欧州王者バイエルンに勝利のPSG、ポチェッティーノ監督は選手絶賛!「彼らを祝福した」

2021.04.08 10:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での勝利を喜んだ。フランス『レキップ』が伝えている。

PSGは7日に行われたCL準々決勝1stレグにおいて、バイエルンと敵地で対戦。試合中にDFマルキーニョスが負傷交代するなど厳しい状況だったが、FWキリアン・ムバッペの2ゴールもあり2-3で勝利した。

この結果、昨季は決勝で敗れた欧州王者からアウェイの地で勝利をもぎ取ったPSGは、2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得ることに。試合後のインタビューに応じたポチェッティーノ監督は、激闘を制したチームを手放しで称賛した。

「我々は団結力、闘争心があり、精神面でも優れたチームだったと思う。難しいスタジアムで、強力なチーム相手に3点を決めることは誰にでもできることではない。選手たちのパフォーマンスは評価に値する」

「我々の戦術については試合から簡単に読み取れると思う。そして勝てば『計画は成功した』とも言えるだろう。しかし、選手たちの才能や運の良さについても語らなければならないね」

「私は(ドレッシングルームで)彼らを祝福したよ。困難な状況の中で必死に頑張ってくれた彼らを称えた。状況には日々適応していかなければならない。我々だけでなく、すべての選手たちが大変なスケジュールをこなしているのだ」

また、ポチェッティーノ監督は試合でビッグセーブを連発した守護神のGKケイロル・ナバスを絶賛。世界最高のGKだと語っている。

「ケイロルについては私がいつも言っているように、世界で最も優れたGKの1人だ。我々は彼を迎え入れることができて、とても喜んでいる」

関連ニュース
thumb

イカルディが後半ATに劇的逆転弾! PSGがメッシホームデビューを白星で飾る開幕6連勝《リーグ・アン》

リーグ・アン第6節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsリヨンが19日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが2-1で逆転勝利した。   開幕5戦全勝で首位に立つPSGが、ボス新体制で7位に位置するリヨンをホームで迎え撃ったリーグ屈指の強豪対決。   PSGはミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)初戦でメッシ、ネイマール、ムバッペの新トリデンテを初お披露目したものの、格下クラブ・ブルージュに五分の戦いに持ち込まれて痛恨の1-1のドロースタートとなった。そのドローからのバウンスバックを図る一戦ではメッシが待望のホームデビューを飾り、ムバッペ、ネイマール、ディ・マリアと共にアタッキングユニットを形成した。   1トップにムバッペ、2列目に右からディ・マリア、メッシ、ネイマールを並べる守備度外視の布陣でリヨンとのビッグマッチに臨んだPSG。立ち上がりから攻守が目まぐるしく入れ替わるオープンな展開となった中、ディ・マリアとメッシのアルゼンチンコンビが良い関係性でフィニッシュに絡んでいく。   以降はシャキリ、エカンビの両翼を起点にリヨンが効果的にカウンターを繰り出し、強豪対決らしいがっぷり四つの攻防が続く。その中でこの日の主役のメッシが続けて見せ場を作る。   まずは32分、カウンターからボックス手前左でボールを受けたネイマールが相手守備を引き付けて絶妙なヒールパスを落とすと、これに抜け出したメッシがボックス左でGKと一対一の絶好機を迎える。だが、右隅を狙ったシュートはGKアントニー・ロペスが粘り強く残した足にはじき出される。さらに、37分にはボックス手前の好位置で得たFKの場面で、メッシが左足で直接狙うが、このシュートは枠の右上隅を叩いた。   結局、0-0のスコアで試合を折り返したPSGは後半もなかなかリズムを掴めない。すると、54分には左サイドのエカンビへあっさりとサイドチェンジを許すと、そこからの折り返しを中央に走り込んだパケタに左足で流し込まれ、先制点を奪われた。   すぐさま反撃に出たホームチームは流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めないが、63分にはボックス左で仕掛けたネイマールがDFデナイヤーのファウルを誘い、PKを獲得。メッシがキッカーを務めれば、加入後初ゴールとなるが、ここはネイマール自らキッカーを務め相手GKの逆を突くシュートを流し込んだ。   ひとまず追いついて落ち着きを取り戻したPSGはボールの主導権を握りながら逆転ゴールを目指す。74分にはメッシに後半最初の見せ場が訪れるが、ボックス手前から放った左足のシュートは枠の右に外れた。   ホームで勝ち切りたいポチェッティーノ監督は76分にメッシを下げてハキミ、82分にはディ・マリアに替えてイカルディを投入。ハキミとネイマールを両サイドに置き、イカルディとムバッペを2トップに配した布陣でゴールをこじ開けにかかる。   一連の交代でより攻撃にスピードと迫力が出てきたものの、敵地で引き分け良しとするリヨンにうまく時計を進められて試合は1-1のまま4分のアディショナルタイムに突入する。だが、ここで底力を見せたPSGは92分、左サイド深くで仕掛けたムバッペが絶妙な浮き球のクロスを上げると、イカルディが相手DFの死角から飛び出す巧みな動き出しから冷静にヘディングシュートを叩き込んだ。   そして、イカルディの値千金の逆転ゴールでリヨンとの強豪対決を制したPSGが、CL初戦ドローを払しょくするリーグ開幕6連勝を飾った。 2021.09.20 05:48 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシの新居はお城? 第二次世界大戦時に大統領も過ごした歴史ある62億円の物件

今夏パリ・サンジェルマン(PSG)に加入したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。パリの生活がまだ安定していないということが先日報じられた。 チームメイトであるアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアによれば、現在もまだホテル暮らしが続いているメッシ。バルセロナ時代は海も近く、風景も良いカステルデフェルスに住んでいたこともあり、リラックスできていないようだ。 そのメッシは新居を探しているが、パリ郊外にある城に引っ越す可能性があるという。 現在は五つ星ホテルの「ロイヤル・モンソー」で過ごしているメッシ。妻のアントネラ・ロクソさんも永住権を得たいと考えているようだが、自宅の条件が家探しを難しくしているようだ。 イギリス『サン』によると、ロクソさんが求める自宅の条件としては、屋内プールやジム、複数の子供部屋、ガレージ、プライベートシネマ、エアコン設備、庭園だという。 バルセロナ時代に住んでいた自宅にはこれらの設備があり、小さなコートもあったようだ。 ロクソさんはパリ郊外のヌイイ=シュル=セーヌにある家を見つけたようだが、所有者がメッシが契約することを知り、家賃を8500ポンド(約128万円)引き上げたとされ、その家に興味を持たなくなったようだ。 なお、現在興味を持っているのは4100万ポンド(約62億円)で取引されているお城とのこと。これは1899年に建てられ、フランスのシャルル・ド・ゴール元大統領が第二次世界大戦中に滞在した場所とのこと。広大な敷地に建てられている城は30部屋があるという <span class="paragraph-title">【写真】メッシ一家が住むかもしれないパリ郊外のお城</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Messi is looking to rent a Paris castle called the Pink Palace worth £41m <a href="https://t.co/XRhTtlnaP2">https://t.co/XRhTtlnaP2</a></p>&mdash; Irish Sun Sport (@IrishSunSport) <a href="https://twitter.com/IrishSunSport/status/1438887874489950210?ref_src=twsrc%5Etfw">September 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.18 20:02 Sat
twitterfacebook
thumb

代理人ライオラ、顧客ドンナルンマのミラン退団は「裏切りではない」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの代理人が、今夏の移籍を振り返った。イタリア『スカイ』が伝えている。 昨シーズン限りでミランを退団し、今夏からPSGに加入を果たした23歳のドンナルンマ。しかし、下部組織時代から過ごしたクラブとの契約延長に応じず、フリートランスファーでの移籍となったことには、マイナスな感情を持ったファンも少なくはなかっただろう。 そんなドンナルンマの今夏の移籍劇を振り返ったのが、代理人であり、他にも元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチや、フランス代表MFポール・ポグバといった数々のスタープレイヤーを顧客に持つミノ・ライオラ氏だ。イタリア『Rai Sport』のインタビューで、同選手がミランを裏切ったわけではないと擁護した。 「ドンナルンマの扱いについては申し訳ないと思っていた。彼はミランを裏切ったわけではない。4年前に退団することもできたのに、彼はそうしなかった」 また、PSGにおけるコスタリカ代表GKケイラー・ナバスとの正守護神争いについては「2人の間に争いはない。ドンナルンマがプレーする」と、イタリア代表GKがレギュラーを獲得することを確信しているようだ。 さらに、「ユベントスは今でも彼を獲得しなかったことに大きな後悔をしていると思う。それはユベントスだけではないがね」ともコメント。自身の顧客の価値をアピールした。 <span class="paragraph-title">【動画】ドンナルンマのPSG入団プレゼンテーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTanF6ZnpGNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.18 16:03 Sat
twitterfacebook
thumb

メッシとPSGの契約内容が判明、仮想通貨1億3000万円含む年間約39億円の報酬

今夏バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)だが、その契約内容がフランス『レキップ』によって明かされた。 プロキャリア初となる移籍を果たしたメッシ。21年間過ごしたバルセロナを離れ、新天地に挑戦している。 バルセロナとは自身のサラリーを半減させてまで契約を締結しようとしたメッシだったが、想定外の負債を抱えていたクラブに対してラ・リーガから規制がかかり、メッシとの契約ができないという事態に。望ましくない形で、袂を分かつこととなった。 そのメッシが新天地に選んだPSGは、各国のスター選手を抱えているクラブ。そんな中で結んだメッシとの契約内容が明かされた。 メッシは2年契約プラス1年間の延長オプションでPSGと契約。1シーズンあたり3000万ユーロ(約38億6700万円)を受け取り、その中には暗号通貨(仮想通貨)での100万ユーロ(約1億2900万円)も含まれているとのことだ。 仮にオプションを含めた3年契約を全うすると、少なくみても1億1000万ユーロ(約141億8000万円)を得ることとなるという。この金額は、ブラジル代表FWネイマールを同じとのことだ。 さらに、メッシは今夏は契約金を受け取らなかったものの、2年目以降はボーナスとして1000万ユーロ(約1億2900万円)が上乗せされるとのこと。2022-23シーズン、2023-24シーズンは4000万ユーロ(約51億6000万円)を1シーズンで受け取ることとなる。 メッシはバルセロナでは1シーズンあたり6100万ユーロ(約78億6300万円)を受け取っていたとされているが、今夏結ぼうと契約した50%削減後の金額とほぼ変わらないがくをPSGでは受け取れることとなる。 パリの生活環境にまだ慣れず、新たなチームへのフィットもまだ時間がかかる可能性があるメッシ。早くサラリーが問題視されない活躍をみたいものだ。 <span class="paragraph-title">【動画】PSGが公開! メッシのCLデビュー舞台裏映像</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ4cDZzUU5jRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.18 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「ハキミはマドリー復帰を望んでいる」コンテが証言

前インテル監督のアントニオ・コンテが、教え子のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの去就に関わるコメントを残した。イタリア『スカイ』が伝えている。 昨夏にレアル・マドリーからインテルに移籍したハキミは、コンテ監督の下、セリエAで37試合7ゴール10アシストを記録し、11年ぶりのスクデットに貢献した。ところが、今夏にインテルが深刻な財政難に陥りコンテ監督が退任すると、後を追うようにハキミも退団。多額な移籍金を置いてパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した。 パリでも好調を維持するハキミだが、『スカイ』のインタビューに答えたコンテ氏によると、いずれはマドリーに復帰することを夢見ているという。昨シーズンのチャンピオンズリーグでのマドリーとの対戦が、そう感じたきっかけだったという。 「昨季のレアル・マドリー戦でハキミは少し心理的に苦しんでいた。彼の夢は、主力としてマドリーでプレーすることだ」 「あの2試合はよく覚えているよ。あの時から彼は一生懸命努力するようになり、私もまた、若手がどのように学び成長していくのかを目の当たりにした」 「彼は攻撃面の良さだけでは不十分だと理解していた。今の彼は最高の選手たちに囲まれている。最後のボールまで諦めずに取り組み続ければ、いずれはワールドクラスになれるだろう」 コンテ氏はまた、ハキミの後釜として加入したオランダ代表DFデンゼル・ダンフリースにも言及。「彼らはハキミの代わりに素晴らしい選手と契約した。もし彼がチームに溶け込むことができれば、彼はハキミの代役として活躍できるだろう」と、太鼓判を押している。 2021.09.17 18:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly