八戸が長野退団の岡佳樹を獲得 「一つでも多くの勝利を」

2021.01.05 14:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンラーレ八戸は5日、FW岡佳樹(26)の獲得を発表した。

岡は松本山雅FC、アスルクラロ沼津を経て、2020シーズンからAC長野パルセイロでプレー。明治安田生命J3リーグ21試合1得点を記録したが、シーズン後の退団が決定した。

新シーズンから八戸でプレーする岡はクラブの公式サイトを通じて、意気込みを語っている。

「ヴァンラーレ八戸でプレーすることになりました岡佳樹です。一つでも多くの勝利を届けられるよう精一杯チームの為に戦いたいと思います。よろしくお願いします」


関連ニュース
thumb

「伝統工芸なんて素敵」八戸の新ユニフォームは“南部菱刺し”がモチーフ「全身緑復活!!」

ヴァンラーレ八戸は17日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。 八戸は2021シーズンの明治安田生命J3リーグで7勝8分け13敗で13位という成績。2022シーズンは葛野昌宏監督が引き続き指揮を執る。 新ユニフォームは、クラブカラーのグリーンをベースに、青森県南部地方に伝わる伝統工芸刺し子「南部菱刺し」をモチーフとしている。南部菱刺しは、江戸時代に始まったとされる青森県南部地方の技法であり、青森県の伝統工芸三大刺し子の一つだ。 さらに、縁起が良い鳥とされる雉の足模様、無病息災厄除けを意味する鱗紋、今回のユニフォームのためだけに新たに追加作成された、必勝を意味するV模様をデザインし、地域を背負い、共に戦い、勝利を掴み取るというメッセージを込めたユニフォームとなっている。 デザインはフィールドプレイヤー(FP)、GKともに共通。ホーム&アウェイに関しても共通のものを採用。カラーリングはFPのホームがグラス(緑)、アウェイがホワイト、GKのホームがレッド、アウェイがイエローのベースになっている。 サプライヤーのヒュンメルが手掛けたデザインには、「パンツも緑で全身全綠復活!!」、「地域の伝統工芸をユニに織り交ぜていくのはいいね」、「伝統工芸の南部菱刺しだなんて素敵」、と好評の声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】「南部菱刺し」をモチーフとした八戸の新ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vanrare220117_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vanrare220117_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vanrare220117_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.01.17 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

八戸退団の高島康四郎、JFLの松江シティFCに移籍

ヴァンラーレ八戸は14日、GK高島康四郎(23)が日本フットボールリーグ(JFL)の松江シティFCに加わると発表した。 高島は東山高校、専修大学を経て、昨年に八戸でプロ入り。だが、出場機会が巡ってくることなく、契約満了で退団した。 2022.01.14 13:55 Fri
twitterfacebook
thumb

八戸がYS横浜のGK小池大喜を完全移籍で獲得「強い覚悟を持って闘います」

ヴァンラーレ八戸は8日、Y.S.C.C.横浜のGK小池大喜(25)が完全移籍で加入することを発表した。 小池は大宮アルディージャのユース出身で、東洋大学から2019年にブラウブリッツ秋田へ入団。2021シーズンにYS横浜へ完全移籍した。 秋田時代は出番がなかったが、2021シーズンの明治安田生命J3リーグでは4試合、天皇杯では1試合に出場し、プロとしてのデビューを果たしていた。 小池はクラブを通じてコメントしている。 「ヴァンラーレ八戸に関わる全ての皆様、はじめまして!この度、Y.S.C.C.から加入することになりました、小池大喜です」 「僕にとって八戸はプロデビューを果たした特別な土地であり、ヴァンラーレ八戸のために闘えることを大変嬉しく思っています。チームの勝利に貢献するため、強い覚悟を持って闘います」 「ファン・サポーターの皆様、目の前の一戦一戦の勝利を目指して、共に闘いましょう!よろしくお願いいたします」 2022.01.09 17:37 Sun
twitterfacebook
thumb

八戸が宮崎のMF渡邊龍を完全移籍で獲得「わくわくするようなドリブル突破やゴールを届けます!」

ヴァンラーレ八戸は8日、テゲバジャーロ宮崎のMF渡邊龍(25)が完全移籍で加入することを発表した。 渡邊はFC東京の下部組織出身で、U-15深川、U-18と昇格。日本体育大学へと進学し、2019年に当時JFLの宮崎へと入団した。 JFLでは2シーズンで26試合に出場し、2020シーズンは14試合5得点を記録し、チームのJ3昇格に貢献。2021シーズンは明治安田生命J3リーグで28試合に出場し5得点を記録していた。 渡邊は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ヴァンラーレ八戸 「ヴァンラーレ八戸に関わる全てのみなさん、はじめまして。この度、テゲバジャーロ宮崎から加入することになりました、渡邊龍です。みなさんに、わくわくするようなドリブル突破やゴールを届けます!2022シーズン、ヴァンラーレ八戸のJ2リーグ昇格に向けて、一緒に戦いましょう!!」 ◆テゲバジャーロ宮崎 「この度、テゲバジャーロ宮崎からヴァンラーレ八戸に移籍することになりました。テゲバジャーロ宮崎では、3年間プレーさせていただきました。3年前、セレクションを受け、加入させていただけたことにとても感謝しています」 「テゲバジャーロ宮崎では、たくさんの方々から指導やアドバイスを頂き、サッカーに関する考え方や、体のケア、食事の摂り方など、多くのことを学ばせていただきました。宮崎には一度も訪れたことがありませんでしたが、暖かくて過ごしやすい気候や、ご飯のおいしさ、人柄の温かさに触れ、宮崎が大好きになりました」 「テゲバジャーロ宮崎を退団すること、宮崎という地を離れることはとても寂しいです。しかし、1人のサッカー選手として、自分の目標や年齢を考え、新しい環境でチャレンジしようという決断に至りました」 「テゲバジャーロ宮崎というクラブで得た経験や学んだことを糧として、今後も自分の夢や目標に向かって頑張っていきます。テゲバジャーロ宮崎に関わる全ての皆様、そして宮崎の地で私に関わってくれた全ての皆様、3年間ありがとうございました」 2022.01.08 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

八戸が鹿児島で4年プレーしたFW萱沼優聖を完全移籍で獲得「カヤって呼んでください」

ヴァンラーレ八戸は6日、鹿児島ユナイテッドFCのFW萱沼優聖(28)が完全移籍で加入することを発表した。 萱沼は山梨学院大附属高校から関東学院大学を経て、2016年にカターレ富山へと入団。2018年から鹿児島に完全移籍してプレーしていた。 加入4年目となった2021シーズンは明治安田生命J3リーグで23試合に出場し3得点、天皇杯で1試合に出場していた。 鹿児島ではJ2通算25試合出場、J3通算69試合出場し11得点、天皇杯通算3試合出場だった。 萱沼は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ヴァンラーレ八戸 「あけましておめでとうございます。初めまして、鹿児島ユナイテッドFCからきました萱沼優聖です。カヤって呼んでください」 「ヴァンラーレ八戸でプレーできる機会を与えていただいた下平さん、葛野さんに感謝をしています。サッカーができる喜び、感謝の気持ちを忘れずに、家族そしてチームのために精一杯頑張りたいと思います」 「選手、スタッフ、ファン、サポーター、全ての人が一丸となり共に目標を達成しましょう。よろしくお願いします」 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「あけましておめでとうございます。4年間ありがとうございました。この4年間、鹿児島ユナイテッドFCという素晴らしいクラブでJ2昇格を果たしたことや新しく専用グランドができたことなど様々な歴史的瞬間に選手として関わることができ、とても幸せでした」 「鹿児島での経験を糧に、次の新天地でも自分らしく頑張っていきたいと思います」 2022.01.06 14:24 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly