ディ・マリア「メッシがチームメイトになれば素晴らしいこと」

2021.04.06 15:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアがバルセロナの同代表FWリオネル・メッシに言及した。昨夏の移籍騒動を経て、最終的にバルセロナに残留したメッシだが、今季が契約最終年。このままバルセロナと更新に至らなければ退団となり、移籍先の候補にマンチェスター・シティやPSGが挙がっている。


そんなメッシに対して、バルセロナの会長に復職したジョアン・ラポルタ氏が公に残留を懇願するなか、移籍先の1つとして浮上するPSGのディ・マリアが衛星放送『beIN SPORTS』でコメントした。

アルゼンチン代表で長らく苦楽をともにするメッシと日頃からやり取りし合う仲だというディ・マリアはバルセロナに敬意を払いつつ、PSGで一緒にプレーできれば「素晴らしいこと」だと述べている。

「僕もキャリアを通じて色んな選手を目にしてきたが、レオは別の惑星から来た人間だと思う」

「彼がチームメイトになるのは素晴らしいことだ。でも、彼はバルセロナの選手で、契約がある。どうなるかはそれからさ」

「彼とはよく話をする。大事なのは自分と家族の幸せだと常々言っているんだ。それ以外のことは言い難いね」
関連ニュース
thumb

ネイマールやムバッペの移籍を願うキャラガー氏「貧弱なリーグでプレーすべきではない」

リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールとFWキリアン・ムバッペはより魅力的なリーグでプレーすべきだと語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 PSGは13日に行われたCL準々決勝2ndレグでバイエルンと対戦。1stレグを3-2で勝利しているチームはこの試合でもバイエルンの猛攻を1失点に抑えると、アウェイゴールの差でCLベスト4進出を決めた。 昨シーズン敗れたCL決勝のリベンジを果たしただけでなく、欧州王者を撃破して2シーズン連続ベスト4進出を決めるなど、欧州での存在感を高めているPSG。しかし、アメリカ『CBS Sport』に出演したキャラガー氏は、ネイマールやムバッペほどの選手がいつまでもリーグ・アンのクラブにいるのはもったいないと語った。 「ネイマールがクラブにレガシーを残せるかどうかは、CLの結果にかかっているだろう。なぜなら、彼がPSGに行ったのはクラブが今まで成し遂げたことのない偉業を達成するためであり、バロンドールを受賞するためだからだ」 「彼はバルセロナでメッシの影となっている状態から抜け出すため、PSGに行った。世界最高の選手は毎年バロンドールを狙っており、ネイマールはバルセロナにいては勝てないと感じたのだろう。ただ、もしPSGが今年のCLを制覇したとして、彼とムバッペのどちらがより称えられるかは分からないけどね」 「私はネイマールがPSGにいるのを見たくない。ムバッペもそうだが、クオリティの高い選手はあそこでプレーすべきではないんだ。フレンチリーグ(リーグ・アン)は貧弱で平凡なリーグさ。だからこそ、あれほどまでにクオリティの高い選手たちがプレーするような場所ではない」 2021.04.14 13:36 Wed
twitterfacebook
thumb

キミッヒの目の前で祝ったネイマールが挑発の意図を否定「それは“運命”」

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒを挑発するつもりはなかったと明かした。 ネイマールは13日に行われた、CL準々決勝2ndレグのバイエルン戦に先発出場。決定力を欠いたものの、シュートまでの過程でさすがの存在感を見せつけた。 チームは0-1で敗れたものの、2戦合計スコアは3-3で並び、アウェイゴールの差で上回ったPSGが、昨シーズンのCL決勝の借りを返して準決勝進出を決めた。 タイムアップの笛が鳴り、MFレアンドロ・パレデスと熱い抱擁を交わしたネイマールだったが、偶然にもキミッヒの目の前で抱き合う形に。目の前をふさがれたキミッヒはパレデスを軽く押しのける格好になったが、一部ではネイマールらが挑発の意図を持っていたのではないかという声が挙がっていた。 試合後、ネイマールは『TNT Sports Brasil』のインタビューに応じ、それは“運命”だったと語った。 「彼をいじるつもりでもなく、レオ(パレデスの愛称)と祝おうとしていただけだから、それは面白いね。彼が僕たちの近くにいたのは、“運命”だったんじゃないかな」 「彼は自分たちのチームがより良く、バイエルンが勝つだろうと言った。彼は自分たちが準決勝に行くと確信していた」 映像を見る限り、挑発の意図はなかったように見えるが、前日会見に出席したキミッヒが「次のラウンドに行けると確信しているよ。1stレグでも僕らの方が優れていた」と語っていたこともあり、昨季のリベンジを果たしたことで勝ち抜けを見せつけたかった気持ちはあったのかもしれない。 また、自身のプレーについても「僕はほとんどミスをしていないと思うよ。それにもっとも重要なことは、このラウンドを突破したことであり、それがとても嬉しいね。PSGは素晴らしいチームだ。そして僕がピッチにいる限り、少なくともPSGの準決勝進出は約束されているね!」と語ったネイマール。勝利の余韻に浸ったPSGのエースは饒舌だった。 <span class="paragraph-title">【動画】キミッヒの目の前でネイマールが絶叫!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">PSG go through to the <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> semi-finals and you can see what it means to Neymar and Mbappe! <a href="https://t.co/qK4Qhtj59h">pic.twitter.com/qK4Qhtj59h</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1382075795045294084?ref_src=twsrc%5Etfw">April 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.14 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

欧州王者バイエルンを破ってのCLベスト4に歓喜のPSG会長「皆が兵士のように戦った」

パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長が、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出を果たしたチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 PSGは13日に行われたCL準々決勝2ndレグで、バイエルンと対戦。1stレグを3-2で勝利しており有利な立場で迎えた一戦では、先制点こそ許したもののチームは集中した守りを見せ追加点を許さず、0-1のまま試合は終了した。 この結果、試合自体は0-1で敗れ2戦合計3-3となったものの、アウェイゴールの差によってPSGはCLベスト4進出を決めている。 昨シーズンのCL決勝で敗れた相手へのリベンジを果たしたチームについて、試合後にアル・ケライフィ会長も称賛。チームは結果に相応しいパフォーマンスを見せてくれたと喜んだ。 「このラウンドを通過できて本当に良かった。チームにとって相応しい結果だと思う。ミュンヘンの地で素晴らしいパフォーマンスを見せた後、今夜も本当に良いプレーができていた。今日は勝利に値する試合だったと思うし、簡単に3得点はできたように感じる。とはいえ、選手たちを誇りに思っているよ」 「チームは皆が兵士のように戦った。勝ちたい、このラウンドを通過したいという気持ちが、選手からも監督からも伝わってきたと思う。私はチームをとても誇りに思っており、同時にとても幸せだ」 2021.04.14 12:18 Wed
twitterfacebook
thumb

「僕がいればCL準決勝進出は約束されている!」バイエルン撃破に歓喜のネイマール

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出に歓喜している。フランス『RMC Sport』が伝えた。 ネイマールは13日に行われた、CL準々決勝2ndレグのバイエルン戦に先発出場。1stレグを3-2のスコアで勝利しており有利な立場で迎えた一戦、ネイマールは前半から多くのチャンスを作りだしたが、決定力に欠きゴールが遠い展開に。しかし、チームは1失点こそ許したものの追加点は許さず、そのまま0-1で試合終了となった。 この結果、2戦合計スコアは3-3で並んだもののアウェイゴールの差で上回ったPSGが、CL準決勝進出を決めている。 昨シーズンCL決勝で敗れた相手にリベンジを果たしてのベスト4進出について、試合後のインタビューに応じたネイマールも喜びを語った。 「この試合には負けたけど、僕はとても幸せだ。素晴らしいチームとの対戦だったが、僕らもまた素晴らしいチームでもあり、それを今夜証明できたね」 「僕らはヨーロッパチャンピオンを打ち倒した。目的を達成して、今は準決勝に向かう。まだまだ、もっと努力して改善する必要があると思うし、準決勝は素晴らしいものにしたいと考えている」 「(今日のディ・マリアは)よく走っていた。この勝利については、チームの皆を祝福しなければならないよ」 また、ネイマールはこの試合で多くのチャンスを逃したことについて、ミスはなかったとコメント。重要なのは準決勝進出を果たしたことであり、自分がケガさえしていなければチームをこの舞台にまでは導けると断言している。 「僕はほとんどミスをしていないと思うよ。それにもっとも重要なことは、このラウンドを突破したことであり、それがとても嬉しいね。PSGは素晴らしいチームだ。そして僕がピッチにいる限り、少なくともPSGの準決勝進出は約束されているね!」 2021.04.14 11:02 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季CL決勝のリベンジ達成のPSG、ポチェッティーノ監督も喜ぶ「大きな功績を残した」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、バイエルン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 PSGは13日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでバイエルンと対戦。1stレグを3-2で僭称していたPSGだったが、40分にエリック・マキシム・チュポ=モティングにゴールを許し、2戦合計3-3とされる。 この試合では、PSGが攻め込むシーンがあるも、ネイマールが再三決定機を逸してしまいゴールを奪えず。78分にはキリアン・ムバッペがネットを揺らすが、オフサイドでノーゴールに。バイエルンはもう1点が必要な中攻勢を強めるが、こちらも追加点を奪えずに試合終了。0-1でバイエルンが勝利し、2戦合計3-3となるも、アウェイゴールの差でPSGがベスト4進出。昨季の決勝のリベンジを果たした。 ポチェッティーノ監督はこの勝利について「選手たち、そしてここにいるスタッフ全員が値する。私は本当に、本当に幸せだ」と語り、「去年の決勝で苦戦を強いられた選手たちが、大きな功績を残したと思うし、とても嬉しい」と、ベスト4入りを喜んだ。 また、試合後の記者会見では「優勝の本命か?」という質問に対して否定し、どのチームにも同じチャンスがあると答えた。 「そうは思わない。我々はラウンド16でバルセロナを破った。この2試合でバイエルンを倒したが、それは我々が優勝の本命になったという意味ではない」 「チェルシーが勝ち上がっている。明日、リバプール、レアル・マドリー、ドルトムント、マンチェスター・シティの誰が勝ち進むのかを確認する。彼らには我々と同じだけ多くのチャンスがあり、最終的に勝利を収めることができる」 「対戦相手(シティかドルトムント)については、どちらが良いというのはない。バルセロナ、バイエルンと対戦した。そしてそれらに打ち勝った。誰が相手になるかを選ぶのは我々ではない」 2021.04.14 09:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly