警戒すべきは「手倉森監督」、開幕戦で新生・仙台と当たる広島の城福浩監督が開幕を語る「臨機応変に戦えるように」

2021.02.23 17:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。


今シーズンは就任4年目となる城福浩監督。2020シーズンは8位の成績に終わったが、今シーズンは巻き返しのシーズンとして位置付けている。

開幕に向け城福監督は「様々な方々のご尽力によって、2021年のJリーグを開催できることを喜びを感じますし、色々な方に感謝しながらゲームをしたいと思います」とまずは感謝を述べ、「コロナ禍で色々な制限がある中で、支えてくださっている方たち、楽しみにしてくださっている方たちに勝ち点3を求める姿を見せたいと思います」とまずは勝ち点3を届けたいと語った。

開幕カードで当たるベガルタ仙台は、今シーズンから手倉森誠監督が復帰。その仙台については「仙台は策士の手倉森監督に代わったので、しっかりと対策もされるだろうと覚悟しています。我々も臨機応変に戦えるように、今年のJリーグを乗り越える大きな難関だと思いますし、対応して勝ち点3をモノにできる試合をしたいと思っています」と意気込みを語った。

キャンプ中はトレーニングマッチでも結果を残していた広島。新シーズンに向けては「シーズンの最初から新しい立ち位置を試しているので、手探り状態ではあります」とコメント。それでも「練習試合では勝ちを意識してやってもらいましたが、課題もまだまだあります。開幕戦で勝ち点3を取るために我々のやり得る全てを尽くしますが、まだまだ途上だと思います」と残りの期間でさらに精度を上げるとコメント。「5人交代もあるので、この試合でどう勝ち点3を取りに行くのかこれから練るところです」と、仙台との試合に向けての準備を語った。

今シーズンの仙台の印象については「ベガルタさんには新しい選手も入り、監督も代わって、どういう風に戦っていくのかもありますが、自分たちがどう戦う方が大事」と焦点は自分たちに当てているとコメント。「我々が取り組んでいることの強みをどうするかが大事。開幕戦の勝ち点に大きなキーになると思います」とした。

その中ではセットプレーも重要となるが「ここから先はセットプレーも磨きをかけないといけない。かなりの確率でセットプレーでゲームが動くと思うので、最後の準備をしていければと思います」とコメント。「ベガルタの守備は堅いと思いますし、セットプレーも色々と駆使してくると思うので、自分たちがベースとして高いものを求めていきたい」と語り、攻守両面でのセットプレーはカギになるとの見立てを語った。

その開幕戦に向けて仙台で警戒する選手は「一番気をつけないといけないのは手倉森監督」と半分冗談ながらも本気の回答。「本当に策士なので、どういった策を練ってくるかを予想しないといけない」と指揮官同士の腹の探り合いも見せた。

選手では「攻撃陣ではマルティノス。ツボにハマった時の破壊力は、横浜F・マリノス時代にも浦和レッズ時代にも目の当たりにしています」と今季浦和から加入したマルティノスを警戒。「彼のストロングを出させないようにしないといけない。彼をフリーにしたりクロスを上げさせたら皆川(祐介)の高さもあるので、自由にさせないことがキーになる」と警戒を強めた。
関連ニュース
thumb

新戦力ジュニオール・サントスがゴールの広島、90分に被弾し10人の仙台とドロー決着【明治安田J1第1節】

2021シーズンの明治安田生命J1リーグ開幕節、サンフレッチェ広島vsベガルタ仙台が27日にエディオン・スタジアム広島で行われ、1-1の引き分けに終わった。 昨季8位の広島は城福浩監督体制4年目を迎えている。新シーズン初戦はプレシーズンからトライしていた新システムの4バック。昨シーズンからメンツは大きく変わっていないが、注目のサイドバックには右に野上、左に東が起用されている。また、昨季15ゴールのレアンドロ・ペレイラの退団に伴い、横浜F・マリノスから加入したジュニオール・サントスはトップ下で先発に名を連ねた。 対する仙台は、昨季は降格なしの特別レギュレーションに助けられ、17位フィニッシュも降格を免れた。その分、今季は4チーム降格という厳しい1年となるが、8年ぶりに手倉森誠監督が復任し、ファンやサポーターの期待は高い。注目の新戦力は浦和レッズから加入したマルティノスや、古巣戦となる皆川のアタッカー陣。また、在籍2年目の吉野も古巣対決だ。 互いに[4-2-3-1]のミラーゲームとなった一戦。ボールの主導権はホームの広島が掴み、両サイドバックが高い位置を取りながら積極的に攻撃参加していく。だが、まだチグハグ感が否めず、仙台の徹底した守りもあり、なかなかシュートまで運ぶことはできない。 一方、仙台はカウンター主体の戦術を取っているが、思うようにその起点が作り出せない。2列目の右で起用されたマルティノスも良い形でボールを受けられず、ここまで両チームともゴールチャンスはない。 そんな中、27分に決定的なシーンが訪れる。仙台の最終ラインを抜け出したジュニオール・サントスをシマオ・マテがスライディングで倒してしまい、これが一発レッドカードに。 仙台は吉野をセンターバックに下げて応急処置を施したが、迎えた33分、広島は青山、浅野とワンタッチでパスを繋ぎ、ジュニオール・サントスにフリーでボールを供給。ボックス手前右で迷わず右足を振り抜くと、ボールは相手DFに当たってゴールイン。新加入選手の得点でホームチームが先制に成功した。 後半から仙台は氣田を下げて松下を投入。キックオフ直後に広島は相手のミスからボールを奪ったジュニオール・サントスが一気にゴール前に侵入するが、逆足の左足のシュートは力なく枠の外に外れた。 56分には速攻から再び広島にチャンス。ジュニオール・サントスがボックス左まで攻め上がり、今度はシュートを打たず中へ折り返す。これに合わせたドウグラス・ヴィエイラのシュートは相手のブロックに遭うものの、そのCKでは野上がヘディングシュートでGKを強襲。しかし、ここはGKヤクブ・スウォビィクのファインセーブに阻まれた。 仙台に隙を与えない広島は、72分には相手の攻撃を跳ね返しカウンターを発動。右サイドの浅野から川辺と繋がり、最後はジュニオール・サントスへ託す。ボックス内での深い切り返しからシュートを狙っていったが、ここでもGKヤクブ・スウォビィクが立ちはだかった。 そのジュニオール・サントスは76分に柏との交代でお役御免。ホームのサポーターからは拍手が送られた。86分には、その柏と浅野で右サイドを崩し、最後はクロスから逆サイドの東がフィニッシュという完璧な形を作ったが、やはり最後の壁が厚く、決定的な2点目をどうしても奪えない。 するとそのツケが最後に回ってくる。90分、左サイドからカットインした関口がボックス手前まで運びシュートへ。これは相手のブロックに阻まれるものの、こぼれ球を87分から出場していた赤崎が押し込み、土壇場で同点に追いついた。 結局、試合は1-1のドロー決着。広島は逃げ切り失敗で2ポイント落とした結果となった。 サンフレッチェ広島 1-1 ベガルタ仙台 【広島】 ジュニオール・サントス(前33) 【仙台】 赤崎秀平(後45) 2021.02.27 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

広島、流通経済大から仙波大志&満田誠が来季加入内定! ともにユース育ち

サンフレッチェ広島は25日、流通経済大学に在学するMF仙波大志(21)、FW満田誠(21)の来季加入内定を発表した。 広島県生まれの仙波は広島の下部組織育ち。熊本県生まれの満田も広島ユース在籍歴を持ち、両選手ともに高校卒業後、流通経済大学に進学した。 育った広島への凱旋となる両選手はクラブを通じて、それぞれ意気込みを語っている。 ◆仙波大志 「このたび、サンフレッチェ広島に加入することになりました流通経済大学の仙波大志です。幼い頃から育てていただいたこのクラブで、また紫のユニフォームに袖を通して戦えることを大変嬉しく思います! 今まで支えてくださった方々に感謝し、サンフレッチェ広島に結果という形で恩返ししていきたいと思います。サンフレッチェファミリーの皆さま、よろしくお願いします!!」 ◆満田誠 「来季からサンフレッチェ広島に加入することになりました満田誠です。小さい頃からの目標であったプロサッカー選手としてのキャリアをユース時代にお世話になったサンフレッチェ広島という素晴らしいクラブでスタートできることを嬉しく思います。これまでお世話になった方々へ恩返しができるように全力でプレーし、チームの勝利に少しでも貢献できるよう頑張ります。サンフレッチェ広島に関わるすべての皆さま、応援よろしくお願いします」 2021.02.25 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前ガイド|サンフレッチェ広島】戦力変えずにシステムを変えて高みを目指す

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。 昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。 そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。 第13弾は、昨シーズンの明治安田J1で8位のサンフレッチェ広島を紹介する。 <div id="cws_ad">◆基本布陣(予想)[4-2-3-1]</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021sanfrecce_1_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWSBrains,LTD.<hr></div> ◆補強動向《C》※最低E~最高S 【IN】 GK川浪吾郎(29)←ベガルタ仙台/完全移籍 DF今津佑太(25)←ヴァンフォーレ甲府/完全移籍 MFハイネル(30)←トンベンセ(ブラジル)/期限付き移籍延長 MF長沼洋一(23)←愛媛FC/復帰 MF藤井智也(22)←立命館大学/新加入 FWジュニオール・サントス(26)←柏レイソル/完全移籍 【OUT】 GK廣永遼太郎(31)→ヴィッセル神戸/完全移籍 DF櫛引一紀(28)→大宮アルディージャ/完全移籍 DFイヨハ理ヘンリー(22)→鹿児島ユナイテッド/期限付き移籍 MF松本大弥(20)→大宮アルディージャ/期限付き移籍 MF野津田岳人(26)→ヴァンフォーレ甲府/期限付き移籍 DF水本裕貴(35)→町田ゼルビア/期限付き移籍→完全移籍 DFエミル・サロモンソン(31)→アビスパ福岡/期限付き移籍→完全移籍 MF松本泰志(22)→セレッソ大阪/期限付き移籍 MF川村拓夢(21)→愛媛FC/期限付き移籍延長 MF川井歩(21)→レノファ山口FC/期限付き移籍→完全移籍 FWレアンドロ・ペレイラ(29)→松本山雅FC/期限付き移籍終了 例年になく選手の出入りは多くない広島。特に放出した選手は期限付き移籍の選手が多い状況となっており、主力選手で退団したのはFWレアンドロ・ペレイラのみとなった。 チーム内得点王でありリーグ3位の15得点を挙げていたレアンドロ・ペレイラをチームに留まらせることができなかったことは大きな痛手となるところだったが、柏レイソルからFWジュニオール・サントスを獲得。昨シーズンは横浜F・マリノスへ期限付き移籍し、13得点を記録しただけに、数字上では大きな損失は無くなった。 また、愛媛FCで武者修行を積んできたMF長沼洋一が復帰。また、特別指定選手ながら15試合に出場したMF藤井智也も正式に入団し、チームとしては積み上げたシーズンとなりそうだ。 超過密日程だった2020シーズンも、先発と控えの入れ替えこそありながら、起用するメンバーはほとんど入れ替えずに戦い抜き、今シーズンも継続していく形となる。 補強という観点で言えば、物足りない部分も若干あるが、若い選手たちが持っているポテンシャルは高く、成長という部分が大きな補強となる可能性は秘めている。 ◆目標:上位争い <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021sanfrecce_2_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 城福浩監督にとって4シーズン目となる2021シーズン。1年目の2位を頂点に、6位、8位と徐々に順位は下がっている状況。4年目の今季は再び上向きにしていきたいところだ。 前述の通り、大きく選手を補強しなかったことで、チームづくりをやり直すという観点では、積み上げの分だけ優位に働くことになるだろう。それでも「新しい立ち位置を試しているので、手探り状態ではあります」と城福監督が語ったように、チームとしてはブラッシュアップを繰り返している状況だ。 ベテランと若手のバランスも取れている中で、求められるのは準主力選手たちの底上げだろう。昨シーズンは途中出場が多かった選手たちが、レギュラー陣を脅かすことができれば、チームとして一段レベルアップすることができるだろう。 得点力の部分でも、ガンバ大阪へ移籍したFWレアンドロ・ペレイラ、そして今シーズンも広島で戦うFWドウグラス・ヴィエイラに頼り切っていた部分が大きく、なかなか勝ち点を伸ばせなかった理由もそこにあるだろう。 システムも変更し、より攻撃に厚みをかけて臨むシーズン。手堅い試合運びを見せていた一方で、悩みの種だった得点力不足が解消となれば、より上位を目指すことは不可能ではない。 ◆超WS編集部イチオシ新戦力 FWジュニオール・サントス(26) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021sanfrecce_3_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 編集部がイチオシしたい新戦力は、昨シーズンは横浜F・マリノスで圧倒的な攻撃力を見せつけたFWジュニオール・サントスだ。 柏レイソル時代は出場機会もあまり得られなかったジュニオール・サントスだが、シーズン途中に横浜FMへと移籍すると一気にその得点力が爆発する。 シュートレンジの広さと、前を向いた時の力強さは驚きを与え、シュートの上手さも目立った。推進力を持つ一方で、前線で起点にもなれるだけに、広島としては願っても無いストライカーの獲得となった。 ハマればレアンドロ・ペレイラ以上の得点も望め、2列目に入る選手たちとの相性次第では一気に飛躍する可能性もあるだろう。 テクニックに優れ、パスセンスも持ち合わせる選手が多い広島だけに、ジュニオール・サントスを活かす方法を見つけたら、脅威となるに違いない。 ◆2021年期待のヒーロー MF森島司(23) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021sanfrecce_4_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 今シーズン期待するヒーローは、10番を背負うMF森島司を挙げたい。 昨シーズンはシャドーのポジションで全34試合に出場。5得点を記録した一方で、アシスト数は伸び悩んだ。 2018年はシーズンを通して8アシストとチャンスに多く関わっていただけに、本人としてはポイントを置きたいと考えているとのこと。「流れの中でどう得点に絡むかでチームの順位も変わってくるので、アシストでチームの得点に絡んでチームを助けたいと思っています」と意気込みを語っていた。 今シーズンはシャドーではなくトップ下に入ることが濃厚。チームとして素早いカウンター、ボール奪取からのショートカウンターを武器にしていくだけに、森島からのパスがゴールに繋がる必要がある。 本人も気にするアシストが増えていけば、自ずとチームは勝ち点を重ねるはず。チャンスメーカーとしての働きをいかに見せられるか。森島のプレーぶりに注目だ。 2021.02.23 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

東日本大震災から10年の節目、10年前と同じ開幕カードを迎える仙台・手倉森誠監督「あの当時の思いがある」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 2013年以来の復帰となった手倉森誠監督を新監督に迎えたベガルタ仙台。昨シーズンは木山隆之監督の下でホームで未勝利という屈辱も味わった。 新シーズンの開幕に向けて手倉森監督は「2021年、コロナ禍の状況ですが、延期もなく正しく開催されることは、様々な方のご尽力があってのものだと思います」とコメント。「世界中もですが、日本国民もコロナ禍で窮屈な生活を強いられている中で、人々の気持ちを活性化させられるのがスポーツなんだ、サッカーなんだ、Jリーグなんだという戦いをして見せなければいけないと思っている」と開幕戦の意義について語った。 2008年から2013年まで仙台で監督を務め、2014年からはリオ・デ・ジャネイロ五輪に向けたU-23日本代表の監督に就任。また、日本代表ではヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下でコーチを務めていた。その後2019年にV・ファーレン長崎の監督に就任するも、昨シーズン限りで退任していた。 8年ぶりのJ1での指揮となる手倉森監督は「自分としてはJ1に久々に戻ってきて、古巣の仙台に戻ってきましたが、仙台にしてみれば東日本大震災から復興の10年目の節目の年でもある」とし、2021年3月11日で10年目の節目を迎える東日本大震災について言及。当時は仙台で指揮していた手倉森監督は「あの頃のという期待もされている」と、周囲の期待についても語った。 さらに、当時を回想し「2011年の開幕戦がサンフレッチェ広島で、試合をしてから震災に遭った。節目の年にサンフレッチェ広島と試合ができるというのは、ベガルタ仙台のサポーターにとって、あの当時の思いがあると思う」と語り、10年目で同じカードが組まれたことについて言及した。 広島との試合については「ベガルタはまだキャンプをしていますが、一番長くキャンプしているチームとしてタフに戦う姿をお見せして、今年の仙台の戦う姿を開幕戦で見せられればと思います」と戦う姿勢を見せたいと語った。 開幕に向けたキャンプについては「ベガルタ仙台は自分が復帰して、新しいスタートだという意識の中で、選手たちのやってやろうという意識、意欲はものすごく満足している。取り組む姿勢という中で、伸び代もあると感じている」と選手たちの意識の変化を感じているとコメントした。 具体的に開幕に向けては「どういう戦い方をしようとしているかは開幕に寄せてやっているが、いざ勝負になった時の勝負勘に関しては、昨年勝ち星が少なかったチームとしてまだまだ練習試合を多くしているわけではないので、育めているか心配でもある」とし、実際に対戦した時のチームとしての感覚はまだ掴めていないとした。 それでも「広島がやってくるサッカーに対する対応力を磨きながら、1週間磨いて、勝負勘、ゲーム運び、優勢劣勢に対応できるチームにしないといけないという感じがある」と課題を語り、「やろうとしていることへの意識は高いですが、勝負がかかった時に落とし込めない。ミーティングなどでしていきたい」と残り期間で精度を上げたいと語った。 その広島相手に警戒すべき選手については「策士・城福さんの下でのピッチ内での司令塔は青山(敏弘)選手です。常々脅威だと思っていました」と青山敏弘を警戒。「パスの長短を使い分けるというものはゲームコントロール力を示せるものであり、コントロールしながら試合ができるのは青山選手の特徴。彼のリズムの術中にはまらないことが重要かなと思います」とし、青山に良いゲームメイクをさせないことがカギだと語った。 2021.02.23 17:28 Tue
twitterfacebook
thumb

広島、トップチーム選手1名に新型コロナウイルス陽性判定… 当該選手は無症状

サンフレッチェ広島は19日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを報告した。 16日に実施したJリーグによる選手およびチームスタッフなどを対象としたPCR検査で判明。当該選手は現時点で体調不良や発熱などの症状はなく自宅療養中だ。 なお、保健所による濃厚接触者特定を行った結果、選手、クラブスタッフに濃厚接触者はいないとのこと。クラブはこれまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度、感染症防止策の周知、徹底を図っていくと伝えている。 2021.01.19 15:27 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly