「生涯グーナーであることは間違いない」エジル、7年半過ごしたアーセナルへの熱い想いを綴る

2021.01.25 17:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フェネルバフチェへと完全移籍した元ドイツ代表MFメスト・エジルが、古巣のファンに向けてメッセージを送った。

エジルは、2013年9月にレアル・マドリーから当時のクラブ史上最高額となる4200万ポンド(当時のレート:約62億円)で加入した。


卓越した戦術眼とパスセンスで加入直後から絶対的な司令塔として君臨。在籍7年半で公式戦通算254試合44ゴール71アシストを記録し、チームを4度のFAカップ優勝に導いた。

しかし、近年はウナイ・エメリ前監督、ミケル・アルテタ監督の下で構想外となり、今シーズンはプレミアリーグ、ヨーロッパリーグの登録メンバーを外される冷遇を受ける状況に。24日にフェネルバフチェへの加入が発表されていた。

エジルはフェネルバフチェと3年半契約を結んだ中、自身のインスタグラム(m10_official)でメッセージを投稿。アーセナルファンに対しての感謝を綴るとともに、今後もアーセナルを応援し続けるとした。

「7年半、3000日近く。ここ、ロンドンでこんなに長い間過ごした後、このようなメッセージを書くのは奇妙に感じる」

「僕が到着したその瞬間から、家のように感じた。僕はすべてのアーセナルのスタッフ、チームメイト、そして最も重要なことだが、信じられないほどのファンによって歓迎された」

「2013年、アーセン・ヴェンゲルから受けた信頼については、ずっと感謝している。僕はいつでも故郷と呼べる場所であるノースロンドンで大人に成長した。そのことは決して忘れない」

「アーセナルと長い間一緒にいたということは、大きな浮き沈みを経験したことを意味する。250以上の試合、44ゴール、71アシストを記録したけど、ついに別れる時が来てしまった」

「僕たちはともに9年間の無冠を終わらせ、長い間ファンに求められていたトロフィーを持ち帰ることができた」

「このクラブとファンへの愛を言葉にするのは難しい。8年間の感謝の気持ちを手紙で表すことはできない」

「僕はもうクラブのためにプレーすることはないかもしれないけど、クラブがプレーするすべての試合で応援し続ける。生涯グーナーであることは間違いない」

「今シーズンはプレミアリーグのどのチームにとっても厳しいシーズンだからこそ、結果がどうあれ、今のチームとスタッフを全員で応援しなければならない」

「僕にとって、ヘイル・エンド(アーセナルのユースアカデミー)の子供たちが、ファーストチームに昇格するのを見ることは素晴らしいことだ。彼らは僕たちのクラブの未来です。彼らが成功することを願っている」

「エミレーツ(・スタジアム)の周辺で僕の名前が叫ばれるのを聞くと、いつだって鳥肌が立つ。このユニフォームを着て作った思い出は、一生忘れないだろう」

「特にここ数カ月、アーセナルでの僕が過ごした時間について多くのことが書かれている。アーセナルは名誉と品格があるクラブであり、ピッチに立つたびに感じた」

「選手、スタッフ、フロント、監督は行き交うものだ。でも、クラブの価値観やファンは、永遠に残るものだと思う」

「品位や尊敬、尊厳の原則は決して忘れてはいけない。これらの価値観の下で仕事を遂行することを確認するのは、クラブのすべての人間の責任でもある」

「僕が言ったように、この数カ月は簡単ではなかった。サッカー選手であればみんな同じだけど、僕はチームのためにいつだってサッカーをしたいと思っていた。でも、人生では、物事は必ずしも僕たちが期待したり望んでいるように上手くいくとは限らない」

「でも、ネガティブではなく、ポジティブなことを探すことも重要だ。そのために、僕は公開せず、恨みを持つつもりはない」

「アーセナルにいるということは、サッカーを越えて、コミュニティに属していることだった。ピッチ上でサポートしようとしたのと同じぐらい、僕もできる限りロンドンのコミュニティの一員になろうとした」

「ノースロンドンは僕を自分のコミュニティの1人として受け入れてくれた。毎シーズンこのコミュニティに幸せをもたらすためのプロジェクトに着手していた」

「僕はノースロンドンを離れることになるけど、今後も変わることはない。この章はもう終わりかもしれないけど、この素晴らしいクラブと僕のつながりは決してなくなるものではない」

「今の所はお別れかもしれないけど、永遠のお別れではない」

「世界中のアーセナルファンへ。YaGunnersYa」

◆エジル、アーセナルでのプレー集


◆エジルがアーセナルファンにメッセージ


関連ニュース
thumb

「勝利以上に…」アーセナルのアルテタ監督、2015年以来初のトップ3相手のアウェイ勝利に満足

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、レスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは2月28日、プレミアリーグ第26節でレスター・シティとアウェイで対戦した。 プレミアリーグで3位に位置するレスターとの一戦を、ボトムハーフで迎えたアーセナル。すると6分にユーリ・ティーレマンスにゴールを奪われ、早々にリードを許す。 前節の首位マンチェスター・シティ戦での開始早々のゴールが蘇る状況となったが、この日のアーセナルは冷静にプレー。39分にFKからダビド・ルイスが豪快にヘディングで決めて同点とすると、前半終了間際には相手のハンドによりPKを獲得。アレクサンドル・ラカゼットが落ち着いて決めて、前半のうちに逆転に成功する。 後半に入ると、レスターはハーヴェイ・バーンズが早々に負傷交代。すると、アーセナルは直後にカウンターから最後はニコラ・ぺぺが決めて3点目を奪取。その後はしっかりと守りきり、1-3で逆転勝利を収めた。 アルテタ監督はこの試合のパフォーマンスが今季ベストなのではとの質問に「ベストかどうか分からない」とコメント。しかし、チームのパフォーマンスを褒め称えた。 「チームのパフォーマンス、そしてキャラクター、我々が示した落ち着きについては確かに満足している」 「ベンフィカ戦での逆転劇から戻ってきて、とても早い時間にビハインドを負った。最高のチームであるレスターに対して、本当に難しい状況に陥ってしまった」 「我々は試合で本当に良い瞬間を見せ、堅実に戦い、試合を支配し、全体として勝つことに値した」 また、この試合はアーセナルにとって、2015年以来初となるアウェイでのトップ3のチーム相手の勝利となったが、アルテタ監督は結果以上にそのレベルの相手とどう戦うかが重要だと語った。 「私にとってはそれだけではなく、最高のクオリティの相手とどう戦うかが重要だ。常にアーセナルでいようとすることで、自分たちのマインドを落ち着かせることができる」 「誰と対戦するかは関係ない。トップレベルの相手と対戦するには、勇気が必要だ。勝利を誇りに思うが、それ以上に我々が成し遂げた方法を誇りに思う」 2021.03.01 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷交代バーンズも最低1カ月半アウト? レスター故障者多数

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がイングランド代表MFハーヴェイ・バーンズの離脱を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 レスターの育成組織出身で、2018-19シーズンから頭角を表していき、2019-20シーズンからロジャーズ監督の信頼を完全に勝ち取ったバーンズ。今季もトップ4争いを演じるチームの原動力として、抜群の存在感を誇るサイドアタッカーだ。 しかし、1キャップのイングランド代表歴も持つバーンズは2月28日に本拠地で行われたプレミアリーグ第26節のアーセナル戦に先発すると、後半開始早々に左ヒザを負傷。ピッチで治療を受けたが、トルコ代表FWジェンギズ・ウンデルと交代した。 試合もアーセナルに1-3の逆転負けを喫して、公式戦連敗のロジャーズ監督はバーンズの状態について「良い知らせなんてない」と話し始め、1カ月半程度の離脱を示唆している。 「手術が必要に感じる。(復帰までに)最低でも6週間ほどかかるだろう。数週間前に痛めたヒザを悪化させてしまったんだ。我々からすれば、大きな痛手だ。詳細は月曜日にわかってくるだろう」 レスターは現在、DFウェズ・モーガン、DFジェームズ・ジャスティン、DFヴェスレイ・フォファナ、MFジェームズ・マディソン、MFデニス・プラート、FWアジョセ・ペレスが戦線離脱。マンチェスター勢を追う3位に位置しているが、苦しい台所事情のなかでその座を守れるか。 2021.03.01 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルがレスターに敵地で4試合ぶり白星!ダビド・ルイス、ラカゼット、ペペの3発で逆転勝利《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、レスター・シティvsアーセナルが28日に行われ、1-3でアウェイのアーセナルが勝利した。 リーグ戦直近12試合で7勝4分け1敗と好調のレスター。その中にはトッテナムやチェルシー、そしてリバプールを敗った試合もあり、堂々の3位につけている。しかしながら、ヨーロッパリーグ(EL)ではその限りではなく、25日の一戦はスラビア・プラハに0-2で敗れ、ラウンド32で敗退を喫した。 一方のアーセナルは、リーグ戦ではここ4試合で3敗と苦しんでいるが、ヨーロッパリーグでは強豪ベンフィカを下してベスト16へ進出。3連敗中のキングパワー・スタジアムにこの勢いを持ち込みたい。 しかし、試合は早々にレスターが動かす。6分、敵陣右サイドで味方との連係でティーレマンスがボールを奪取。ショートカウンターで開けたサイドからボックス右へ侵入すると、そのまま迷わず右足を振り抜きネットを揺らした。 前節のマンチェスター・シティ戦に続いてキックオフ直後での失点となったアーセナル。徐々にポゼッションを高めてリズムを作る中、12分にボックス右付近でペペがティーレマンスに倒されて笛が吹かれる。主審はペナルティスポットを指したが、VARで確認した結果、わずかにエリアの外。このFKは活かすことはできなかった。 それでも7割の支配率を誇るアーセナルは、27分にジャカの縦パスを受けたウィリアンが惜しいシュートを放つなど攻撃の形を作っていく。すると39分、右サイドのボックス付近で得たFKでウィリアンがクロスを上げると、相手の死角から飛び込んだダビド・ルイスが頭で流し込み同点に追いついた。 良い時間に取り返したアーセナルだが、前半の内に逆転に成功する。アディショナルタイム、ペペがボックス手前右から上げたクロスがエンディディの手に当たりPKを獲得。この正真正銘のPKをラカゼットが決め切り、アウェイチームがリードを得て試合を折り返した。 レスターは後半からケガの疑いのあるトーマスを下げてオルブライトンを投入。直ちに立て直したいところだったが、51分にはバーンズも足を痛めてしまい、ここで2枚目の交代カードを切ることになってしまった。 嫌な雰囲気が漂うレスターを尻目に、アーセナルが追撃に出る。52分、ピッチ中央でボールを奪いカウンターへ移行。右からペペが持ち上がり、ボックス手前で、前半にスミス・ロウの負傷交代でピッチに出ていたウーデゴールに預ける。ウーデゴールはこれをさらに左斜め前へ送ると、最後はウィリアンの折り返しをゴール前に詰めていたペペが押し込んで3点目を決めた。 その後は、より丁寧にパスを回しながら守備に重きを置いたアーセナルに対し、レスターがなかなか攻勢に出られない時間が続く。72分にオルブライトンがシュートを放つが、味方に当たって枠の外へ。 試合を締めにかかるアーセナルは、エルネニーやラカゼットを下げてパルティ、オーバメヤンを投入。オーバメヤンは投入直後の87分にボックスの外からシュートを狙うなど、積極的に決定的なゴールを奪いにいく。 後半アディショナルタイムは7分と長めに取られた中で、レスターはイヘアナチョが立て続けにシュートを放ったが、DFにブロックに遭い万事休す。試合は1-3でアーセナルが逆転勝利を収めた。 2021.02.28 23:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ビッグ6キラーのレスターがアーセナル戦へ R・ペレイラ「一瞬で試合を変えられる選手がいる」

レスター・シティのポルトガル代表DFリカルド・ペレイラが、アーセナル戦に向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 28日にプレミアリーグ第26節でアーセナルと対戦するレスター。リーグ戦では直近12試合で7勝4分け1敗と好調で、その中でトッテナムやチェルシー、そしてリバプールといったビッグクラブ相手にも白星を挙げてきた。 リカルド・ペレイラは、アーセナルも強力な選手が揃ったチームであると警戒しながらも、好調を維持できれば勝利につながると自信をのぞかせた。 「この調子を続けて、これから戦う手強い相手からも勝ち点を得たい。難しい試合になるだろう。でもベストを尽くせば3ポイントに手が届くはずだ」 「素晴らしい試合になると感じている。彼らは良いチームで、良い選手が揃っている。ボールを持つことを好み、一瞬で試合の流れを変えられる選手たちがいる」 「僕たちはその点に注意しなければならない。同時に最高のクオリティを示す必要もある。ホーム戦でもあるから、勝利の重要度はより高いよ」 リカルド・ペレイラはまた、前節のアストン・ビラ戦で本職のサイドバックよりも一列高い位置でプレーしたことにも言及。 「新しいことではないよ!若い頃はよくそこでプレーしていたからね。昔に戻っただけさ」 「後ろでプレーする時はポジションに気を付けながら危険なエリアを守って、何も考えず攻め上がっていた」 「前でプレーする時は少し異なっていて、より自由度が増すんだ。ゴールにも近くなるし、そのチャンスも増えるだろうね」 2021.02.28 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ウィリアン、アーセナル移籍劇を振り返る…「チェルシーに残りたかった」

アーセナルのブラジル代表MFウィリアンが昨夏の移籍劇に言及した。 昨夏にチェルシーからアーセナルに活躍の場を移したウィリアン。2013年からプレーしたチェルシーで公式戦通算339試合63得点62アシストの数字を誇り、2度のプレミアリーグ制覇にも寄与した功労者だが、昨季限りで満了する契約の延長交渉が破談となり、同じくロンドンを拠点とするアーセナル移籍を決断した。 母国ブラジルメディア『UOL』のインタビューに応じたウィリアンはその当時、チェルシー残留を望む自身がいたと明らかにした。 「難しい決断だった。簡単じゃなかったよ。言われるとおり、クラブ間にすごく大きなライバル関係もあるしね。アーセナルのためにチェルシーを去るのは簡単な決断じゃない。よく考え抜いて、熟慮した決断で、妻や代理人と何度も話し合ったぐらいだ」 「アーセナルに行くと決めたのはミケル・アルテタやエドゥとの会話がきっかけだった。僕がアーセナルに加われば、チームにとって本当にクールなプロジェクトになり、僕にとっても良いものになるだろうと説得してくれたんだ」 「僕がチームの重要な選手になれるとね。彼らはアーセナルが再びプレミアリーグで優勝争いを演じられたり、再びチャンピオンズリーグ(CL)の舞台に立てるようになるためにクラブの哲学を変えていきたいと考えていたんだ」 「だから、何度か話し合った。いくつかの会話は僕を喜ばせるものだったから、この決断を下した理由さ。でも、この決断に至るまで本当に楽じゃなかったよ。しっかりと考える必要があった」 「ファンのなかに疑問を持つ人もいたと思うが、大多数は理解してくれた。クラブと喧嘩別れしたわけじゃなく、ドアがオープンな状況だったからだ。誰もがそういう状況を知ってもいた。僕自身も残りたいと思っていたんだ」 「でも、結局は合意に至らなかった。僕が3年契約を求めた一方で、チェルシーが2年契約を提示するにとどまったというのは誰もが知っている話。そういうわけで、退団することになったのさ」 なお、ブラジル凱旋の可能性についても問われると、「今のところ、そういう考えはない。ブラジルでプレーしたいという願望もね。とにかく、ヨーロッパに残るつもりだ」と話している。 2021.02.27 13:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly