ダービー制して首位固めのインテル、コンテは「並外れたパフォーマンス」と称賛

2021.02.22 11:57 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのアントニオ・コンテ監督が首位攻防戦を制したチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。セリエA首位インテルは21日に行われた第23節で2位ミランと対戦。首位攻防戦となったミラノ・ダービーで開始5分に先制すると、後半にも得点を重ねていき、3-0のスコアで完勝した。


ミランとの直接対決を制して勝ち点差を「4」に広げ、首位固めに成功したインテル。コンテ監督もこの状況を喜んでおり、大一番で力を発揮したチームを称えた。

「選手たちは並外れたパフォーマンスを見せてくれた。この試合のため良い準備ができていたが、それを完璧に実行してくれたと思う。チームの成長には大きな満足感があり、選手たちはこの結果に値すると思うから、私は満足だ」

「もっと良い勝利が続くことを願っている。今日は素晴らしい試合ができたし、久しぶりに上位に位置するライバル同士のダービーだったことも忘れてはならない。つまり、より多くのプレッシャーと責任があったんだ」

「選手たちは本当によくやってくれた。我々は自分たちの道を歩めていると思う。試合に向けしっかり準備を行い、それを最大限に生かすことに成功した。本当に強い相手に勝利を収めたが、ミランにも感謝する必要がある。この勝利はファンに捧げたい。スタジアム前での歓迎には鳥肌が立った」

また、コンテ監督は不遇の時期があったにもかかわらず、この試合で先発出場を飾ったMFクリスティアン・エリクセンとMFイバン・ペリシッチに言及。チームにフィットした2人の選手を称賛している。

「監督の仕事はチームのベストな要素をすべて見つけだし、プレースタイルを構築していくことだと思う。クリスティアン(・エリクセン)やイバン(・ペリシッチ)、そしてチーム全体の成長が見られて私は誇らしい」

「クリスティアンのときのように、我々はしばしば判断を急いでしまう。特に海外から選手が加入した際は忍耐が必要なときもある。ただ、クリスティアンはチームの重要なメンバーであり、排除しようと思ったことなどない。今年、大きな意欲を見せてくれたイバンにも同じことが言える。彼は全力を尽くし、今日も素晴らしいパフォーマンスだった」
関連ニュース
thumb

【セリエA第31節プレビュー】日曜にナポリvsインテル、アタランタvsユベントスの上位対決

前節は首位インテルが降格圏に位置するカリアリに勝利し、11連勝を記録。2位ミランとの11ポイント差を維持し、スクデットへまた一歩近づいた。迎える第31節、日曜にナポリvsインテル、アタランタvsユベントスの上位対決が開催される。 まずはナイトゲーム開催のナポリvsインテル。5位ナポリ(勝ち点59)は前節、DF吉田のサンプドリアに辛勝とし、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタとの2ポイント差を維持した。VARに救われる場面はあったが、しっかりと勝ちきってCL出場権争いに食らいついている。インテルの連勝を止め、アタランタとユベントスが潰し合う間隙を縫ってCL圏浮上を果たせるか。 一方、後半終盤のDFダルミアン弾でカリアリを押し切った首位インテル(勝ち点74)は、残り8試合で4勝すれば11年ぶりのスクデット獲得が決まる状況となった。カリアリ戦で途中出場だったFWラウタロとMFハキミは休養十分でナポリ戦に挑めるため、彼らの活躍に期待が懸かる。 続いてアタランタvsユベントス。アタランタ(勝ち点61)は前節、フィオレンティーナとの打ち合いを制して4位を死守。2点のリードを追い付かれるまずい展開となったが、しっかりと勝ちきって見せた。地力あるところを見せ付けた中、得意のホーム戦(9勝3分け3敗)でユベントスとの上位対決を制し、3位浮上を目指す。 一方、前節ジェノアに快勝とし、ナポリ戦に続きここ2試合好パフォーマンスを見せている3位ユベントス(勝ち点62)。ピルロ監督のクビが飛びかけた中での復調となっているが、アタランタとの上位対決でも真価を発揮できるか。 主審への暴言によりFWイブラヒモビッチが退場するアクシデントがあったものの、降格圏のパルマに勝ち切った2位ミラン(勝ち点63)は、13位ジェノア(勝ち点32)とのホーム戦に臨む。逆転スクデットは現実的ではない状況になっているが、ジェノア戦ではイブラヒモビッチを欠く中、2位死守のために勝利が必須となる。 ローマ勢では前節ヴェローナ戦を後半追加タイムの劇的弾で辛勝した6位ラツィオ(勝ち点55)が16位ベネヴェント(勝ち点30)とのホーム戦を、ヨーロッパリーグ準決勝進出の7位ローマ(勝ち点54)が17位トリノ(勝ち点27)とのアウェイ戦を戦う。ラツィオはインザーギ監督兄弟対決第2ラウンドに注目だ。 そして前節負傷欠場した11位ボローニャ(勝ち点34)のDF冨安は14位スペツィア(勝ち点32)とのホーム戦を、3試合ぶりに先発に復帰したDF吉田の10位サンプドリア(勝ち点36)は、9位ヴェローナ(勝ち点41)とのホーム戦に臨む。なお、冨安は今節も欠場予想となっている。 ◆セリエA第31節 ▽4/17(土) 《22:00》 クロトーネvsウディネーゼ サンプドリアvsヴェローナ 《25:00》 サッスオーロvsフィオレンティーナ 《27:45》 カリアリvsパルマ ▽4/18(日) 《19:30》 ミランvsジェノア 《22:00》 ボローニャvsスペツィア ラツィオvsベネヴェント アタランタvsユベントス 《25:00》 トリノvsローマ 《27:45》 ナポリvsインテル 2021.04.17 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランが今季で契約の切れるインテルDFダンブロージオを獲得か

ミランがインテルのイタリア代表DFダニーロ・ダンブロージオ(32)の獲得に動いているようだ。イタリア『SportItalia』が報じている。 今季でインテルとの契約が切れるダンブロージオ。そのダンブロージオに対し、インテルは1年延長のオファーをする準備があるようだが、ミランは2年契約を提示することで獲得に迫ろうとしているとのことだ。 2014年1月にトリノからインテルに加入したダンブロージオは、左右のウイングバック、センターバック等、複数ポジションをこなせるユーティリティ性を武器に、これまでインテルで公式戦229試合に出場して20ゴール17アシストを記録している。 2021.04.16 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

スクデット目前も…インテルDFシュクリニアル「最も重要なのは計算しないこと」

セリエA優勝に近づくインテルだが、スロバキア代表DFミラン・シュクリニアルは目の前の試合に集中していると語った。イタリア『スカイ』が伝えている。 インテルは2月にミランをかわすと、そのまま首位をキープ。第30節終了時点で2位ミランとの勝ち点差を「9」まで広げており、11シーズンぶりのスクデット獲得は目前だ。 インテルで守備の要を担うシュクリニアルはこの現状について「残り8試合でここまでのアドバンテージを得られるなんて、以前は考えられなかったよ」とコメント。チームが良い状態であることを実感しながら目の前の試合に集中しなければならないと強調した。 「今は少しでも多くのポイントを獲得できるように努力しているよ。僕たちは大きな喜びを持ち、毎日改善することを考え、素晴らしい姿勢で練習に臨んでいる」 「コンテが何を言ってるかって? 毎日のように、自分の持っているアドバンテージを考えないで、試合や練習に取り組まなければならない、と言われているよ」 「毎回の練習と試合を最大限にこなし、待ち受けるすべての相手に最善の方法で対応しなければならない。最も重要なのは計算をしないということだ」 また、リーグ戦での成功の一方で、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループ敗退となってしまったインテル。しかし、シュクリニアルは「CLからの敗退が少しばかりの強さを与えてくれた。僕たちはさらに団結することができるようになったんだ」と語っており、CLでの敗退がチームに良い影響を与えたことを明かした。 迫るスクデットについては「さっきから言っているように、僕たちは目の前の1試合だけを考えている。だけど、早めに獲得できれば嬉しいね」と話したシュクリニアル。11シーズンぶりのリーグ制覇に向けて、油断はないようだ。 2021.04.16 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティ獲得を逃した理由を元インテル指揮官が明かす「誰もが彼の才能を信じていなかった」

かつてインテルで指揮を執った経験を持つアンドレア・ストラマッチョーニ氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ獲得の可能性があったと明かしている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ヴェッラッティはユース時代から過ごしたペスカーラで2008年にデビュー。ズデネク・ゼーマン監督の下で頭角を現し国内外で高い評価を獲得すると、2012年にPSGへ移籍した。 PSGでは公式戦341試合出場9ゴール58アシストを記録。絶対的な主軸として、昨シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を果たしたチームに貢献している。 ワールドクラスの中盤として活躍を続けるヴェッラッティに対して、『1 Station Radio』に出演したストラマッチョーニ氏は、過去にインテル移籍の可能性があったとコメント。自身が指揮を執っていた2012年の夏に、獲得を望んでいたと明かしている。 「イタリアのフットボールを知るうえで、マルコ・ヴェッラッティがセリエAを経由しないままPSGに移籍したことを考えてみて欲しいね。彼はペスカーラでロレンツォ・インシーニェと共にプレーしていたが、2人ともあの時点で既に別のレベルにいたと思う」 「私はインテルで指揮を執っていた時、ヴェッラッティをインテルに迎え入れたかったんだ。(当時の会長だった)マッシモ・モラッティにもその気はあったのだが、皆がヴェッラッティに賭けるのを恐れていた。誰もが彼の才能を信じていなかったんだよ」 2021.04.13 17:54 Tue
twitterfacebook
thumb

“熱血漢”コンテがタッチラインを爆走し歓喜の輪に加わる!我に返った瞬間も秀逸

インテルのアントニオ・コンテ監督が、アツ過ぎる一面を見せた。 インテルは11日に行われたセリエA第30節で、カリアリと対戦。リーグ10連勝中のチームは試合を支配したものの相手GKの奮闘もあり、なかなか得点を奪えない展開に。しかし、77分にDFマッテオ・ダルミアンの先制点でようやくリードを掴むと、その後は集中した守備で守り抜き、1-0で勝利した。 セリエAでは破竹の11連勝で2位のミランに勝ち点差「11」をつけて首位を独走しているインテル。久々のスクデット獲得が現実味を帯びてきている。 そのコンテ監督は“熱血漢”としても知られ、時には喝を入れるために選手をビンタすることもあるほどだ。 勝利を常に目指し、誰に対してもアツさを忘れないコンテ監督だが、この試合では選手と一緒になってゴールを喜んだ。 77分にダルミアンがゴールを決めると、ダルミアンはそのままライン際まで疾走。アップ中の選手たちと喜び、他の選手たちも集まってきた。 そんな中、遅れて登場したのがコンテ監督。歓喜の輪に混ざり飛び乗るなど喜びを爆発させた。なお、その後ガッツポーズを見せると、ふと我に返ったのか急いでベンチへと走って戻っていった姿もまた見所である。 監督が歓喜を爆発させることは少なくなく、ジョゼ・モウリーニョ監督やルイス・エンリケ監督らも過去にはダッシュを見せたことがある。Jリーグではあまりお目にかかれないが、2016年に石井正忠監督(当時鹿島アントラーズ)が見せたものが記憶に新しい。場をわきまえる必要はあるが、時には見せても良い姿かもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】爆走コンテ、決勝ゴールに歓喜爆発!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Antonio Conte ran over to celebrate with his Inter players after Darmian&#39;s crucial goal <a href="https://t.co/e8Ye3NEgAS">pic.twitter.com/e8Ye3NEgAS</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1381218766445420556?ref_src=twsrc%5Etfw">April 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.12 12:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly