新型コロナ感染でCB受難のナポリ、今度はDFマノラスが右足首負傷

2021.02.07 21:22 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのギリシャ代表DFコスタス・マノラスが負傷離脱することとなった。マノラスは、6日に行われたセリエA第21節のジェノア戦に先発出場。しかし、69分に負傷しアミル・ラフマニと交代していた。

クラブの発表によると、マノラスは右足首を打撲したとのこと。全治に関しては明かされていない。

ナポリは、アルジェリア代表DFファウジ・グラム、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリと相次いで新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しており、CBが不足している状況となっている。

10日にはコッパ・イタリア準決勝2ndレグでアタランタと、13日にはユベントスとのリーグ戦が控えている状況。マノラスは詳しい検査を受けるようだが、離脱となればかなり苦しい状況に立たされることとなる。

今シーズンのマノラスは、セリエAで19試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

ナポリ指揮官、セリエA連勝も満足せず 「我々は最後まで守れるチームではない」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が改善の必要性を語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ナポリは17日に行われたセリエA第第22節でボローニャと対戦した。前節3試合ぶりの勝利を挙げたチームは、20分にFWイルビング・ロサーノのゴールで先制に成功。後半にもロサーノに得点が生まれてリードを広げると、最後まで失点を許さず、2-0で勝利した。 セリエAで連勝を飾ったナポリはリーグ3位をキープ。今節に首位インテルと2位ミランが白星を逃したことで、差を詰めることに成功している。 試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督は試合内容について改善の余地があると強調。リードを守るのではなく、より広げるための意識が必要だと語った。 「我々は敵地で勝ち点を取りこぼしており、それを取り戻すのが難しくなっている。我々はトップ4でフィニッシュしなければならない。そのためのクオリティはあるはずだが、自分たちのプレーを失ったり、何かを疑ったりすれば問題が生まれるだろう。もっとうまくスペースを利用できたはずだが、相手のプレスのせいで苦労することになった」 「進むべき道を理解したときのチームにはしっかり特徴を示せるし、それなりの説得力もある。しかし、ある瞬間にはこれを失い、あまりに軟弱な姿も見せてしまっているね。我々は自分たちが着るシャツのため、そして我々を愛し応援してくれる人たちを幸せにするためプレーする義務がある」 「自分の仕事をきちんとこなしてファンを喜ばせなければ、我々は普通の人間だ。うまくいかなければ、腹も立つだろう。我々は最後まで守れるチームではない。ボールを動かして、アクションを再編成する必要がある。最後まで守ることは、我々のスタイルではない」 2022.01.18 11:26 Tue
twitterfacebook
thumb

ロサーノのドッピエッタでナポリがリーグ連勝! オシムヘンも復帰でコッパ敗退ショックを払しょく《セリエA》

セリエA第22節、ボローニャvsナポリが17日にスタディオ・レナート・ダッラーラで行われ、アウェイのナポリが0-2で勝利した。 現在、首位と6ポイント差の3位に位置するナポリは、前節サンプドリアに競り勝ってリーグ戦3試合ぶりの白星を手にした。しかし、4日前に行われたコッパ・イタリアでは2人の退場者が響き、延長戦の末にフィオレンティーナに2-5で大敗。その敗戦からのバウンスバックを図るチームは先発6人を変更。ロサーノやファビアン・ルイス、ジエリンスキらが復帰。また、負傷明けのオシムヘンがベンチに入った。 互いに集中した入りを見せた中、最初の決定機はアウェイのナポリに訪れる。6分、中央のファビアン・ルイスからの浮き球のパスに右サイドから斜めのランニングでゴール前に抜け出したロサーノが胸トラップから左足のシュートを放つが、これはGKスコルプスキのファインセーブに遭う。 この試合最初の決定機を逃したナポリだが、以降も優勢に試合を進めていくと、ロサーノが自身2度目の決定機を今度はきっちりモノにしてみせる。20分、ジエリンスキの浮き球のパスを左サイド深くで受けたエルマスが対面のDFを抜き切らず、意表を突くタイミングでグラウンダーのクロスを供給。これをニアに走り込んできたロサーノが左足ダイレクトで合わすと、ゴール左下隅の完璧なコースに決まった。 良い時間帯に先制に成功したナポリは、ここからボールを握りながらゲームをコントロール。前半終盤にかけてはしばらくホームチームの攻撃を受ける形が続いたが、GKメレトを中心にアルナウトビッチらのフィニッシュを危なげなく凌ぎ切る。前半終了間際の45分にはファビアン・ルイスがペナルティアーク付近から強烈な左足のミドルシュートで2点目に迫るが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 1点リードで試合を折り返したナポリだが、後半開始早々にゴールをこじ開ける。47分、自陣から流れるようなパスワークをみせ、左サイドのスペースに走り込むファビアン・ルイスへミドルパスが繋がる。ボックス付近まで持ち運んだファビアン・ルイスが丁寧に折り返すと、ゴール前で反応したロサーノが巧みなファーストタッチでGKを外し、余裕を持って右足のシュートを流し込んだ。 ロサーノのドッピエッタの活躍で一気にラクな展開となったナポリは、失点直後に3枚替えを敢行するなど、リスクを冒した交代策を行ったホームチームの攻撃を受け止めつつ、カウンターから3点目を狙う戦い方にシフトする。 71分には殊勲のロサーノとメルテンスを下げて約2カ月ぶりの戦列復帰となるオシムヘンをポリターノと共にピッチへ送り出した。その後、さらにメンバーを入れ替えて試合を締めに入る中、87分にはオシムヘンに見せ場。スルーパスに抜け出したオシムヘンは相手DFを振り切ってボックス内でシュートチャンスを得るが、右足のシュートはわずかに枠の右へ外れて復帰戦を祝うゴールとはならず。 それでも、最後まで集中したパフォーマンスでボローニャの反撃を凌ぎ切ったナポリが、コッパ敗退を払しょくするリーグ2連勝を飾った。 2022.01.18 04:31 Tue
twitterfacebook
thumb

カップ戦敗退のナポリ…スパレッティ監督は落胆 「我々はすべきことをしなかった」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が、カップ戦敗退を嘆いた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリは13日に行われたコッパ・イタリア5回戦でフィオレンティーナと対戦した。前半に先制点を許すも、直後にFWドリエス・メルテンスのゴールで追いつくと相手に退場者も出る有利な展開に。しかし、後半にも失点を喫すると終盤にはFWイルビング・ロサーノ、MFファビアン・ルイスが立て続けに退場。9人となりながらも試合終了間際にFWアンドレア・ペターニャのゴールで追いついたが、延長戦では数的不利の状況を打開できず失点を重ね、2-5で敗れた。 コッパ・イタリア敗退となった結果について、試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督も落胆。審判の判定には疑問を呈しつつ、敗戦の言い訳にはならないと語った。 「我々はすべきことをせず、数的有利となった際にも試合をコントロールできなかった。その一方で、フィオレンティーナはこの状況にうまく対処したと思う。ラッキーな出来事によって、リードを奪っていた」 「レッドカードの場面は説明するのが難しいので、ここでは触れない。ファビアンのイエローカードとアルフレッド・ダンカンのファールが同じように扱われることについて、私は理解できないがね」 「とはいえ、試合の半分を数的有利な状況で戦えたのに、それをコントロールできなかったのだ。だから、第一に我々の責任となるだろう」 また、スパレッティ監督は過密日程と離脱者の多さに苦慮していると告白。選手の疲労が溜まっていることを嘆いた。 「今日は何も得るものがない。とてもお粗末な内容だった。我々は3日前と同じ選手たちがプレーをしている。10日ぶりに戻ってきた選手もいるが、3日後にまた同じメンバーで戦わなければならない。試合は山積みであり、今はフレッシュな脚がチームにないんだ」 2022.01.14 14:26 Fri
twitterfacebook
thumb

9人ナポリ、土壇場弾で延長戦に持ち込むもヴィオラの前に敗退《コッパ・イタリア》

ナポリは13日、コッパ・イタリア5回戦でフィオレンティーナをホームに迎え、延長戦の末2-5で敗戦した。 準々決勝進出を懸けた一戦。ナポリはペターニャを最前線に、2列目に右からポリターノ、メルテンス、エルマスと並べた。 ヴラホビッチやニコラス・ゴンサレスをスタメンで起用してきたフィオレンティーナに対し、互角の攻防で立ち上がった中、12分にヴラホビッチのミドルシュートでゴールを脅かされたナポリは、続く18分にはCKからミレンコビッチのヘディングシュートがバーに直撃した。 そして41分に押し切られる。サポナーラのパスを受けたボックス左のヴラホビッチにシュートを決められた。 しかし、2分後にすかさず追いつく。ペターニャのパスを受けたボックス左のメルテンスが見事なコントロールシュートをゴール右に流し込んだ。 そして追加タイムにはミレンコビッチのバックパスミスからGKドラゴウスキがゴールに向かって入れ替わられそうになったエルマスを倒して一発退場。ナポリは数的優位となって前半を終えた。 迎えた後半、ナポリがゴールに迫っていたが、58分に失点する。ビラギのFKは壁に当たったものの、ルーズボールを拾ったペナルティアーク右のビラギにコントロールシュートをゴール左隅に流し込まれた。 失点を受けてファビアン・ルイス、ロサーノを投入したナポリだったが、攻めあぐねてしまう。そして84分にはロサーノが、追加タイム3分にはファビアン・ルイスが退場となって万事休すかに思われたが、追加タイム5分にドラマが。 右サイドからのマルキュイのクロスが流れ、ゴール前のペターニャが蹴り込んだ。このまま2-2で90分を終了。ナポリが土壇場弾で延長戦にもつれ込んだ。 しかしその延長戦では数的不利ということもあって押し込まれたナポリは同前半16分に失点する。左サイドからのマレフのクロスをヴェヌッティにボレーで決められた。 そして同後半3分にはピョンテクに移籍後初ゴールを許して万事休す。試合終了間際にはマレフにもゴールを奪われたナポリは2-5で敗退となった。 2022.01.14 04:41 Fri
twitterfacebook
thumb

コロナと顔面骨折で長期離脱していたオシムヘンが復帰へ

ナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンが17日に行われるセリエA第22節ボローニャ戦で復帰するようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 11月に顔面を骨折し、12月には新型コロナウイルスに感染してしまったオシムヘン。11月21日のインテル戦を最後に戦列を離れていたが、復帰が目前となったようだ。 コロナの感染によりアフリカネーションズカップ参加を辞退したオシムヘンは、12日の午前練習よりフルトレーニングを消化。そのオシムヘンは今季、公式戦14試合に出場して9ゴール2アシストを記録していた。 2022.01.13 01:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly