「全てウソ」人種差別発言疑惑のカディスDFが記者会見で完全否定、味方に疑われるなら「サッカーを辞める」

2021.04.06 20:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
人種差別発言が疑われているカディスのDFフアン・カラが記者会見に出席。一連の騒動についてコメントした。スペイン『アス』が伝えた。

事件は4日に行われたラ・リーガ第29節のカディスvsバレンシアで発生。1-1で迎えた30分、バレンシアのフランス人DFムクタル・ディアカビがカラと衝突。ディアカビが激怒し、カラから人種差別的な言葉を浴びせられたと主張。しかし、主審からイエローカードが提示されたディアカビは、そのままピッチを去った。

試合は30分間の中断を経て再開。ディアカビはそのままスタンドで試合を見守ったが、一連の騒動は日に日に大きくなっていった。

加害者とみられているカラは、今回の騒動について自身の見解を主張。人種差別的な発言などしていないと語り、ウソをついていると逆に糾弾。チームメイトが罪を認めろというならサッカーを辞めると強く否定した。

「残念ながら僕は記者会見に出席しなければならない。全ては、バレンシアのCKでディアカビが僕の上に倒れた事だった」

「エルボーを受け、ファウルを主張したら『立て』と言われた。それだけだ」

「その後、ゴール、カード、そして不運なプレーが起こった。FKになるファウルを受け、殴られ、そこで僕は倒れ、ファウルを主張するということがあった」

「僕は選手に『放っておいてくれ』と話した。その選手は気にせず、僕に向かって『落ち着け』と言いった。そして無視をした。そうしたら、選手は私が『クソ黒人』と呼んだと非難した」

「彼がイエローカードを受け取った時、彼は激怒し、僕たちはピッチの上でそのシーンをライブでみていた」

「その後、私は何が起こっているんだという驚きと恥ずかしさでいっぱいだった。あとは、みなさんが見たことが起こった」

「僕は『クソ黒人』とは言ってない。彼に言っていないことは明らかだ」

「彼が言っていることは全てウソだ。許しを請いに行こうと言うカディスの選手がいるなら、僕はサッカーを辞める。これはメディアによる私刑だよ」

関連ニュース
thumb

カディス、マドリーから若手CBビクトル・チュストをレンタル!

カディスは10日、レアル・マドリーからスペイン人DFビクトル・チュスト・ガルシア(21)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 バレンシア出身のビクトル・チュストは、2012年にマドリーのカンテラに加入。フィジカル能力に長けた184cmのセンターバックはアンダーカテゴリーで常に主力を担い、今年1月に行われたコパ・デル・レイのアルコジャーノ戦でトップチームデビュー。また、昨シーズンのラ・リーガではヘタフェとの2試合にも出場していた。 移籍先となるカディスは、昨シーズンのプリメーラを12位でフィニッシュしており、今シーズンも1部残留が最大の目標となる。 2021.08.10 20:36 Tue
twitterfacebook
thumb

カディスがスペイン3部からレアル・マドリー出身のFWアルバロ・ヒメネスを獲得

カディスは9日、スペイン3部のアルバセテからスペイン人FWアルバロ・ヒメネス(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は4年間となる。 レアル・マドリーの下部組織で育ったアルバロ・ヒメネスは、レアル・マドリー・カスティージャから2016年にヘタフェへレンタル移籍で加入すると翌年に完全移籍。 ヘタフェでは日本代表MF柴崎岳とも共にプレーするなど公式戦52試合3ゴール3アシストを記録したが、徐々に出場機会を失うと、2018-19シーズンはスポルティング・ヒホンへ、2019-20シーズンはアルバセテへレンタルに出されていた。 昨年夏にレンタル先であったアルバセテへ完全移籍を果たすと、昨シーズンはラ・リーガ2部で35試合に出場し4ゴール3アシストをマークしていたが、チームは最下位に終わり3部降格となっていた。 2021.08.10 02:10 Tue
twitterfacebook
thumb

カディスがレアルからMFカルデロンをフリーで獲得、カスティージャで40試合出場

カディスは27日、レアル・マドリーのMFマルティン・カルデロン(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 カルデロンはフリートランスファーでの加入となり、契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。 セビージャの下部組織からマドリーの下部組織へと移籍したカルデロン。2018年7月にレアル・マドリー・カスティージャへと昇格すると、2020年8月からはポルトガルのパソス・フェレイラへとレンタル移籍を経験する。 パソス・フェレイラでは、プリメイラ・リーガで8試合に出場していた。 マドリーのファーストチームでは出場機会がないものの、カスティージャでは40試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 また、U-19スペイン代表としても3試合に出場した経験を持つ。 2021.07.28 17:09 Wed
twitterfacebook
thumb

カディスが左SBアルサメンディア獲得! パラグアイ代表としてコパ・アメリカでもプレー

カディスは8日、パラグアイのセロ・ポルテーニョからパラグアイ代表DFサンティアゴ・アルサメンディア(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 セロ・ポルテーニョの下部組織出身のアルサメンディアは2015年にトップチームデビュー。以降は左サイドバックや左サイドハーフを主戦場に公式戦103試合に出場している。 また、2019年3月にデビューを飾ったパラグアイ代表ではここまで14試合に出場。コパ・アメリカ2021では4試合に出場し、攻守両面で持ち味の推進力や粘り強い対人守備を見せていた。 2021.07.09 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元スペイン代表FWネグレドがカディスと契約延長! 久々のリーガでチーム最多8ゴールの活躍

カディスは22日、元スペイン代表FWアルバロ・ネグレド(35)との契約延長を発表した。新たな契約期間は来季までとなる。 ネグレドは通算21キャップ10得点のスペイン代表歴を持つ生粋のゴールハンター。ラージョでプロキャリアをスタート後、レアル・マドリー、セビージャ、マンチェスター・シティ、バレンシア、ベシクタシュなどを渡り歩き、2018年9月にアル・ナスル入りした。 そして、昨夏の移籍市場で今季からラ・リーガ昇格のカディスに1年延長オプションが付随した単年契約で加入。カディスの補強第一号となり、自身5季ぶりのラ・リーガ復帰を果たした。 久々に母国でプレーしたネグレドだが、35試合の出場でチーム最多の8ゴールを記録。リーガ通算100得点以上の実績を持つストライカーとして期待通りの働きをみせ、最終的に11勝11分け16敗の12位フィニッシュと健闘したカディスに大きく貢献した。 2021.05.23 21:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly