 北海道コンサドーレ札幌 5-3 ソニー仙台【41】 【札幌】 小野伸二(前14) ルーカス・フェルナンデス(前16) 中島大嘉(前22、前28、後39) 【ソニー】 内野裕太(前7、前16) 佐藤碧(後11) V・ファーレン長崎 2-0 沖縄SV【42】 【長崎】 ビクトル・イバルボ(前29) 大竹洋平(後45) 松本山雅FC 1-0 FC琉球【44】 【松本】 村越凱光(後7) 湘南ベルマーレ 0-0[4 PK 3] FC大阪【46】 柏レイソル 3-0 栃木シティFC【47】 【柏】 クリスティアーノ(前19) 三丸拡(前35) アンジェロッティ(後47) 京都サンガF.C. 3-1 FC今治【48】 【京都】 李忠成(前10、後24) 上月壮一郎(後17) 【今治】 武井成豪(後37) 浦和レッズ 1-0 カターレ富山【49】 【浦和】 キャスパー・ユンカー(後35) ギラヴァンツ北九州 0-1 SC相模原【50】 【相模原】 中山雄希(前46) 名古屋グランパス 5-0 三菱水島【51】 【名古屋】 藤井陽也(前36) 長澤和輝(前39) マテウス(後19、後46) 石田凌太郎(後44) 徳島ヴォルティス 2-1 高知ユナイテッドSC【54】 【徳島】 岩尾憲(前4) オウンゴール(前46) 【高知】 下堂竜聖(後7) FC東京 1-2 順天堂大学【55】 【FC東京】 永井謙佑(前9) 【順大】 白井海斗(後43) 小林里駆(延前17) 水戸ホーリーホック 0-3 ザスパクサツ群馬【56】 【群馬】 進昂平(前39) 高橋勇利也(前44) 大前元紀(後26) 大分トリニータ 3-2 ホンダロックSC【57】 【大分】 長谷川雄志(後4) 高澤優也(後29) 井上健太(延後3) 【ホンダロック】 田中大和(後35) 諏訪園良平(後40) ヴァンフォーレ甲府 1-2 福井ユナイテッドFC【58】 【甲府】 パウロ・バイヤ(前23) 【福井】 賀澤陽友(後46) 金村賢志郎(後50) 2021.06.16 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島再建の相馬直樹監督が5月度の月間優秀監督に 「これからもチャレンジャー」

Jリーグは11日、5月度の「明治安田生命Jリーグ 5月度の月間優秀監督賞」を発表した。 今回は鹿島アントラーズの相馬直樹監督、ヴァンフォーレ甲府の伊藤彰監督、そして福島ユナイテッドFCの時崎悠監督がノミネート。いずれも初受賞となる。 4月中旬から率いる相馬監督は5月の7試合で5勝2敗。初陣から公式戦11試合目にして初の黒星を含む2敗を喫したが、残りを全勝と大きく勝ち越してみせた。 攻守の部分でも16得点7失点と立て直す相馬監督はJリーグを通じて、喜びの心境とともに、今後に向けての意気込みを語った。 「明治安田生命J1リーグ5月の月間優秀監督賞をいただき、大変光栄でうれしく思います。ファン・サポーター、パートナー、地域の皆さん、日頃からクラブを支えてくださっているすべての方々に感謝したいです。そして、何よりも日々一緒に戦ってくれている選手、スタッフへの感謝を忘れるわけにはいきません」 「鹿島アントラーズが苦しい局面を迎えていた中で、選手、スタッフが自分事としてその状況に向き合い、全員が強い気持ちを持って戦い、勝ち取った賞だと思います。これからもチャレンジャーとして、見ている方々の心に残る、心を打つような戦いを続けていきたいと思います」 2021.06.11 18:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly