J1通算289試合出場、名古屋のJ1初優勝に貢献したDF増川隆洋が現役引退「ケジメを付けさせていただきます」

2021.02.17 15:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
京都サンガF.C.は17日、DF増川隆洋(41)の現役引退を発表した。増川は兵庫県出身で、琴丘高校から大阪商業大学へと進学すると、2002年にアビスパ福岡へ練習生として入団。2003年に正式契約を結んだ。高校時代の同級生には元日本代表FW播戸竜二氏がいた。


2005年には名古屋グランパスへと完全移籍。長身を生かした守備で主力としてプレー。2010年には、DF田中マルクス闘莉王とセンターバックコンビを形成し、チームのJ1リーグ初優勝に貢献し、ベストイレブンにも選ばれていた。

その後、2014年にヴィッセル神戸へ、2016年に北海道コンサドーレ札幌、2018年に京都へと移籍。2019年限りで京都を退団し、所属先を探していた。

J1通算289試合11得点、J2通算110試合6得点、リーグカップ通算47試合2得点、天皇杯通算25試合5得点を記録。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも19試合に出場していた。

増川はクラブを通じてコメント。ケジメを付けると下。

「本日、私、増川隆洋は現役引退を発表させていただきます。昨年無所属になった後も現役続行の道を熟考しましたが、この場を借りてケジメを付けさせていただきます」

「些細なきっかけで始めたサッカーが、夢を育て、日々の活力となり、そして責任感を与えてくれました。プロになれるチャンスを与えてくれたアビスパ福岡をはじめ、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸、北海道コンサドーレ札幌、京都サンガF.C.の5クラブで17年間もプレーさせていただきました。どのクラブでも多くの方のサポートのおかげで充実した現役生活を送ることが出来ました」

「幼い時から私を支えてくれた友人や指導者の方々、各クラブでお世話になったクラブ関係者の皆様、監督、コーチ、チームメイト、スポンサー企業の方々、ファン、サポーターの皆様、私に関わってくれた全ての方々に感謝します。また、このような引退発表の場を与えてくださった京都サンガF.C.さまのご厚意に御礼申し上げます」

「そして最後に…どんな時もそばにいてくれた父、母、兄、妻、子どもたち、本当にありがとう」
関連ニュース
thumb

鹿児島がいわきFC退団のブラジル人DFを獲得! かつて相模原や東京Vでもプレー

鹿児島ユナイテッドFCは5日、ブラジル人DFウェズレイ・ロドリゲス(29)の新加入を発表した。背番号は「3」を着用する。 ウェズレイ・ロドリゲスは過去に母国ブラジルだけでなく、SC相模原や東京ヴェルディでプレー。2019年からいわきFCに加入して、昨季は日本フットボールリーグ(JFL)10試合1得点を記録したが、昨年末に契約満了で退団した。 鹿児島入りのウェズレイ・ロドリゲスはクラブを通じて意気込みを語っている。 「まず鹿児島ユナイテッドFCの選手になれたことを神様に感謝します。そして選手のみんなと力を合わせてJ2昇格の為にシーズンの最初から最後まで戦い抜く事を誓います。鹿児島にとっての栄光の一年に神の祝福がありますように」 2021.03.05 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮が早稲田大学DF鈴木俊也の2023シーズン加入内定を発表、今季は特別指定に「精一杯尽くしたい」

大宮アルディージャは4日、早稲田大学のDF鈴木俊也(20)が2023シーズンに加入する事が内定したことを発表した。 鈴木は静岡県出身で、FC東京U-15深川で育ち、早稲田実業高校へと進学。そのまま早稲田大学へと進学した。 左利きのセンターバックである鈴木は、フィードも得意としている。現在大学2年である鈴木は、2021シーズンの特別指定選手にも承認。第2節のヴァンフォーレ甲府戦から出場可能となっている。 鈴木はクラブを通じてコメントしている。 「大宮アルディージャを愛するすべての皆さま、はじめまして。早稲田大学ア式蹴球部の鈴木俊也です。この度、2023シーズンより大宮アルディージャに加入することが内定致しました。2021シーズンは特別指定選手として、大学の活動との両立を目指します」 「自分の武器である左足からのフィードやパスを最大限発揮するだけでなく、与えていただいた機会を通じて期待値以上の成長を果たし、大宮のJ2優勝、そしてJ1昇格のために精一杯尽くしたいと思います。よろしくお願いいたします!」 2021.03.04 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

今治が早稲田大学のFW梁賢柱の入団を発表、神戸、大宮の下部組織出身

FC今治は3日、早稲田大学のFW梁賢柱(リャン・ヒョンジュ/22)の入団を発表した。背番号は「16」をつける。 梁賢柱は埼玉県出身で、ヴィッセル神戸U-12、大宮アルディージャU-15を経て、東京朝鮮中高級学校へと進学。その後、早稲田大学へと進学した。 2020年の関東大学サッカーリーグ1部では、5得点を記録していた。 梁賢柱はクラブを通じてコメントしている。 「この度、FC今治に加入することになりました早稲田大学の梁賢柱(リャン・ヒョンジュ)です」 「コロナ禍という難しい状況の中で、「サッカーができる環境」を作ってくださり、加入に携わっていただいた多くの関係者の皆様、ありがとうございました」 「またこれまで指導してくださった監督、コーチ、常に私を応援してくれた両親や仲間達に感謝します」 「私はFC今治に加入するまで、3つのJクラブに練習参加させていただきました。心に刻まれたのは、プロの選手は『何かを持っている』ということです。その『何か』とは高い技術力だけではなく、深い感受性があることです。 練習生の立場、その時間で、プロ選手たちの中でも埋もれず、自分を信じ、発揮しようと強く取り組んだ結果、FC今治という素晴らしいクラブに加入することができました」 「プロキャリアをFC今治でスタートできるこの喜びと練習生期間に感じたプロの世界で生き抜くための覚悟は、忘れません」 「そして、この今治という自然豊な町で戦える事に感謝し、「サッカーを通じた元気」を体現する中で、活気溢れる地域作りに貢献していきたいです」 「最後に自分のストロングである「ゴールを奪う姿勢」「明るい性格」で、"FC今治と言えばリャンヒョンジュ"と言われるように頑張ります。 応援よろしくお願いします」 2021.03.03 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「ヴェルディ愛してる」東京VのFW河野広貴が南葛SCへ完全移籍

東京ヴェルディは1日、FW河野広貴(30)が南葛SCへと完全移籍することを発表した。 河野は東京Vの下部組織出身。2007年に2種登録されると、2008年にトップチーム昇格を果たした。 東京Vでは3シーズンプレーすると、2012年にFC東京へと移籍。2017年の途中にはサガン鳥栖へ移籍すると、2019年に東京Vへと復帰していた。 J1通算128試合15得点、J2通算116試合19得点、リーグカップ通算32試合2得点を記録していた。 また、世代別の日本代表を経験。また、2009年のアジアカップ予選には日本代表として予備登録されていた。 河野はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンから南葛SCでプレーすることが決まりました。僕を育ててくれたヴェルディには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。どこに行ってもヴェルディの河野と言われたし、たぶんこれから先もずっとそう呼ばれます」 「サポーターの皆さん、いろいろありましたね(笑)。初めて移籍する時は本当に辛かった。でも、どんな時もヴェルディのために選択してきたつもりです」 「戻った時におかえりと言ってくれて、ありがとうございました。力になれなかった事、J1に連れて行けなかった事、本当に申し訳ありません」 「もうヴェルディのユニフォームを着てサッカーができないのが本当に寂しいけど、ずっと応援しています。どんな時も優しく、熱い応援をありがとうございました」 「ヴェルディ愛してる」 2021.03.01 18:23 Mon
twitterfacebook
thumb

山形のMF廣岡睦樹が北信越1部の福井ユナイテッドFCへ期限付き移籍「自分の更なる成長のため」

モンテディオ山形は1日、MF廣岡睦樹(19)が北信越フットボールリーグ1部の福井ユナイテッドFCへ期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は、2021年12月31日までとなっている。 廣岡は京都府出身で、JFAアカデミー福島に所属。2020年に山形へ入団した。なお、公式戦の出場はなかった。 武者修行に出る廣岡はクラブを通じてコメントしている。 「モンテディオ山形に関わる全て方々、ファン、サポーターの皆様、シーズン途中にこのような報告になってしまい申し訳ありません」 「自分自身、去年のシーズンは非常に悔しい思いをしました。そして、自分の更なる成長のため、チームを移ることに決めました」 「モンテディオ山形というチームの力として活躍できる選手になるため、福井の地でも頑張ります。必ず成長して返ってきます!1年間ありがとうございました!」 2021.03.01 16:03 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly