約8カ月ぶりにピッチに立ったケディラ「必要とされることは良い気分」

2021.02.06 21:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンでデビューを果たした元ドイツ代表MFサミ・ケディラが試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

ユベントスで主軸としてプレーし、公式戦では145試合に出場し21ゴール13アシストを記録していたケディラ。しかし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が退任して以降はケガや戦力外となりプレーする機会を与えられていなかった。

そのケディラは、当初否定していた1月での退団に踏み切り、ヘルタ・ベルリンに加入。すると、5日に行われたブンデスリーガ第20節のバイエルン戦に途中出場し、10年6カ月ぶりのブンデスリーガの舞台に立っていた。

王者との対戦を振り返ったケディラは、2020年6月12日のコッパ・イタリアのミラン戦以来約8カ月ぶりのピッチに立ったことを喜んだ。

「カムバックした時間は短かったけど、スタジアムに戻って必要とされることは良い気分だ。とても嬉しい」

ピッチに立てたことを喜んだ一方で、結果には満足していないとコメント。残留争いをしているクラブだが、このまま続ければ勝ち点を取れると語った。

「もちろん、結果には満足していない。僕たちはバイエルンの長所だけでなく、多くの状況での短所もわかっていた」

「相手のゴール前では少し冷静さが足りなかったけど、このようなプレーをし続ければ、今後の数週間で勝ち点を獲得できるだろう」

「チームにはプレッシャーがあるけど、無傷だ。今は一丸となって勝ち点を取らないといけないし、100%そのことにコミットしている」

関連ニュース
thumb

ヘルタがニースFWマオリダを完全移籍で獲得

ヘルタ・ベルリンは31日、ニースからフランス人FWミザンヌ・マオリダ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「11」に決定。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 リヨンの下部組織出身でリヨンでトップチームデビューを飾ったマオリダは、2018年にニースへ完全移籍で加入。左ウイングを主戦場にスピードとテクニックに優れるアタッカーとして公式戦63試合の出場し、5ゴールと7アシストの数字を残していた。 しかし、クラブが今夏の移籍市場において積極補強を敢行した影響もあり、自身初の国外移籍を選択した。なお、ヘルタにはリヨンのアカデミー時代の先輩であるMFリュカ・トゥザールが在籍している。 2021.08.31 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、ヘルタからベルギー代表FWルケバキオをレンタルで獲得

ヴォルフスブルクは30日、ヘルタ・ベルリンからベルギー代表FWドディ・ルケバキオ(23)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 アンデルレヒトの下部組織出身のルケバキオは、DRコンゴにルーツを持ち、昨年11月にベルギー代表デビューを飾った爆発的なスピードを特長とするアタッカー。 これまでアンデルレヒト、シャルルロワ、ワトフォード、デュッセルドルフでプレーしており、とりわけ2018年の夏にレンタル移籍で加入したデュッセルドルフでは、バイエルン戦でハットトリックを達成するなどブンデスリーガ31試合で10ゴールをマークしブレイク。 この活躍が認められ、2019年に加入したヘルタ・ベルリンでは、これまで2シーズンで公式戦67試合で16ゴール13アシストを記録。今季もここまで公式戦全試合に出場しており、ブンデスリーガ第2節のヴォルフスブルク戦でゴールを挙げていた。 ヴォルフスブルクに加入したルケバキオは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「ヴォルフスブルクはドイツの偉大なチームで、昨シーズンはもちろん、最近行われたヘルタとの試合でもそのチームスピリットに感銘を受けた。僕はこのチームで自分の能力を最大限に発揮できると信じている。だから、このクラブに来られたことにとても興奮しているし、プレーするのが待ちきれないよ。チャンピオンズリーグでプレーすることは僕の夢なんだ」 2021.08.30 23:06 Mon
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがハット、5発のバイエルンがヘルタに圧勝《ブンデスリーガ》

バイエルンは28日、ブンデスリーガ第3節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、5-0で圧勝した。 前節ケルンとの打ち合いを制して初勝利としたバイエルンは、負傷明けのコマンがベンチスタートとなった中、2列目には右からニャブリ、ミュラー、ミュージアラと並べた。 2連敗スタートのヘルタに対し、バイエルンは6分にあっさり先制する。ニャブリが高い位置でボールを奪った流れからアルフォンソ・デイビスのラストパスをミュラーがゴールに蹴り込んだ。 その後、ヨベティッチが負傷交代となったヘルタに対し、バイエルンは26分に追加点のチャンス。左CKからゴレツカが決定的なヘディングシュートを放ったが、枠を外してしまった。 それでも34分、ボックス右からニャブリのクロスをレヴァンドフスキがヘッドで合わせるとシュートはバーに直撃。ルーズボールをレヴァンドフスキがヘッドで押し込むと、一度はニャブリのポジションがオフサイドと判定されたものの、VARの末にオンサイドと判定され、ゴールが認められた。 バイエルンが2点をリードして迎えた後半、開始4分に3点目。ミュラーが高い位置でボールを奪った流れからボックス左のミュージアラがネットを揺らした。 そして70分には途中出場のサネのアシストからレヴァンドフスキがこの試合2点目を決めると、84分にはハットトリックを達成。左CKからファーサイドのニアンズのヘッドの折り返しをレヴァンドフスキがヘディングで押し込んだ。 5ゴールを叩き込んだバイエルンが2勝1分けスタートとしている。 2021.08.29 03:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘルタ、アヤックスMFエケレカンプを獲得

ヘルタ・ベルリンは27日、アヤックスのU-21オランダ代表MFユルゲン・エケレカンプ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの4年間となっている。なお、背番号は10に決まっている。 188cmの長身セントラルMFであるエケレカンプは、アヤックスの下部組織出身で2018年4月にトップチームデビュー。これまでアヤックスで公式戦40試合に出場して6ゴール5アシストを記録していた。 世代別の代表ではU-21オランダ代表として5試合に出場し、3ゴールをマークしている。 2021.08.28 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコが新ストライカーを獲得! 東京五輪で5試合3ゴールのブラジル代表マテウス・クーニャ

アトレティコ・マドリーは25日、ヘルタ・ベルリンからU-24ブラジル代表FWマテウス・クーニャ(22)を獲得したことを発表した。契約は2026年までの5年となる。 今夏の移籍市場でウルグアイ代表FWルイス・スアレスのバックアップを担う新ストライカー獲得を優先事項としていたアトレティコ。セビージャ移籍が決定したU-24スペイン代表FWラファ・ミルをはじめ、インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス、フィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチらの獲得に動いていた。 その中で射止めたのが、先の東京五輪で5試合に出場し3ゴールを挙げる活躍を見せたクーニャだ。母国コリチーバの下部組織出身の同選手は2017年にスイスのシオンでヨーロッパでのキャリアをスタート。 その後、2018年にRBライプツィヒに完全移籍したが、在籍1年半でブンデスリーガ35試合2ゴールと思うような結果を残せず。2020年1月にヘルタに活躍の場を移し、昨シーズンは公式戦28試合に出場し、8ゴール7アシストを記録していた。 なお、移籍金はドイツ『スカイ』によると、3000万ユーロ(約38億6000万円)+ボーナスとなっている。 2021.08.25 21:06 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly