セルティックの若手がタッチライン際でAir Pods!? その理由は意外なもの

2021.01.13 07:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
11日、スコティッシュ・プレミアシップ第23節の試合が行われ、セルティックは、ホームでハイバーニアンと1-1で引き分けた。この結果、首位レンジャーズより消化試合が3試合少ないものの、勝ち点差が21まで広がってしまったセルティックだが、この試合で60分から途中出場したアイルランド人MFアームストロング・オコフレックス(18)の姿が話題になっている。

◆全く垂れないロングシュート、ティアニーの爽快40ヤード弾

普段はU-18チームを主戦場としているオコフレックスにとって、この試合がスコティッシュ・プレミアシップデビューだったが、ベンチから呼ばれたオコフレックスは耳にAirPodsを装着しており、タッチライン際でユニフォームに着替えている間もつけたままだった。
セルティックのコーチを務めるギャビン・ストラカン氏によれば、オコフレックスの通話相手は、セルティックのニール・レノン監督。

セルティックでは先日行ったドバイ合宿の際に、DFクリストファー・ジュリアンに新型コロナウイルスの陽性反応が出た結果、レノン監督と13人の選手が濃厚接触者と判定され、自主隔離を強いられていた。

試合後にイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに答えたストラカン氏は、通話相手がレノン監督だと明かした上で次のように語っている。

「彼はピッチに出る前にいくつかのメッセージを受け取っていた。誰もが利用できるあらゆるテクノロジーであり、私たちはそれを使用した。若いプレーヤーがピッチに出る前に監督の声を聞くのは良いことだ」

◆タッチライン際でもAirPodsを装着したままのオコフレックス

関連ニュース
thumb

「大然らしい」「見事なゴール笑」前田大然がまたしてもラッキーゴール!今季6点目は顔面で「アリガトウ、ダイゼンさん」

セルティックの日本代表FW前田大然がまたしても幸運に見舞われた。 1日、スコティッシュ・プレミアシップ第24節でセルティックはリヴィングストンと対戦した。 首位を快走するセルティックと、上位をうかがうリヴィングストンの一戦。試合はセルティックペースで進む。 旗手怜央のアシストで29分に先制ゴールが生まれると、33分に前田がラッキーな形でゴールを決める。 左サイドを崩したセルティック。味方のクロスがゴール前に入ると、相手DFがクリアする。そのこぼれ球をアヨ・オビレイェが外に蹴り出そうとしたところ、飛び込んだ前田の顔面にボールがヒット。そのままゴールに吸い込まれた。 前田は14日に行われたスコティッシュ・リーグカップ準決勝のキルマーノック戦でも似たようなラッキーゴールを記録。FKからのクロスを相手がクリアして流そうとしたところ、コース上に前田がいてボールがディフレクト。ネットに吸い込まれていた。 ファンは「大然らしい」、「アリガトウ、ダイゼンさん」、「アンパンマン!」と前田のゴールを喜んでいる。またクラブ公式TVも「見事なゴールだ!相変わらずのクリニカルさ」と笑う絵文字を使いながらゴールを称えた。 何はともあれ、前田はこれでリーグ戦6ゴール目。チームの勝利に貢献した。 <span class="paragraph-title">【動画】前田大然がまたしてもラッキーゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="39G-7LXpjiM";var video_start = 91;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.02 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「誰も止められない」「なんて選手だ」カウンター1発、古橋亨梧がドリブルの仕掛けから今季18点目で得点ランク首位守る「リーグのベストストライカー」

セルティックのFW古橋亨梧が巧さを見せつけた。 1日、スコティッシュ・プレミアシップ第24節でセルティックはリヴィングストンと対戦した。 首位を快走するセルティックと、上位をうかがうリヴィングストンの一戦。試合はセルティックペースで進む。 旗手怜央のアシストで先制ゴールが生まれると、前田大然のラッキーゴールで追加点。そして迎えた前半アディショナルタイムに古橋がらしさを見せる。 攻め込まれていたセルティックだったが、バイタルエリアでマット・オライリーが相手からボールを奪取。すると、前線へとロングフィードを送る。 これに1人反応した古橋は見事なトラップからドリブルをスタート。相手選手との一対一を見事に制し、ボックス内でコースを狙ったシュートを決めた。 ファンは「リーグのベストストライカーだ」、「誰も止められない」、「なんて選手だ」と現地のファンも驚いた。 古橋はこれで今季のリーグ戦18ゴール目。リーグの得点ランキングでも首位を守っている。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧、鮮やかな抜け出しから1対1を制し冷静ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="39G-7LXpjiM";var video_start = 154;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.02 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

古橋&前田弾などで3発完勝のセルティックがリーグ戦4連勝!《スコティッシュ・プレミアシップ》

セルティックは1日、スコティッシュ・プレミアシップ第24節でリヴィングストンと対戦し3-0で勝利した。 セルティックのFW古橋亨梧は75分までプレー、MF旗手怜央は75分までプレー、FW前田大然はフル出場、DF岩田智輝は85分からプレー、DF小林友希はベンチ入りも出場せず、MF井手口陽介は欠場となった。 リーグ戦5戦無敗の4位リヴィングストンに対し、立ち上がりから攻勢に出るセルティックは10分に最初の決定機を創出。左サイドを突破した旗手のパスからボックス左深くまで駆け上がった前田の折り返しにジョタが詰めたが、上手く合わせることができず。 その後もセルティックが主導権を握る展開が続くと29分にスコアが動く。ボックス左でボールを収めた旗手のラストパスをボックス内で受けたテイラーが左足一閃。強烈なシュートがゴール右隅に突き刺さった。 先制したセルティックは、32分にもテイラーの左クロスのこぼれ球に対応したオビレイェのクリアがゴール前に詰めた前田の顔に当たり、そのままゴールに吸い込まれた。さらに前半終了間際のアディショナルタイム2分には、自陣でボールを奪ったオライリーのロングパスを最前線で受けた古橋がドリブルでボックス内まで侵入。冷静にゴールネットを揺らした。 迎えた後半もセルティックがボールを支配すると60分、右サイドから中央に切り込んだジョタがゴール前へロングパス。これに反応した前田が決定機を迎えたが、上手く合わせることができず、シュートはゴール右に外れた。 膠着状態が続く中、セルティックは75分に古橋と旗手を下げてオウ・ヒュンギュとターンブルを、85分にはC・マクレガーを下げて岩田を投入したが、最後までゴールは生まれず。試合はそのまま3-0で終了した。 セルティック 3-0 リヴィングストン 【セルティック】 テイラー(前29) 前田大然(前32) 古橋亨梧(前47) 2023.02.02 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「長い時間がかかる」ギアクマキスの移籍に元所属クラブの幹部が言及、浦和の様子もリンセンから仕入れる「真剣に検討されている」

去就が二転三転しているセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)。かつての所属先であるVVVフェンロは、多くの移籍金が得られる移籍を望んでいるようだ。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引。しかし、今シーズンは公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録と控えに回ることが多かった。 今冬の移籍市場では、浦和レッズが獲得に動き、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドも応戦。2クラブの間で激しい争奪戦が繰り広げられた。 浦和行きが報じられた中、家族の理由で日本行きを断るも、アトランタのオファーはレンタル移籍でセルティックが拒否。その後、浦和のメディカルチェックに合格したという話が出たが、アトランタが完全移籍のオファーを出して、アメリカ行きに傾いているとされている。 そんな中、VVVはギアクマキスの移籍に際し、移籍金の15%を手にできる条項を盛り込んでいたとのこと。430万ポンド(約6億9000万円)とされる移籍金からおよそ1億円を手にすることになる。 VVVのゼネラルマネージャー(GM)を務めるマルコ・ブーガーズ氏がイギリス『デイリー・レコード』でギアクマキスの移籍に言及。昨季加入したブライアン・リンセンから浦和の話を聞いたとし、本気で狙っていたもののアメリカに行くことになるとコメント。選手の移籍で資金を手にできることは嬉しいと語った。 「ハッキリするまでには長い時間がかかるだろう。今月はたくさんのクラブの名前が挙がったが、それでも確かなことは何も分からない。全てはゴシップに過ぎない。彼が我々の元を去った時、彼への関心が飛び交っているという噂はたくさんあった。歴史は繰り返す」 「ギオルゴスは物静かな思想家だ。彼は慎重に選択をするはずだ。年齢を考えれば、経済的な側面が重要な役割を担うだろうと私は予想している」 「もし、彼が浦和レッズに行けば、我々の元選手、ブライアン・リンセンとチームメイトになるだろう。ブライアンと連絡を取り合っており、ギオルゴスは真剣に検討されているようだった。ただ、彼は別の選択をしたようだ」 「我々は常に、彼がセルティックから素晴らしい移籍をするだろうと確信していた。だからこそ、移籍時に得られるパーセンテージを重要視していた」 「我々は彼がプレミアリーグにステップアップすることを願っていた。その伝統がセルティックの選手にはある。最近もセルティックのストライカーだったオドソンヌ・エドゥアールが1700万ポンドでクリスタル・パレスへと移籍した。プレミアリーグではこのような金額が簡単に支払われる」 「ギアクマキスも大きな移籍を期待していただろう。イングランドのクラブがまだオファーしていないのが不思議だ。彼は素晴らしいスタッツを残している。彼がプレーするとき、ゴールを決める。それをフェンロで、そしてグラスゴーで証明した。また、ギリシャ代表やチャンピオンズリーグでもだ」 「彼が移籍を完了させた時、我々はまだ彼の元所属先のAEKアテネと彼の代理人にお金を一部借りている。しかし、これは我々が今シーズンの予算に組んでいないお金であり、考慮に入れていないもの。VVVのようなクラブにとて、このような臨時収入は常に嬉しいものだ」 2023.02.01 22:53 Wed
twitterfacebook
thumb

セルティックFWギアクマキスは浦和ではなくアメリカに…アトランタが誠意を見せる完全移籍オファー

日本かアメリカか、去就が注目を集めているセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、どうやらアメリカに渡ることになるようだ。ギリシャ『SDNA』が伝えた。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引した。 今シーズンは控えに回る機会も多い中、公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録。その中で、今冬の移籍が浮上。多くのクラブが関心を寄せる中、ここ最近ではアトランタ・ユナイテッドと浦和レッズが獲得に向けて争っている。 浦和のメディカルチェックに合格したという報道も出れば、アトランタが獲得に近づいているという報道も出ており、両クラブの争いが続いているとされていた。 アトランタへの移籍が傾いた中でネックとなったのはオファーの内容。セルティックは完全移籍を望んでいたが、レンタル移籍のオファーだったために拒否されていた。 しかし、どうしてもギアクマキスを手にしたいアトランタは、「指定選手」のポジションを空ける決断をしたとのこと。メジャーリーグ・サッカー(MLS)ではサラリーキャップがあるものの、「指定選手」として3選手を登録可能で、サラリーキャップを超える権利を持っている。 レンタル移籍には必要ないが、完全移籍で好条件を出すには必要だった動きをしたとされるアトランタ。セルティックへのオファーは、380万ユーロ(約5億4000万円)に加えて試合出場やゴールなどに応じてボーナス90万ユーロ(約1億3000万円)が加わるという。 『SDNA』によればセルティックはこのオファーを受けることを決めたとのこと。ギアクマキスのアメリカ行きは、時間の問題のようだ。 2023.01.31 09:57 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly