武器は「両足のロングフィード」、鹿島の正守護神争いに割って入りたいGK早川友基が意気込む

2021.02.18 17:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©KASHIMA ANTLERS
明治大学から鹿島アントラーズに入団したGK早川友基が、プロ1年目のシーズンへの意気込みを語った。

鹿島は17日、2021シーズンの新加入選手発表会見を実施。5選手が出席した。

明治大学からDF常本佳吾とともに加入した早川がメディアの取材に応対。自身の強みや意気込みを語った。

早川の強みは何と言ってもフィードの精度だ。武器については「両足からのロングフィード、ビルドアップで関わって攻撃の第一歩となる部分です」とコメント。「GKとして大事なシュートストップのところも、日頃の練習から鍛えています」とした。

鹿島には元韓国代表GKクォン・スンテの他、昨シーズンの正守護神であるGK沖悠哉、2年目のGK山田大樹がおり、1つのポジションを争うこととなる。

ポジション争いについては、「まずは今年は過密日程ということで、いつ誰にチャンスが回ってきてもおかしくないということで、そこのチャンスを掴むことは日頃の練習の積み重ねや継続することが大事です」とコメント。「武器を伸ばすとともに、短所の部分、ネガティブな部分を消していければと思います」と語った。

その中でもライバルのイメージについては「GK全選手が個人の特徴を持っていますし、それを日頃の練習から盗めるものは盗んで吸収して、自分の良さを出すことが重要だと思います」とコメント。「より細かく自分の中で分析して意識するようにしています」と、ライバルからも学んでいきたいと語った。

鹿島をプロ生活スタートのクラブに選んだ早川。その理由については「まず鹿島アントラーズは日本を代表するクラブだと思っていますし、そこで活躍することが日本を代表する選手につながると思っています」とコメントした。昨シーズン限りでレジェンドでありに音代表の経験もあるGK曽ヶ端準が引退。その中で大事なことは「日々努力して積み重ねていくことが重要だと思い、高いレベルで競争できるとも思っています。高いレベルで切磋琢磨してポジションを獲得するという大きな目標があるので、そこに対して向かっていきたいと思います」と意気込みを語った。

武器であると語ったキックの精度だが、得意になったキッカケは意外なもの「高校1年の時に試合で右足の付け根をケガして、どうしても試合に出なくてはいけない状況が続いて、左足を練習して試合で実践したことです」とケガで利き足が使えなかったことが理由だと語り、「今でもリアリティのある中で使えるようになった1つの要因だと思います」と実際のプレー中でも使えるようになっていったと語った。

アントニオ・カルロス・ザーゴ監督は、昨シーズンは3人とも起用し、最終的に沖がポジションを掴んだが、早川にもそのチャンスはあるはず。鹿島の守護神争いにも注目だ。

関連ニュース
thumb

鹿島の選手1名とトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性

鹿島アントラーズは3日、トップチーム選手1名、トップチームスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、3日に行われたPCR検査で両名は陽性判定を受けたとのこと。そのほかの選手は陰性が確認され、体調不良や発熱などはなく無症状だという。 また、濃厚接触者はいないと判定され、保健所より感染予防策の徹底を図ることでチーム活動は継続可能との判断を受けているとのことだ。 クラブハウスは外部業者による全館内のアルコール消毒を3日に実施している。 当該選手は発熱はないものの、2日に咽頭痛と嗅覚と味覚に異常があったとのことだ。また当該スタッフに関しても同様に、2日に咽頭痛に加え、嗅覚と味覚に異常があったという。なお、スタッフは2日に39度の発熱があった。 2021.08.03 19:13 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島DF広瀬陸斗が全治2カ月の離脱…練習中に左ハムストリング筋損傷

鹿島アントラーズは29日、DF広瀬陸斗の負傷離脱を報告した。 広瀬は25日の練習中に負傷。チームドクターによる検査結果、左ハムストリング筋損傷で治療期間として2カ月を要する見込みだ。 昨年に横浜F・マリノスから加入して、今季で鹿島在籍2年目の広瀬。ここまで明治安田生命J1リーグ6試合に出場している。 2021.07.29 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島がコーチ2人の退任を発表、ギリェルメ氏はザーゴ監督の下へ

鹿島アントラーズは27日、トップチームの熊谷浩二コーチ、ギリェルメ フィジカルコーチの退任を発表した。 熊谷コーチは、三本木農業高校から1994年に鹿島へ入団。2004年にベガルタ仙台へと移籍し、2005年に現役引退。引退後は鹿島へ戻り、強化部のスカウトやユースコーチ、ユース監督を務め、2019年はスカウトを務め、2020年1月からコーチに就任していた。 ギリェルメ フィジカルコーチも2020年1月に鹿島に加入。アントニオ・カルロス・ザーゴ監督とともに就任した。 なお、クラブの発表によると熊谷コーチは本人からの申し出があり、双方合意の下での契約解除となったとのことだ。 また、ギリェルメ フィジカルコーチは、ボリビアのクルブ・ボリバウからオファーを受け、契約解除後に就任するとのこと。クルブ・ボリバウは14日にザーゴ監督の就任を発表しており、再びザーゴ監督とタッグを組むこととなる。 2021.07.27 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島がカイキのゴール守り切り10勝目! G大阪はホームで連敗【明治安田J1第2節】

24日、明治安田生命J1リーグ第2節のガンバ大阪vs鹿島アントラーズがパナソニック スタジアム吹田で行われ、0-1で鹿島が勝利を収めた。 ホームのG大阪は、リーグ戦で4試合負けなしの状態で挑んだ直近のヴィッセル神戸戦で今季初の逆転負けを喫した。それでも勝てば降格圏を脱出できる中、神戸戦から中3日ということもあり、スタメンを6人入れ替えて試合に臨む。 対する鹿島は、前節の柏レイソル戦からおよそ2週間ぶりとなる実戦。その柏戦は1-2で敗れ、公式戦7試合負けなしという好調の歩みが止まったため、今節でまた調子を取り戻したいところ。なお、今日の試合は相馬監督は体調不良のため、パシェココーチが代行として指揮を執る。 立ち上がりからロングボールを前線に送り続けた両チーム。だが、試合が落ち着くと鹿島がボールを握ってサイドから攻め込む展開になる。セントラルハーフ、サイドハーフ、そして2トップの1人がタッチライン際で細かくパスをつないでG大阪のゴールに迫っていった。 一方のG大阪は[5-4-1]のブロックを組んで守備を固め、カウンターから点を取りに行く狙いを見せる。ボール奪取時には2シャドーとペレイラに預け、ウィングバックの上がりを待って手数をかけずに素早く相手ゴールへ向かっていく。 すると12分、相手のパスをインターセプトした矢島が、ハーフラインより10mほど前のところからロングシュート。ボールは高い位置を取っていたGK沖の頭上を越えていったが、わずかに右へ。決まればスーパーゴールだったが先制点とはならなかった。 ボールを握り続けた鹿島にも前半終了間際に決定機が訪れる。44分、後方からのロングパスを収めたエヴェラウドをアラーノが追い越し、スルーパスを受けてペナルティエリア内に侵入。しかし、懸命に戻った黒川の足に当ててしまい上手くミートできず、勢いを失ったボールはGK東口にキャッチされてしまった。 両チームともに決定機らしいシーンは一度しかなく、ゴールレスのまま試合を折り返した。だが後半が始まってわずか14秒、鹿島にビッグチャンス。左サイドからのクロスをエヴェラウドがフリーで合わせたが、ゴール右に惜しくも外れてしまう。その3分後にはアラーノがペナルティエリア左からフリーでシュート。しかし、これはGK東口に防がれてしまう。 後半に入って押し込まれ続けるG大阪は、61分にペレイラを下げてパトリックを投入。神戸戦でも点を取っており、ディフェンスラインの裏を狙えるタイプのストライカーが前がかりになった鹿島の裏を狙うが、終始単発的なカウンターしかできなかった。 すると72分の鹿島、荒木の絶妙なスルーパスを受けたカイキがGK東口と1対1になり、落ち着いて決めて待望の先制点をゲット。途中出場の2人で点を取ることに成功した。 リードを得た鹿島はここまでとは一変して相手にボールを持たせるようになる。奪っては少ない手数で攻めて、あわよくば追加点を狙う戦い方に変更した。 92分にはエヴェラウドに代えて松村、アラーノに代えてシルバを投入して確実に試合を終わらせに行く。そのまま上手く時間を使った鹿島が1点のリードを守り切り、リーグ戦10勝目を挙げた。 ガンバ大阪 0-1 鹿島アントラーズ 【鹿島】 アルトゥール・カイキ(後27) 2021.07.24 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:G大阪vs鹿島】今度こそ降格圏脱出なるか、鹿島は2週間で“堅守”対策をどう講じたか

【明治安田生命J1リーグ第2節】 2021年7月24日(土) 19:00キックオフ ガンバ大阪(17位/17pt) vs 鹿島アントラーズ(8位/32pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆降格圏脱出へ再トライ【ガンバ大阪】 前節はホームにヴィッセル神戸を迎えての一戦。上位チーム相手にパトリックのゴールで先制するが、ドウグラス、田中順也と前半で連続失点。そのまま1-2で敗れた。 逆転の敗戦となったが、チームとしては落ち込む暇はない。他クラブがしばしの休暇をもらいコンディションやチームを立て直す中、G大阪は開幕直後の休みのツケが回ってくる。 新型コロナウイルスがチーム内でクラスターとなり、1カ月活動停止。その間中止になった試合が、この中断期間に一気にやってくる。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から続く移動と過密日程の連戦を乗り越えなければ、残留へ厳しさを増すこととなる。 神戸戦でもターンオーバーを見せたように、選手をやりくりしながらコンディションを整ええて連戦に挑む必要がある。攻撃の形はできつつある中で、手薄なポジションに誰を起用するのか。松波正信監督の采配にも注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:三浦弦太、昌子源、キム・ヨングォン MF:小野瀬康介、奥野耕平、倉田秋、黒川圭介 MF:矢島慎也、宇佐美貴史 FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:松波正信 ◆堅守に脆い攻撃をどう対策する【鹿島アントラーズ】 2週間ぶりの試合をとなる鹿島。前節はアウェイで柏レイソルと対戦し、2-1で敗戦を喫した。 苦しむ下位チーム相手に敗戦を喫した鹿島。止められたバスを動かす力は今の鹿島に備わっておらず、当面の課題となりそうだ。 柏戦も中央を固められた結果、エヴェラウドを生かせずに逆襲を食らう展開に。北海道コンサドーレ札幌戦は、相手が前からくる形のために4-0と結果を残したが、その前の大分トリニータ、ベガルタ仙台と下位チーム相手でも守備を固められると何もできない状況は変わっていない。 2週間の準備期間で明確なウィークポイントをどう改善したのか。改善されたものを少しでも見せてもらいたいものだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、林尚輝、犬飼智也、杉岡大暉 MF:レオ・シルバ、ディエゴ・ピトゥカ MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、土居聖真 FW:エヴェラウド 監督:相馬直樹 東京五輪出場選手:町田浩樹、上田綺世 2021.07.24 16:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly