不安定なドルトムントを元ドイツ代表OBが酷評「規律もキャラクターもないチーム」

2021.01.20 13:29 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてバイエルンやリバプールに所属した元ドイツ代表MFのディトマール・ハマン氏が、ドルトムントの戦いぶりを批判している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。

ドルトムントは12月、成績不振を理由にルシアン・ファブレ監督を解任。後任として、アシスタントコーチを務めていた38歳のエディン・テルジッチ氏を据えたが、ここまで不安定な戦いが続いている。

ブンデスリーガ第15節でRBライプツィヒとの上位対決を制したまでは良かったものの、続く第16節で降格圏に沈むマインツを相手に勝ちきれずドロー。19日に行われた第17節では、レバークーゼンとの上位対決に1-2のスコアで敗れ、4位にとどまる結果となった。

なかなか波に乗れず、タイトル争いに加われないドルトムントに対して、ドイツ『スカイ』でコメンテーターを務めているハマン氏も、特にレバークーゼン戦の敗戦を酷評している。

「(レバークーゼン戦の)ドルトムントは規律に欠け、淡白で、キャラクターを示せなかった。彼らにはすべてが欠けていたと思うよ」

「レバークーゼンのような強いチームを相手にする以上、規律やキャラクターは見せなければならない。しかし、結局90分間のなかでそうした姿を見ることはなかったね」

また、ハマン氏は今季既に監督交代を敢行しているドルトムントが、これ以上混迷を深めずにいられるか、注意して見ていきたいと語った。

「ドルトムントの現状には説明がつかないね。彼らは今シーズン既に監督を1人失っているが、ここからコーチング不能の状態に陥らないか、見ていくことが重要だ」

関連ニュース
thumb

2年の武者修行も実らず…レアルMFヘイニエルがベンフィカ行き? 買取OP付きのレンタルで本人も乗り気

レアル・マドリーのU-23ブラジル代表MFヘイニエル(20)に関して、ベンフィカが獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 ヘイニエルは2020年1月にフラメンゴからレアル・マドリーへと完全移籍。2020年8月には2年間のレンタル移籍でドルトムントへと武者修行に出ていた。 外国人枠の関係もありレンタルに出されたヘイニエルだったが、2シーズンで出場した試合は39試合。1ゴール1アシストという結果に終わり、両クラブにとってもヘイニエルにとってもプラスに働いたものとはならなかった。 2年間のレンタル期間が終わったヘイニエルだが、新シーズンもマドリーでプレーすることはないと見られている。その中で獲得に手を挙げたのがベンフィカだった。 代理人であるジュリアーノ・ベルトルッチ氏と交渉を進めているベンフィカ。買い取りオプション付きのレンタル移籍で考えているとのことだ。 まだまだ伸び代のあるヘイニエルは、ベンフィカへの移籍に前向き。父であるマウロ・ブラジリア氏は「とても興奮している」と息子の様子を明かしている。 また、父としてもベンフィカ移籍は好意的に受け止めていると言い、「息子と家族にとって良いことをもたらすだけだ。言葉が通じ、選手をトップリーグへと送り込んでいる国だ。とても興味深いプロジェクトだ」と語った。 2022.06.25 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、アヤックスFWアラー獲得が決定的に! 移籍金は50億円

ドルトムントが、アヤックスのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラー(27)の獲得を決定的なものにしたようだ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ここまでドイツ代表FWカリム・アデイェミをはじめ、同代表のDFニクラス・ジューレ、DFニコ・シュロッターベック、さらにはトルコ代表MFサリフ・エズジャンを獲得するなど、多くの即戦力候補を手中にしているドルトムント。ここにアヤックスの点取り屋も加わることになるようだ。 生まれ故郷のフランスでキャリアをスタートしたアラーは、ユトレヒトやフランクフルト、ウェストハムを渡り歩き、2021年1月にアヤックスに移籍。その半年でエールディビジ19試合11ゴールという高い得点力を発揮すると、今季もリーグ戦では31試合で21ゴール7アシストの活躍。さらにチャンピオンズリーグでも、グループステージ初戦となったスポルティング戦での4ゴールを皮切りに7試合連続ゴールを記録し、ラウンド16までの8試合で11ゴールを挙げた。 CLのグループステージ全試合で得点した史上2人目として注目を浴びたアラーを、ドルトムントは今夏にマンチェスター・シティに引き抜かれたノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの後釜として注目。伝えられるところによると、アヤックスとは移籍金3500万ユーロ(約50億円)でクラブ間合意し、正式発表まで残すはメディカルチェックと事務処理のみという状況のようだ。 2022.06.22 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表DFラウムに複数ビッグクラブが関心

ホッフェンハイムのドイツ代表DFダビド・ラウム(24)に幾つかのビッグクラブが関心を示しているようだ。 今シーズンのホッフェンハイム、ドイツ代表での印象的なパフォーマンスによって今夏のステップアップが有力視されるラウム。 イングランドの著名なジャーナリストであるジョナサン・シュレーガー氏によると、その24歳DFにはマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドのマンチェスター勢、トッテナムとドルトムントの4クラブが関心を示しているという。 ブライトンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ獲得を狙うシティを始め、左のサイドバックやウイングバックのポジションの頭数が揃っている前述のクラブは、必ずしもラウム獲得は優先事項ではない。 ただ、爆発的なスピードと高精度の左足、豊富な運動量と攻撃的なサイドバックに求められる多くの要素を兼ね備える伸びしろ十分なドイツ代表DFは、獲得のチャンスがあれば、チャレンジしたいと思わせる実力者だ。 8歳でグロイター・フュルトの下部組織に入団したラウムは、2017年にトップチームデビュー。当初は攻撃センスに優れるサイドアタッカーとして出場を重ねていたが、2018-19シーズンにダミル・ブリッチ監督の下、サイドバックにコンバートされた。 そして、昨夏にステップアップを遂げたホッフェンハイムでは左のサイドバックとウイングバックを主戦場にリーグ戦32試合に出場し、3ゴール13アシストの圧巻のスタッツを記録。 また、U-24ドイツ代表として東京オリンピックにも参戦したラウムは、ハンジ・フリック現体制でフル代表にも招集されており、ここまで9試合に出場するなど、レギュラーの座を掴んでいる。 2022.06.20 14:53 Mon
twitterfacebook
thumb

積極補強のドルトムント、アヤックスのコートジボワール代表FWアラーにオファーか

ドルトムントがアヤックスのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラー(27)の獲得に関心を示しているようだ。オランダ『テレグラフ』が報じている。 エースのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがマンチェスター・シティへ移籍したことで莫大な資金を手にしたドルトムントは、11季ぶりのリーグ制覇を目指し、今夏の移籍市場で積極的な補強に着手。 すでに後釜としてザルツブルクからドイツ代表FWカリム・アデイェミを確保。さらにバイエルンからドイツ代表DFニクラス・ジューレ、フライブルクからドイツ代表DFニコ・シュロッターベック、ケルンからトルコ代表MFサリフ・エズジャンを獲得するなど、即戦力の補強に成功している。 そして『テレグラフ』によると、ドルトムントは次なるターゲットとしてアラーの獲得に動き始めたようだ。 2021年1月にアヤックスに加入したアラーは、在籍1年半で公式戦65試合に出場し47ゴール16アシストを記録。すでにチームのエースに君臨しており、今季はエールディビジ31試合で21ゴールをマークし得点王に輝いた。また、チャンピオンズリーグでは、史上2人目となるグループステージ6試合連続ゴールを記録していた。 ドルトムントはアラーの移籍金として3300万ユーロ+ボーナスの移籍金を提示したとされており、『テレグラフ』は総額3800万ユーロ程度で交渉が成立すると伝えている。 なお、すでにアヤックスはアラーの後釜を探しており、今冬にザルツブルグからレンタルで加入し7ゴールを記録したU-21オランダ代表FWブライアン・ブロビーや、今季バイエルンからアンデルレヒトへレンタル移籍していたU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィーに関心を示しているようだ。 2022.06.20 01:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ドルトムント退団のヴィツェル獲得へ

アトレティコ・マドリーがドルトムント退団が決定しているベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル(33)を獲得することで合意に至ったようだ。ベルギー『RTBF』が報じている。 2018年夏に中国の天津天海からドルトムントに加入したヴィツェルは、ここまで4シーズンに渡って中盤の主力を担い、公式戦通算145試合に出場。今シーズンも公式戦41試合に出場していたが、ドルトムントはケガや加齢によるパフォーマンスの衰え、今後の序列に見合わない高年俸によって、延長オファーを掲示せず。今シーズン限りでの退団が決定していた。 フリー移籍が可能となったヴィツェルには、フランス代表MFブバカル・カマラの後釜を探すマルセイユに加え、アメリカ、ドイツ、トルコのクラブからの関心が伝えられていた。 そんな中『RTBF』によれば、アトレティコはすでにマルセイユとの交渉が伝えられていたヴィツェルと今週に会談の場を設けた模様。アンドレア・ベルタSD(スポーツ・ディレクター)とディエゴ・シメオネ監督が同席した話し合いは順調に進み、1年間の延長オプションが付随した1年契約で合意に至ったとのことだ。 なおヴィツェルは今後、20日にアトレティコのメディカルチェックを受診し、21日に契約書にサインする予定だという。 2022.06.19 06:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly