3失点敗戦の浦和GK西川周作、ハマらなかったビルドアップについて「ブレずにやり続ける」

2021.03.14 19:58 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
浦和レッズのGK西川周作が、横浜F・マリノス戦を振り返った。

浦和は14日、明治安田生命J1リーグ第4節で横浜FMとアウェイで対戦。しかし、開始早々に前田大然にゴールを許し先制されると、横浜FMの前線からのプレスにビルドアップが上手くいかず、26分にも前田にゴールを許してしまう。

後半に入り55分には小池龍太にゴールを奪われると、試合を通してなかなか攻撃の形を作ることができずにタイムアップ。3-0で敗戦となった。

リカルド・ロドリゲス監督を迎え、後方からのビルドアップをより強化していきたいシーズンだが、この日は横浜FMのプレスに苦しむ展開に。試合後のメディア応対に姿を現した西川は、「後ろからしっかりビルドアップするというところは自分たちが目指そうとしているサッカーでもあります」と語り、「ただ、そればかりになってしまっては危険な位置で取られたり、今日もそこで失点してしまいましたけど、ブレずにやり続けることが大事だと思っています」と、上手くいかない場合でも、継続することが大事だと考えていることを明かした。

この試合は、常にビルドアップを意識する中で、中盤でボールを奪われる形や、前線にボールがなかなか入らないシーンが目立った。最後尾で試合を見ていた西川は「今日は繋ぐ意識が強く、相手の背後や前線の杉本に楽なボールを入れる回数が少なかったと思います」と語り、「そこは上手く使い分けをしなければいけないと思っています」と、つなぐだけではなく、上手くいかない時の戦い方の選択をしなければいけないと語った。

17日にはかつての指導者であるミハイロ・ペトロヴィッチ監督率いる北海道コンサドーレ札幌戦を控えている。試合までに修正する部分については「キャンプからやって来ている事は、リーグ戦が始まっても公式戦でブレずにやり続けることが今のチームにとっては大事だと思います」と継続していくことが必要だと改めて語り、「1試合、2試合負けたからといってやり方を変えるというのは逃げているということなので、僕たちはリカが目指すサッカーを引き続きやっていくことが大事かなと思います」と、このサッカーを磨いていく必要があるとした。

また、「その中で結果を出していくことができれば、僕もそうですし、より全員で自信を持って同じ方向に向かって戦っていけると思うので、この敗戦から学んで次の札幌戦に生かして、ホームで勝てるように良い準備をしたいと思います」と語り、より精度を上げて次戦に臨みたいと語った。

後方からのビルドアップを目指すクラブは増えてきており、その対策として強度の高いプレスをかけてくるチームは多い。その対策については「味方との距離感であってり、もっと良いポジションで、楽な体勢でボールをもらう事は伸ばせるところかなと思います」とコメント。「ただ繋ぐだけではないというところを見せていかなければいけないかなと思います」と、繋げば良いということではないと語った。

また「ゴールを取るためにいかに有効な攻撃を90分間通して試合の流れを見ながらできるかというのは、これからどんどん伸ばせるところだと思うので、公式戦を戦いながら、自分たちが上に行くためには、結果もそうですが内容をしっかり見つめ直して、良いところもたくさんあったので、継続的に続けていきたいと思います」とコメント。今季敗れた2試合はいずれも無得点であったことから、ゴールに繋がるビルドアップをしていきたいと語った。

関連ニュース
thumb

浦和が6戦無敗で3位争いにしがみつく! C大阪とのルヴァン準決の前哨戦制す【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節の1試合が18日に埼玉スタジアム2002で行われ、ホームの浦和レッズが2-0でセレッソ大阪を下した。 ここ5試合負け知らずで3位争いに食い込む6位の浦和は前節から1選手を変更するにとどめ、キャスパー・ユンカーは2試合連続でベンチスタート。伊藤の代わりに平野が先発入りした。前節に3試合ぶりの黒星を喫した12位のC大阪はミッドウィークのACLでもラウンド16敗退。リバウンドメンタリティが求められるなか、坂元や原川がサブに回り、西川と加藤の2トップでスタートした。 この先のルヴァンカップ準決勝で相対する両雄にとって、前哨戦にもなる一戦は序盤からホームチームがピッチの縦と横をしっかり使った攻めで主導権を握ると、10分にスコアを動かす。平野からのボールを敵陣ハーフウェイライン右で受けた関根が前線中央に鋭いパスを出すと、小泉がスルー。加速したままボールを受けた江坂がボックス中央に抜け、冷静に右足でネットを揺らした。 見事な攻撃を江坂がしっかりと仕上げ、幸先よく先取した浦和は平野のボール奪取から13分にも小泉が右サイドから左足クロスを上げると、ボックス中央の江坂が枠内をとらえるヘッド。GKキム・ジンヒョンの好守に遭うが、ここまで良い流れで試合を進める。ただ、C大阪も徐々に反攻。乾を中心に攻めの迫力を出していったが、浦和の守りを浮足立たせるような場面を作り出せない。 C大阪よりも狙いを持った戦いを披露する浦和は後半から反攻姿勢の相手を尻目にビッグチャンス。47分、相手のビルドアップに前線からプレスをかけると、GKキム・ジンヒョンの瀬古に出そうとした横パスが緩くなり、すかさず反応した関根がボックス右から無人のゴールマウスをめがけて右足ダイレクトで押し込みにかかる。だが、惜しくも左に逸れ、チャンスを生かし切れない。 後半も押し込む形こそ作るC大阪だが、一向に突破口を見いだせずにいると、浦和が岩波のロングキック一本から追加点。59分、左サイドハーフで先発の汰木が中央にポジションを絞り、後方からのロングフィードに反応すると、相手最終ラインのスペースで巧みな右足タッチでボールを収める。松田陸と西尾の後追いもあったが、体勢を崩しながら右足で相手GKの股下を射抜いた。 2点を追いかけるC大阪は62分に乾、加藤、西川、山田を諦め、中島、タガート、大久保、坂元を一挙に投入。さらに、77分に最後のカードで奥埜の代わりに原川を送り込むが、伊藤、ユンカー、大久保、田中を立て続けに投入して、攻守に卒なしの浦和が82分にもロングカウンターから田中が最終ラインを完全に抜け出して相手GKとの一対一を迎えるなど、チャンスを多く作り出す。 87分にもセットプレー崩れから伊藤の決定的なヘディングシュートでゴールに迫った浦和は最後まで攻守にC大阪を圧倒して、2連勝の6試合負けなし。勝ち点を「51」まで伸ばして、3位争いにしがみついた。一方のC大阪は今季3度目の2連敗。2試合連続の完封負けという結果に終わっている。 浦和レッズ 2-0 セレッソ大阪 【浦和】 江坂任(前10) 汰木康也(後14) 2021.09.18 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:浦和vsC大阪】3カ月ぶりの埼スタ期間、充実の浦和が失意のC大阪を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 19:00キックオフ 浦和レッズ(6位/48pt) vs セレッソ大阪(12位/36pt) [埼玉スタジアム2002] ◆勢いに乗る浦和、3位へ負けられない戦い【浦和レッズ】 前節はアウェイで横浜FCと対戦し0-2で勝利。リーグ戦は5戦無敗とし、3位争いの中でも好位置につけている。 中断期間中に多くの選手を獲得してきた浦和にとっては、選手たちがチームに馴染むまでの時間も必要だったが、酒井宏樹や江坂任、アレクサンダー・ショルツらはしっかりフィット。また平野佑一もボランチのポジションで気の利いたプレーを見せている。 徐々にメンバーと戦い方が固まりつつある浦和。結果も出ており、メンタル面も充実していると言って良いだろう。 その浦和は約3カ月ぶりに埼玉スタジアム2002に戻ることとなる。終盤戦には上位陣との直接対決も5試合残っており、そこまではしっかりと勝利を収めていきたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、伊藤敦樹 MF:関根貴大、小泉佳穂、汰木康也 FW:江坂任 監督:リカルド・ロドリゲス ◆悔やまれるACL敗退【セレッソ大阪】 対するC大阪は前節はホームで北海道コンサドーレ札幌に0-2で惨敗。アウェイゲームでの勝利を生かすことなく敗れた。 そして迎えた15日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16の浦項スティーラーズ戦では、相手の圧に押された前半は全く何もできず。後半もプレスがハマらず、終盤に押し込むも時すでに遅し。0-1で敗れて敗退となった。 国際試合という点では経験のなさも浮き彫りとなった一戦だが、その敗戦をしっかりと生かせるかどうかが非常に重要になる。 相手の浦和は国際経験のある選手も多く、強度は高い。主導権を握られると苦しい戦いとなるが、しっかりとACLの反省を活かせるか。短い時間だが、選手たちの変化に注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、小池裕太 MF:坂元達裕、喜田陽、藤田直之、乾貴士 FW:山田寛人、加藤陸次樹 監督:小菊昭雄 2021.09.18 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和がタイの強豪クラブ、ムアントン・ユナイテッドとパートナーシップ契約

浦和レッズは16日、タイのムアントン・ユナイテッドとのパートナーシップの覚書を締結したことを発表した。 今回のパートナーシップ締結については「『さいたまと世界をつなぐ窓になる』という、浦和レッズ理念を具現化するきっかけになると考えており、異文化の中でも他者を理解し、スポーツを通して互いによりよい社会を形成し、そして次世代につなげていくような活動をクラブとして目指してまいります 」としている。 また、「同時に、『あらゆる分野でアジアナンバー1になる』というクラブのビジョン達成に向けて、クラブが持続的に発展していくためにアジア圏でのプレゼンス向上を目指し、3度目のACL制覇という大きな目標と共に実現していきたい」とし、4つの点で提携していくとのことだ。 (1)選手・コーチを含む人材の知識、アイデア、技術・トレーニング手法の学び等を通じて、連携を強め、発展を目指す。 (2)ニーズに応じた、若手選手を中心とした人材交流 (3)フットボールセミナーやフレンドリーマッチ等のイベント開催 (4)事業開発等の新たなビジネス機会の検討 ムアントン・ユナイテッドは、タイの強豪クラブ。浦和と同じ「赤・白・黒」のカラーをチームアイデンティティの一つとしており、過去には元日本代表DF青山直晃や元イングランド代表FWロビー・ファウラーなどが在籍した。 また、横浜F・マリノスのDFティーラトンや北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップ、セレッソ大阪のGKダン・バン・ラムも所属していたことがあり、サンフレッチェ広島や清水エスパルスでプレーしたFWティーラシンも所属していた名門だ。 浦和とは2013年のAFCチャンピオンズリーグでも対戦。さらに、タイ国内の大手メディア企業であるサイアム・スポーツ・シンジケートがオーナーを務めていることでも知られ、Jリーグのタイ国内放映権を取得し、毎節放映をするなど、アジアサッカー全体の発展に非常に熱心であり、多くの取り組みをしている。 今回のパートナーシップ契約について、浦和、ムアントンの代表がコメントしている。 ◆立花洋一 代表(浦和レッズ) 「ムアントン ユナイテッドというタイ王国屈指のクラブとの提携を非常にうれしく思っております。ACLやFIFAクラブワールドカップなど、数多くの国際舞台での盛り上がりや経験を通して感じたこととして、浦和レッズや日本サッカー界が国内の人口減少という今後の課題と向き合う中で、永続して成長していくためには、アジア全体を見据えていかなければならないということがありました。今回の提携で、両クラブのノウハウや人材交流を通して、また新たに成長できる可能性が両クラブ、そして両国に広がると確信しています」 ◆ウィラック・ロートン代表(ムアントン・ユナイテッド) 「日本、そしてアジアでトップクラブのひとつである浦和レッズとの提携を心からうれしく思っています。今回、2つのクラブは共通のビジョンを共有しました。これから共にフットボールの発展と、強い未来をつくっていけることを楽しみにしています。コロナウイルス感染症によるクラブの課題はありますが、我々はその壁を乗り越え、目的を果たすことができるでしょう。この提携は両クラブが持つ可能性をさらに広げ、すべての人にとって新しく、より良いフットボールの体験をつくる絶好の機会になると確信しています」 2021.09.16 16:23 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和が京都橘高校のFW木原励の来季加入内定を発表「レッズの伝統と責任を背負う覚悟を持って闘います」

浦和レッズは15日、京都橘高校のFW木原励(18)の来季加入内定を発表した。 木原は大阪府出身で、セレッソ大阪U-15から京都橘高校へと進学していた。180cm、68kgで、浦和は「ボールキープ、裏への抜け出し、高い得点感覚が魅力。ゴール前で的確な判断ができ、ポジショニングも良く、ゴールへの意識が高い」と特徴を紹介した。 木原はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、2022シーズンから加入することになりました、京都橘高校の木原励です。幼い頃からの夢が叶い、とてもうれしいです。今まで支えてくれた両親、指導者の方々、チームメートには感謝の気持ちでいっぱいです」 「少しでも早く試合に関わり、結果を残せるように、日々の練習を全力で取り組み、先輩から多くのことを学び吸収していきたいです。そして、たくさんの人に愛され応援される選手になり、浦和レッズの伝統と責任を背負う覚悟を持って闘います。よろしくお願いします」 2021.09.15 12:35 Wed
twitterfacebook
thumb

大久保智明がプロ初ゴール、高い強度を見せた浦和が横浜FCを振り切り無敗を「5」に伸ばす【明治安田J1第28節】

11日、明治安田生命J1リーグ第28節の横浜FCvs浦和レッズがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、0-2で浦和が勝利を収めた。 2週間の中断期間を経て再開したJリーグ。19位の横浜FCと7位の浦和との一戦となった。 中断前は残留争い中の柏レイソルとの試合で2-1と敗れた横浜FCは、その柏戦から4名を変更。マギーニョ、アルトゥール・シルバ、瀬古樹、渡邉千真が外れ、前嶋洋太、高橋秀人、サウロ・ミネイロ、フェリペ・ヴィゼウを起用した。 対する浦和は中断前に湘南ベルマーレとドロー。中断期間中に行われたYBCルヴァンカップでは準々決勝で川崎フロンターレと2試合を戦い、試合終了間際の劇的ゴールで逆転勝利を収めていた。 浦和は湘南戦から槙野智章、宇賀神友弥、平野佑一、大久保智明、キャスパー・ユンカーが外れ、岩波拓也、明本考浩、柴戸海、汰木康也、江坂任を起用した。システムはゼロトップと予想さっる。 最初にチャンスを作ったのは浦和。3分、左CKを獲得すると江坂がクロス。ファーサイドで岩波がヘディングで折り返すと、ボックス中央で酒井が滑り込みながらダイレクトボレー。しかし、シュートはクロスバーを直撃し嫌われる。 ピンチを凌いだ横浜FCは直後に決定機。フェリペ・ヴィゼウが右サイドを仕掛けてボックス内に侵入。グラウンダーのクロスにサウロ・ミネイロが合わせるが、シュートはGK西川が身体で防ぐ。 16分にも横浜FCがチャンス。高木がドリブルで左サイドを突破しボックス内に侵入。そのまま左足でシュートも、GK西川が見事な反応でセーブする。 横浜FCは30分にも決定機。ショートカウンターから最後は松尾のスルーパスを、ボックス内でサウロ・ミネイロがシュートも、再びGK西川がセーブする。 ホームの横浜FCが押し込みながら試合を進めたが、先制したのは浦和だった。ボックス右でボールを持った小泉が左足で鋭いクロス。これをボックス内中央で汰木がヘッド。これが決まり、決定機を作れていなかった浦和が汰木の今季リーグ戦初ゴールで先制する。 浦和の1点リードで迎えた後半。浦和はアシストの小泉を下げて、キャスパー・ユンカーを起用する。すると横浜FCは46分、安永のパスをオフサイドラインぎりぎりで受けた松尾がボックス内からシュートも、酒井がブロックする。 浦和は連続したCKで押し込むと50分には柴戸の縦パスを受けたキャスパー・ユンカーがボックス内でキープし反転してシュート。こぼれ球を岩波がシュートも、ブロックされる。 浦和の連続攻撃を凌いだ横浜FCは、56分にチャンス。酒井のパスをカットした高橋がドリブルで運び出さずにフェリペ・ヴィゼウへとパス。ボックス内右でシュートも、枠を外れる。 浦和は59分にチャンス。柴戸の裏へのパスに抜け出した酒井が巧みにヒールパス。これを江坂がシュートで狙うが、DFがブロックする。これで得たCKから江坂がクロス。こぼれ球をつなぐとアレクサンダー・ショルツのパスを受けた江坂が、ボックス内右からニアヲンラッタ強烈シュート。しかし、GKスベンド・ブローダーセンがセーブする。 さらに浦和は押し込むと、62分にも決定機。江坂のスルーパスを受けた伊藤が汰木とスイッチ。ドリブルで抜いてゴールへ迫るが、GKブローダーセンがなんとか凌ぐ。 66分にもビッグチャンス。自陣で相手ボールを奪った酒井がビルドアップから裏へ抜け出すと、完全に独走。ボックス内まで持ち込みシュートチャンスだったが、突破を試みて相手に防がれる。 横浜FCはこのピンチからボールをつなぐと、左サイドからクロス。これをGK西川がファンブルしこぼれると、倒れたジャーメイン良のところへこぼれ、そのままシュート。しかし、西川が飛び出てなんとかセーブする。 横浜FCも徐々に攻め手を見つけると、75分にもチャンス。浦和のライン裏に安永が浮き球のパス。これにジャーメイン良が反応して受けに行くが、酒井が絞って対応する。 互いに選手を入れ替えて迎えた試合終盤。横浜FCのセットプレーから浦和が一気に仕留める。88分、横浜FCがFKを獲得。クロスからこぼれ球を韓浩康がシュート。これがブロックされると、さらにジャーメイン良もシュート。しかし、これもブロック。すると、ここから浦和がロングカウンター。大久保が拾いドリブルで運ぶと、スルーパスに反応したユンカーがシュート。しかし、飛び出たGKブローダーセンがスーパーセーブ。横浜FCは凌いだかと思われたが、こぼれ球が大久保の下にこぼれると、無人のゴールへと蹴り込み、浦和が追加点を奪った。 浦和はそのまま残り時間を消化しタイムアップ。リーグ戦の無敗を5試合に伸ばし勝ち点を「48」に伸ばし3位争いに生き残り。横浜FCは再び最下位に転落する可能性が出てしまった。 横浜FC 0-2 浦和レッズ 【浦和】 汰木康也(前34) 大久保智明(後44) 2021.09.11 20:04 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly