10代の2人を招集したドイツ代表レーブ監督は慎重な姿勢「一歩一歩彼らを最高レベルに引き上げる責任がある」

2021.03.20 20:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督が、初招集となった2人の若手に言及した。

ドイツサッカー連盟(DFB)は19日、カタール・ワールドカップ欧州予選に向けたドイツ代表メンバー26名を発表した。

今回のメンバーには、バイエルンでプレーする18歳のMFジャマル・ミュージアラ、そしてレバークーゼンでプレーするMFフロリアン・ヴィルツが初招集。10代の2名の選出は話題となった。
その招集についてレーブ監督がコメント。両選手を招集できたことを喜びながらも、慎重に見守っていくべきとの見解を語った。

ジャマル・ミュージアラフロリアン・ヴィルツをさらに良く知ることができて興奮している。彼らは最近の良いパフォーマンスで招集された」

「しかし、特に彼らのように若い選手にとっては、慎重に、そして一歩一歩彼らを最高レベルに引き上げる責任がある」

「2人とも大きな可能性を秘めており、今後数年を素晴らしく過ごせると思うが、今は急がないことが大事だ。安心し、静かに成長できるはずだ。これからくる日は、ジャマルとフロリアンにとって、良い経験になるだろう」

関連ニュース
thumb

独監督フリックがW杯GS敗退に「大きな失望感ある」 進退にも言及

ドイツ代表のハンジ・フリック監督がカタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ敗退を振り返った。 2014年の王者であるドイツ代表。スペイン代表とも同居するグループEで突破候補の一角と目されたが、逆転負けした初戦の日本代表戦で狂わされ、1分け1敗の最下位でコスタリカ代表を相手にした1日の最終戦を迎えた。 そのコスタリカ代表戦を4-2で勝利してみせたが、同時刻キックオフの他会場で日本代表がスペイン代表を逆転で破り、首位通過。あと1枠を巡る争いとなり、勝ち点4で並ぶスペイン代表に得失点差で及ばず、3位で敗退した。 ドイツ代表はこれで2大会連続のグループステージ敗退の憂き目に。ドイツ『DER SPIEGEL』ではフリック監督の試合後コメントが取り上げられ、大会を通じた出来の悪さを強調した上で、そのショックさを吐露した。 「言葉がないわけではない。ゲームをかなり解釈できる。前半が終わって、本当に苛立ちがあった。いかに相手を強くしたか。3、4ゴールを決めるチャンスがいくらでもあった。油断して相手を強くさせてしまったんだ」 「終戦を決定づけたのは今日じゃなく、日本戦の20分間だ。スペイン戦だって、2-1で勝てたかもしれない。今大会を通じて効率が悪かった。もちろん、大きな失望感がある。まずはそれを消化しないといけない」 こういう状況になると、進退も取り沙汰され始めるが、フリック監督は「私としては続けない理由などない」と続投も意思を示したようだ。 「楽しめているし、良い選手がいて、これからも育ってくるだろう。私一人では決められない。私を知る者は非常に迅速に対処できるのを知っている。それから未来がどうなるかを見ていく」 2022.12.02 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

「疑惑の判定」日本勝利でW杯敗退が決まったドイツのメディアが日本のゴールに不服「認められるべきではなかった?」

ドイツ『ビルト』がドイツ代表のカタール・ワールドカップ(W杯)敗退を嘆いた。 1日、カタールW杯グループE最終節が行われた。コスタリカ代表と対戦したドイツは4-2で意地の今大会初勝利を挙げたが、日本代表がスペイン代表に2-1で勝利したため逆転は叶わず、2大会連続でのグループステージ敗退となった。 『ビルト』は今大会の敗退を1966年のイングランド大会の準優勝と重ね合わせ、「56年4ヶ月と1日が過ぎ...同じような苦いドラマが! 1966年にウェンブリー・スタジアムで行われたイングランドとのW杯決勝と同様、またしても疑惑の判定があり、またしてもドイツは敗退してしまったのだ」と記した。 疑惑の判定としたのは、日本の決勝点の場面。1-1で迎えた53分、日本の三笘薫がラインギリギリのところで折り返し、田中碧がゴールを決めて逆転。VARのチェックが入る中、非常に微妙な判定ながらわずかにラインを割っておらず、ゴールが認められていた。 『ビルト』は「ドイツ全土で話題になっているこの日本のゴールについて」と記し、「テレビでは、ボールがゴールラインよりも後ろにあるように見える。ボールが残っているのは数ミリしかないはずだ。1966年の決勝戦でのイングランドのウェンブリーのゴールと同じようにね」と嘆いた。 さらに『ビルト』は、イングランドのゴールについて、「その後明らかになったのは、このゴールは決して認められるべきではなかったということだ。スペイン戦の日本のゴールと同じように?」と綴り、最後まで諦めがつかない様子だった。 2大会連続でのグループステージ敗退となったドイツ。この1点がなく日本が引き分けで終わっていれば決勝トーナメントに進出できていただけに、失望も大きいようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】わずかに残っているように見える!疑惑の判定と言われた三笘のプレーを“ほぼ”真上から捉えた1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> El VAR dijo que no salió entera y...<br><br>Estamos contra las cuerdas.<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://t.co/wnBpujjplv">pic.twitter.com/wnBpujjplv</a></p>&mdash; MARCA (@marca) <a href="https://twitter.com/marca/status/1598416391698259970?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫のアシストを動画で!VARチェック後の歓喜も</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 2-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/ESP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ESP</a><br>改めて <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> の折り返しから <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田中碧</a> の逆転ゴール <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d831A4">https://t.co/Ufw1d831A4</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/uTRD8oSSRy">pic.twitter.com/uTRD8oSSRy</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598430430151462915?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 2-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/ESP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ESP</a><br>VARチェックの結果 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本代表</a> が逆転!!<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d831A4">https://t.co/Ufw1d831A4</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/UdEhLoynsu">pic.twitter.com/UdEhLoynsu</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598409122722242560?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「あの日本戦がすべてを台無しに」 独代表ハヴァーツが失意

ドイツ代表FWカイ・ハヴァーツが失意を口にした。ドイツ『DER SPIEGEL』が報じている。 2014年大会の王者としてカタール・ワールドカップ(W杯)に臨んだドイツ代表。前評判ではスペイン代表とともにグループE突破の本命と目されたが、3試合を戦って1勝1分け1敗の3位で敗退が決まった。 初戦の日本代表戦でまさかの逆転負けを喫したところから狂わされ、1日の最終戦でコスタリカ代表に勝利したものの、得失点差で涙をのむ結果に。2大会連続のグループステージ敗退の憂き目となった。 コスタリカ代表戦で2ゴールも報われなかったハヴァーツは同時刻キックオフの他会場でスペイン代表が日本代表に屈した結果に触れつつ、「あの日本戦がすべてを台無しにした」とベクトルを自国に向けた。 「スペイン代表のあのような結果は予想外だった。でも、僕らは自分たちを見つめ直す必要がある。これだけのクオリティがあるのだから、日本相手に負けることなんてあってはならない。あの日本戦がすべてを台無しにした。(日本戦の前半に)1-0でリードしたところで、もっとうまくやれるという感覚があったと思う。でも、そうはいかなかった」 「もちろん、誰もこんなにも悲惨な結果になるなんて思ってもなかったはず。日本戦では15分間のうちに2失点をしたけど、自分たちが招いたこと。2014年のW杯優勝で祭り上げられたのは明らかだけど、過去2大会のグループステージでノックアウトされているし、もうそういうチームではない。僕らは素晴らしいチームで、すべてを捧げたけど、不十分だった」 2022.12.02 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ミュラーが独代表引退か 「ラストマッチだったなら、ファンにひと言を…」

ドイツ代表FWトーマス・ミュラー(33)が代表引退を示唆した。ドイツ『DER SPIEGEL』が報じている。 2010年のドイツ代表デビューから通算121試合のキャップを誇るミュラー。一時期は代表から遠ざかったなか、ハンジ・フリック監督が就任してからまた呼ばれるようになり、カタール・ワールドカップ(W杯)の登録メンバーにも選ばれた。 だが、今大会のドイツ代表はグループE初戦で日本代表に1-2で敗れてまさかの躓き。1日の最終節ではコスタリカ代表を4-2で下したものの、勝ち点4で並ぶスペイン代表に得失点差で及ばず、2大会連続のグループステージ敗退が決まった。 試合後のミュラーはグループステージ敗退を受けてのインタビューで自身の代表キャリアが不透明なものであるとした上で、引退の可能性を匂わせる発言をした。 「この先のことはわからない。でも、あの試合がドイツ代表でのラストマッチだったとしたら、ずっと一緒にいてくれたドイツ代表のフットボールファンのみんなにひと言を言いたい。とてつもない喜びだった。親愛なるみんなに感謝したい」 「僕らは一緒に信じられないような瞬間を経験した。僕はどの試合も、ピッチで心を込めて全力を尽くそうとした。僕のプレーで嬉し涙するときもあれば、苦い表情を浮かべるときもあったことだろう。でも、愛情をもってやったのは確かだ」 2022.12.02 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ドイツが意地の今大会初勝利もコスタリカと共に屈辱の2大会連続GL敗退に…《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節、コスタリカ代表vsドイツ代表が1日に行われ、ドイツが2-4で勝利した。 初戦ではスペイン代表に0-7の衝撃的な大敗を喫したコスタリカだが、第2節では日本代表との接戦を1-0で勝利。ここまで1勝1敗の3位に位置し、2014年大会以来の決勝トーナメント進出を目指すチームは、2位の日本の結果次第では引き分け以上で突破を決められる状況に。崖っぷちの難敵を迎え撃った一戦では前節から先発3人を変更。サスペンションのカルボに代えてバルガス、コントレラスとジェルソン・トーレスに代えてアギレラとベネガスを起用した。 一方、ドイツは日本相手の衝撃の敗戦、スペイン相手の粘りのドローによって1分け1敗の最下位で最終節を迎えた。逆転での突破に向けて勝利且つ、首位チームの後押しが必要な状況の中でハンジ・フリック監督は、前節から先発1人を変更。ケーラーに代えてサネを起用し、キミッヒを右サイドバックに置く[4-2-3-1]を採用した。なお、守護神ノイアーはGKとしてW杯通算最多出場記録(19試合)を樹立した。 フランス人レフェリーのステファニー・フラパールさんが男子W杯史上初となる女性主審を務めた一戦は、自力での突破に8点が必要なドイツがリスクを冒して前に出ていく。 開始2分にミュージアラがミドルシュートでGKナバスをいきなり脅かすと、以降も流動的なポジションチェンジで相手5バックに揺さぶりをかける。そして、オフ・ザ・ボールの動きに長けたミュラーなどアタッカー陣が一瞬マークを外して際どいフィニッシュに絡んでいく。 すると、10分にはカウンターから中央左をドリブルで持ち上がったミュージアラが左サイド深くに走り込むラウムへ展開。そのラウムからの正確なクロスを中央に飛び込んだニャブリがヘディングでゴール右隅へ流し込んだ。 幸先よく先制に成功したドイツは、以降も70%を超えるボール支配率でハーフコートゲームを展開。前に出たいコスタリカを自陣に押し込めて自分たちのゴールから遠ざけつつ、アタッキングサードで違いを生むミュージアラを起点に幾度も決定機を創出する。 前半も半ばを迎えると、キャンベルら前線の身体を張ったプレーもあってコスタリカが徐々に狙いとするカウンターを仕掛けていくが、ドイツの守備陣にフィニッシュまで持ち込ませてもらえない。 対して早い時間帯に追加点を奪って相手を引き出したいドイツは、30分過ぎにキミッヒの無回転ミドルシュート、ボックス中央で仕掛けたミュージアラのシュートと2点目に迫る。さらに、39分にはボックス内で鮮やかなターンを見せたニャブリが右足を振るが、これはわずかに枠の右へ外れる。 ここまで粘り強く1点差を維持するコスタリカは前半終了間際に千載一遇のチャンス。42分、前線へのロングボールに対してDFラウム、DFリュディガーとドイツ守備陣の軽率な対応によってフラーがボックス内に抜け出して右足のシュート。だが、枠を捉えたこのシュートはGKミュラーに見事な反応ではじき出された。 冷や汗をかく形で前半を終えたドイツはゴレツカを下げてクロステルマンをハーフタイム明けに投入。この交代でクロステルマンが右サイドバック、キミッヒが本来の中盤に戻る。 後半もボールを握って押し込むものの、なかなか決定機まで持ち込めないドイツ。さらに、後半立ち上がりに他会場で日本が1-1のイーブンに追いついたとの情報が入り、突破に再びゴールが必要となると、ギュンドアンを下げてストライカーのフュルクルクを投入した。 しかし、この交代直後の58分にはコスタリカが後半最初のチャンスをモノにする。味方からのスルーパスに抜け出したフラーがボックス右で折り返すと、中央のワストンがヘディングシュート。これをGKノイアーが前にこぼしたところをテヘダが泥臭く押し込んだ。 追いつかれたことに加え、日本の逆転によってより窮地に立たされたドイツはここから猛攻に打って出る。だが、61分と62分のミュージアラ、リュディガーのシュートはいずれも枠に嫌われてしまう。さらに、66分にはミュラーとラウムを下げてゲッツェ、ハヴァーツを投入。後ろを3枚に変えて前がかる。 だが、先にゴールをこじ開けたのはまたしてもコスタリカ。70分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でファーで競り勝ったワトソンの頭での折り返しがゴール前で混戦を生むと、これをフアン・バルガスが泥臭く押し込んだ。 これで初めてリードを許したドイツだったが、失点からわずか3分後にボックス内のフュルクルクの絶妙なヒールパスに反応したハヴァーツがチップキックでゴールネットを揺らし、すぐさま同点に追いつく。 以降は互いの意地と意地がぶつかり合う白熱の展開となった中、ドイツが底力を見せる。85分、右サイドでボールを持ったニャブリがボックス手前からグラウンダーのクロスを供給すると、ファーサイドにフリーで走り込んだハヴァーツがワンタッチで合わせて逆転に成功する。 さらに、畳みかけるドイツは10分が加えられた後半アディショナルタイムに4点目を奪取。91分、キミッヒからの浮き球パスに反応したサネがボックス左から冷静に折り返すと、ゴール前でフリーのフュルクルクが左足で押し込んだ。当初、オフサイドフラッグが上がったものの、VARの介入によってオンサイドでのゴールが支持された。 これで他会場の試合でスペインが追いつけば、得失点差で2位通過が可能となる状況を作ったドイツだったが、先に試合を終えた日本が勝利したため、逆転は叶わず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、白熱の激闘を見せた両者だったが、共に2大会連続でのグループリーグ敗退となった。 コスタリカ代表 2-4 ドイツ代表 【ドイツ】 テヘダ(後13) フアン・バルガス(後25) 【コスタリカ】 ニャブリ(前10) ハヴァーツ(後28) ハヴァーツ(後40) フュルクルク(後46) 2022.12.02 06:16 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly