「ライブで観ることは二度とない」ラメラがダービーで決めた“ラボーナ”に称賛集まる、アーセナルOBも「最高のゴール」

2021.03.15 13:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノース・ロンドン・ダービーで生まれたスーパーゴールに称賛の声が集まっている。

14日、プレミアリーグ第28節でアーセナルとトッテナムが対戦。白熱のダービーとなった。

試合はアーセナルが2ゴールを奪い逆転で勝利を収めたが、この試合の先制ゴールが世界を驚かせた。

ソン・フンミンの負傷交代により途中出場を果たしたエリック・ラメラ。すると33分、右サイドでボールを受けたガレス・ベイルが絶妙なサイドチェンジを送ると、これをボックス左のセルヒオ・レギロンがダイレクトで折り返す。

中央で足元に収めたルーカス・モウラが丁寧に落とすと、ここでラメラがトーマスの股間を抜く左足のラボーナでゴール右下隅の完璧なコースへシュートを流し込んだ。

このゴールには、多くのファンから称賛の声が集まる中、識者たちも驚きを隠さなかった。

かつてクリスタル・パレスでプレーし、イギリス『BBC』の『Radio 5 Live』でコメンテーターを務めたクリントン・モリソン氏は「今、目にしたものは信じられない。シーズンベストゴールの1つだ」とコメントした。

また、同じ『Radio 5 Live』のジョン・マレー氏も「見事な最高のクオリティの仕上がりだ。ワールドクラスだ」、「このゴールをライブで観ることは二度とないだろう」とコメント。衝撃の大きさを口にしている。

さらにアーセナルOBで『スカイ・スポーツ』で解説したフレドリック・ユングベリ氏は「本当に素晴らしいゴールだ。今まで見た中で最高のゴールだと思う。テクニック、パワー、そして抑えること。少しだけ巻いてゴールに入れている」と解説。その技術の高さを褒め称えた。

そうした中、元イングランド代表のギャリー・リネカー氏は少し違った反応を見せる。

多くの称賛の声が集まる中で、リネカー氏は自身のツイッターで「ラメラのゴールについては、彼が決めた最高のラボーナではない」と否定的なコメント。しかし、これはけなしているわけではない。

ラメラは、2014年のヨーロッパリーグのアステラス・トリポリス戦でもラボーナでゴール。この時はボックス手間中央の約18m離れた位置からラボーナで狙い、浮き球でゴール右に決めていた。

リネカー氏はそのゴールを引き合いに出し、もっとすごいラボーナゴールがあることを伝えたかったのだろう。

何れにしても、スーパーゴールを決めたラメラ。試合には敗れたが、その後退場するなど、ダービーで最も印象を残した選手となった。

◆トーマスの股を抜くラボーナゴール


◆2014年のELで決めたラボーナゴール


関連ニュース
thumb

「他とは異なった試合」トッテナム指揮官がアーセナルとのダービーへ意気込み、ルーカスの練習復帰も明かす

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、初のノース・ロンドン・ダービーに向けて意気込みを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは26日、プレミアリーグ第6節でアーセナルと対戦する。1887年に初めて相まみえて以降、今回で203回目を迎えるノース・ロンドン・ダービー。トッテナムはリーグ戦直近2試合でいずれも0-3での敗戦と不調気味ではあるものの、この伝統の一戦では是が非でも勝利を挙げたいところだ。 ヌーノ監督は他のダービーとは一味違った一戦であることを強調。ファンにとっても特別な試合であるとし、気を引き締め直した。 「我々にとってもファンにとっても特別な試合だ。タフな展開になると思うが、間違いなく他とは異なる試合になるだろう」 「ダービーというものは何度も何度も経験している。しかし、今回のダービーはまた新しいものであり、難しく、特別だ。ファンにとって特別なのであれば、我々からしても特別だ」 「タフな試合になることはわかっている。我々はハードに戦わなければならないし、できる限りのことをして良いプレーをしなければならない。良いプレーとは、自分たちのゲームの中で正しいバランスを見つけることだ」 また、足首を負傷していたFWルーカス・モウラが練習に復帰したことを明かした一方で、FWステーフェン・ベルフワインと、MFライアン・セセニョンについては、まだ時間がかかると話した。 「ステーフェンと、ライアンはまだ復帰できない。しかし、ルーカスが再び練習のメンバーに加わったのは良いニュースだ」 「ベルフワインのケガは深刻なもので、まずは安静にしなければならない。完全にトレーニングを中断しているわけではなく、上半身のみのフィットネスを行っている。しかし、彼のケガには注意を払わなければならない。今のところ、彼は起用できない」 2021.09.25 18:54 Sat
twitterfacebook
thumb

フォンセカ氏がスパーズ行き破談の経緯を説明 「パラティチが別の監督を希望」

今夏のトッテナム行きが破談となったパウロ・フォンセカ氏が、その破談の経緯を初めて説明した。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 今年4月にジョゼ・モウリーニョ監督を解任し、ライアン・メイソン暫定監督の下で昨シーズンのプレミアリーグで7位フィニッシュしたトッテナム。 今夏の新指揮官探しが難航した中、最終的にクラブは前ウォルバーハンプトン指揮官のヌーノ・エスピリト・サント監督を招へいした。 だが、ヌーノ監督以前に最も就任に迫っていたのが、昨シーズンまでローマを率いていた同じポルトガル人指揮官のフォンセカ氏だった。 一時は3年契約で合意確実との報道も出ていたフォンセカ氏だったが、トッテナム行きが破談に終わった原因は、今夏にマネージング・ディレクターに就任した、元ユベントスのファビオ・パラティチ氏の存在だったという。 フォンセカ氏によると、ダニエル・レヴィ会長とテクニカルパフォーマンス・ディレクターを務めるスティーブ・ヒッチェン氏と最初の面談を行った際、両氏からはモウリーニョ時代とは異なる攻撃的なスタイルをチームに持ち込むことを期待され、前向きな話し合いができたという。 だが、ローマ時代の不安定な戦いぶりを間近に見てきたパラティチ氏は、より守備的な指揮官の招へいを望んだことで、最終的に交渉は破談に終わったようだ。 「契約は完了していた。我々はプレシーズンの計画を立てていたし、トッテナムは攻撃的な監督を望んでいた。発表されたわけではないが、プレシーズンのプレーヤーの選定についても計画していた。しかし、新マネージング・ディレクターが着任して状況が変わり、いくつかのアイデアに同意できず、彼(パラティチ)は別の監督を希望した」 「私にはいくつかの原則がある。偉大なチームの監督になりたかったが、適切なプロジェクトと、私のアイデアやプレースタイルを信じてくれる人々がいるクラブに行きたい。それがマネージング・ディレクターとの間にはなかった」 「それは、会長とスポーツ・ディレクター(ヒッチェン)が求めていたことだ。魅力的で攻撃的なフットボールを築き上げるための準備ができていた。私は違うやり方をすることはできない。私のチームはすべてこのような意図を持っており、ローマでも、シャフタールでも、ビッグクラブと対戦するときは、自陣の近くで守るようなチームは送り出さない」 現在、トッテナムはプレミアリーグ開幕3連勝を飾った一方、直近2試合では2戦連続無得点で大敗を喫しており、攻守両面で苦境に立たされている。今後の戦績次第ではフォンセカ氏ではなく、より守備的なヌーノ監督を選んだパラティチ氏の選択に批判が及ぶ可能性もありそうだ。 2021.09.23 23:46 Thu
twitterfacebook
thumb

PKストップで4回戦進出に貢献もゴッリーニは満足せず「もう一本止めるべきだった」

トッテナムのイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニが、ウォルバーハンプトン戦での個人的な悔しさを露わにした。クラブ公式サイトが伝えている。 22日に行われたEFLカップ3回戦のウルブス戦に出場したゴッリーニ。試合は2点先行する有利な展開となるものの、追い付かれる形でPK戦に突入。見せ場となる同選手は、相手の4人目キッカーを務めたMFレアンデル・デンドンケルのシュートをストップし、3-2の勝利に貢献した。 今季新加入も、リーグ戦ではGKウーゴ・ロリスからポジションを奪えない状況の中、数少ない出番で結果を出したゴッリーニ。しかしながら、試合後のインタビューでは自身のプレーに不満を募らせていることを明かした。 「僕は自分自身に腹を立てていた。自分がセーブし損ねた一本のPKのせいで負けるのは嫌だったから、『もう一本止めるぞ』って宣言してたからね」 「彼(5人目のキッカー)がどこに蹴るのかわかっていたし、肌で感じていた。だけど止められなかった。せめてもう一本ぐらいは止めないとって強く思ったよ」 「仲間たちは完璧なシュートをしてくれた。何はともあれ、次のラウンドに進めて僕たちはとてもハッピーさ」 2021.09.23 18:23 Thu
twitterfacebook
thumb

PK戦で勝利のトッテナム、古巣に苦戦のヌーノ監督はPK戦を評価「PKは運ではない」

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、古巣のウォルバーハンプトン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 トッテナムは22日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でウォルバーハンプトンと対戦。ヌーノ監督にとっては、今シーズン2度目の古巣対決となった。 リーグ戦では第2節で対戦し、0-1で勝利したトッテナム。同じアウェイゲームとなったが、14分にタンギ・エンドンベレのゴールで先制すると、23分にはハリー・ケインがネットを揺らし、0-2とリードを広げる。 しかし、38分にレアンデル・デンドンケルのゴールで1点諭されると、ダニエウ・ポデンセにもゴールを許し2-2の同点に。そのままPK戦へと突入したが、2-3で勝利を収め4回戦へと駒を進めた。 ヌーノ監督は難しい試合となったなか、PK戦でしっかりと勝てたことに満足。しっかりと選手たちがトレーニングしていたと語り、GKピエルルイジ・ゴッリーニも評価した。 「PKは運ではない。PKは我々が取り組む必要のあるものであり、選手たちは本当に練習している。彼らはとても上手くやり、ゴリーニはよかった」 「これは試合の一部だから、取り組む必要がある。もちろん、PKについてはGKコーチの(ルイ・)バルボサの意見を聞き、ゴリーニに情報を与えた。それも役立った」 「良い試合で、よくプレーしていた。我々はとてもよくスタートし、本当に上手くプレーし、2つの美しいゴールを決め、明確なチャンスを作った」 「またこのような状況では、セットプレーの問題を解決し、改善しなければいけない。同じミスを繰り返してはいけない」 「学び、成長するためには、このようなミスを避け、最小限に抑える必要がある。なぜなら、それが試合を難しくするからだ」 「正直なところ、我々が試合をコントロールしていたため、失点するまでは何も許さなかった。その後、また少しコントロールを失ってしまった」 「後半は好調にスタートし、得点のチャンスもあったが、ホームのウルブスはタフなので、守りに徹し、最後にはPKとなってしまった」 「ジョン・ラディはハリー(・ケイン)のヘディングを見事にセーブした。我々はチャンスを作ったが、彼らは粘り強く戦った。モリノーではいつも厳しい戦いになる」 <span class="paragraph-title">【動画】白熱の一戦! トッテナムvsウルブス 試合ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpaVpudFd0OSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.23 14:42 Thu
twitterfacebook
thumb

週末にダービー控えるスパーズ&アーセナルが共に4回戦へ! スパーズはウルブスとのPK戦制す《EFLカップ》

EFLカップ第3回戦、ウォルバーハンプトンvsトッテナムが22日にモリニュー・スタジアムで行われ、2-2のドローで90分の戦いが終了。その後、PK戦を3-2で制したトッテナムが4回戦進出を決めた。 リーグ開幕3連勝から2連敗と浮き沈みの激しい序盤戦を過ごすトッテナムは、今週末にアーセナルとのノースロンドン・ダービーを控える中、公式戦4試合ぶりの白星を目指して指揮官の古巣ウルブスとの今季2度目の対戦に臨んだ。 0-3で完敗したチェルシー戦からは先発6人を変更。ケインやデレ・アリ、エンドンベレ、ロ・チェルソが継続起用となった一方、出場停止明けのタンガンガやGKゴッリーニ、ブライアン・ヒルらが起用された。 試合は立ち上がりにウルブスDFモスケラが負傷交代を強いられるアクシデントの中でスタート。9分にDFコーディがスクランブル投入された。 一方、集中した入りを見せたトッテナムは14分、中盤でスキップ、エンドンベレと続けてボールホルダーに強いプレッシャーをかけてショートカウンターに転じると、ボックス左に持ち込んだエンドンベレが右足のシュートを流し込み、幸先よく先制に成功した。 このゴールで勢いづくトッテナムは23分にも追加点。ハーフウェイライン付近でスキップが奪ったボールをロ・チェルソ、デレ・アリと短く繋ぎ、デレ・アリから背後を狙うケインへ完璧なスルーパスが通る。そして、ケインがGKとの一対一を冷静に制した。 以降も危なげなく試合を進めるトッテナムだが、徐々に相手のカウンターとセットプレーからゴールを脅かされ始める。すると、38分には左CKの場面でアイ=ヌーリが左足アウトスウィングで入れたクロスをデンドンケルに豪快に頭で合わせられて1点を返される。 その後、前半終了間際の44分にはケインのラストパスに反応したタンガンガがボックス右に抜け出してGKと一対一の決定機も、ここはシュートに力が入り過ぎてしまい、トップチーム初ゴールとはならず。 迎えた後半、リーグ戦の前回対戦で苦戦したアダマ・トラオレを途中投入したホームチームの攻勢に晒される。互いに決定機を作り合うオープンな展開の中、58分には自陣中央でボールをキープしようとしたエンドンベレがネヴェスに潰され、デンドンケル、ポデンセとダイレクトで繋がれ、最後はポルトガル代表FWにシュートをゴールネットを流し込まれた。 2点差を追いつかれたトッテナムは失点直後に3点目のチャンス。ボックス付近でケインを起点に細かく繋ぎ、最後はボックス中央のブライアン・ヒルに絶好機も枠を捉えたシュートはGKの好守に阻まれた。 その後、トッテナムはロ・チェルソ、デレ・アリを下げてソン・フンミン、ホイビュルクと主力を続けて投入し、勝ち越しゴールを目指していくが、ホームサポーターの大きな後押しを受けて躍動感を見せるウルブスの勢いを止めきれない。 試合終盤にかけては守勢が続いたものの、何とか守備陣が粘って2-2のイーブンで後半終了のホイッスルを聞くことに。 そして、4回戦進出を懸けたPK戦では互いに2人目まで連続成功も、先攻のウルブスは3人目のネヴェスと4人目のデンドンケルがそれぞれ枠外とGKゴッリーニのセーブに遭い連続失敗。これに対して、トッテナムは4人目のホイビュルクがGKのセーブに遭い、唯一の失敗となった。それでも、ウルブス5人目のコーディのシュートが枠に嫌われたことで、5人目を待たずに決着。苦しみながらも難敵撃破でここ最近の負の流れを払しょくした。 また、同日行われたアーセナルvsウィンブルドンは、ホームのアーセナルが3-0で快勝した。なお、アーセナルのDF冨安健洋はベンチ外となった。 リーグ開幕3連敗スタートも、冨安がスタメンを飾った直近の2試合をいずれも1-0で制し、2連勝中のアーセナル。今週末に真価が試されるダービーを控える中、フットボールリーグ1(イングランド3部)に属する格下ウィンブルドン相手に景気づけの勝利を目指した。 バーンリー戦からはトーマスを除く10人を変更。ホールディングやヌーノ・タヴァレス、メイトランド=ナイルズが起用されたほか、前線はエンケティアとマルティネッリ、ラカゼットのトリオとなった。 試合は序盤の10分にマルティネッリがボックス内で倒されて得たPKをキッカーのラカゼットが冷静に決めてホームチームが早々に先手を奪う。 以降はボールを握って相手を押し込みながらエンケティアやラカゼットらが積極的にフィニッシュに繋げていくが、最後の精度を欠き前半の内に追加点を奪うまでには至らなかった。 迎えた後半、60分にトーマスを下げてスミス・ロウ、76分にはマルティネッリを下げてサカと主力の投入で試合を決める追加点を目指すアーセナル。 相手の粘り強い守備に苦戦し、なかなかゴールをこじ開けるまでには至らなかったが、77分には相手を完全に押し込んで右サイドを崩すと、最後はゴール前でラカゼットからマイナスの短い折り返しを受けたスミス・ロウが冷静にゴールへ蹴り込んで試合を決める。 さらに、直後の80分にはボックス右のライン際に抜け出したセドリックからのグラウンダーの折り返しを、ボックス中央のエンケティアが右足の鮮やかなバックヒールで合せてトドメの3点目とした。 そして、主力温存も3部相手に力の差を見せつけたアーセナルが公式戦3連勝を飾ると共に、週末のダービーに弾みを付けている。 ウォルバーハンプトン 2-2(PK2-3) トッテナム 【ウォルバーハンプトン】 デンドンケル(前38) ポデンセ(後13) 【トッテナム】 エンドンベレ(前14) ケイン(前23) アーセナル 3-0 ウィンブルドン 【アーセナル】 ラカゼット(前11[PK]) スミス・ロウ(後32) エンケティア(後35) 2021.09.23 06:28 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly