「ヒールで上手くパスした」フランクフルトSDが鎌田大地のリーグ戦7アシスト目を称賛

2021.02.15 20:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるブルーノ・ヒュブナー氏がケルン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。フランクフルトは14日、ブンデスリーガ第21節でケルンと対戦。[3-4-2-1]で臨んだフランクフルトはMF鎌田大地が2シャドーの一角で、MF長谷部誠がボランチでスタートした中、押し込む展開で試合を進める。


前半はゴールレスに終わったが、57分に均衡を破った。エリク・ドゥルムのミドルシュートを鎌田がヒールで流し、アンドレ・シウバがGKとの一対一を制して先制すると、79分にはエヴァン・エンディカのゴールで2-0とし勝利を収めた。

1点目に関して、鎌田のアシストは意図したプレーではなかったようにも見えたが、ヒュブナー氏は「ダイチがヒールで上手くパスした。1-0になったことでドアが開いた」と鎌田のリーグ7アシスト目を称賛している。

フランクフルトは4連勝を達成し、チャンピオンズリーグ出場圏内の3位をキープしている。

◆鎌田のリーグ7アシスト目(1:20~)

関連ニュース
thumb

ユナイテッド関心のアンドレ・シウバ「モチベーションにつながる」

フランクフルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(25)が、噂のあるマンチェスター・ユナイテッドからの関心に言及している。 2019年夏にミランからレンタル移籍で加入し、今シーズンから完全移籍へ移行しているアンドレ・シウバ。ミランでは公式戦41試合で10ゴールと燻っていたが、昨季のコロナ明けから得点感覚を取り戻すと、今季はここまでリーグ戦21試合の出場で19ゴールをマーク。現在はケガで欠場したバイエルン戦を除いて5試合連続ゴール中だ。 この活躍には当然ビッグクラブからの目が注がれるようになり、最近ではユナイテッドが今夏に獲得に動くとの噂があがっていた。 ポルトガル『O Jogo』のインタビューに応じたアンドレ・シウバは、ただの噂だと否定しながらも、モチベーションにつながる一種の材料になると、喜びを露わにしている。 「噂は聞いたよ。でも噂は噂だ」 「シーズンの終わりには、仕事へのモチベーションを高めてくれるものになっているはずさ。それは自分が成し遂げてきたことが実を結び、良い道のりを歩んできた証なんだ」 2021.03.02 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがリーグ戦12試合ぶりの敗戦、指揮官は悔しさ滲ませる「非常につらい」

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督がブレーメン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 フランクフルトは27日、ブンデスリーガ第23節でブレーメンと対戦。9分にFWアンドレ・シウバのゴールで早々に先制したフランクフルトだが、後半に2失点を喫して、1-2で逆転負けした。 ブレーメンのFW大迫勇也がベンチで戦況を見守るゲームで、MF長谷部誠や鎌田大地を先発起用したものの、リーグ戦12試合ぶりの敗北を喫したヒュッター監督は試合後、悔しさを滲ませた。 「この敗戦は非常に悔しく、つらいものだ。我々は十分な解決策を持っていなかったし、先週までの試合のレベルに達していなかった」 「明るいアイデアに欠けていたし、期待していたようにチャレンジすることができなかった」 また、次節のシュツットガルト戦については「この敗戦のリアクションを見せられれば良いと思う」とコメント。チームの奮起に期待した。 「選手たちは自分たちらしさを見せてくれるだろう。彼らはシュツットガルト戦で、この試合とは違ったパフォーマンスを発揮できるメンタリティを持っている」 2021.02.27 11:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ブレーメンが好調フランクフルトに逆転勝利!長谷部、鎌田は先発も大迫欠場で日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第23節のブレーメンvsフランクフルトが26日に行われ、2-1でブレーメンが勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也はベンチ入りも出場せず、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、鎌田大地は65分までプレーした。 リーグ戦3試合勝利のない12位ブレーメン(勝ち点23)が、5連勝中の4位フランクフルト(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。 前節ホッフェンハイムに0-4の大敗を喫したブレーメンは、その試合から先発を2人変更。大迫は7試合連続のベンチスタートとなった。 一方、前節首位バイエルンとの上位対決を制したフランクフルトは、その試合から先発を3人変更。ヨビッチやA・トゥーレ、エンディカに代えてアンドレ・シウバ、ソウ、ドゥルムが先発に名を連ねた。 鎌田を2シャドーの一角、長谷部を3バックの真ん中に配置した[3-4-2-1]で臨んだ好調フランクフルトは、早い時間に先制する。9分、ショートコーナーを受けたコスティッチの左クロスをアンドレ・シウバがヘディングで叩き込んだ。 先制を許したブレーメンは26分、ペナルティアーク手前で獲得したFKからチャンスを迎えたが、ラシツァの直接FKはGKトラップのセーブに弾かれた。さらに28分には、シュミットのスルーパスに抜け出したラシツァがボックス左からシュート。GKトラップが弾いたボールをサージェントが押し込んだが、スルーパスを受けた段階でラシツァがオフサイドと判定され、ノーゴールに。 猛攻を仕掛けるブレーメンは、34分にもボックス右から侵入したラシツァがゴールに迫ったが、シュートはクロスバーに阻まれて前半のうちに追いつくことはできなかった。 それでも、後半に入って攻勢を見せるブレーメンは47分、バイタルエリア手前のラシツァがボックス右のスペースへ斜めのパスを入れると、走り込んだゲブレ・セラシェがボックス右からシュートを流し込み、開始早々に同点に追いつく。 同点弾で勢いづくブレーメンは、62分にもM・エッゲシュタインのパスでボックス右に抜け出したサージェントがゴール左隅にシュートを流し込み、逆転に成功した。 立て続けに失点を許したフランクフルトは、65分に鎌田、ローデ、ドゥルムを下げてヨビッチ、フルスティッチ、バルコクを投入する3枚替えを敢行。しかし、再びチャンスを迎えたのはホームチームだった。 69分、ラシツァの浮き球パスで抜け出したサージェントがボックス右から折り返すと、これを中央のシュミットが流し込んだが、VARの末にサージェントがオフサイド判定となり、ゴールは取り消された。 VARに救われたフランクフルトは76分、左サイドを持ち上がったコスティッチの横パスをペナルティアーク左で受けたアンドレ・シウバがトラップでボックス内まで侵入し左足を振り抜いた。しかし、このシュートはGKパブレンカの好セーブに阻まれた。 試合終盤にかけてもフランクフルトは猛攻を仕掛けたが、焦り過ぎて空回り。最後まで失点を許さなかったブレーメンが1点を守り切り、4試合ぶりの勝利を飾った。一方、6連勝を逃したフランクフルトは今季3敗目となった。 2021.02.27 06:37 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第23節プレビュー】金曜に大迫vs鎌田&長谷部の日本人対決

前節はフランクフルトとバイエルンの上位対決が行われ、MF鎌田の1ゴール1アシストの活躍で好調フランクフルトがバイエルンを撃破した。この結果、首位バイエルンと2位ライプツィヒの勝ち点差は2に縮まっている。迎える第23節、金曜にFW大迫ブレーメンvsMF鎌田&長谷部フランクフルトの日本人対決が行われる。 ブレーメンは前節、ホッフェンハイムに0-4と惨敗。大迫は3点ビハインドの後半11分からトップ下の位置で出場したものの見せ場は作れなかった。3戦未勝利で12位に後退した中、大迫に先発の機会は訪れるか。 一方、得点源のFWアンドレ・シウバを欠いたものの、MFユネスが躍動してバイエルンを撃破した絶好調の4位フランクフルト(勝ち点42)。ここ9戦で8勝と勢いが止まらないが、チーム共々好調を維持する鎌田と長谷部は大迫との日本人対決でも輝きを放つか。 主力不在が響き、フランクフルトに敗れたバイエルン。ライプツィヒに2ポイント差とされプレッシャーがかかり始めているが、火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではラツィオ相手に敵地で4-1と圧勝して悪い流れを断ち切った。そのバイエルンは14位ケルン(勝ち点21)とのホーム戦に臨むが、ここはきっちりと勝利し、リーグ戦3試合ぶりの白星としたい。 MFザビッツァーのスーパーミドル弾などでヘルタ・ベルリンに3-0と快勝した2位ライプツィヒ(勝ち点47)は、8位ボルシアMG(勝ち点33)とのホーム戦に臨む。CLリバプール戦の敗戦を引きずらずに快勝としたライプツィヒだが、水曜に行われたマンチェスター・シティとのCLで0-2と完敗したボルシアMGを下してバイエルンを追走できるか。 MF奥川がブンデスデビューを飾った16位ビーレフェルト(勝ち点18)は、6位ドルトムント(勝ち点36)とのアウェイ戦に臨む。ビーレフェルトは前節、ヴォルフスブルクに0-3と完敗した。負傷が心配された堂安は先発、その堂安に代わって60分から奥川が投入され、セットプレーのキッカーを任された他、枠内シュートを1本放ったが、チームは力負けとなってしまった。今節も格上ドルトムントとの試合となるだけに劣勢が予想されるが、日本人2人は存在感を示せるか。 対するドルトムントは前節、シャルケとのレヴィア・ダービーをFWハーランドの2発などで4-0と完勝。CLセビージャ戦の勝利をリーグにも持ち込んだ中、格下ビーレフェルトには必勝としたい。 得意のアウェイ戦でケルンを1-0と下した10位シュツットガルト(勝ち点29)は、最下位シャルケ(勝ち点9)とのホーム戦に臨む。ドルトムントに粉砕され、守護神のフェールマンが新たに故障者リスト入りするなど野戦病院化が止まらないシャルケ相手に苦手のホーム戦で今季2勝目を挙げられるか。 最後に前節フライブルク戦で後半31分から出場したMF遠藤渓太の7位ウニオン・ベルリン(勝ち点33)は、11位ホッフェンハイム(勝ち点26)とのホーム戦に臨む。フライブルク戦では1点をリードしていた中、左サイドに入ってチームの逃げ切り勝利に貢献した遠藤。ホッフェンハイム戦でも限られた出場時間の中でチームの勝利に貢献するプレーを期待したい。 ◆ブンデスリーガ第23節 ▽2/26(金) 《28:30》 ブレーメンvsフランクフルト ▽2/27(土) 《23:30》 ヴォルフスブルクvsヘルタ・ベルリン ドルトムントvsビーレフェルト シュツットガルトvsシャルケ バイエルンvsケルン 《26:30》 ライプツィヒvsボルシアMG ▽2/28(日) 《21:30》 ウニオン・ベルリンvsホッフェンハイム 《23:30》 マインツvsアウグスブルク 《26:00》 レバークーゼンvsフライブルク 2021.02.26 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンも下したフランクフルト指揮官「今日の勝利は我々のエネルギーやパワー、自信に」

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督が喜びの心境を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 20日に行われたブンデスリーガ第22節でバイエルンをホームに迎え撃ったフランクフルトは12分にMF鎌田大地のゴールで先制すると、続く31分にMFアミン・ユネスが追加点。後半にFWロベルト・レヴァンドフスキの一発を浴びたが、それ以上の反撃を許さず、2-1で勝利した。 首位を破り、リーグ5連勝を達成したフランクフルト。昨年12月中旬からリーグ11戦無敗を続けるアディ・ヒュッター監督は試合を振り返り、満足感を示した。 「全く異なる2つのハーフがあった。我々はハーフタイム明けからより守備的になり、高い位置でプレスをかけられなくなってしまったよ。バイエルンがいかに一流のチームなのかを実感させられた」 「勝てはしたが、少々の運も味方したね。これでバイエルンと7ポイント差。22試合を戦って、2敗しかしていないのは素晴らしいことだ。ワールドクラスのチームを倒せて満足だよ」 「我々はここ11試合で33ポイントのうち、29ポイントを手にした。この流れのままいきたいね。今日の勝利は我々にエネルギーやパワー、そして自信をもたらしてくれるはずだ」 2021.02.21 13:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly