横浜FMのFWマルコス・ジュニオールが左下肢大腿直筋筋断裂で全治3週間

2021.04.07 10:08 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜F・マリノスは7日、FWマルコス・ジュニオールの負傷を発表した。

クラブの発表によると、マルコス・ジュニオールは3月27日(土)に行われたYBCルヴァンカップ第2節のサンフレッチェ広島戦で負傷したとのことだ。

マルコス・ジュニオールは横浜市内の病院で検査を受け、左下肢大腿直筋筋断裂と診断。全治は3週間の見込みとのことだ。

広島戦で先発出場したマルコス・ジュニオールは、開始9分でプレー続行不可能に。そのまま天野純と交代していた。

今シーズンは明治安田生命J1リーグで4試合に出場し1得点を記録していた。


関連ニュース
thumb

「ごはん3杯いける」スピードスター・宮市亮が横浜FMでJ初ゴール! 技術詰まった珠玉の一撃に「うまっ」、「天才」

遂にこの男にJリーグ初ゴールが誕生した。 18日、明治安田生命J1リーグ第11節の延期分となる浦和レッズvs横浜F・マリノスが埼玉スタジアム2002で行われた。 5試合連続引き分け、3試合連続ゴールレスドローの浦和と、3連勝中の横浜FMの試合となったが、前半は横浜FMが圧倒した。 横浜FMは12分には宮市亮が起点となると、最後は水沼宏太がゴールを決めて先制。19分には宮市のクロスからアンデルソン・ロペスがヘディングで合わせて2点目を奪う。 そして迎えた30分に待望の瞬間が。縦パスを受けたアンデルソン・ロペスが左サイドへと展開。すると、パスを受けた宮市がボールを晒しながら狭いコースを狙ってボックス内で右足シュート。コントロールされたシュートは、弧を描いてゴール右隅に決まった。 見事なコントロールショットには「Jリーグ初ゴールおめでとう」、「待ってました」、「嬉しいゴール!!」、「うまっ」、「ごはん3杯いけますね」、「天才」と絶妙なゴールに翔さんの声が止まらない。 中京大中京高校を卒業後、海を渡りアーセナルへと入団した宮市。フェイエノールトやボルトン、ウィガン、トゥベンテへのレンタル移籍を経験。ケガとも戦いながら、ザンクト・パウリでもプレーすると、2021年7月に横浜FMへと完全移籍し、初めてJリーグの舞台に立った。 今シーズンは開幕から出番があり、ここまで7試合に出場。この試合が初ゴールであり、初アシストを記録したこととなった。 なお、試合は0-3から後半にキャスパー・ユンカーにハットトリックを決められ、3-3の引き分けに終わった。 <span class="paragraph-title">【動画】宮市亮が待望のJリーグ初ゴール!テクニックが詰まった珠玉の一撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今度は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%AE%E5%B8%82%E4%BA%AE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宮市亮</a> がゴール<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E6%A8%AA%E6%B5%9CFM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和横浜FM</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%81%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E7%86%B1%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jが世界を熱くする</a><a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos?ref_src=twsrc%5Etfw">@prompt_fmarinos</a> <a href="https://t.co/EIjpIH13OE">pic.twitter.com/EIjpIH13OE</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1526884335583866886?ref_src=twsrc%5Etfw">May 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.18 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

宮市亮がJ初ゴールも横浜FMは3点差守れず、ユンカーのハットで浦和が追いつき6戦連続ドロー【明治安田J1第11節】

18日、明治安田生命J1リーグ第11節の延期分の浦和レッズvs横浜F・マリノスが埼玉スタジアム2002で行われ、3-3の引き分けに終わった。 現在5試合連続での引き分け、3試合連続ゴールレスドローの浦和と、前節は湘南ベルマーレに勝利し、リーグ戦3連勝の横浜FMの一戦となった。 ホームの浦和は前節のサンフレッチェ広島戦から2名を変更。伊藤敦樹、ダヴィド・モーベルグに代えて、柴戸海、キャスパー・ユンカーが入った。 対する横浜FMは湘南戦から5名のスタメンを変更。エドゥアルド、永戸勝也、藤田譲瑠チマ、マルコス・ジュニオール、仲川輝人が外れ、角田涼太朗、松原健、渡辺皓太、西村拓真、宮市亮が入った。キャプテンの喜田拓也はこの試合がJ1通算200試合目の出場となった。 状況は違えど、互いに勝ち点3がどうしても欲しい試合。立ち上がりにチャンスを迎えたのは浦和だった。 4分、裏のスペースに平野がパス。抜け出したユンカーに対して角田が対応。それでも中央へ折り返すが、シュートは打てない。 横浜FMは8分。左サイドでボールを持った宮市がカットインと見せかけて右足クロス。低いクロスをアンデルソン・ロペスが合わせるが、シュートは打てない。 その横浜FMだが、12分にゴールを仕留める。左サイドでボールを持った宮市が前に送ると、オーバーラップした小池がグラウンダーのクロス。ニアサイドに西村が飛び込むがこれは合わず。それでも、ファーサイドに走り込んだ水沼がゴールへと流し込み、横浜FMが先制する。 さらに19分にも横浜FMが追加点。左サイドでパスを受けた宮市が縦を見せながら右足でクロス。これを下がりながらもアンデルソン・ロペスがヘッドで合わせ、リードを2点に広げる。 さらに30分、縦パスを受けたアンデルソン・ロペスが左サイドに展開。パスを受けた宮市がクロスをうかがわせながらも右足シュート。これがゴール右に決まり、宮市がJリーグ初ゴールを記録した。 3点ビハインドとなった浦和だが34分には個人技でチャンス。右サイドに抜けたユンカーが角田との競り合いを制してグラウンダーのクロス。アレックス・シャルクが合わせにいくが、これはわずかに届かない。 アディショナルタイムには左CKからサインプレー。グラウンダーのパスをユンカーがフリーでシュートも、抑えられず大きく枠を超えていく。 3点ビハインドの浦和は選手交代なし。その中で後半早々にスコアを動かす。47分、裏のスペースにパスを出すと、上手く抜け出したユンカーが落ち着いて流し込み早々に1点を返す。 立ち上がり早々に1点を返した浦和。ユンカーを裏に走らせる攻撃で幾度となく横浜FMゴールに迫っていくが、なかなかゴールを奪えない。 68分には浦和がカウンター。シャルクがセンターサークル付近でボールを収めてスルーパス。これに抜け出したユンカーがボックス内からシュート。しかし、前に出たGK高丘がセーブする。 徐々に浦和が押し込み始めた中、横浜FMは3枚替え。水沼、渡辺、宮市を下げ、吉尾海夏、岩田智輝、仲川輝人を投入。浦和は馬渡とシャルクを下げて、松尾佑介、大久保智明を投入する。 すると横浜FMは仲川のスピードを生かしてカウンター。徐々に盛り返していくが、ゴールは奪えない。 さらに両チームとも選手を代えていくと、81分に前線へのパスを松尾がヒールで流すと、オフサイドラインギリギリで飛び出したユンカーが絶妙なタッチから落ち着いて蹴り込み、1点差に詰め寄る。 3点差から2点を奪った浦和は、ここから一気にボルテージが上がることに。リカルド・ロドリゲス監督もスタンドを煽り、サポーターの拍手も一際大きさを増していく。 すると89分、スローインからボックス左で受けた大久保がドリブルを仕掛けてボックス内に侵入。大久保がシュートを放つと、ユンカーが麺を作って合わせてハットトリック達成。3点差を追いつく。 前半の3点リードを後半で追いつかれた横浜FM。失点直後から一気に切り替えレオ・セアラが2度ゴールに迫るが、GK西川がカギをかける。 最後まで浦和が攻め込む中、アディショナルタイムの4分間は譲らずに終了。ユンカーのハットトリックの活躍で3-3のドロー。浦和は6試合連続でドローとなった。 浦和レッズ 3-3 横浜F・マリノス 【浦和】 キャスパー・ユンカー(後2、後36、後44) 【横浜FM】 水沼宏太(前12) アンデルソン・ロペス(前19) 宮市亮(前30) 2022.05.18 21:29 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第11節:浦和vs横浜FM】ポイントは決定力。ピッチ上で修正力をみせるのは?

【明治安田生命J1リーグ第11節】 2022年5月18日(水) 19:30キックオフ 浦和レッズ(16位/12pt) vs 横浜F・マリノス(3位/24pt) [埼玉スタジアム2002] ◆遠いゴール、こじ開けられるか【浦和レッズ】 前節はホームにサンフレッチェ広島を迎えたが0-0のゴールレスドロー。リーグ戦は中断前から3試合連続でゴールレスドローという苦しい状況に陥っている。 引き分けに至っては5試合連続。6戦無敗と聞こえは良いが、内容は決して楽観視できるものではないというのが実情だ。 ただ、試合内容自体は本当に悪いものではない。試合する時間帯もある中で、遠いのがゴール。前節もネットは揺れたがVARで取り消されるなど、あと1つ手が届かないという状況だ。 大きな後ろ支えとなるファン・サポーターに関しても、そろそろ業を煮やし始めてくる頃。なんとかホームで気持ちよく勝ち点3を積み上げたいところだ。 横浜FM、鹿島と上位に位置するチームとの連戦。今年の浦和がどの程度やれるのかがはかれる試合となりそうだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:馬渡和彰、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、伊藤敦樹 MF:ダヴィド・モーベルグ、江坂任、松尾佑介 FW:アレックス・シャルク 監督:リカルド・ロドリゲス ◆決定力の差を見せつけろ【横浜F・マリノス】 前節は湘南ベルマーレとの“神奈川ダービー”で4-1と勝利。これでリーグ戦3連勝とした。 3位に位置しており、優勝を目指せるポジションにいるが、試合内容の改善はしっかりと図りたいところ。湘南戦は相手に多くのシュート打たれるなど、ビルドアップの詰まりがピンチを招いていた。 一定レベルのパフォーマンスでは満足してはいけないチームなだけに、どこかででも同じ攻撃を繰り出せることが理想。右サイド変調となりがちなところを誰が改善すべきか。キーマンは小池龍太になりそうだ。 今シーズンはサイドバックだけでなくボランチでもプレー。今節は左サイドバックに入ると予想されるが、右偏重の攻撃に改善が見られるかに注目。チーム全体で起こっている問題点を解決できる力はあるだけに、冷静に判断して曲面を打開したいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、實藤友紀、角田涼太朗、小池龍太 MF:喜田拓也、西村拓真、渡辺皓太 FW:宮市亮、アンデルソン・ロペス、仲川輝人 監督:ケヴィン・マスカット 2022.05.18 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

積極性光った湘南と横浜FMの"神奈川ダービー"、制したのは違いを見せたトリコロール【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、湘南ベルマーレvs横浜F・マリノスの"神奈川ダービー"が14日にレモンガススタジアム平塚で行われ、4-1でアウェイの横浜FMが勝利を収めた。 湘南は今季初勝利後に3試合白星なしと、再び海の底へ沈んでいる。退場者を出しながらも引き分けた前節を浮上のきっかけにしたい今節は、出場停止の瀬川に代わって大橋をスタメンで起用した。 一方の横浜FMは、前節の名古屋グランパス戦で逆転勝ちを収め、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)からの帰国後、好スタートを切った。懸念は岩田とエウベルの負傷か。代役を務めるのは藤田と仲川。また、ジョーカー起用の多い水沼も先発に名を連ねた。 前節も前半は主導権を握っていた湘南は、この試合でもリズム良く試合に入った。アグレッシブな姿勢を見せると、5分には高い位置でボールを奪い返して大橋がミドル。12分にはボックス左を取った杉岡がGK高丘を脅かした。 だが、決定力の違いを見せたのは横浜FM。14分、ボックス右角付近で水沼が杉岡のパスを引っ掛けると、アンデルソン・ロペスがボックス内で粘り、こぼれ球を水沼が左隅へ丁寧に流し込んだ。 直後に杉岡が再びフィニッシュを見せた湘南だったが、またも横浜FMのアタッキングフットボールが牙をむく。 自陣の右サイドから対角のパスで大きく展開すると、持ち上がった仲川がボックス左角付近から低く速いクロスを送る。ゴール前のこぼれ球にマルコス・ジュニオールいち早く反応。ヒールパスから最後は小池龍太がプッシュして瞬く間にリードを広げた。 27分にも自陣でのパスミスからアンデルソン・ロペスにあわやの場面を許した湘南は、右の石原、左の畑のクロスからウェリントンが頭で狙うが、いずれも枠を捉えられず、35分の大橋のヘッドもGK高丘に阻まれた。 チャンスを作りながらも生かし切れない湘南はビハインドのまま前半を終えると、ハーフタイムに2枚替えを決行。被先制時にアンデルソン・ロペスとの接触で左内ももを気にしていた米本に代えて田中聡を、古巣対戦となる町野を投入した。 リードする横浜FMもアクシデントで交代枠を使うことになった。戻りながらの守備となった後に畠中が座り込んでしまい、54分に角田との交代を余儀なくされる。 それでも、動揺を見せない横浜FMが59分に追加点を挙げる。自陣の右サイドでボールを奪って速攻へ転じると、マルコス・ジュニオールが中央でキープして左の仲川を使う。2対2の状況から右サイドを水沼が猛然と駆け上がって数的優位を作ると、カットインした仲川は水沼を使い、クロスにアンデルソン・ロペスが合わせてカウンターを完結させた。 ホームで意地を見せたい湘南は失点直後に再びの2枚替えで推進力を高めるが、それを逆手に取られて空いたスペースをいいように使われてしまう。さらに、スライディング後に相手選手の膝が顔面に入った舘が脳震とうの疑いで交代するという泣きっ面に蜂。77分には交代で入った池田が気を吐くミドルを見せ、直後には町野にもビッグチャンスが訪れるが、前者は枠外、後者はGK高丘の好セーブに阻まれた。 それでも83分、スルーパスに反応した町野が右のポケットを取ると、流れたボールをGK高丘に先んじて田中が回収。GKを釣り出して折り返し、ウェリントンが頭で合わせてようやく1点を返す。 だが、反撃ムードの高まる湘南を横浜FMが打ち砕く。91分、高いラインを敷いた湘南の背後へ渡辺が浮き球を送ると、レオ・セアラが胸でコントロール。やや流れるも、ボックス外での処理となったGK谷のヘディングクリアは後方へ流れ、回収したレオ・セアラが無人のゴールへ流し込んで試合を決定づけた。 被シュート数こそは多かったものの、本当に危険な場面は数えるほどに抑えた横浜FM。アタッキングの真髄を見せ、連勝を飾っている。一方の湘南は、チャンスの数と得点が比例せず。決定力を欠き、4試合未勝利で最下位へと転落した。 湘南ベルマーレ 1-4 横浜F・マリノス 【湘南】 ウェリントン(後38) 【横浜FM】 水沼宏太(前14) 小池龍太(前20) アンデルソン・ロペス(後14) レオ・セアラ(後46) 2022.05.14 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.103】マリノスの新得点源は代表滑り込みを果たせるか?/西村拓真(横浜F・マリノス/FW)

「西村(拓真)は今季、非常にいいスタート切った。トップ下にはマルコス・ジュニオール、吉尾海夏、西村の3人がいて、1人1人のキャラクター、能力が全く違う。試合ごとに選択肢が出てくるのはチームの強みになっている。その中でも西村は要求以上のことをやってくれていると思っています」 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から戻った直後の5月初旬、横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督がこう評した通り、今季新加入の西村拓真がいい味を出している。 開幕当初は出番が少なかったものの、3月2日のヴィッセル神戸戦にトップ下で初先発し、2ゴールを奪ってから指揮官の評価が一気にアップする。4月10日の鹿島アントラーズとの上位対決でも勝利を決定づける2点目を叩き出し、ACL1次ラウンドの重要局面だった4月25日のシドニーFC戦でも2点目をゲット。「ここ一番で点を取れる男」という印象を強めたのである。 それだけではない。西村には凄まじい走りで攻守両面に絡めるダイナミックさとい長所がある。前述の鹿島戦でもチーム最多走行距離の12.511キロを記録。スプリント回数も22という数字を残した。もちろん昨季の得点源だった前田大然(セルティック)のデータには及ばないが、彼の抜けた穴を着実に埋めているのは確か。「西村はチームのためにベストを尽くす。本当に手を抜かずに走ってくれる」とマスカット監督が称賛するのも頷ける話だ。 となれば、日本代表入りの期待も高まってくるところ。しかしながら、彼の経歴を見ると、富山第一高校時代の2012年に富山県選抜として国体に出場し、2013年にU-17北信越選抜入りした経験があるだけ。日の丸とは縁遠いキャリアを送ってきた分、どうしてもハードルは上がると言わざるを得ない。 しかも、1996年生まれは2016年リオ・デ・ジャネイロ五輪世代の一番下の学年。鎌田大地(フランクフルト)も代表入りが2019年3月のコロンビア戦(日産)までズレ込んだし、鈴木優磨(鹿島)もお呼びがかからないまま現在に至っている。そういったマイナス要素がある分、圧倒的な実績を残さない限り、森保一監督が重い腰を上げる気にはならないだろう。その厳しさを本人もよく分かっているはずだ。 まさに前田大然も2021年のJ1で23ゴールという驚異的な数字を叩き出したことで、日本代表に呼ばれ、念願だった1トップで起用されるまでになった。それまでの彼は代表に行くたび左サイドに据えられ、「前で勝負したい」と言い続けられながらも、そういう扱いをしてもらえなかった。それを自らの活躍で覆し、セルティック移籍、新天地でのコンスタントな活躍につなげている。 ベガルタ仙台時代の2018年にJ1・11ゴールを挙げ、ロシア1部・CSKAモスクワから引っ張られた西村は「数字こそ成功の源」だと身をもって理解しているに違いない。結局、コロナ禍もあって1度目の海外挑戦はロシアからポルトガル1部・ポルティモネンセへ赴く形で幕を閉じたが、2度目がないとも言い切れない。今や代表でエース級の存在感を示している伊東純也(ヘンク)も27歳になろうという時にベルギー行きを決断している。アタッカーにはそれだけの可能性があるのは事実だろう。 だからこそ、西村にはここからギアを一段階二段階引き上げ、ゴールラッシュを見せる必要がある。現時点ではJ1・4点で得点ランキング5位タイにつけているが、鈴木優磨や上田綺世(鹿島)らを抜いて日本人トップになることが最初のターゲットと言っていい。ここからのマリノスは18日の湘南ベルマーレ戦を皮切りに、18日の浦和レッズ戦、21日のアビスパ福岡戦、25日の京都サンガF.C.戦、そして29日のジュビロ磐田戦と5連戦が待ち構えている。そこで1試合1点ペースで加算していけば、早くも2ケタが見えてくる。そんな理想的なシナリオを描くことが肝要だ。 6月の日本代表4連戦のメンバー発表は20日に予定されているから、そこに西村が滑り込む可能性は極めて低い。ただ、彼ら国内組には7月のEAFF E-1選手権がある。コロナの影響で中国開催から日本開催に変更され、開催地は愛知県豊田市中心になる見込みだ。名古屋市出身の西村にしてみれば、その舞台に立って目覚ましい活躍を見せたいと願わないはずがない。E-1から11月のカタール・ワールドカップ(W杯)滑り込みの確率も極めて低いだろうが、可能性のある限り、突き進んでいくしかない。 「マリノスは本当にアタックの回数が多いチームなので、いろんなチャンスが来る。そこで決めきる技術を高めていけば、(2021年チーム総得点の82得点は)成し遂げられる数字だとは思います。結果にこだわり、守備のプレッシングをどんどんやりつつ、個性を出していきたいです」と西村はシーズン当初、語気を強めていた。現時点のチーム総得点19をその領域に引き上げるためには、誰かが起爆剤にならなければいけない。ギラギラしたこの男には大化けする予感が少なからずある。トリコロールの背番号30のここからの一挙手一投足を期待を込めて見守りたい。 2022.05.14 14:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly