「ジュニーニョ・ペルナンブカーノ風!?」リーグアンで生まれた異次元のFKが脚光を浴びる

2021.03.23 12:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
無回転シュートの元祖であり、FKの名手として知られた元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏。そんな名手の後継者候補がロリアンに現れた。ロリアンは21日、リーグ・アン第30節でナントとアウェイで対戦。試合開始早々に失点を喫したものの、試合終了間際の87分に相手陣内左サイドでFKのチャンスを迎える。


ゴールまでは30m以上あり、直接狙うのは難しい距離であったが、キッカーのアルマン・ローリエンは小刻みな助走から右足を一閃。強烈なシュートはやや高いようにも思われたが、そこからグングン伸びるとともにブレて落ち、GKが全く予想できないような軌道を描いてゴール右上へと突き刺さった。

このFKは多くの海外メディアにも取り上げられており、イギリス『SPORTBIBLE』が「史上最高のFKの1つ、ジュニーニョ(・ペルナンブカーノ)風」と伝えると、イギリス『サン』は「ホグワーツ魔法魔術学校生のアルマン・ローリエンが信じられないFKを成功」と『ハリー・ポッター』シリーズになぞらえて伝えている。

今シーズンのリーグアン22試合に出場し3ゴール3アシストをマークしているローリエンは、2月に行われたサンテチェンヌ戦でも見事なFKを決めており、そのキック精度はロリアンに欠かせぬものになっている。

※写真はジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏

1 2
関連ニュース
thumb

PSGが“瞑想”パフォーマンスの餌食に!ロリアンが劇的勝利で降格圏脱出

パリ・サンジェルマン(PSG)は1月31日、リーグ・アン第22節で19位のロリアンとアウェイで対戦した。 ネイマールが2本のPKを成功させ、2-1とリードするも、80分に試合を振り出しに戻されると、後半アディショナルタイム1分にまさかの3点目を喫し、2-3で敗れた。 2021年からチームを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ政権での初黒星となったPSGだが、2失点目の場面ではゴール以上にダメージを負ったかもしれない。 自身のドリブル突破と味方とのワンツーでの崩しでPSGディフェンスを切り裂いたロリアンFWヨアネ・ウィサは、左足シュートを叩き込むと、そのままコーナーフラッグ付近まで駆け寄り、座禅を組むヨガのポーズで“瞑想”して自身のゴールを祝うと、味方もそれに続いた。 この“瞑想”パフォーマンスはドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが行うもの。PSGは、昨シーズンのチャンピオンズリーグ・ラウンド16の1stレグでハーランドにゴールを決められ、見せつけられていた。 その後、2ndレグの前日にハーランドから挑発を受けると、PSGの選手たちはゴールを決めた際にハーランドのゴールパフォーマンスを真似し挑発し返すことに。このシーンを思い出させるパフォーマンスに面食らった可能性はありそうだ。 伏兵から手痛い一発を食らったPSGはこれがリーグ戦8試合ぶりの黒星。一方のロリアンは今季初の連勝で暫定18位に浮上した。 <div id="cws_ad">◆ロリアンFWヨアネ・ウィサの“瞑想”パフォーマンス<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Lorient players really did the Erling Haaland celebration against PSG when they equalised <br><br>They went on to win 3-2... <a href="https://t.co/PXexdI5Ngu">pic.twitter.com/PXexdI5Ngu</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1355910453311000581?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.01 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ロリアンのクラスター発生受け、植田直通デビュー戦予定のニーム戦が延期に

フランス・プロリーグ機構(LFP)は20日、ロリアンの新型コロナウイルスのチーム内クラスター発生を受け、24日開催予定だったリーグ・アン第21節、ニームvsロリアンの開催延期を決定した。 フランス『Ouest-France』によると、すでに前節のディジョン戦の開催延期を余儀なくされていたロリアンは、18日にトレーニングに参加できたトップチームの選手が12名しかおらず、試合開催に必要な人員を用意することが難しいことから2戦連続での開催延期となったという。 なお、対戦相手のニームには日本代表DF植田直通が18日に加入しており、本来であればこのロリアン戦がデビュー戦となるはずだった。 2021.01.21 01:14 Thu
twitterfacebook
thumb

ロリアンのクラスター発生受け、17日ロリアンvsディジョンが開催延期…

フランス・プロリーグ機構(LFP)は15日、ロリアンの新型コロナウイルスのチーム内クラスター発生を受け、17日開催予定だったリーグ・アン第20節、ロリアンvsディジョンの開催延期を決定した。 フランス『レキップ』によると、ロリアンではチーム内でコロナウイルス感染者が増えており、14日に行われた最新の検査でも新たな陽性者が確認され、直近では12人目の感染が確認されたという。 なお、現時点で同カードの代替日程に関しては未定となっている。 2021.01.15 22:20 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーの逸材T・チャロバーが新契約締結! 1部昇格のロリアンへのレンタルも決定

チェルシーは18日、U-21イングランド代表DFトレヴォ・チャロバー(21)との新契約締結と、ロリアンへのレンタル移籍を発表した。 チェルシーの下部組織出身のチャロバーは190㎝の恵まれた体格を持ちながら、センターバックや守備的MFでもプレー可能なユーティリティ性が魅力の選手。すでにユースチームでは大きな成績を残しており、UEFAユースリーグやFAユースカップを制覇、また、2017年にはUEFA U-19欧州選手権優勝も果たしている。 トップチームではベンチ入りはあるものの、出場機会はまだなく、ここ2シーズンはレンタルで武者修行に励んだ。今季はハダースフィールド・タウンでチャンピオンシップ36試合に出場。そして新シーズンは、昨季のリーグ・ドゥで優勝し、4季ぶりにリーグ・アンに昇格したロリアンへレンタルとなる。 チェルシーと2023年まで契約延長し、3度目の修行の地としてフランスを選んだチャロバーは、ロリアンの公式サイトで意気込みを語っている。 「ロリアンに加入できて嬉しいよ。フランスという最高レベルで進化し、視野を広げるというビジョンが僕に確信を与えた。ロリアンはよく認知されたクラブで、経営陣が提供する挑戦は魅力的だった。新しい色で、新たな冒険が始まることが楽しみだよ」 2020.08.18 22:24 Tue
twitterfacebook
thumb

昇格組リーズ、レンタル中のU-21フランス代表GKメリエを完全移籍で獲得

プレミアリーグに昇格するリーズ・ユナイテッドは23日、ロリアンのU-21フランス代表GKイラン・メリエ(20)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は3年間で2023年夏までの契約となる。 メリエはロリアンの下部組織で、2019年8月にリーズへとレンタル移籍で加入。第2GKとしてベンチに座る期間が長かったが、今年1月のFAカップ3回戦のアーセナル戦でデビュー。さらに、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による中断期間前の2月にチャンピオンシップ(イングランド2部)でも初出場。中断後もゴールマウスを守った。 通算ではチャンピオンシップで10試合に出場し4失点と安定したパフォーマンスを見せていた。 これまで世代別のフランス代表も経験しており、将来が楽しみな守護神の1人だ。 2020.07.24 10:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly