デレ・アリが試合中にまさかの「後ろでんぐり返し」 ソン・フンミンも爆笑

2021.01.12 18:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今シーズンのトッテナムでジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を得られず、不遇をかこっているイングランド代表MFデレ・アリは、10日に行われたFAカップ3回戦のマリンとのアウェイゲームに先発出場。随所で能力の高さをみせていたものの、赤面もののハプニングを起こすシーンもあった。3-0とトッテナム大量リードで迎えた33分、左サイドでボールを持ったDFベン・デイビスからボールを受けようとサイドに開いたデレ・アリだったが、後ろ向きに走っていたデレ・アリは、足をもつれさせてしまいそのまま転倒。特に相手からのプレッシャーがあった訳ではなかったが、転倒したまま後ろでんぐり返しのような形で一回転し、立ち上げってパスを受けた。

◆デレ・アリが決めた、衝撃のワンダーゴール!(でんぐり返しは記事下部)

デレ・アリのまさかの転倒には、近くのベンチで試合を観ていたFWソン・フンミンも思わず顔を覆って爆笑。FWガレス・ベイルに至っては、「ダイブだろ」と言わんばかりに、右手を上げてカードを出す仕草を見せていた。

思わぬアクシデントに苦笑いを見せていたデレ・アリだったが、試合では1アシストを記録し、チームの潤滑油となる見事なプレーを見せた。

試合後には、モウリーニョ監督もそのパフォーマンスを称賛し、出場機会の増加を示唆している。

「彼の試合での態度には本当に満足している。あまりリスクを冒したくなかった。ピッチの上は少し危険で、彼らの熱意が創造的なものを危険にさらすこともあるが、私は満足している」

「彼は今日ここにいたし、クオリティを測るための試合ではなかったが、プロフェッショナリズムと態度には非常に満足している。水曜日の試合でデレがプレーしていても驚かないだろう」

◆デレ・アリが試合中にまさかの「後ろでんぐり返し」


◆スパーズベンチは大爆笑
コメント
関連ニュース
thumb

モウリーニョ、去就揺れるデレ・アリに多く語らず 「どのチームにも不幸な選手はいる」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が出場機会に恵まれないイングランド代表MFデレ・アリ(24)に言及した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 2015年夏にMKドンズから加入して以降、攻撃の要として活躍を続けたきたデレ・アリ。だが、ジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を掴み切れず、今季はここまで公式戦12試合の出場にとどまり、プレミアリーグに至っては74分のプレータイムしか得られてない。 不遇のデレ・アリに関しては、恩師であるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が就任したパリ・サンジェルマン(PSG)からの関心報道がと取り沙汰され、本人も今夏に開催されるユーロ2020のイングランド代表メンバー入りを目指して移籍に前向きともいわれている。 トッテナム側の姿勢としてアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソの負傷離脱により、選手層を懸念して放出に難色を示しているとも報じられるなか、モウリーニョ監督はイングランド人技巧派MFの去就を問われると、「回答すべき適切な質問ではない」と述べ、多くを語らなかった。 「当然、答え方は知っているつもりだが、その質問に対する返答の準備ができていない。私のビジョンを公にする準備ができていないのだ。申し訳ないが、それについて答えるつもりはない」 また、デレ・アリは13日に行われたプレミアリーグ第16節でも出番がなく、試合後に自身の『インスタグラム』で不貞腐れているような表情の写真を投稿。イギリスメディアで不満を示すものだと指摘されているが、モウリーニョ監督はどのチームにも不遇の選手はいるとコメントした。 「どんなチームでも、ドレッシングルームで不幸な選手はいると思う。それは間違いない。私が率いるチームについて、誰かがドレッシングルームに幸せそうな選手しかいないと言ったとしても、それは本当だとは思わない。誰かが彼の手を掴んで奇跡を起こしてくれればラッキーだ」 「どんなチームにも、不幸な選手がいると思う。不幸なプロがいて、不幸なプロとは不幸でありながら、自分の義務がとにかく練習することだと認識している選手のこと。不幸でも、チームのために戦うことが自分の仕事ではないと信じている選手もいる」 「しかし、どこにいても、不幸な選手はクラブにいるもの。それは保証する」 2021.01.16 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、コンディションが上がらないベイルに言及「一歩一歩進んで最大限に活かしたい」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、本来のパフォーマンスを引き出せていないウェールズ代表FWガレス・ベイルについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督の構想外となり、昨夏に古巣のトッテナムへレンタル移籍で活躍の場を移したベイル。しかし、新天地でも負傷癖が出てしまっている状況で、モウリーニョ監督からの信頼を完全に得られず、ここまで公式戦12試合3ゴールにとどまっている。 そんなベイルに関して、トッテナムは2年目もレンタル可能なオプションが付随しているとみられているが、先日にイギリスの複数メディアでそのオプションを行使しないことが取り沙汰された。しかし、モウリーニョ監督はそうした話し合いは行っていないと主張した。 「ガレスは今シーズン終了までレンタルしている選手だ。我々はガレス当人、トッテナム、レアル・マドリーについて話をしている」 「しかし、私は約束する。1秒も議論はしていない」 また、モウリーニョ監督はベイルのコンディションが中々上がらないことについても言及している。 「彼が移籍してきていた時は負傷していて、最初の1カ月間は負傷離脱をしていたと思う」 「ヨーロッパリーグの試合が彼のコンディションを上げるのを助けたと思うね」 「ヨーロッパリーグのグループステージはプレミアリーグとは異なるレベルだ。決勝トーナメントは別だが、グループステージには違ったインテンシティがある」 「プレミアリーグでは多くの時間でプレーしていなかったが、(カラバオカップの)ストーク・シティ戦では軽傷を負いながらも前半は良かった」 「簡単なプロセスではない。マドリーでの過去数シーズンは彼にとって簡単ではなかったことを全員が知ってるので、一歩一歩進んで彼を最大限に活かしたい」 2021.01.16 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

韓国代表の“怪物”CBを巡ってトッテナムvsチェルシー?

北京国安の韓国代表DFキム・ミンジェ(24)を巡り、ロンドン勢が火花を散らす可能性が浮上している。イギリス『ミラー』が報じた。 2019年1月に全北現代から北京国安に加わり、アジア屈指のセンターバックとして定期的に欧州からの視線が指摘されるキム・ミンジェ。昨夏にもベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲン(現ベンフィカ)の代役に挙がり、最終的に動きが具体化しなかったトッテナムだが、依然として興味を示して、今冬にも獲得に乗り出す可能性があるようだ。 その理由として、同じくロンドンを拠点にするチェルシーも関心を示し始めているからだという。かつてブラジル代表MFウィリアン(現アーセナル)の獲得目前に迫りながらチェルシーに横取りされた過去があるトッテナムは同じ轍を踏まないよう今月中の入札を検討している模様だ。 身長190cmのセンターバックで、“モンスター”の愛称もつくキム・ミンジェは2019年1月に全北現代モータースから北京国安に移籍。韓国代表でも主力としての確固たる地位を築くが、北京国安との現行契約は2021年12月までとなっており、先日にスラヴェン・ビリッチ氏を新監督として招へいしたクラブ側も売却を視野に入れているようだ。 2021.01.15 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ、若手FWクラークがストークにレンタル移籍!

トッテナムは14日、U-20イングランド代表FWジャック・クラーク(20)が今シーズン終了までチャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティにレンタル移籍することを発表した。 リーズ・ユナイテッドの下部組織出身のクラークは左右のウイングにセンターフォワードでもプレー可能なスピードと、ドリブルテクニックに優れた181cmのアタッカー。 2019年夏にトッテナムへ4年契約で完全移籍も、昨シーズンの前半戦はリーズにレンタルバックという形で残留。その後、昨年1月にはレンタル先をQPRに変更していた。 QPRからレンタルバックした今シーズンはヨーロッパリーグ2試合と直近のFAカップのマリン戦の合計3試合に出場していた。 2021.01.14 22:07 Thu
twitterfacebook
thumb

ドローでトップ4浮上ならずのスパーズ、モウリーニョは「試合を殺せなかった」と悔やむ

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、試合を決め切れずドローとなったことを悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは、13日に行われたプレミアリーグ第16節でフルアムと対戦。この日は第18節のアストン・ビラ戦が開催される予定だったが、アストン・ビラで新型コロナウイルス(COVID-19)のクラスターが発生したため中止となり、急遽延期分のフルアム戦が組まれた。 勝てばトップ4に浮上できる一戦、前半にFWハリー・ケインのゴールで先制したトッテナムだが、その後は決定機を生かせない場面が続くと、後半フルアムに同点とされる。その後両者に得点は生まれず、試合は1-1のドローで終了した。 この結果、トッテナムは4位浮上のチャンスを逃し6位にとどまることに。試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督も、チームがチャンスを生かせなかったと悔やんだ。 「いつものようにチャンスはあったと思う。前半には試合を終わらせるチャンスがあり、後半にもビッグチャンスを作れていた。その後ミスを犯してしまい、その代償を支払うことになったね」 「私は後半に負けていたことを認めなければならないし、選手がもっといいプレーをすべきだったと認める必要がある。彼らは努力をしたと思うが、それでもウーゴ(・ロリス)はセーブをできず、我々はゲームを殺せなかった」 トッテナムは週末のプレミアリーグ第19節で、シェフィールド・ユナイテッドと対戦する。現在リーグ最下位のクラブとの対戦である以上、勝利が期待されるが、モウリーニョ監督は順位で力量を判断してはならないと強調した。 「シェフィールドは非常に良いチームだ。結果だけを見て判断してはいけないよ。私は彼らを、リーグ最下位で前節初勝利を収めたばかりのチームとは見ていない。私は彼らが、良いチームだと思っているからね」 2021.01.14 10:57 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly