突如メンバー外のマルセイユDF酒井宏樹、理由が判明

2021.04.11 20:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
10日に行われたリーグ・アン第32節のモンペリエ戦で突如メンバー外となっていた日本代表DF酒井宏樹だが、その理由が判明した。フランス『La Provence』が報じた。マルセイユは10日、アウェイでモンペリエと対戦。試合は3-3の引き分けに終わった。

この試合では、日本代表DF長友佑都と酒井がベンチにも入らない事態に。長友はすでにケガで離脱していることが明かされていたが、酒井の不在は突然のことであり、原因が明かされていなかった。


そんな中『La Provence』によると、酒井は坐骨神経痛を患っており、この試合を欠場したとのこと。代役としてドゥイエ・チャレタ=ツァルが出場していた。

なお、試合はそのチャレタ=ツァルが63分に一発退場。その後勝ち越したマルセイユだが、後半アディショナルタイムにゴールを許し、3-3の引き分けに終わっていた。

1 2
関連ニュース
thumb

長友佑都は今季限りで退団? マルセイユは新選手を迎える構想

Jリーグへの復帰が噂されるマルセイユの日本代表DF酒井宏樹(31)。チームメイトである日本代表DF長友佑都(34)も、今季限りで退団することが濃厚のようだ。フランス『』が報じた。 長友は、2019-20シーズン途中にガラタサライで戦力外通告。チームの登録メンバーから外されると、半年間は試合に出場することなく過ごしていた。 その長友は、2020-21シーズンに向けてマルセイユへと加入。半年間のブランク、そして新たなリーグへの挑戦ということもあり、なかなかパフォーマンスが上がらなかったが、アンドレ・ビラス=ボアス監督の下では左サイドバックでポジションを掴んだ。 また、ホルヘ・サンパオリ監督が就任して以降は3バックとなったものの、中盤の左サイドでプレー。今シーズンはリーグ・アンで24試合に出場し1アシストを記録していた。 長友はマルセイユと1年契約を結んでいるため、今シーズン限りで契約が満了を迎えるとのこと。マルセイユでは、新たな選手を左サイドに迎える考えがあり、長友との契約延長は考えられていないとされている。 酒井は浦和レッズからのオファーが報じられ、移籍先がある状況での退団となるが。長友はどこに向かうのだろうか。 2021.05.13 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユのエースFWトヴァンが元同僚ジニャック在籍のティグレス移籍

メキシコのUANLティグレスは7日、マルセイユのフランス代表FWフロリアン・トヴァン(28)を獲得したことを発表した。マルセイユとの契約が今季までのため、移籍金は発生していない。 マルセイユに通算9シーズン在籍し、2016–17シーズン以降は絶対的なエースに君臨していたトヴァン。 昨夏にはミランやローマ、ナポリなどイタリア方面への移籍の可能性が盛んに取り沙汰された中、今シーズンのリーグ・アンで34試合8ゴール10アシストを記録し、マルセイユの攻撃を牽引していた。 昨シーズンのCONCACAFチャンピオンズリーグ王者であるメキシコ屈指の強豪であるティグレスには、マルセイユで同僚だった元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャック(35)が在籍している。 2021.05.08 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユがジョルダン・アマヴィと契約延長!長友佑都の去就にも影響か

マルセイユは7日、フランス人DFジョルダン・アマヴィ(27)との契約を2025年まで延長したことを発表した。現行契約から4年延長した格好となった。 左サイドバックを主戦場とするアマヴィは、ニースでのプロデビュー後、2015年夏にアストン・ビラへ移籍。しかし、シーズン半ばにヒザ前十字じん帯断裂の大ケガに見舞われると、休養中の間にクラブはチャンピオンシップ(イングランド2部)へ降格。翌シーズンにリーグ戦34試合に出場したものの、2017夏にはローン移籍でマルセイユに加入することになった。 そのマルセイユでは主力として公式戦43試合に出場し、完全移籍へ移行。今季はケガによる2度の長期離脱があり、ここまで公式戦16試合のみの出場に。昨年12月4日以降は、わずか22分しかピッチに立てていない状況が続いていたが、この度新契約を結び、来季からまた新たに活躍が期待されている。 一方で、アマヴィの契約延長の影響を受けそうなのがDF長友佑都だ。昨夏に1年契約で加入した長友は、ここまで公式戦28試合に出場。アマヴィの離脱もあり、主力として試合を重ねていたが、フランス『レキップ』の見立てでは退団の可能性は低くないようだ。 2021.05.07 17:44 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユのエースFWトヴァンがティグレス移籍へ! 元同僚ジニャックが在籍

マルセイユのフランス代表FWフロリアン・トヴァン(28)がメキシコのUANLティグレスに移籍する可能性が急浮上している。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏ら複数ソースが報じている。 マルセイユに通算9シーズン在籍し、2016–17シーズン以降は絶対的なエースに君臨するトヴァン。 昨夏にはミランやローマ、ナポリなどイタリア方面への移籍の可能性が盛んに取り沙汰されたが、最終的に残留を決断した。そして、今シーズンのリーグ・アンで34試合8ゴール10アシストの数字を残すなど、チームの攻撃を牽引している。 しかし、トヴァンは今シーズン限りで終了するマルセイユとの契約延長にサインする意思はなく、今夏のタイミングで新天地を求めることが濃厚となっている。 そういった中、ロマーノ氏が伝えるところによれば、現在ティグレスから2026年までの公式オファーが届いているという。さらに、複数のメキシコメディアは交渉が90%完了していると主張しており、移籍実現の可能性は非常に高いようだ。 なお、昨シーズンのCONCACAFチャンピオンズリーグ王者であるメキシコ屈指の強豪であるティグレスには、トヴァンのマルセイユの元同僚である元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャック(35)が在籍。同選手の存在も移籍を決断する上で重要なファクターのひとつとなったようだ。 2021.05.07 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

“優勝請負人”のビダルが恩師からのオファーを拒否? インテル残留を希望

インテルのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(33)だが、マルセイユへの誘いを断っていたようだ。 ビダルはこれまでレバークーゼンやユベントス、バイエルンでプレー。その後に加入したバルセロナからインテルに今シーズン加入した。 ユベントスでは4度、バイエルンでは3度、バルセロナでは1度リーグ優勝を経験しているビダル。優勝請負人としての力は今季も発揮しており、インテルもセリエA制覇に近づいている。 しかし、フランス『La Provence』によると、そのビダルに対してチリ代表の元監督であるホルヘ・サンパオリ監督が指揮するマルセイユが獲得に動いていたようだ。 チリ代表としてよく知るビダルをチームに迎え入れたかったサンパオリ監督だったが、ビダルはこのオファーを拒否。インテルでは居心地がよく、アントニオ・コンテ監督とも良い関係であるとし、もう1年インテルに残ることを決めたようだ。 ビダルは今シーズンのセリエAで23試合に出場し1ゴール2アシスト。来シーズンは年俸が500万ユーロ(約6億5800万円)から650万ユーロ(約8億5600万円)に上昇するとのことだ。 2021.04.30 21:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly