「ずっと待ってた」浦和FW杉本健勇の高難度ボレーにファンも感動「このゴールをきっかけに…」

2021.04.08 11:52 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
明治安田生命J1リーグ第8節、清水エスパルスvs浦和レッズの一戦が7日に行われ、アウェイの浦和が0-2で勝利した。前半にDF岩波拓也のヘディングで先制した浦和は、1点をリードしたまま、76分にFW杉本健勇を投入する。


そして試合終了間際の89分、MF伊藤敦樹がボックス左手前まで侵入すると、そこから左足でクロス。ボールはボックス際の杉本のもとへと飛んでいき、右足でダイレクトボレー。上手く抑えながらも、強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。

杉本にとってこれがJ1通算50得点のメモリアルゴールに。杉本は3月の横浜FC戦でもPKでゴールを決めていたが、流れの中からの得点は昨年9月13日の北海道コンサドーレ札幌戦以来となる。

浦和は今季初の2連勝となったが、杉本のスーパーボレーには、「これめっちゃ難しいやつ」「今まで焦らしてたのか」「ずっと待ってた」「このゴールをきっかけにゴール量産してくれる事に期待」など、杉本のゴールを待ち焦がれたサポーターからの反応が多く集まっている。

浦和は先日元U-21デンマーク代表FWキャスパー・ユンカー(27)の獲得を発表。1トップの定位置争いはさらに激しさを増すだけに、杉本のさらなる奮起に期待が懸かるところだ。

1 2
関連ニュース
thumb

C大阪、丸橋の今季初ゴールで3連勝中の浦和を下し4試合ぶり白星【明治安田生命J1第10節】

明治安田生命J1リーグ第10節、セレッソ大阪vs浦和レッズが18日にヤンマースタジアム長居で行われ、C大阪が1-0で勝利した。 勝ち点3差でまみえる両チーム。しかし、直近3試合の戦績は真逆で、C大阪は6位につけているが1分け2敗と3戦勝ち無しの状況。対して浦和は、わずか1勝だった3月とは打って変わって、4月に入り3連勝と調子を上げてきている。 C大阪は前節J1の100試合目を自らのゴールで飾った進藤を4試合連続でスタメン起用し、前節までと同じ[4-4-2]の布陣で臨む。浦和レッズは、今節は柴戸をアンカーに置き、その前に小泉と伊藤敦樹を並べる[4-1-4-1]の布陣を採用した。 立ち上がり、バックラインからの慎重な組み立てで相手を引き付けていくC大阪に対し、浦和は中盤が大きく動き、縦に速いビルドアップを展開する。一方、守備の面では、C大阪はコンパクトなブロックを形成。浦和は相手のセンターバックにボールが入った段階で前線からプレスをかけていく。互いに球際での激しい争いを繰り広げ、アタッキングサードまでボールを持っていくが決定機にはつながらない。 徐々に試合は浦和のペースになり、19分にペナルティアーク付近から関根がシュートを放つと、そのこぼれ球を拾った西が関根に戻し再びシュートへ。しかし、枠を捉えることができず、ポゼッションで攻めあぐねる浦和だが、バイタルエリアで攻めあぐねる時間が続く。 そんな中45分、敵陣でボールを奪った浦和がボックス左手前の小泉にボールを渡し攻撃開始。小泉は中央へ運び、武藤とのパス交換からスペースを作ると、ボックス手前で右足のシュートフェイントから左足でシュートを放つ。強烈なシュートが枠を捉えたが、ここはGKキム・ジンヒョンがさすがの好セーブを見せた。 ゴールレスで終えた前半を受けて両チームの指揮官はハーフタイムで動きを見せる。C大阪は両サイドハーフを変更。浦和は攻撃に更なるアクセントを付けるため中盤の伊藤敦樹に代えて興梠を投入し、武藤との2トップを形成する。 49分、浦和はピッチ中央の競り合いのこぼれ球を小泉が拾ってチャンス到来。そのスルーパスを受けた明本がボックス左からシュートを放ったが、ゴールの左へ外れる。続く50分には、今度は槙野のロングフィードから右サイドの関根にボールが渡り、カットインからシュートへ。しかし、これも枠へ収めることはできなかった。 浦和の攻勢が続く中、52分に武藤のシュートがスライディングブロックに入った丸橋の腕に当たるシーンが。後にVARによる確認が入るがPKは取られず。胸を撫で下ろしたC大阪はここから徐々に盛り返していく。 59分、今度はC大阪の松田陸の放ったシュートが小泉の腕に当たるが、これもPKにならず。立て続けのVAR介入で、やや試合が荒れることになったが、その直後に均衡が崩れた。 66分、中島のシュートでCKのチャンスを得たC大阪は、右から中島がクロス。山田のヘディングシュートは相手に当たったが、そのこぼれ球を丸橋が利き足とは逆の右足で流し込み、待望の先制点を挙げた。 失点した浦和はさらに攻めの姿勢を強くする。69分、ボックス右で西のスルーパスを受けた武藤のクロスを興梠がヘディングシュート。80分には、ボックス右から西が上げたクロスに関根が飛び込み頭で合わせるが、どちらも枠を捉えることができない。 追加点の欲しいC大阪も85分、浦和のCK直後に得たFKを素早くリスタートしカウンターへ。右サイドの奥埜へ展開し、アーリークロスを供給。中島がダイビングヘッドで合わせるが、惜しくも枠の左へ外れた。 後半は2度のオンフィールドレビューの影響もあり、7分と長いアディショナルタイムが設定されたが、試合は動くことなくこのまま終了。丸橋の今季初得点を守り切ったC大阪が4試合ぶりの白星を手にした。 セレッソ大阪 1-0 浦和レッズ 【C大阪】 丸橋祐介(後21) 2021.04.18 19:48 Sun
twitterfacebook
thumb

史上9人目の偉業! 浦和GK西川周作がプロ17年目でJ1通算500試合出場達成、史上最年少記録

18日、明治安田生命J1リーグ第10節のセレッソ大阪戦で、浦和レッズの日本代表GK西川周作がJ1通算500試合出場を達成した。 大分トリニータ下部組織出身の西川は、2005年にトップチーム昇格。プロ1年目の7月2日に行われた第13節の横浜F・マリノス戦でJ1初出場を果たした。 大分で5シーズンプレーした西川は、2010年からサンフレッチェ広島でプレー。そこでも守護神として4シーズンを戦うと、2014年に浦和へと移籍。浦和でも守護神として活躍した。 今シーズンでプロ17年目を迎えた西川は、過去16シーズンのうち10シーズンで全試合出場。プロ1年目からほとんどをピッチの上で過ごし、500試合出場を達成した。 なお年間34試合で計算すると、全ての試合に出場して15年目のシーズンに達成する記録。プロ17年目での達成は偉業とも言える数字だ。 また、500試合出場達成者はJリーグ史上9人目。GKとしては3人目の達成となり、浦和の選手として達成したのは山田暢久、阿部勇樹に続いて3人目となる。 なお、34歳での500試合出場達成は、2016年に達成した阿部を抜いて歴代最年少記録となる。 ◆西川周作 J1出場記録 2005年:大分/21試合 2006年:大分/30試合 2007年:大分/11試合 2008年:大分/22試合 2009年:大分/34試合 2010年:広島/34試合 2011年:広島/34試合 2012年:広島/34試合 2013年:広島/33試合 2014年:浦和/34試合 2015年:浦和/34試合 2016年:浦和/34試合 2017年:浦和/34試合 2018年:浦和/34試合 2019年:浦和/33試合 2020年:浦和/34試合 2021年:浦和/10試合 ◆歴代J1出場記録(500試合以上) [クラブ名は現所属、または最終所属] 1位:641試合/遠藤保仁(ジュビロ磐田)※ 2位:631試合/楢崎正剛(名古屋グランパス) 3位:593試合/中澤佑二(横浜F・マリノス) 4位:583試合/阿部勇樹(浦和レッズ)※ 5位:533試合/曽ヶ端準(鹿島アントラーズ) 6位:525試合/小笠原満男(鹿島アントラーズ) 7位:517試合/伊東輝悦(アスルクラロ沼津)※ 8位:501試合/山田暢久(浦和レッズ) 9位:500試合/西川周作(浦和レッズ)※ ※は現役選手 <span class="paragraph-title">【動画】西川周作の真骨頂!糸を引く弾丸フィード</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1tiacbo17nvuv1rb4j6ulrvbnu" async></script> 2021.04.18 19:20 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第10節:C大阪vs浦和】3戦未勝利と3連勝、ともに行く末を占う大一番

【明治安田生命J1リーグ第10節】 2021年4月18日(日) 15:00キックオフ セレッソ大阪(17pt/6位) vs 浦和レッズ(15pt/10位) [ヤンマースタジアム長居] ここまで無敗で2位につける名古屋と徐々に負けがこむも上位を争う鳥栖の一戦。堅守が売りの両者、こじ開けるのは。 ◆3戦未勝利、ここが踏ん張りどころ【セレッソ大阪】 ミッドウィークに行われた前節は、ホームに徳島ヴォルティスを迎えての一戦。先制を許す展開となると一時は追いついたものの、後半アディショナルタイムにオウンゴールで失点。敗戦となった。 直近3試合は1分け2敗と結果を残せず。押し込む展開を見せながらも、フィニッシュの精度を欠いていること、さらにディフェンスに綻びが出始めており、3試合はいずれも85分以降に失点している状況となっている。 チームが下降線を辿りはじめたのは、MF原川力、MF坂元達裕が負傷離脱してから。攻撃が良い形で終われないことで、主導権を握れない展開となり、我慢ができなくなり勝ち点を落としている。 そして、今回は中3日に対して、浦和は中6日とコンディションの差も。今は耐える時とも言えるが、上位を争う上では踏ん張らなくてはいけない。浦和は元徳島のリカルド・ロドリゲス監督が率いているだけに、前節同様苦しい試合となりそうだが、どこまで踏ん張れるかだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、進藤亮佑、西尾隆矢、丸橋祐介 MF:西川潤、奥埜博亮、藤田直之、清武弘嗣 FW:大久保嘉人、豊川雄太 監督:レヴィー・クルピ ◆目指せ4連勝、1つ上のレベルへ【浦和レッズ】 開幕から結果がなかなか出ずに暗雲が立ち込めかけていた浦和だったが、リカルド・ロドリゲス監督の戦い方が徐々に形になり始めると状況も好転した。 前節は指揮官の古巣である徳島との対戦だったが、1-0で勝利。意地を見せ、チームとしても3連勝と調子を上げている状況だ。 特にここの3試合は守備陣が奮闘。相手に主導権を握られることがあっても、焦れずに耐え、そしてその奮闘に攻撃陣が答えるという構図が続いた。 ボタンを掛け違えれば、3連敗もあり得た状況なだけに、まだまだ内容は改善する必要がある。それでも、3連勝を掴めている流れを維持していきたいところ。課題は攻撃面でいかに相手ゴールに迫る機会を増やすかだ。 コンディション面では優位に立てる状況。オーガナイズと言う部分で、シーズンの4分の1が終わった今、1つ上のレベルに引き上げたいところ。そのためには4連勝という結果が必要だろう。 ★予想スタメン[4-1-4-1] GK:西川周作 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔 MF:柴戸海 MF:明本考浩、伊藤敦樹、小泉佳穂、汰木康也 FW:武藤雄樹 監督:リカルド・ロドリゲス <span class="paragraph-title">【動画】J1通算100試合出場の進藤亮佑がC大阪移籍後初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=n0a5oer3kmg31b8j6ojq62lzh" async></script> 2021.04.18 11:36 Sun
twitterfacebook
thumb

日本サッカー界にホペイロ広めたベゼーハ氏が逝去…古巣東京Vが訃報伝える

東京ヴェルディは13日、かつてクラブでホペイロ(用具管理担当スタッフ)を務めていたブラジル人のルイス・ベゼーハ・ダ・シルバ氏(享年65)の逝去を明かした。 東京Vはベゼーハ氏の逝去に際して、クラブ公式サイトを通じて哀悼の意を表している。 「ご逝去の報に接し、前身の読売クラブ時代に来日されて用具を専門に取り扱うホペイロという職業の概念を日本に定着させた同氏の功績を偲び、クラブの選手及びスタッフ一同、謹んで哀悼の意を表するとともに心よりご冥福をお祈りいたします」 ベゼーハ氏は1991年に前身の読売クラブで監督を務めていたペペ氏に招聘されて来日。選手が使用する用具の管理を専門で行うホペイロという職業の存在を日本に広めた。 Jリーグ開幕後は、数々のタイトルを獲得したヴェルディ川崎を裏方としてサポートし、1998年まで在籍。2001年には浦和レッドダイヤモンズでもホペイロを担当した。 2021.04.13 22:23 Tue
twitterfacebook
thumb

リカルド・ロドリゲス監督初の古巣戦、関根のヘディング弾で徳島下した浦和が3連勝!【明治安田J1第9節】

明治安田生命J1リーグ第9節、浦和レッズvs徳島ヴォルティスが11日に埼玉スタジアム2002で行われ、1-0で浦和が勝利した。 開幕から調子が一向に上がらず、わずか1勝しかできていなかった浦和だが、ここ2試合は複数得点を奪い連勝。前節は岩波と杉本のゴールで清水エスパルスに勝利した。3連勝を目指す今節のスタメン変更は前節から1人。柴戸が外れ、伊藤敦樹が入った。 対する徳島も好調だ。7シーズンぶりのJ1となった今季は開幕から5試合未勝利が続いたが、第6節の横浜FC戦で初勝利を挙げると、そこから前節のベガルタ仙台戦まで3連勝。クラブとしてはJ1初の快挙で、2014年の勝利数に早くも並ぶことになった。こちらのスタメン変更は2人。田向、岩尾の代わりに鈴木大誠と藤田譲瑠チマが起用された。 浦和のリカルド・ロドリゲス監督としては4シーズン率いた古巣との初対決。まずはその浦和が開始1分に、武田がクロスのこぼれ球をボックス手前からダイレクトシュート。枠には飛ばなかったがゴールに迫った。 しかし、9分に武田が相手との競り合いの際に左足を捻り負傷。担架に乗って運ばれ、代わりに杉本がスクランブル投入された。 一方の徳島は11分、ボックス手前の渡井のシュートがGK西川を強襲。ゴール左隅の際どいコースに飛んだが、西川もさすがのセービングを見せた。 34分には決定機。渡井のチェイシングから高い位置でボールを奪った徳島は、垣田がボックス中央へラストパスを供給。走り込んだ宮代がフィニッシュに持ち込んだが、至近距離のシュートをGK西川に止められてしまった。 勢いに乗る西川はさらに、39分の藤原がボックス左からコースを狙ったシュートも左手一本でセーブ。獅子奮迅の活躍を見せる。 一方で攻撃では43分、西のクロスに頭で合わせた武藤のシュートがクロスバーを直撃。45分の明本のヘディングシュートは相手に当たって枠の外へ。そのCKの流れから明本に再びゴールチャンスが訪れるが、徳島GK上福元も西川に負けじとファインセーブを見せた。 後半から徳島は垣田と鈴木大誠を下げて、河田と岩尾を投入。その立ち上がりは静かな内容となった中で、試合は60分に動いた。 浦和の左CKのシーン。キッカーの小泉のショートコーナーを山中がダイレクトでクロス。これをマークを外した関根が頭で叩き込み、先制に成功した。 その後は中盤での攻防が目立つ展開となるが、アウェイの徳島がやや優勢。84分に左サイドからジエゴが上げたクロスのセカンドボールを宮代が押し込みにかかるが、シュートは相手DFにブロックされた。 続く86分の浜下のシュートも決まらない徳島。後半アディショナルタイムに、左サイドから藤田譲瑠チマが右足で上げたクロスをジエゴが合わせるが、枠を捉えらずタイムアップ。関根のゴールを守り切った浦和が3連勝を上げた。徳島は3連勝がストップした。 浦和レッズ 1-0 徳島ヴォルティス 【浦和】 関根貴大(後15) 2021.04.11 18:18 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly