遠藤航の相棒、MFマンガラが復帰1日で再び負傷離脱

2021.04.07 21:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは7日、U-21ベルギー代表MFオレール・マンガラの負傷を発表した。マンガラは3月に大腿部前面部に筋線維の断裂が確認され離脱。その後の2試合を欠場していた。


そのケガから6日にトレーニング復帰したマンガラだったが、なんと再び負傷。トレーニング中に大腿部の筋肉を負傷したため、離脱することが発表された。

今シーズンは離脱するまではブンデスリーガで24試合に出場し1ゴール3アシストを記録。日本代表MF遠藤航の相棒としてボランチでコンビを組んでいた。
関連ニュース
thumb

クナウフのプロ初弾でドルトムントが遠藤フル出場のシュツットガルトに競り勝つ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第28節、シュツットガルトvsドルトムントが9日に行われ、2-3でドルトムントが勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節ブレーメン戦を制してヨーロッパリーグ出場権争いに踏み止まった8位シュツットガルト(勝ち点39)は、開幕からスタメン出場を続ける遠藤が[3-4-2-1]のボランチで引き続き先発となった。 一方、前節フランクフルト戦を落とした5位ドルトムント(勝ち点43)はチャンピオンズリーグ出場権獲得が厳しくなってきた中、4日前に行われたCLマンチェスター・シティ戦では好パフォーマンスを見せたものの、1-2と惜敗した。そのシティ戦のスタメンから2選手のみを変更。ジャンとクナウフに代えてレイナとデラネイを起用した。 立ち上がりら押し込んだのはドルトムントだったが、先制はシュツットガルト。17分、遠藤が中央で起点となった流れから、左サイドのソサが上げたクロスをファーサイドのカライジッチがヘッド。ループで狙ったシュートがゴール左に決まった。 その後もカウンターを狙って主導権を渡さないシュツットガルトは、30分にソサの左クロスからクリバリのヘディングシュートで牽制する。 なかなかシュートに持ち込めないドルトムントは34分にロイスが枠内シュートを放つも、GKの守備範囲だった。 それでも迎えた後半、開始2分にドルトムントが追いつく。ダフードのクサビのパスをレイナが落とし、ボックス中央のベリンガムがゴール右へ蹴り込んだ。 さらに52分、ドルトムントが一気に突き放す。レイナが右サイドを突破した流れから、モレイのラストパスをボックス左のロイスがダイレクトでゴール右へ流し込んだ。 逆転されたシュツットガルトは66分、クリバリに同点のチャンスが訪れるも、左クロスに合わせたシュートはミートしきれない。 それでも78分に同点に追いつく。モレイのバックパスミスをカライジッチがカットし、最後はディダヴィがGKとの一対一を制した。 しかし80分、途中出場のクナウフが大仕事。ボックス左でパスを受けると、DFに対応されながらもカットインシュートをゴール右に決めきった。 クナウフのキャリア初ゴールが生まれたドルトムントがシュツットガルトとの打ち合いを制してシティ戦に弾みを付けている。 2021.04.11 03:35 Sun
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、遠藤航の“相棒”マンガラとの契約を2024年まで延長

シュツットガルトは9日、ベルギー代表MFオレール・マンガラ(23)との契約延長を発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 シュツットガルトの育成機関で育ったマンガラはクラブの1部復帰初年度となる今季にブレイク。日本代表MF遠藤航の相棒としてボランチでコンビを組むと攻守にわたり、存在感を際立たせ、今季のここまで公式戦27試合に出場している。 また、各年代のベルギー代表に選出されてきたマンガラは、今季の活躍ぶりを受けて3月の代表戦でフル代表に初選出されたが、太もものケガを理由に代表参加は叶っていなかった。 シュツットガルトとの契約延長にサインしたマンガラは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「VfBファミリーの一員として活動を続けられることに、とても興奮している。僕たちには良いチームスピリットがあり、ピッチ上でもピッチ外でも良い雰囲気を感じているよ。ここでの生活は快適そのものだ」 「VfBからの信頼にはとても感謝している。その信頼に応えられるように試合でパフォーマンスを発揮したいと思うよ。ただ、僕にとっては出来るだけ早くコンディションを整えて、再びチームのためにプレーできるようになることが最優先の課題だね」 2021.04.09 23:15 Fri
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルトが大迫途中出場のブレーメンに競り勝つ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第27節、シュツットガルトvsブレーメンが4日に行われ、1-0でシュツットガルトが勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場、ブレーメンのFW大迫勇也は73分から出場している。 9位シュツットガルト(勝ち点36)と、12位ブレーメン(勝ち点30)による日本人対決。 日本代表ではボランチの位置で質の高いプレーを見せた遠藤が開幕から27試合連続スタメンとなった。 一方、代表戦で初のハットトリックを達成した大迫は引き続きベンチスタートとなった。 ブレーメンが積極的な入りを見せた中、10分にFKの流れからシュミットがGK強襲のシュートを浴びせた。その後も良い入りを見せたブレーメンが流れを引き寄せると、続く22分にはアウグスティンションのボレーシュートでシュツットガルトを牽制する。 一方、慎重な入りとなったシュツットガルトは25分、フェルスターのミドルシュートでオンターゲットを記録。ここはGKパブレンカの好守に阻まれるも、ここからシュツットガルトが盛り返す流れとなった。 ただ、ハーフタイムにかけては膠着状態となり、ゴールレスのまま前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防で立ち上がった中、55分にブレーメンに先制のチャンス。しかし、ラシツァの右クロスにダイレクトで合わせたフュルクルクのシュートは枠を捉えきれなかった。 対するシュツットガルトも58分、クリモビッツが枠内シュートを浴びせてゴールに迫ったが、徐々に前半同様に膠着状態へ。状況を打破するべくブレーメンは73分に大迫を投入した。 そんな中81分、シュツットガルトが均衡を破る。ソサの左クロスがアウグスティンションのオウンゴールを誘った。 追う展開となったブレーメンは追加タイム1分、大迫が際どいシュートを浴びせたが、わずかに枠を捉え切れずにシュツットガルトが勝利。バイエルン戦の完敗からバウンスバックする結果となっている。 2021.04.05 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤航同僚のニコラス・ゴンサレスが再離脱、2~3週間アウト

シュツットガルトのアルゼンチン代表FWニコラス・ゴンサレスが再離脱することになった。ドイツ『キッカー』によれば2~3週間の離脱となるようだ。 同メディアによると、ニコラス・ゴンサレスは3月31日の練習中に太ももを負傷したとのことだ。 シュツットガルトでは今季のブンデスリーガで11ゴールを挙げていたサリス・ワマンギトゥカが前十字靭帯の断裂で今季絶望となっている。 そのワマンギトゥカに続くチーム3位の6ゴールを挙げていたニコラス・ゴンサレスは、3月20日のバイエルン戦で筋肉の負傷からリーグ戦6試合ぶりの復帰を果たしていたが、再離脱となってしまった。 ヨーロッパリーグ出場権争いを展開している9位シュツットガルトにとって痛手となるが、今後のブレーメン戦、ドルトムント戦を乗り越えることはできるか。 2021.03.31 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

“デュエルマスター”遠藤航が語る日本代表の守備の理想「ピッチで判断」「その後に監督が指示」

日本代表は24日、国際親善試合の韓国代表戦に向けた合宿3日目を迎えた。 2019年11月以来となる国内での代表活動。今回のメンバーには、昨年のヨーロッパ遠征では招集されなかったJリーグ組も14名招集され、新たな選手も多く名を連ねた。 22日からトレーニングをスタートたせた日本代表。3日目のトレーニング前に選手たちがオンライン取材に対応した。 海外組として参加するシュツットガルトのMF遠藤航。今シーズンはブンデスリーガでもデュエルマスターとして中盤に君臨している。 その遠藤が感じる日本代表の守備については「後ろからのDFの声は大事だと思いますし、前から行く時も後ろの選手が声をかけて指示することも大事だと思いますが、前の選手がプレスをかけたから連動して後ろの選手が動くというのは、今の代表には足りないかなとと思います」と語り、連動してオートマチックに動く部分が少ないと指摘。「僕も声をかけていかなければいけないですし、前から行くのか、ブロックを作るのかははっきりしないといけない」と語った。 また、昨年11月のメキシコ代表戦についても言及。「メキシコ戦の後半は前からハマらなかった時に、引くのか前から行くのか、中でコミュニケーションをとりながら改善しないといけなかった」と反省した。 今回の招集メンバーでは、ボランチは国内組が多い状況となる。「基本的には話すしかないですし、チームでのやり方をどうしているかは気になるので、他の選手にも聞いたりしています」と、まずは普段どういう守り方をしているかを聞きたいとコメント。「それを聞いた上で日本代表としてどう戦うか。一緒にプレーする選手の特徴がどうなのかとか、そこを考えながらお互いに良いことを探すのが良いと思っています」と語り、コミュニケーションをとって擦り合わせていきたいと語った。 日本代表としての守り方については「ベースとしてはしっかり森保さんが提示してくれているので頭に入れながら出たメンバーがどう判断するかです」とコメント。「1人1人の判断を尊重しながら、1人からグループの戦術の合わせ方というか、徐々に広げていくことが大事かなと思っています」と、まずは個々の判断が大事と持論を語った。また「選手1人1人の特徴を出すことが代表では一番だと思っていますし、森保さんもそういう言い方をしてくれているので、日本代表のコンセプトを体現できるか。バランスは難しいとは思います」とし、個の特徴を出しながらチームコンセプトを出せるかが課題だとした。 それでも守り方の理想としては「選手が中で相手が変えたことに気がついて、それが判断できることだと思います。その方が監督が指示するよりも早く対応できると思います」とコメント。「変えてみて監督が違和感あれば交代とか、指示を出したりして、やり方を変えるのか、そのままやるのか提示してもらえればハッキリしてやりやすくなります」と理想系を語った。必要なことは「まずは相手が変えたことにいかに気が付けるか」とし、「選手とコミュニケーションを取りながら変えていくことが理想で、その後に監督の指示が来るのがベストだと思っています」と考えを明かした。 2021.03.24 22:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly