メッシ初めての退場は出場たった40秒での報復行為…バルサでは753試合目で初退場

2021.01.20 18:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
17日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝のアスレチック・ビルバオ戦でクラブキャリア初の一発退場処分を受けたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ

メッシがバルセロナの選手として一発退場処分を受けたのはバルセロナB時代に1度だけあるが、通算753試合に出場しているトップチームでのキャリアにおいて初だったことで注目を集めたが、アルゼンチン代表ではどうなのだろうか。これまでアルゼンチン代表として142試合でプレーしてきたメッシが一発退場処分を受けたのは、2度ある。


直近では、2019年7月6日に行われたコパ・アメリカ3位決定戦のチリ戦で、相手MFガリー・メデルと小競り合いになり、37分に一発退場となった。

では1回目はというと、なんと2005年8月17日まで遡らなければならない。これはメッシにとってのアルゼンチン代表デビュー戦となった国際親善試合のハンガリー戦のことだ。

65分にFWリサンドロ・ロペスとの交代で途中出場を果たしたメッシだったが、その30秒後に相手陣内中央でボールを受けて前を向くと、相手選手にユニフォームを引っ張られファウルを受ける。メッシが右手で振り払おうとすると、それが相手選手の顔を叩いたとみなされ、まさかの一発退場となっていた。

今や世界的スターであるメッシだが、その代表デビュー戦はやや意外なものだった。

◆メッシ初めての退場


関連ニュース
thumb

賢い立ち回りが必要なバルサ、デパイ獲りにまだ関心あり

バルセロナはリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)に今も強い関心を示しているようだ。フランス『RMC Sport』が報じた。 ロナルド・クーマン監督が監督に就任した昨夏、指揮官の意向を受けてデパイ獲りの動きが取り沙汰されたバルセロナ。昨夏にその実現に迫り、今冬も獲得の憶測が囁かれたが、いずれも叶わず、ここまで来ている。 そんなバルセロナはジョアン・ラポルタ会長が今季限りでマンチェスター・シティを退団するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの獲得を狙っているともいわれるだが、今もデパイに視線が注がれているという。 財政面の問題に直面しているバルセロナは来季の補強に動くにあたり、賢い立ち回りが必要に。リヨンとの契約が今季最終年のデパイはその状況に合致する選手であり、ここ数週間で再び関心を大きくしている模様だ。 デパイを巡り、ユベントスも名乗りを上げるなかで、まだ動きなしのバルセロナだが、クーマン監督は以前から獲得希望を明らかに。デパイも昨夏にバルセロナ行きに近づいた裏を明かして、今後の移籍も示唆している。 2021.04.23 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ会長がESLに沈黙破る 「最終的にソシオが決める」

バルセロナの会長を務めるジョアン・ラポルタ氏が物議を醸す欧州スーパーリーグ(ESL)構想に見解を示した。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)に匹敵、あるいはそれ以上に魅力的な大会として、イングランド、スペイン、イタリアから12のメガクラブが集結して立ち上げに動いた欧州スーパーリーグ。しかし、新設表明の直後から批判が殺到して、プレミアリーグのビッグ6をはじめ、参加辞退クラブが相次ぎ、とん挫の様相を呈している。 当初に参戦予定クラブに名を連ねた12クラブのうち、実に9クラブが撤退を表明して、もはや夢物語に終わりそうな状況の欧州スーパーリーグ構想だが、レアル・マドリー、ユベントスとともにまだ参加の可能性を残すバルセロナ。ラポルタ会長はスペイン『TV3』で沈黙を破り、スタンスを示した。 「大規模なクラブが経済的分配に意見していくのは絶対に必要。UEFAと話をするつもりだ。我々は慎重な立場を取っている。(スーパーリーグは)必要なものだが、最終的にソシオが決めること。ビッグクラブは多大に貢献しており、経済的分配について意見を述べていく必要がある」 ソシオの存在を尊重しつつ、現在の収益分配法に対する見直しの必要性を説いたバルセロナ会長はESLについてもコメント。沈没しかかる船から降りない理由として、新リーグ創設案が存続していることを強調した上で、改めて考えを示した。 「スポーツの実力に基づいた魅力的な大会にしなければならない。我々はUEFAとのオープンな対話を求めている。理解も得られると思う。ショーにしていくためにはよりリソースが必要だ」 「一部のクラブに圧力がかかっているが、この提案はまだ存続している。我々は非常に重要な投資を行い、支払っている給与も非常に高額。それらについても競技と同様、考慮していくべきだ」 2021.04.23 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ハットトリックのチャンスも関係なし、グリーズマンにPK譲ったメッシに称賛「真のキャプテン」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがチームメイト思いの一面を見せた。 バルセロナは23日、ラ・リーガ第31節で日本代表MF久保建英が所属するヘタフェとホームで対戦。メッシは序盤から圧巻のパフォーマンスをみせると、前半だけで2ゴールをマークした。 後半に入ってもメッシは結果を残し、87分には鋭い右CKからDFロナルド・アラウホのゴールをアシスト。さらに後半アディショナルタイムにFWアントワーヌ・グリーズマンがPKを獲得すると、PKキッカーのメッシはハットトリックを達成するチャンスがあったにもかかわらず、グリーズマンにPKを譲る余裕を見せた。 ゴールを決めたグリーズマンは、満面の笑みを浮かべながらメッシに駆け寄ると、感謝の抱擁を交わしていたが、ファンからは「真のキャプテンだ」「こういうのいいよね」「自分よりチームを優先する姿は素晴らしい」など、エースの振る舞いに感激の声が多く挙がっている。 メッシはここまでリーグ戦25ゴール。得点ランキング2位を走るカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)らには、6点差をつけトップを独走している。 <span class="paragraph-title">【画像】メッシに満面の笑みで抱き着くグリーズマンにほっこり</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Messi needed one more goal for a hat trick but instead decided to give the penalty to Griezmann <a href="https://t.co/jdCuSkvriO">pic.twitter.com/jdCuSkvriO</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1385362124394876929?ref_src=twsrc%5Etfw">April 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.23 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

GKとタイミング合わず…久保同僚DFのバックパスがオウンゴールに「茶番劇だ」

ヘタフェのDFソフィアン・チャクラが痛恨のミスを犯してしまった。 ラ・リーガ第31節、バルセロナvsヘタフェが22日に行われ、5-2でバルセロナが勝利した。 ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)発表後最初のバルセロナの試合、古巣対決となるヘタフェMF久保建英の2試合ぶりの先発、バルセロナのFWリオネル・メッシの大活躍など、様々な要素があった試合だが、この試合の転機となったのはバルセロナの2点目のシーンだった。 1-1で迎えた28分、ヘタフェはバルセロナMFペドリのドリブルをカットし、そのこぼれが最終ラインのチャクラのもとに転がる。チャクラは自ら対応できると右手を挙げてGKダビド・ソリアにアピールするが、守護神もゴールから出て対応しようと前に出てしまう。 チャクラは、プレッシャーがかかっていたわけではなかったものの、GKの位置を見ずにバックパス。ソリアは逆を突かれるような形となり、そのままゴールに吸い込まれてしまった。 オウンゴールが決まった直後には、言い合いにもなっていた2人だが、スペイン『フットボール・エスパーニャ』も「コミカル・オウンゴール」と揶揄。さらに、イギリス『サン』も「茶番劇によるゴールはバルサの勝利を助けた」と酷評している。 ヘタフェはそこから失点を重ね、5-2で敗戦。降格圏内の18位ウエスカとは勝ち点差は「4」のままとなっている。 <span class="paragraph-title">【動画】DFとGKどちらも悪い?痛恨のオウンゴール(3:00~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1h2sl62lxoify1pjegpwnwbien" async></script> 2021.04.23 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘタフェに勝利のバルサ、クーマンが手応え語る 「良い結果だと思う」

バルセロナのロナルド・クーマン監督がヘタフェ戦の勝利を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは23日、ラ・リーガ第31節で日本代表MF久保建英所属のヘタフェとホームで対戦。FWリオネル・メッシの2ゴールを含む大量5得点を奪い、5-2で勝利している。 3位バルセロナはこの勝利により、順位こそ変動しなかったものの、1試合消化が少ない現時点で首位と5ポイント差と好位置をキープ。タイトル獲得に向け、重要な勝利を手にしたクーマン監督は試合後、結果に満足感を示しつつも、後半の失速ぶりが課題だと話した。 「良い結果だと思う。チームもよくやってくれた。特に前半は集中していたし、チャンスもあった。我々は強い気持ちでこの試合に臨み、その分の満足感を得た」 「後半になると少し調子が落ちて、不必要に自分たち自身を苦しめてしまった。リズムと集中力を失ってしまったので、ここから学ばなければならない」 また、レアル・マドリーやアトレティコ・マドリー、セビージャとの優勝争いについては「我々が他の3チームよりも強いとは思っていない。彼らも勝っているし、我々も、難しい試合がまだ残っている。戦いは最後の試合まで続くだろう」とコメント。気を抜かなかった。 さらに、今シーズン限りで契約が満了となることから、去就が話題となっているメッシについても言及。「決断は彼次第だ。彼は決して落ち込むことはないし、集中力が落ちても試合には現れない。彼が必要だ。今日、彼は再び決定的な活躍をした。願わくば、これからもい続けてほしい」と、絶対的エースの残留を願った。 2021.04.23 10:58 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly