栃木が柏MF菊池大介のレンタル加入を発表! 昨季はJ1復帰の福岡でプレー

2021.01.12 17:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
栃木SCは12日、柏レイソルに所属するMF菊池大介(29)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期間は2022年1月31日までなる。湘南ベルマーレ下部組織出身の菊池は2007年にトップチーム昇格後、ザスパ草津(現:ザスパクサツ群馬)、浦和レッズでプレー。2019年から柏に加わり、2020年からアビスパ福岡に期限付き移籍した。


昨季はJ1復帰を果たした福岡の一員として明治安田生命J2リーグ16試合に出場。新シーズンの活躍の場として栃木に移る菊池は各クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントを残している。

◆栃木SC
「今季から加入します菊池大介です。まずは自分を必要としていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。新しいスタジアム、そして栃木県グリーンスタジアムで常にワクワクする、興奮する、また試合に来たいと思ってもらえる空間を作れるように頑張ります。このチームの持っている一体感をより強大にして必ずJ1昇格を成し遂げましょう!! よろしくお願いします!」

◆柏レイソル
「柏レイソルのファン・サポーターの皆さん、お久しぶりです。今年栃木SCでプレーすることを決めました。今の自分に何が必要なのか、どうするべきかすごく考えました。柏レイソルでプレーすることも考えましたが、最終的には移籍を決めました。昨年、レイソルの選手達の活躍、チームの活躍を見て、相当な刺激を受けました。ルヴァンカップの決勝戦は自分もすごく悔しかったです。ああいった大舞台でチームを助けられる、引っ張っていける選手になれるように頑張ります。今シーズンのレイソルの飛躍を期待し、応援しています。自分も負けないように栃木で戦ってきます」

◆アビスパ福岡
「1年間という短い間ではありましたが、応援ありがとうございました。コロナ禍の中、本当にたくさんの方々に支えられ、素晴らしい仲間とチームの目標であるJ1昇格を達成できて、とても濃い時間になりました。ただ自分自身はけがで離脱することが多かったですし、最後パワーが必要な時に試合に絡むことができず、不甲斐ないですし、悔しい気持ちも強いです」

「福岡1年目の自分を応援してくれた方々、ユニフォームやゲーフラを掲げてくださる人たちの前でもっとたくさんプレーしたかったです。最終戦に掲げてくれたメッセージもすごく嬉しかったです。チームを離れますが、これからもアビスパ福岡を応援しています。そしてまたベススタでプレーするのを楽しみにしています。本当にありがとうございました!」
関連ニュース
thumb

水戸が栃木退団の温井駿斗を獲得 「全身全霊をかけて闘いたい」

水戸ホーリーホックは20日、DF温井駿斗(24)の獲得を発表した。背番号は「23」を着用する。 セレッソ大阪下部組織出身の温井は2015年にトップチーム昇格後、FC鈴鹿ランポーレにレンタル。2018年から栃木SCに加わったが、昨季は明治安田生命J2リーグで出場がなく、シーズン終了後に退団した。 水戸入りが決定した温井はクラブを通じて「本日より加入する事になりました温井駿斗です。水戸ホーリーホックの為に全身全霊をかけて闘いたいと思います!」と意気込みを語っている。 2021.02.20 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

栃木退団のDF伊藤竜司が関東1部の古巣VONDS市原へ加入

栃木SCは4日、昨シーズン限りで退団していたDF伊藤竜司(30)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原へ加入することを発表した。 2009年に横浜FCでプロキャリアをスタートさせた伊藤は、FC琉球や松本山雅FCなどを渡り歩き、2019年にVONDS市原(関東1部)から栃木へ加入した。 在籍2年となった伊藤だが、栃木ではケガの影響もありここまで公式戦の出場は一度もなかった。 古巣への復帰が決まった伊藤はクラブを通じてコメントしている。 「またサッカー出来る事に全力で感謝して、その感謝の気持ちをプレーで表現したいと思います。そして全力ボンディアしていきたいと思います!」 2021.02.04 12:53 Thu
twitterfacebook
thumb

栃木SCがクラブ名変更の検討を保留、コロナ禍でクラブ運営の負担を危惧

栃木SCは30日、クラブ名変更について、当面の間保留にすることを発表した。 栃木は、2019年からクラブ名称の変更について検討を進めていたものの、この検討自体を一時的に保留することを決定。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を受けた形となる。 栃木では名称変更をするかどうかの検討を進める中、一般応募を募った結果1286件の応募があったとのこと。外部者も入れて検討委員会を実施する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で会議を自粛していた。 2020年は検討自体を見送り、リーグ戦の継続と新型コロナウイルス感染予防対策、そしてクラブの経済的影響を最小化することを決断していた。 クラブ名が変更となれば、ロゴをはじめとするクラブプロパティの変更が生じ、一定の費用がかかることに。しかし、2020シーズンの新型コロナウイルスの影響を影響を受けてクラブ運営も厳しい状況では、その費用も抑える必要があると判断したとのことだ。 なお、検討する時期については今後改めて判断をするとのことだ。 2021.01.30 11:10 Sat
twitterfacebook
thumb

藤枝が栃木退団のMF岩間雄大を完全移籍で獲得「チームのために全て捧げます」

藤枝MYFCは14日、栃木SCを退団していたMF岩間雄大(34)が完全移籍で加入することを発表した。 岩間はV・ファーレン長崎や松本山雅FCでプレーした後、2019シーズンから栃木でプレー。2シーズンで明治安田J2通算43試合に出場し1得点を記録していた。 2020シーズンは明治安田J2で32試合に出場し1得点を記録していたが、契約満了で退団していた。 岩間はクラブを通じてコメントしている。 「初めまして、岩間雄大です。今シーズン皆さんと一緒にJ2昇格を必ず達成したいです。チームのために全て捧げます。共に熱く戦いましょう!!」 2021.01.14 10:44 Thu
twitterfacebook
thumb

FW畑潤基が長崎から栃木へ期限付き移籍「人を感動させるプレーを」

栃木SCは13日、FW畑潤基(26)がV・ファーレン長崎から期限付き移籍加入することを発表した。 畑は東海大学在学中の2016年に特別指定として長崎に選手登録されJリーグデビュー。翌シーズンに正式に入団し、プロキャリアをスタートさせた。 2017年8月からは1年半の間、アスルクラロ沼津へ期限付き移籍していたが、2019年に復帰し、昨季は明治安田生命J2リーグで29試合に出場し5ゴールを挙げた。 準主力としてプレーしていた畑だが、新シーズンは栃木へレンタル移籍することを決断。両クラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。 ◆栃木SC 「栃木SCのファン、サポーターの皆様はじめまして。この度V・ファーレン長崎から期限付き移籍で来ました。畑潤基です。栃木SCの昨年以上の順位、J1昇格を自分の力を100%以上出して達成するために強い気持ちを持ってきました。そしてFWとしてゴールはもちろんそれ以外のところでも人を感動させるプレーをしていきたいと思います」 ◆V・ファーレン長崎 「2020シーズンは、コロナ禍という難しい中で熱い応援ありがとうございました。2021シーズンは栃木SCに期限付き移籍することになりました。この2年間さまざまなことを経験させていただきました。さらに結果にこだわり、必ず活躍する姿をお見せできるように頑張ってきます!」 2021.01.13 15:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly