岡崎相棒のラファ・ミルにラ・リーガ強豪3クラブが関心!

2021.04.15 00:32 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウエスカに所属するスペイン人FWラファ・ミル(23)にラ・リーガの強豪3クラブが関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

バルセロナのマシアに在籍経験もある191cmの大型ストライカーのラファ・ミルは、バレンシアでトップチームデビュー。その後、2018年1月にウォルバーハンプトンに新天地を求めるも、トップチーム定着とはならず。

以降はラス・パルマス、ノッティンガム・フォレスト、2020年1月には当時セグンダAに所属していたウエスカに1年半のレンタル移籍で加入し、日本代表FW岡崎慎司とのコンビでプリメーラ昇格の立役者となった。

すると、今シーズンのラ・リーガではチームが厳しい残留争いに身を置く中で30試合12ゴールを挙げる見事な活躍を披露。屈強なフィジカルを生かしたボールキープ、空中戦の強さに加え、ウイングでもプレー可能なスピードを生かした個での打開と、地上戦でも空中戦でも戦える万能型のセンターフォワードとして評価を高めている。

その活躍を受け、古巣バルセロナとセビージャ、アトレティコ・マドリーの強豪3クラブが獲得に関心を寄せているという。

とりわけ、リヨンからレンタル中のフランス人FWムサ・デンベレの買い取りオプションの行使を見送る意向を持ち、ユベントスに貸し出しているスペイン代表FWアルバロ・モラタの復帰の可能性が低いアトレティコはより強い関心を示しているという。

なお、シメオネ好みのプロフィールを持つラファ・ミルに対して、保有元のウルブスは今夏に1500万ユーロ(約19億6000万円)前後での売却を考慮しており、十分に手が出させる金額と思われる。

一方、バルセロナに関してはジョアン・ラポルタ新会長と、ラファ・ミルの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏の良好な関係性が交渉をスムーズに運ばせる可能性があるという。

関連ニュース
thumb

ウエスカがナイキとサプライヤー契約締結!ケルメとの契約は早期終了へ

ウエスカは18日、ナイキとのサプライヤー契約を発表した。契約期間は2021-22シーズンから4年間となる。 ウエスカは2018年からスペインのブランドであるケルメがユニフォームを提供していたが、契約を早期に終了した形だ。 ウエスカのマヌエル・トーレスCEOは、今回の契約に関して「ナイキブランドは私たちと同じ価値観を反映している。ファンに新しい魅力的な製品を提供することを楽しみにしている」とコメントした。 また「これは私たちのブランドのマーケティングと拡大のためにより多くの可能性を生み出すので、クラブにとって重要な合意である」と語り、今後のクラブのブランド価値向上に期待を寄せた。 なお、2021-22シーズンのユニフォームに関しては、間もなく発表があるとのことだ。 日本代表FW岡崎慎司も在籍するウエスカは、今シーズンからラ・リーガ昇格。しかし、序盤から降格圏に沈むと、7勝13分け18敗の18位に終わり、1年での2部降格が決定していた。 <span class="paragraph-title">【写真】ウエスカ、ケルメ時代のユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/GettyImages-1305794453.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.06.19 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

降格バジャドリー、ウエスカのパチェタ監督を招へい

バジャドリーは16日、ウエスカを率いていたパチェタ監督(53)の就任を発表した。契約期間は2023年6月までの2年間となっている。 今季ラ・リーガで19位に沈んだバジャドリーは4季ぶりに降格。セルヒオ・ゴンサレス監督との契約を解除していた。 昨季、エルチェを1部昇格に導いたパチェタ監督は、今年1月にFW岡崎慎司の所属するウエスカの指揮官に就任。6勝4分け10敗の戦績を残して一時は残留圏内に浮上するなどチームを立て直したが、最終的には18位に終わってウエスカは降格していた。 2021.06.17 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司がウエスカ退団を表明…今後も「挑戦し続けます」

ウエスカの元日本代表FW岡崎慎司(35)が今季限りでの退団を表明した。 岡崎はレスター・シティから2019年夏にマラガ移籍を果たしたが、選手登録ができず、契約を解除。同年9月に1年契約で当時ラ・リーガ2部のウエスカに加入した。 そのウエスカ移籍初年度から32試合の出場で12得点と攻撃陣を牽引して、ラ・リーガ昇格に貢献。契約を延長して、自身初のスペイン1部挑戦となる今季に挑んだ。 しかし、徐々にベンチスタートに回る試合が増えていき、25試合の出場でわずか1得点。ウエスカも7勝13分け18敗の18位に終わり、1年での2部降格が決定した。 岡崎は23日、自身のインスタグラムを通じて今季終了を報告するなかで、現在の心境とともに退団も明らかに。そして、来季も現役を続ける意向を示唆した。 「今シーズンが終わりチームの降格が昨日決定してしまいました。初めてラリーガ挑戦は悔しい結果に終わりました。クラブやファンにも申し訳なく思います」 「来季はウエスカでプレーする事はないけど、僕はウエスカが好きで、地域やクラブ、環境も含めて応援し続けたいと思う」 「応援してくれた皆さん1年間ありがとうございました。ラリーガ初挑戦は悔しい結果になったけど、まだ懲りずに挑戦し続けます」 2021.05.24 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

最終節で残留逃したウエスカ、指揮官も落胆「必要な勝ち点2には1ゴールが足りなかった」

1年でセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に降格が決定したウエスカのパチェタ監督が、試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ウエスカは22日、ラ・リーガ最終節でバレンシアと対戦。残留争いの中、勝利すれば残留を決められる中で試合にに挑んだ。 しかし、バレンシアの前にゴールが遠く、なかなかゴールを奪えない。FW岡崎慎司も85分に投入されるなど、最後は勝利を目指しに行ったが、結局ゴールレスドローに終わった。 残留を争うエルチェの結果に委ねられることとなったが、アスレティック・ビルバオ相手に2-0と快勝。この結果、エルチェが残留、ウエスカは1年で降格となってしまった。 試合を終え、パチェタ監督がコメント。逆転されての降格に落胆したことを露わにし、ファンへ謝罪した。 「今の感情を超えて考えるつもりはない。今日はファンが我々の気持ちを伝えてくれた。それに感謝しなければならない」 「彼らがスペイン1部でプレーするチームを見れなかったこと。そして、来シーズンはそれが見ることができないことはとても残念だ」 「これは痛い。もし、悪いゲームをしていたならば、また違った気持ちになっただろう。信じていただけに、とても心が痛む。かなり傷ついている」 また、自身の去就については今は話さないとし、チームとして1ゴールが足りなかったことを悔やんだ。 「ウエスカに居ることを誇りに思っている。これから先のことは、今は話したくないし、わからない。でも、このチーム、このクラブにいることを誇りに思っている」 「必要な勝ち点2には1ゴールが足りなかった。このゴールに全てを尽くした。それが言いたいことだ」 2021.05.23 13:40 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎終盤出場のウエスカ、ゴールが遠く1年で降格《ラ・リーガ》

ウエスカは22日、ラ・リーガ最終節でバレンシアをホームに迎え、0-0で引き分けた。この結果、1年での降格が決まっている。ウエスカのFW岡崎慎司は85分から出場した。 残留圏内ぎりぎりに位置する17位ウエスカ(勝ち点33)は、勝利すれば残留が決まる中、ここ2試合出番のない岡崎はベンチスタートとなった。 13位バレンシア(勝ち点42)に対し、ウエスカが圧力をかける入りとすると、ラファ・ミルがシュートに持ち込んでゴールに迫っていく。 そして13分にはセルヒオ・ゴメスが際どいミドルシュートを浴びせたウエスカが引き続き攻め立てる展開とする中、32分にはラファ・ミルがヘディングシュートで、そして39分にはボックス右に抜け出したラファ・ミルがGKシレッセン強襲のシュートを浴びせた。 ハーフタイムにかけても押し込んだウエスカだったが、ゴールを奪うことはできずに0-0で前半を終えた。 迎えた後半、ウエスカは52分にピンチを迎えるも、マキシ・ゴメスのボレーシュートはGKジョエル・ロドリゲスがセーブ。 助かったウエスカが前半同様に押し込む展開に持ち込む中、61分にはサンドロ・ラミレスがGKシレッセン強襲のシュートを浴びせた。 さらに79分、サンドロ・ラミレスのミドルシュートが右ポストに直撃したウエスカは、85分に岡崎を投入。しかし最後までゴールが遠く、0-0でタイムアップ。 同勝ち点で並んでいたエルチェがアスレティック・ビルバオに勝利したため、ウエスカは18位に後退。1年での降格となっている。 2021.05.23 02:58 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly