旅立つ友へ…ドイツ移籍決定の同僚を見送るポグバとバイリーが熱い

2021.01.14 20:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドの選手たちが、同僚との別れを惜しんだ。

14日、ユナイテッドのオランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーのレバークーゼン移籍が発表された。

◆もはや芸術…ポグバがユーベで魅せたスーパーゴールの数々

2014年夏にアヤックスの下部組織からユナイテッドのアカデミーに加入したフォス=メンサーは、2015-16シーズンにファーストチームデビューを果たしたものの、その後はケガもあり出場機会を得られておらず、今季は完全な構想外となりここまで公式戦3試合の出場にとどまっていた。

それでも、チームメイトとの信頼関係は厚く、私服姿でロッカールームを片付けに来ていたフォス=メンサーのもとに、コートジボワール代表DFエリック・バイリーとフランス代表MFポール・ポグバが訪れ、別れを告げていた。

バイリーと熱く抱擁を交わす場面では、フォス=メンサーの目頭が熱くなる瞬間もあったものの、3人で肩を組み、カメラに向かって笑顔を見せる場面もあった。

フォス=メンサーが自身のスナップチャットに投稿した動画は、『ESPN』の公式ツイッターでも公開されており、ファンからは「泣けてくる」「ポグバはいい男」といった感動的な声や、「レバークーゼンでも幸運を祈る」というフォス=メンサーを応援する声も上がっていた。

ユナイテッドは12日に行われたバーンリー戦での勝利で、プレミアリーグで3年4カ月ぶりの首位に立っている。チーム内の雰囲気も良好なようだ。

◆バイリーとポグバとの熱いハグに目頭を熱くさせるフォス=メンサー


コメント
関連ニュース
thumb

今季ユナイテッド入りの19歳ペリストリ、スペインで武者修行か

マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ人FWファクンド・ペリストリ(19)が武者修行の旅に出るようだ。 ペリストリはウルグアイの名門ペニャロールでプロキャリアをスタートさせたサイドアタッカー。マンチェスター・シティや、ニューカッスル、レアル・マドリー、バルセロナ、そしてリヨンの関心も取り沙汰されるなかで、昨夏のデッドラインデイにユナイテッド入りを決めた新鋭だ。 しかし、ユナイテッド入りから半シーズンが経った現時点でいまだトップチームデビューを果たせておらず、ベンチ入りもチャンピンズリーグ(CL)の2試合のみ。U-23チームでのプレーがメインとなっているのが現状だ。 そのU-23チームの一員としてここまで公式戦8試合の出場で3得点1アシストを記録しているが、イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、今冬の移籍市場で他クラブに貸し出される見通しだという。 ペリストリの代理人を務めるエドガルド・ラサルヴィア氏がスペイン『Fichajes』に対して、「我々は移籍に向けて取り組んでいるところ。スペインが目的地になるのは確かだ」と示唆した模様だ。 2021.01.23 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

カバーニが込めるゴールパフォの意味とは? 「少し長い話になるけど…」

マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが弓矢を放つ仕草でゴールを祝福するパフォーマンスに込められた意味を明かした。 母国クラブのダヌービオでプロキャリアをスタート後、パルマ、ナポリ、パリ・サンジェルマン(PSG)を渡り歩き、今季からユナイテッド入りしたカバーニはここまで公式戦17試合の出場で5得点。屈指の点取り屋として名を馳せる選手としては平凡な数字だが、もう1つの魅力である前線からのプレッシング等々の献身的な姿でゴール数以上の貢献度を誇っている。 そんなカバーニを象徴するものといえば、弓矢を放つゴールパフォーマンス。20日に行われたプレミアリーグ第18節のフルアム戦で同点ゴールを挙げた際も、そのパフォーマンスで自身の得点を祝った。そのパフォーマンスにはどんな思いが込められているのか。24日に予定するFA杯4回戦のリバプール戦に向けたクラブのマッチデイプログラムでその真意を説明した。 「少し長い話になってしまうけど、僕らの国の歴史、先住民のチャルーア族の歴史が関係しているんだ」 「僕の娘はインディアという名前なんだけど、その名はウルグアイの先住民族であるチャルーア族にちなんだものなんだ」 「だから、僕がゴールを決めた後の弓矢を放つパフォーマンスは娘の名前と先住民の歴史が込められたものなのさ」 「特別な意味があるパフォーマンスなんだよ。この前はエリック(・バイリー)に促されてやったけど、いつも弓矢を放つパフォーマンスをやるようにしているんだ」 なお、チャルーア族はかつてアルゼンチンやブラジル、ウルグアイの草地を生活区域にした狩猟採集民として伝えられ、弓矢の名手も多かったという。 2021.01.23 11:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ポグバ復調の理由をユナイテッドOBが推察「B・フェルナンデスの存在が彼を変えた」

かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーした元イングランド代表DFポール・パーカー氏が、古巣のフランス代表MFポール・ポグバ復調の理由を推察している。イギリス『ミラー』が伝えた。 今シーズン序盤は調子が上がらず、スタメンから外れる時期もあったポグバ。11月のインターナショナルマッチウィーク中にはクラブ批判とも受け取れる発言を行い、大きな非難を浴びていた。 しかし、プレミアリーグ第11節ウェストハム戦で今季リーグ初ゴールを記録すると、その後はスタメンに定着している。リーグ戦直近5試合で連続フル出場を果たすなど好調を維持するポグバは、20日に行われた第18節フルアム戦でも見事なミドルシュートをマーク。首位を維持するチームに欠かせない戦力となっている。 ポグバが急激な復調を果たした理由について、『eurosport』に出演したパーカー氏は、現在チームのエースとして活躍するMFブルーノ・フェルナンデスの存在に言及。エースの座をこのポルトガル代表MFに奪われたことが、ポグバのエゴを消したと推察した。 「2020年、ポグバはB・フェルナンデスの影でプレーしていた。それが彼のエゴをへこませたのかもしれないね。ポグバは高額な契約でクラブにやってきた。彼のスター性、経歴、能力はユナイテッドに適していたと思う」 「しかし、何より重要なのは優れたフットボーラーであるかどうかだ。B・フェルナンデスの経歴はポグバより劣っていたが、彼のステータスはポグバを凌駕しており、今はチームトップの位置にいる」 「フットボールに限らず、どのような業界であっても競争が起こった際、それにすねているだけでは生き残れない。周りから尊敬されるためには、上達する必要があるんだ」 「B・フェルナンデスは、クラブに加入してすぐキーマンになった。ユナイテッドの顔は、ポグバではなく彼になったんだ。以前は間違った理由でポグバだったが、今はゴールとアシストによってB・フェルナンデスになっている」 また、パーカー氏は現在好調のポグバが、よりチームでの存在感を高めるための条件として、継続性を挙げている。 「ポグバはどんな試合でも、7割以上のパフォーマンスを示さなければならない。ユナイテッドが今タイトルに挑戦するため、それが必要なんだ」 2021.01.22 17:51 Fri
twitterfacebook
thumb

「左足に期待はしていなかった」ポグバが逆足でのミドルシュートを自画自賛「美しいゴール」

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが決めたゴールが話題を呼んでいる。 ユナイテッドは20日に行われたプレミアリーグ第18節でフルアムと対戦。開始早々に失点を喫する苦しい展開だったが、ポグバらのゴールによって逆転に成功。2-1のスコアで勝利を飾った。この結果、2位マンチェスター・シティが1試合未消化の状況ではあるものの、ユナイテッドが首位の座をキープしている。 <div id="cws_ad">◆ポグバがドリブルで切れ込み左足で強烈な逆転弾を叩き込む<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e5zwp72wue8h1b8is4hn3dou8" async></script></div> 決勝点となったのは、57分にポグバのミドルシュートだったが、そのゴールが個の力でもぎ取ったものだと話題だ。 相手のクリアが弱くなり、ポグバが相手陣内右サイドでボールを拾う。ポグバはフルアムの選手3人に囲まれるも、細かいタッチでマークを剥がすと、やや相手DFが引いたところを見逃さずに、ボックス右手前から左足でミドルシュートを放つ。 逆足でのシュートになったが、それを感じさせないスピードでゴールに向かっていくと、フルアムのGKアルフォンス・アレオラの右手を掠めながら、ゴール左のサイドネットへと突き刺さった。 ポグバは試合後、イギリス『BT Sport』のインタビューに応じ、美しいゴールだったと自画自賛している。 「僕はボールを上手く撃った。左足に期待はしていなかったけど、撃たなければゴールはできない。美しいゴールであり、美しい勝利だった。僕のお気に入りのゴールではないけど、それでも美しかったね」 「難しい試合だったし、大きな勝利だ。難しくなることは分かっていた。フルアムは上手くプレスをかけ、コンパクトの陣形を保った。戻ってくるために、この勝利が必要だった。そして手に入れた」 クラブで難しい時期を過ごしていたポグバだったが、ここに来て調子は上向きだ。 2021.01.21 17:02 Thu
twitterfacebook
thumb

逆転勝利での首位キープを喜ぶスールシャール「肉体的にも精神的にも強くなった」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、首位キープに成功したチームのパフォーマンスを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 前節リバプールとの首位攻防戦をドローで終え、首位を維持したユナイテッドは、20日に行われたプレミアリーグ第18節でフルアムと対戦。開始早々に失点を喫する苦しい展開だったが、MFポール・ポグバらのゴールによって逆転に成功。2-1のスコアで勝利を飾った。 この結果、2位マンチェスター・シティが1試合未消化の状況ではあるものの、ユナイテッドが首位の座をキープしている。今シーズンの半分を終え、アウェイで無敗をキープしているユナイテッド。インタビューに応じたスールシャール監督は、苦しい状況から立ち直ったチームを称賛しつつ、今の順位は気にしていないと強調した。 「スローなスタートとなってしまったが、失点後はよくやったと思う。それは我々に必要なことであり、目を覚ます必要があった。リバプール戦はやり切れたとは思わないが、今日はよくやったし、得点も生まれたね」 「この勝ち点3は本当に大きい。シーズンの終わりにポイントを数えたとき、『あの時はタイトな試合だった』と言うだろうね。勝ち点3の獲得は自信につながり、士気の向上にもなる。チャンスを作れていたし、ダビド(・デ・へア)も足で素晴らしいセーブをした」 「リーグの途中でトップになると話題になるものだが、我々はそれについて特に考えていないよ。ただ1試合1試合、皆が健康でフレッシュな状態を維持して、自分たちがどこにいるのか見ていくだけさ」 「選手たちは良くなってきており、肉体的にも精神的にも強くなった。今シーズンは0-1からの反撃を何度も見てきているね。彼らの進歩に満足しているし、プレーを非常に誇りに思っている。試合に向けた準備も、スタッフも、本当に素晴らしい」 また、スールシャール監督は、この試合で得点を記録したポグバとFWエディンソン・カバーニにも言及。2人のパフォーマンスを絶賛している。 「ポール(・ポグバ)は本当に調子がいい。今は中盤でもワイドでもプレーできる。ポールの場合、体調を整えられるかが鍵なんだ。序盤にイエローが出された後も本当によく守っていた。とてもいいプレーをしていたよ」 「(カバーニのゴールは)まさにセンターフォワードのゴールであり、そこにいる必要があるんだ。彼の動きは信じられないほど素晴らしいね。もっと彼を使いこなせるようにしなければならない。前線に選択肢があるのはいいことだよ」 2021.01.21 10:52 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly