「綺麗だね」エティハドに現れたハーランドの反応にシチズンズも歓喜「来シーズンは毎週ここでプレーできる」

2021.04.06 19:18 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがマンチェスター・シティの本拠地であるエティハド・スタジアムに乗り込んだ。ドルトムントは6日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでシティとのアウェイゲームに臨む。


ハーランドにとって、実父であるアルフ・インゲ・ハーランド氏が現役時代プレーしたクラブとの対戦となるが、ドルトムントの公式ツイッターが公開した映像では、試合に向けたトレーニングでドレッシングルームからピッチに向かうハーランドが、同僚のイングランド代表MFジュード・ベリンガムとともにピッチを見て「綺麗だね」と呟くシーンがあった。

ハーランドにはレアル・マドリーやバルセロナのほか、シティやマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、リバプールといった欧州有力クラブの関心が取り沙汰されているだけに、これを見たシティの一部サポーターからは「来シーズンは毎週ここでプレーできる」「未来のシティ選手だ」「シティへようこそ」など少し気の早い声も上がっていた。

ドルトムントは、ハーランド獲得に際し、移籍金1億8000万ユーロ(約234億3000万円)を求めていると言われているが、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの今季限りでの退団が決まっているものの、獲得は難しいと言及している。

「現状の価格帯でいかなるストライカーも獲得しない。不可能だ。我々にそんな余裕なんてない。あらゆるクラブが財政的に苦しい状況にあり、我々も例外じゃないのだ」

いずれにせよ、彗星の如く現れた20歳のゴールゲッターが今シーズンのプレミアリーグ最少失点を誇るシティ守備陣にどれほど通用するか注目が集まる。

1 2
関連ニュース
thumb

【CLプレビュー】善戦ドルトの逆転か、シティが順当に5季ぶりベスト4か《ドルトムントvsマンチェスター・シティ》

チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、ドルトムントvsマンチェスター・シティが14日28:00にジグナル・イドゥナ・パルクでキックオフされる。1週間前に行われた1stレグではシティが2-1と競り勝ち、5季ぶりのベスト4進出に近づいた一戦だ。 シティ優位と見られたマッチアップだったが、ほぼ互角の好試合を演じ、一時は1-1と追い付く善戦を見せたドルトムント。最終的には敗れたものの、2ndレグでは1-0の勝利でも突破となる条件でホームに戻ってくることに成功した。そのドルトムントは直近のシュツットガルト戦ではシティ戦でキャリア初先発となったMFクナウフのプロ初弾で3-2と競り勝ち、良い流れでシティとの再戦を迎えている。 一方、ドルトムントの善戦に遭いながらも成長著しいMFフォーデン弾で先勝としたシティは引き分けでも突破となる条件。そのシティは直近のリーズ戦では相手に退場者が出たものの1-2と敗れ、約1カ月ぶりの黒星を喫してしまった。それでも、プレミアリーグ独走中のシティにケガ人、出場停止者はおらず、万全の状態で4強入りを目指す。 <div style="text-align:center;">◆ドルトムント◆ 【4-3-3】</div> ▽ドルトムント予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210413_31_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ヒッツ DF:モレイ、アカンジ、フンメルス、ラファエウ・ゲレイロ MF:ベリンガム、ジャン、ダフード FW:クナウフ、ハーランド、ロイス 負傷者: DFザガドゥ、シュメルツァー、MFヴィツェル、サンチョ、FWムココ 出場停止者:なし 1stレグに続き、ハムストリングを痛めているサンチョの欠場が決まった。1stレグで好パフォーマンスを見せたスタメンをいじる可能性は低そうだ。変更があるとすれば、クナウフの所にレイナが起用される可能性がある。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210413_31_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:エデルソン DF:ウォーカー、ストーンズ、ルベン・ジアス、カンセロ MF:デ・ブライネ、ロドリ、ギュンドアン FW:フォーデン、ベルナルド・シウバ、スターリング 負傷者:なし 出場停止者:なし 1stレグに続きシティには負傷者も出場停止者もいない万全の状態。スターリングではなく1stレグ同様マフレズが起用された場合はフォーデンが左に回るものとみられる。 ★注目選手 ◆ドルトムント:MFマルコ・ロイス <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210413_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ハーランドはもちろん注目だが、彼に続く得点源としてロイスに期待したい。シーズン前半戦は不調だったロイスだが、ここに来て調子を取り戻しており、ゴールに絡む本来のパフォーマンスが見られている。ハーランドに集中する徹底マークを軽減するためにも1stレグに続く主将のゴールが欠かせない。 ◆マンチェスター・シティ:DFルベン・ジアス <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210413_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対するシティの注目選手には守備の要であるルベン・ジアスを挙げたい。1stレグでもハーランドとの重量級マッチアップは見応え十分だったが、2ndレグでもハーランドを抑え込むことが突破を決める上での最重要課題となる。一瞬の隙も見逃してくれないハーランドを相手に守備のスペシャリストであるルベン・ジアスがいかような対応を見せるかに注目だ。 2021.04.14 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ギュンドアンが古巣のエース、ハーランドを厳重警戒「桁違い」

マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を誓っている。UEFAが試合前のコメントを伝えた。 準々決勝でドルトムントが相手となったシティは、6日に行われた1stレグはMFケビン・デ・ブライネとMFフィル・フォーデンのゴールで2-1で先勝。14日のアウェイでの2ndレグに向けて有利な状況となっている。 そんなシティが最も警戒すべき選手は、弱冠20歳でゴールを量産するノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。1stレグでは沈黙させることに成功したが、ギュンドアンは古巣のエースを最大限に警戒している。 「彼は素晴らしい才能を持ったエキサイティングな選手だ。たくさん点を取るし、強くて速い。決断力もあるね。スペースへ侵入し、時に相手にダメージを与える。どんなチームにとっても脅威となる選手だ」 「事実、国内リーグでもヨーロッパの舞台でも彼の成績は桁違いだ。信じられないよ。それにまだ非常に若く、素晴らしい未来が待っている。彼のことを詳しく知っているわけではないけど、トップへ登るための正しい考え方を持っているみたいだね」 ギュンドアンはまた、準決勝進出、ひいては決勝戦や優勝へ到達することが重要であると強調。CLの舞台では、シティがここ数年で目立った成績を収められていないことを引き合いにし、内に秘めた感情を滲ませた。 「僕にとっては次のステップに進むことが重要だ。ここ数年の経験だけでなく、僕自身やチームメイトの経験値からそう言っているんだ。僕たちは素晴らしいチームで、準決勝に進む力があると信じているよ」 「ここ数シーズンでは、もっと早くここまで来られたはずだ。だけど何かが足りず、個人的なミスが致命傷になってしまった。厳しい大会だよ」 2021.04.14 16:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント戦先勝も警戒を怠らないペップ「初戦で得たものを守るつもりはない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦に向けてコメントした。UEFAが伝えている。 6日に行われた1stレグでは、MFケビン・デ・ブライネとMFフィル・フォーデンのゴールでホームで先勝したシティ。だが、アウェイゴールも許しているため、有利な状況と言えど予断を許さない状況だ。 百戦錬磨のスペイン人指揮官もそれを重々承知した上で、2ndレグではいかなるチャンスもあると警戒を強調。リターンマッチに向けて心がけていることを明かした。 「再びこのラウンドに来られたことを嬉しく思う。我々はすでに来季のCL出場権を手にしているため、またここに来られるだろう。練習して、飛行機に乗って、美味しい食事をして。我々はそれを楽しみにしている。何も保証されていない。初戦では良い結果を得ることができた。もう一度、勝利を目指してプレーする」 「我々は自分たちのプランを実行しなければならない。1stレグで何が起ころうと、2ndレグにチャンスはある。我々の考えは、敵地に行ってできる限りのベストを尽くし、初戦で得たものを守るつもりはないと、相手に思わせることだ。試合に勝つために、自らプレッシャーをかけていきたい」 「我々は来季のCL出場権を得た最初のチームだ。なので11年連続で出場することになる。プレミアリーグのどのチームも11年連続出場はしたことがない。それだけに素晴らしいことだ。誰かが与えてくれるわけではないからね」 2021.04.14 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ相手に逆転突破を目指すドルトムント指揮官「偉大な信念があるが、それだけでは不十分」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のマンチェスター・シティ戦2ndレグに向けてコメントした。UEFAが伝えている。 8日に行われたアウェイでの1stレグでは、試合終盤にMFマルコ・ロイスのゴールで同点としながらも、試合終了間際に失点し、先勝を許したドルトムント。だが、アウェイゴールを奪っているため、14日に控えるホームでの2ndレグは、最低1-0のスコアでも勝ち抜けできる状況だ。 テルジッチ監督は、格上相手にも勝負できると自信を示した一方で、非常に難しいことだとし、選手たちにハードワークを要求。そして、逆転突破の鍵を握る2人の選手にも言及した。 「偉大な信念がある。だが、それだけでは不十分だ。我々はトップチーム相手にも抵抗できることを証明してきた。それは非常に難しいタスクになるだろうが、明日は勇気を持ってハードワークしなければならない」 「アーリング・ハーランドは、例え我々が無得点であっても、ここ数試合で極めて重要なファクターだった。彼は常に走り、選手たちを束ねている。チームとして、我々はもちろん、彼がまた得点してくれることを願っているよ」 「ジュード・ベリンガムの成長には、ここにいる誰も驚いていない。皆、彼のトレーニングに励む姿を見てきたからね。素晴らしい才能を持った選手だが、何よりもまだ若い。我々はどこにいても彼をサポートし、可能な限り最善の方法で彼の成長を手助けしたいと思っている」 2021.04.14 15:05 Wed
twitterfacebook
thumb

サンチョは古巣シティ戦に間に合わず…ロイス&フンメルスの重鎮2人も欠場の可能性…

ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョが古巣マンチェスター・シティ戦を欠場することになった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 サンチョは3月2日に行われたDFBポカール準々決勝のボルシアMG戦で太ももを負傷。以降の公式戦7試合を欠場していた。 その後、ドバイでのリハビリを経て、今月からドイツに戻った同選手は11日からトレーニングに復帰。これにより、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのシティ戦での復帰が期待されていた。 しかし、この一戦に向けた公式会見に出席したエディン・テルジッチ監督は、サンチョの欠場を明言した。 「ジェイドンの復帰は時期尚早だ。彼は再びトレーニングを行い、ベストを尽くしている。我々は彼を使いたいと思っているが、そうはならないだろう。彼の復帰に向けては時間をかけて付き合っていかなければならない」 また、直近のシュツットガルト戦でいずれも負傷交代したMFマルコ・ロイス、DFマッツ・フンメルスの2選手に関しても欠場の可能性があるようだ。 「数人の軽傷者がいる。待つしかないだろう。マルコ・ロイスとマッツ・フンメルスは、土曜日に交代でピッチを去る必要があった」 「もうひとつのトレーニングがあり、誰が我々のプランに入れるかを見守るつもりだ」 2021.04.13 23:22 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly