中島翔哉が決勝ゴールをお膳立てしたデビュー戦、チームメイトが衝撃の弾丸ミドル!《ガルフ・リーグ》

2021.02.16 12:53 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
アル・アインに所属するMF中島翔哉がデビュー戦で勝利に貢献した。アル・アインは13日、アラビアン・ガルフ・リーグ第16節でシャールジャFCと対戦した。


この試合でDF塩谷司は先発フル出場。今冬にポルトからレンタル移籍で加入したMF中島翔哉がベンチ入りし、61分にデビューを果たした。

試合は10分にボックス手前中央から元鹿島アントラーズのFWカイオがミドルシュート。これが右隅に決まり、シャールジャFCが先制する。

アル・アインは前半アディショナルタイムに、CKからのクリアボールをヤヒア・ネーダーが衝撃的なミドルシュート。弾丸シュートが左ポストを叩いて決まり、同点に追いつく。

その後61分に中島が出場すると、72分ボックス内でこぼれ球をシュート。強烈なシュートはGKが弾くも、こぼれ球をコジョ・フォ=ドー・ラバが押し込み、アル・アインが逆転に成功。そのまま逃げ切り、1-2で勝利を収めた。

シャールジャFC 1-2 アル・アイン

1-0 10分:カイオ(シャールジャFC)
1-1 47分:ヤヒア・ネーダー(アル・アイン)
1-2 72分:コジョ・フォ=ドー・ラバ(アル・アイン)
関連ニュース
thumb

フランクフルトがMF長谷部誠との契約延長を正式発表!

フランクフルトが元日本代表MF長谷部誠(37)との契約延長合意を正式発表した。新たな契約は2022年までとなっている。 2014年7月にニュルンベルクからフランクフルトに加入した長谷部は、在籍7年目で公式戦228試合の出場数を誇り、2017-18シーズンのDFBポカール優勝に貢献している。 昨年5月に契約を延長した長谷部とフランクフルトの契約は、今シーズン終了までとなっており、昨年12月にはアディ・ヒュッター監督が「マコトは37歳になり、彼のサッカー選手としてのキャリアはほぼ確実に夏には終わるだろう」とコメント。引退が近いと語っており、話題を呼んでいた。 しかし、フランクフルトは今季もキャプテンとしてブンデスリーガ20試合でプレーし、高いパフォーマンスを見せている長谷部に対して契約延長を打診。クラブは8日に去就に関する憶測に終止符を打った。 長谷部は2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルク入りを果たして以降、ニュルンベルク時代を含めて13年間にわたってドイツでプレーしている。 来季でドイツに活躍の場を移して15年目の長谷部。自らのインスタグラム(makoto_hasebe_official)を通じても契約延長合意を明らかにするとともに、想いを綴っている。 「チームと2022年6月30日までの契約延長に合意し、本日サインをしてきました」 「クラブやサポーターからの信頼を強く感じ、とても幸せに感じています。プロサッカー選手としてのこの時を大切に、一瞬一瞬を噛み締めながら引き続き頑張ります!」 2021.03.09 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「寿司の国」解説者の発言が炎上し降板、ハノーファーDF室屋成が人種差別騒動に巻き込まれる

ハノーファーに所属する日本代表DF室屋成が思わぬトラブルに巻き込まれることとなってしまった。ドイツ『ビルト』が伝えた。 FC東京からハノーファーへと今シーズン移籍した室屋。ここまでドイツ2部で右サイドを主戦場に23試合に出場し2アシストを記録。DFBポカールでも2試合に出場していた。 その室屋はレギュラーポジションを獲得しているが、6日に行われたブンデスリーガ2部第24節のエルツゲビルゲ・アウエ戦で思わぬ騒動に巻き込まれた。 この試合も右サイドバックでフル出場を果たした室屋。試合は1-1の引き分けに終わったが、試合中に決定機を逸していた。 そのこと自体が大きな問題にはならなかったが、この試合をレポートしていたドイツ『スカイ』のヨルグ・ダールマン氏(62)の発言が物議を醸した。 ダールマン氏は室屋の決定機逸に対し、「それはハノーファーでの初ゴールになっていただろう。彼は最後のゴールを寿司の国で挙げていた」とコメントしていた。 問題となったのは日本のことを「寿司の国」と発言したこと。この発言がSNS上で問題となり「人種差別は耐えられない」、「嫌なやつ」、「スカイ、あなたたちは動かなければいけない」などと、人種差別に当たる発言だとして大きな反発を受けていた。 この反応を受けたダールマン氏はインスタグラムで反撃。「日本を寿司の国と呼んだら、それは本当に人種差別なのだろうか?真面目に捉えていないよな?」と投稿。しかし、この反応がより多くの反感を買うこととなってしまった。 ハノーファーはこの発言に対し「ヨルグ・ダールマンが人種差別的な態度をとっていると仮定するのはバカげた話だ」とし、問題視していないと発表していた。 クラブは問題視していなかったが、中継を担当する局としてはやはり無視することはできないファンの反発。ダールマン氏はシーズン終了後に降板することが決定してしまった。 2021.03.08 20:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘンク伊東純也がスピード生かした裏抜けから今季8ゴール目! チームも2連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

ヘンクの日本代表MF伊東純也がゴールをマークした。 ジュピラー・プロ・リーグ3位のヘンクは7日に行われた第29節で16位のセルクル・ブルージュとホームで対戦。伊東は左ウィングでフル出場した。 前節に3連敗を止め、連勝を目指すヘンクは9分にオヌアチュがゴール。幸先良く先取すると、今年1月下旬を最後にゴールから遠ざかる伊東も続く。 25分、敵陣センターサークル付近で前を向いたヘイネンが相手最終ラインの背後に浮き球パス。抜け出した伊東がボックス右から右足シュートを決めた。 前半のうちに追加点も手にしたヘンクは前半終盤に相手に退場者が出たこともあり、優勢に試合を進めて2-0で勝利。2連勝を達成した。 なお、伊東はこの試合の得点で今季リーグ戦8ゴール目。実に6試合ぶりの得点となっている。 ヘンク 2-0 セルクル・ブルージュ 【ヘンク】 オヌアチュ(前9) 伊東純也(前25) 2021.03.08 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田がクローザーとして投入されるもラストプレー被弾でカリアリにドロー《セリエA》

サンプドリアは7日、セリエA第26節でカリアリをホームに迎え、2-2で引き分けた。 前節ジェノヴァ・ダービーを引き分けに持ち込んだ10位サンプドリア(勝ち点31)は、吉田が2試合連続ベンチスタートとなった。 2連勝で残留圏内に浮上した17位カリアリ(勝ち点21)に対し、終盤まで1点のリードを許していたサンプドリア。それでも78分にベレシュインスキ、2分後にガッビアディーニが立て続けにゴールを挙げ、逆転に成功する。 そのサンプドリアは88分、逃げ切りを図るべく吉田を5バックの中央に投入。守備重視の布陣でクローズにかかったが、ラストプレーの追加タイム6分に同点とされる。 ルーズボールをボックス手前中央のナインゴランに強烈なミドルシュートでネットを揺らされた。直後にタイムアップとなり、サンプドリアは勝ち点2を失っている。 2021.03.08 04:21 Mon
twitterfacebook
thumb

奥川が移籍後初先発、堂安が初のベンチスタートとなった新生ビーレフェルト、遠藤渓太途中出場ウニオンにドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第24節、ビーレフェルトvsウニオン・ベルリンが7日に行われ、1-1で引き分けた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場、MF堂安律は65分から出場、遠藤渓太は62分から途中出場している。 前節ドルトムントに完敗した16位ビーレフェルト(勝ち点18)は、ノイハウス前監督を解任。降格圏のマインツに暫定ながら勝ち点で並ばれた中、クラマー新監督の初陣で堂安が移籍後初めてベンチスタートとなり、奥川が移籍後初スタメンとなった。 一方、前節ホッフェンハイム戦を引き分けた7位ウニオン・ベルリン(勝ち点34)は、遠藤が引き続きベンチスタートとなった。 奥川が中盤ダイヤモンド型[4-4-2]の左MFでスタートしたビーレフェルトは、13分に決定機。ボックス右でラストパスを受けたコルドバがGK強襲のシュートを浴びせた。 その後もショートカウンターを中心にウニオンゴールに迫るシーンを作ったビーレフェルトがウニオンにポゼッションを譲りつつ時間を進め、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、51分にビーレフェルトはピンチ。奥川がトリメルに振り切られ、バルターのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKオルテガが好守で凌いだ。 その後、62分に遠藤がフラットな[4-4-2]の左サイドに投入された中、65分には堂安も投入される。堂安は右サイドに入った。 すると74分、遠藤に決定機。奥川のボールロストからショートカウンターに転じ、ボックス左でスルーパスを引き出した遠藤がシュートに持ち込んだが、わずかに枠の右に外れた。 さらに81分にも遠藤に決定機が訪れたが、ボックス右深くからマイナスに折り返されたクロスにダイレクトで合わせたシュートはGKオルテガの好守に阻まれてしまう。 終盤にかけてはオープンな展開となった中、ゴールレスのままタイムアップ。監督交代を行ったビーレフェルトが勝ち点1をもぎ取り、16位を死守している。 2021.03.08 04:09 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly