ムヒタリアン「ローマで幸せ」、今週末のデルビーに意気込み

2021.01.13 23:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(31)はローマで充実した日々を送っているようだ。ローマを牽引するベテランアタッカーがイタリア『LaRepubblica』で語っている。

ムヒタリアンは昨夏、アーセナルからのレンタル移籍でローマに加入。1年目は度重なるケガに悩まされたが、シーズン終盤にはトップフォームを取り戻して攻守に躍動。

そして、アーセナルとの契約解消によってフリー加入となった今シーズンは、ここまでセリエA17試合で8ゴール8アシストという圧巻のスタッツを叩き出している。

その絶好調のアルメニア代表MFは、15日に宿敵ラツィオとのデルビー・デッラ・カピターレを控える中、地元紙のロングインタビューに応対。ジャッロロッシでの充実ぶりを口にしている。

「自分がまだ高いレベルでプレーできることを示すチャンスだったんだ」

「ローマは僕を信じてくれている。そして、今の僕のプレーを見てくれれば、ここで幸せを感じていると言っているようなものじゃないかな」

なお、ムヒタリアンに関しては近日中に2022年までの契約延長にサインする見込みだと言われている。

また、デルビーに向けてはモチベーションを高めるために過去の試合などを見ることはないものの、デルビーの意味を深く理解していると主張している。

「昔の試合を見るのはあまり好きではないし、チームメイトの話を聞くこともあるけど、プレーヤーにそれが何を意味するのかを伝えるのに多くの言葉は必要ないと思う。僕らは決闘の準備ができているよ」
なお、昨シーズンはケガの影響でデルビー出場が叶わなかったムヒタリアンだが、満を持して臨む今回の試合では大暴れを見せてくれるはずだ。

コメント
関連ニュース
thumb

エル・シャーラウィのローマ復帰が決定的に! 23日にメディカル受診予定

ローマが上海申花からイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(28)を獲得することが決定的となった。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏や、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えている。 エル・シャーラウィは2016年1月から3年半の在籍期間にローマで公式戦139試合に出場し、40ゴール25アシストの数字を残すなど主力として活躍。だが、クラブの財政事情の影響や、年俸1400万ユーロ(約17億4000万円)といわれる魅力的なチャイニーズマネーに惹かれ、昨年7月に上海申花へ3年契約で加入した。 しかし、加入以降ピッチ内外で苦戦が続く同選手は昨冬、今夏の2つのウインドーを通じて、ローマ帰還を目指したが、諸々の事情により復帰は実現せず。ただ、イタリア代表としてユーロ2020の出場を希望し、母国でのプレーを望むエル・シャーラウィには2022年の契約満了までに退団可能な特別な契約条項があるようで、3度目の正直でのローマ復帰が目前に迫っているという。 そして、ロマーノ氏らが伝えるところによれば、エル・シャーラウィは23日にメディカルチェックを受診し、その後にローマとの2023年6月までの契約にサインする見込みだという。 また、ローマはエル・シャーラウィと共にFCダラスに所属するU-23アメリカ代表DFブライアン・レイノルズ(19)の獲得も決定的なモノとしており、まもなく2人の新戦力を迎え入れる模様だ。 2021.01.23 07:12 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマ、ユベントスとの争奪戦を制し、アメリカの逸材SBブライアン・レイノルズ獲得へ

ローマが、MLSのFCダラスに所属するU-23アメリカ代表DFブライアン・レイノルズ(19)の獲得に迫っているようだ。 各世代のアメリカ代表に名を連ね、現在は飛び級でU-23アメリカ代表にも選ばれている逸材レイノルズ。右サイドバックを主戦場とする選手で、昨季のMLSでは17試合で4アシストを記録した。 同選手にはローマの他、ユベントスも関心を示していたようだが、非EU選手枠が空いていないため、同時にベネヴェントへのレンタルを画策していた。そのため交渉に遅れが生じ、ローマがその隙に獲得レースを制したようだ。 イタリア『イル・テンポ』によると、ローマは700万ユーロ(約8億8200万円)の買い取り義務が付いたレンタル移籍でダラスと合意。また、選手個人とは、セリエAでの迅速なプレー機会を約束するとともに、年俸80万ユーロ(約1億円)の5年契約を結ぶ見込みとのことだ。 同選手の争奪戦に関しては、イタリア『GOAL』もユベントスがこれ以上の入金はないと推測している。 2021.01.22 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがフロレンツィの買い取りオプション行使へ

パリ・サンジェルマン(PSG)がイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィ(29)の買い取りオプションを行使するようだ。イタリア『Il Tempo』が伝えている。 ローマ生まれローマ育ちのフロレンツィは、2002年からローマでプレーするサイドアタッカー。2011年5月にトップチームデビューを飾った後、2度の左ヒザの重傷に見舞われながらも、これまでローマで公式戦280試合に出場して28ゴール32アシストを記録。 しかし、2019年夏に就任したパウロ・フォンセカ監督の下では出場機会に恵まれず、昨年1月にはバレンシアへレンタル移籍。昨夏にローマへ復帰するも構想外となっておりPSGへ買い取りオプション付きのレンタルで加入。今季はここまで公式戦20試合に出場し2ゴールを記録していた。 『Il Tempo』によればPSGのレオナルドSD(スポーツディレクター)は、右サイドの全ポジションをこなし、チームの中心選手になりつつあるフロレンツィを高く評価。すでに900万ユーロ(約11億3000万円)の買取オプションを行使する準備を進めているとのことだ。 2021.01.20 23:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがルール違反で没収試合? 2-4で敗れたコッパ・イタリアのスペツィア戦で珍事

19日に行われたコッパ・イタリア5回戦のローマ対スペツィアの一戦が、ローマ側のレギュレーション違反により没収試合となる可能性があるようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ローマのホームであるスタディオ・オリンピコで行われた試合は、序盤にスペツィアが2点をリードするも、ローマが後半の間に追いつき、勝負は延長戦へ。しかしこの試合はここから奇妙な展開を見せることとなる。 まずは91分に2枚目のイエローカードを受けたローマのDFジャンルカ・マンチーニが退場。そのファールで与えたFKの流れからチャンスを作られ、飛び出しを図ったGKパウ・ロペスが相手と接触し、一発退場となってしまった。 あろうことかGK含む2人の退場者を出してしまったローマのフォンセカ監督は、たまらず選手交代。MFブライアン・クリスタンテとFWペドロ・ロドリゲスに代えて、GKダニエウ・フザートとDFロジェール・イバニェスが投入された。 しかし、すでに4名の交代を行なっていたローマは、1試合で6選手を交代させたことに。コッパ・イタリアでは90分間に5選手を交代させた場合のみ、延長戦で6人目の交代を行うことが可能だが、この試合ではローマが後半終了までに4選手のみしか交代していないことから、レギュレーションに違反した交代を行ったことになっていた。 ローマのレギュレーション違反は今シーズン2度目。昨年9月に行われたセリエA開幕節のヴェローナ戦も未登録の選手を起用し、没収試合となっていることからフォンセカ監督の責任も問われる問題となりそうだ。 なお、試合はそのまま進行され、延長後半に2ゴールを決めたスペツィアが2-4で勝利し、準々決勝進出。没収試合でスコアが3-0に変更されたとしても、大会への影響は少なく済むだろう。 2021.01.20 13:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ダービー完敗に続きカップ戦も敗退のローマ、指揮官は「チームに自信がある」と解任恐れず

ローマのパウロ・フォンセカ監督が、コッパ・イタリアから敗退した一戦を振り返っている。クラブ公式サイトが伝えた。 ローマは19日に行われたコッパ・イタリア5回戦で、スペツィアと対戦。先週のローマ・ダービーでラツィオ相手に完敗したショックを少しでも払拭したい一戦だったが、格下相手に延長戦までもつれこむと、2人の退場者を出したこともあり崩壊。2-4で敗れた。 この結果、ローマはコッパ・イタリア5回戦敗退となり、準々決勝進出は果たせず。公式戦2試合続けての屈辱的な敗戦に、ファンやメディアからの圧力も強まっているが、フォンセカ監督はパフォーマンスの改善は見られたと語っている。 「問題があれば内部で話し合う。問題があればね。今日は試合のスタートが悪かった。PKで先制点を与え、その後また失点した。しかし、チームはその後に良いプレーでチャンスを作っており、違う結果があったかもしれない」 「結局、チャンスを逃し、2人が退場したことで、すべてが難しくなった。敗退はタフな瞬間だったよ。カップ戦でもっと上を目指したかったが、選手たちの態度を悪くは言えない。今は次の試合に集中する必要がある」 「メンタリティに問題があると思う。アタランタ戦、ナポリ戦、そしてダービーでは、ゴールを奪われてから跳ね返す強さが見られなかった。しかし、今夜は2失点をした後で、選手たちはゲームを変えようとする意欲が見られたよ」 また、インタビューのなかで自身の進退について問われたフォンセカ監督は、解任される心配はしていないと強調した。 「私の将来については、ここに来てからずっと話し合ってきたよ。今のリーグでの順位に励まされているし、チームに対して自信も持っているんだ。ただ、勝てなければいつだって議論の的になってしまうね。とはいえ、私は自分の仕事に集中しなければならない」 2021.01.20 11:38 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly