久保が後半から出場で見せ場演出も10人のヘタフェは残留争うバジャドリーに敗戦《ラ・リーガ》

2021.03.06 23:56 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェは6日、ラ・リーガ第26節でバジャドリーとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。ヘタフェのMF久保建英は後半から出場している。前節バレンシアに勝利して連敗を4で止め、7試合ぶりの勝利を手にした13位ヘタフェ(勝ち点27)は、久保が引き続きベンチスタートとなった。

8試合勝利のない17位バジャドリー(勝ち点22)に対し、ヘタフェは14分に失点する。サイド攻撃を受けた流れから、最後はオスカル・プラノにダイビングヘッドで決められた。


さらに24分、オレジャナの突破から最後はヴァイスマンにヘッドで押し込まれ、ヘタフェはリードを広げられてしまう。

劣勢のヘタフェだったが、37分に1点を返す。ウナルのパスを受けたボックス左のマタがDFを外してシュートを流し込んだ。

迎えた後半、ダミアン・スアレスに代えて久保を右サイドハーフに投入したヘタフェは、61分に同点のチャンス。久保がボックス右でパスを受け、左足を強振。しかし、枠を捉えたシュートはGKロベルトの好守に阻まれた。

さらに68分、久保がチャンスメーク。DFを引き付け、ボックス中央からラストパス。アレーニャがシュートを放ったが、DFにブロックされて枠を捉えきれなかった。

しかし反撃はここまで。85分にはマタが報復行為によって一発退場となったヘタフェは1-2で敗戦。残留を争うバジャドリーに痛恨の黒星を喫している。
関連ニュース
thumb

EL2ndレグの控えるビジャレアルがヘタフェに辛勝で3試合ぶりの白星! 古巣対戦の久保は84分から出場《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第34節のビジャレアルvsヘタフェが2日に行われ、1-0でビジャレアルが勝利した。ヘタフェの久保建英は、84分からプレーした。 前節8試合ぶりに勝利した15位ヘタフェ(勝ち点34)が、リーグ戦連敗中の7位ビジャレアル(勝ち点49)のホームに乗り込んだ一戦。 ミッドウィークにヨーロッパリーグ準決勝1stレグのアーセナル戦を行ったビジャレアルは、その試合からスタメンを6人変更。ジェラール・モレノやトリゲロス、アルビオル、GKルジらに代えてモイ・ゴメスやフネス・モリ、ガスパール、GKアセンホらがスタメンで起用された。 古巣対決となる久保がベンチスタートとなった一戦は、開始早々の4分にヘタフェがチャンスを迎える。ダミアン・スアレスの右クロスをファーサイドに走りこんだマタがヘディングシュートで合わせたが、叩きつけたボールはゴール左に外れた。 高い位置から激しくプレスをかけるヘタフェの守備に苦戦するビジャレアルは、30分を過ぎても決定機はおろかシュートすら打てない状況が続いたが、最初のチャンスでネットを揺らす。32分、スローインをボックス左手前のアルカセルが頭でつなぐと、ボックス左に抜け出したチュクウェゼがゴールネットを揺らしたが、これはチュクウェゼのオフサイドを取られた。 膠着状態が続く中、ビジャレアルは43分にも決定機。敵陣でアルカセルがロストしたこぼれ球をペナルティーアーク内のキャプーがボレーシュート。しかし、これはGKソリアのセーブに阻まれ、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も開始早々にヘタフェがチャンスを作る。47分、アランバリのミドルシュートからGKアセンホの弾いたボールをマタが押し込んだが、これはオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 その後は一進一退の展開が続く中、ビジャレアルは62分にアルカセル、ラバ、パレホを下げてバッカ、ジェラール・モレノ、コクランを投入。さらに69分には、チュクウェゼを下げてジェレミ・ピノをピッチに送り出した。 すると79分、GKからのロングフィードをジェラール・モレノが頭でつなぐと、最前線で受けたバッカがワンタッチで右サイドへ展開。これをバイタルエリア右で拾ったジェレミ・ピノがドリブルでボックス右まで持ち込み、ゴール左隅にシュートを突き刺した。 先制を許したヘタフェは、84分にアランバリを下げて久保を投入したが、シュートなどの見せ場は訪れず。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。リーグ戦3試合ぶりの白星を飾ったビジャレアルが、ミッドウィークに行われるEL2ndレグのアーセナル戦に向けて良い流れを持続している。 2021.05.03 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ウナルのドブレーテでヘタフェが8戦ぶり白星! 岡崎は途中出場も久保出番なしで日本人対決は実現せず《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第32節、ウエスカvsヘタフェが25日にエスタディオ・エル・アルコラスで行われ、アウェイのヘタフェが0-2で勝利した。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は77分から途中出場。一方、ヘタフェのMF久保建英はベンチ入りも出場機会なしに終わった。   18位のウエスカ(勝ち点27)と、15位のヘタフェ(勝ち点31)による残留争い直接対決。前節、共に久々のスタメン出場を飾るも、アトレティコ・マドリー、バルセロナという強豪相手に見せ場を作れずに敗戦した岡崎と久保はこの試合ではベンチスタートとなった。   互いに慎重な入りを見せた中、中盤での潰し合いが目立つクローズな展開が続く。それでも、時間の経過と共に球際の勝負で優位に立ったアウェイチームが先にゴールをこじ開ける。20分、右サイドでダミアン・スアレスが入れた正確なクロスをハイメ・マタがヘディングシュート。ニア下を捉えたシュートはGKの好守に遭うも、こぼれ球に反応したウナルが冷静に押し込んだ。   堅守速攻スタイルの相手に与えたくない先制点を献上したウエスカは失点以降、リスクを冒して前に出る。右サイドのフェレイロらを起点としたピッチの幅を使った攻めからチャンスを窺うと、ボックス内で最終ラインと駆け引きをするラファ・ミルを狙った際どいクロスから幾度かヘディングシュートでゴールに迫るが、相手の寄せもあってシュートを枠に飛ばすことができず、前半を1点ビハインドで終えることになった。   迎えた後半、1点ビハインドのウエスカはヴァヴロ、セオアネに変えてシオバスとエスクリチェをハーフタイム明けに投入した。   一方、後半も同じメンバーで臨んだヘタフェは前半同様にファーストチャンスを生かして追加点を奪う。52分、ボックス手前左からカットインしたウナルが豪快に右足を振り抜くと、DFの足の下を抜けたシュートがゴール右下隅の完璧なコースに決まり、ドブレーテを達成した。   以降もヘタフェペースで試合が進み苦境が続くウエスカは後半半ばを過ぎて積極的に交代カードを切り、77分にはサンドロ・ラミレスに代わって岡崎が投入される。そして、2トップに入った岡崎はラファ・ミルの周囲を精力的に動き回り、攻撃を活性化させようと腐心する。   その後、試合終盤を迎えた完全に逃げ切り態勢に入ったヘタフェは3回の交代機会に4枚の交代カードを切っていったが、殊勲のウナルに代えてセンターバックのチェマ・ロドリゲスを投入するなど守備固めの采配をみせ、久保は出番なしとなった。   結局、試合はこのままヘタフェの2-0でタイムアップを迎え、ウナルのドブレーテの活躍と持ち味の堅守光ったヘタフェが8戦ぶりの勝利を挙げて残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。一方、3連敗のウエスカは19位に転落している。 2021.04.25 22:51 Sun
twitterfacebook
thumb

GKとタイミング合わず…久保同僚DFのバックパスがオウンゴールに「茶番劇だ」

ヘタフェのDFソフィアン・チャクラが痛恨のミスを犯してしまった。 ラ・リーガ第31節、バルセロナvsヘタフェが22日に行われ、5-2でバルセロナが勝利した。 ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)発表後最初のバルセロナの試合、古巣対決となるヘタフェMF久保建英の2試合ぶりの先発、バルセロナのFWリオネル・メッシの大活躍など、様々な要素があった試合だが、この試合の転機となったのはバルセロナの2点目のシーンだった。 1-1で迎えた28分、ヘタフェはバルセロナMFペドリのドリブルをカットし、そのこぼれが最終ラインのチャクラのもとに転がる。チャクラは自ら対応できると右手を挙げてGKダビド・ソリアにアピールするが、守護神もゴールから出て対応しようと前に出てしまう。 チャクラは、プレッシャーがかかっていたわけではなかったものの、GKの位置を見ずにバックパス。ソリアは逆を突かれるような形となり、そのままゴールに吸い込まれてしまった。 オウンゴールが決まった直後には、言い合いにもなっていた2人だが、スペイン『フットボール・エスパーニャ』も「コミカル・オウンゴール」と揶揄。さらに、イギリス『サン』も「茶番劇によるゴールはバルサの勝利を助けた」と酷評している。 ヘタフェはそこから失点を重ね、5-2で敗戦。降格圏内の18位ウエスカとは勝ち点差は「4」のままとなっている。 <span class="paragraph-title">【動画】DFとGKどちらも悪い?痛恨のオウンゴール(3:00~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1h2sl62lxoify1pjegpwnwbien" async></script> 2021.04.23 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

5失点敗戦のヘタフェ…ボルダラス監督は「チャンスを捨ててしまった」と前半の失点嘆く

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、リーグでの大量失点を嘆いた。スペイン『マルカ』が伝えている。 日本代表MF久保建英の所属するヘタフェは、22日に行われたラ・リーガ第31節でバルセロナと対戦。前節レアル・マドリーと引き分け貴重な勝ち点を獲得したが、この日はコパ・デル・レイを制覇して勢いに乗る相手を前に守備が崩壊。FWリオネル・メッシに2ゴール1アシストの活躍を許し、2-5で敗れた。 この結果、ラ・リーガで7試合未勝利となったヘタフェは15位に留まっており、残留に向けて気を抜けない状況が続いている。 試合後のインタビューでボルダラス監督は守備の緩さを嘆くと共に、この試合で脅威になっていたメッシを称賛した。 「今はほろ苦い気持ちだ。前半の5分間で2失点を喫し、我々はチャンスを捨ててしまったと思う。悪いプレーをした後で、最も賢い選手であるメッシが3点目を決めてしまった」 「後半、4点目の不条理なPKを取られた85分までは良いプレーができたと思う。あのPKは、チームにとってあまりに大きな痛手だった。我々が直面したのは、カップ戦で優勝したばかりの好調なバルサだった」 「メッシが対戦相手のチームにいる場合、困難はより大きくなってしまう。彼は世界最高の選手だからね」 また、ボルダラス監督は欧州12のビッグクラブが、18日にヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に参加表明をしたことに言及。現在多くのクラブが離脱を発表したESLだが、特定のクラブ以外の可能性を閉ざすものだとして、反対の立場をとっている。 「(ESLについて)あまり言いたいことはない。多くの同僚やフットボール関係者と意見は一致しているからだ。スーパーリーグは規模の大きくないチームや、かつて歴史に名を残してきたようなチームの可能性を閉ざしている。賛成はできない」 2021.04.23 11:44 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシ2G1Aのバルセロナが久保フル出場のヘタフェに5発勝利でマドリー勢を追走《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第31節、バルセロナvsヘタフェが22日に行われ、3-2でバルセロナが勝利した。ヘタフェのMF久保建英はフル出場している。 2週間半前に行われた前節レアル・マドリーとのエル・クラシコを落とした暫定4位のバルセロナ(勝ち点65)は、5日前に行われたアスレティック・ビルバオとのコパ・デル・レイ決勝を制して優勝を飾った。首位アトレティコ・マドリーを暫定5ポイント差で追う中、[3-5-2]を継続したバルセロナは2トップにメッシとグリーズマンが並んだ。 一方、前節レアル・マドリー戦を優勢に運びながらゴールレスドローに終わった15位ヘタフェ(勝ち点31)は、久保が[4-1-4-1]の左MFの位置で2試合ぶりに先発となった。 開始4分にメッシのミドルシュートがバーに直撃したバルセロナが8分に先制する。ブスケッツのスルーパスに抜け出したメッシがボックス左に侵入し、ゴール右上へシュートを蹴り込んだ。 しかし12分、ククレジャの左クロスに合わせたアンヘルのボレーがラングレに当たってゴールに吸い込まれ、ヘタフェが同点に追いついた。 それでも28分、チャクラのバックパスミスがそのままゴールに向かい、幸運な形で勝ち越したバルセロナは、34分に3点目。クリアのルーズボールをボックス右のメッシが右足ボレー。左ポストに直撃したルーズボールを左足でゴールに蹴り込み、3-1として前半を終えた。 迎えた後半、ピケとラングレに代えてアラウホとイライクスを投入したバルセロナは、F・デ・ヨングが3バックの左に下がった。 そのバルセロナがボールを持って時間を進める中、67分にヘタフェがPKを獲得する。久保のパスを受けたボックス内のウナルがアラウホに倒されたとしてVARの末にPKとなった。 このPKをウナルが決めて1点差としたヘタフェだったが、87分にバルセロナが勝負を付ける。メッシの鋭い右CKからニアサイドのアラウホがヘッドで叩き込んだ。 さらに試合終了間際にはグリーズマンがPKを獲得。このPKをグリーズマン自ら決めたバルセロナが終わってみれば5発圧勝。 メッシの2ゴール1アシストの活躍で勝利したバルセロナが首位アトレティコ・マドリーとの5ポイント差を維持している。 2021.04.23 06:51 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly