町田、水本裕貴の完全移籍移行を発表! 8年半を過ごした広島に別れ

2020.12.29 12:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©FCMZ
FC町田ゼルビアは29日、元日本代表DF水本裕貴(35)の完全移籍移行を発表した。

水本はジェフユナイテッド千葉、ガンバ大阪、京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島、松本山雅FCを経て、今季からレンタル加入。明治安田生命J2リーグ41試合に出場して、1得点と活躍した。

8年半を過ごした広島に別れを告げ、来季も町田でプレーする水本は両クラブを通じて次のようにコメントしている。

◆FC町田ゼルビア
「完全移籍で加入する事になりました。今年の経験を活かして来年はもっと上の順位に行けるよう頑張ります。自分の力を全て出し、チームに貢献していきたいと思います。ファン・サポーターの皆さん一緒に戦いましょう」

◆サンフレッチェ広島
「このたび、サンフレッチェ広島からFC町田ゼルビアへ完全移籍することになりました。8年半、素晴らしいチームや仲間、ファン・サポーターと共に戦えたことは誇りです。そして3回のリーグ優勝や残留争いなど全ての経験が僕の財産となっています。本当にありがとうございました」


関連ニュース
thumb

「まだ現役で戦い続けたい」町田が元日本代表DF水本裕貴との契約満了を発表…今季はJ2で24試合出場

FC町田ゼルビアは2日、元日本代表DF水本裕貴(36)との契約満了を発表した。 水本はジェフユナイテッド千葉やガンバ大阪、京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島、松本山雅FCでプレー。広島から、2020年に期限付き移籍で加入すると、今シーズン完全移籍で加入していた。 水本は2020シーズンは明治安田生命J2リーグで41試合に出場し1得点、今シーズンも24試合に出場していた。 水本はクラブを通じてコメントしている。 「2年間応援していただき本当にありがとうございました。J1に昇格出来なかったことが心残りです」 「私自身まだ現役で戦い続けたいと思うので、FC町田ゼルビアと共に応援していただければ幸いです」 2021.12.02 19:37 Thu
twitterfacebook
thumb

町田の高卒ルーキーDF奈良坂巧がセルビアのヴォイヴォディナへ短期留学「学びと成長の2週間にしてきます!」

FC町田ゼルビアは27日、DF奈良坂巧(19)がセルビアのヴォイヴォディナへ短期留学することを発表した。 奈良坂は桐光学園高校から今シーズン加入。明治安田生命J2リーグで2試合に途中出場していた。 ヴォイヴォディナへは、2017年に酒井良ジュニアユース監督が留学。2018年にもユースの選手2名が短期留学をしている。 奈良坂は留学中には、トップチームでのトレーニング及び数試合の公式戦試合観戦を行う予定だという。なお、留学期間は12月3日から12月17日の2週間の予定だ。 奈良坂はクラブを通じてコメントしている。 「このような素晴らしい経験をさせていただけることをとてもありがたく思うと共に、「いい経験でした」というありふれた言葉で終わらせない学びと成長の2週間にしてきます!」 「最終戦までチームに居られないことが寂しいですが、もちろんDAZNで共闘します!!」 「また、ゼルビアファンフェスタ2021にも参加することができず、申し訳ございません。ただ、ファン、サポーターの皆様に来季成長した姿をお見せすることで、今年1年間応援してくださったことへの恩返しをさせていただきたいと思っています」 「実り多い期間にするために頑張ってきますので、宜しくお願いいたします」 2021.11.27 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

町田がポポヴィッチ監督の続投発表、昨季19位も今季は上位争い

FC町田ゼルビアは23日、ランコ・ポポヴィッチ監督(54)との契約更新を発表した。 ポポヴィッチ監督は、現役時代にはパルチザン・ベオグラードやアルメリア、シュトルム・グラーツなどでプレー。引退後は、サンフレッチェ広島でコーチを務めるなどすると、2009年に大分トリニータで監督に就任。2011年には当時JFLの町田の監督も務め、2012年からはFC東京、2014年からはセレッソ大阪の監督を務めた。 その後、レアル・サラゴサの監督に就任。タイのブリーラム・ユナイテッド、インドのプネ・シティ、オーストリアのザンクト・ペルテンで監督を務めると、2020年に町田の監督に就任した。 2020シーズンは19位と下位に低迷したが、今シーズンは上位を争っていた中、昇格の夢は潰えたものの、現在も5位と好位置につけている。 ポポヴィッチ監督はクラブを通じてコメントしている。 「来季も指揮を執らせて頂く事を光栄に思います。クラブの発展、選手、スタッフ一人一人の成長に私もその一部として、関わる事が出来て幸せです」 「このまま全員が同じ方向を向き、一丸となって成長し、成功を掴みとりたいと思います。また、今シーズンチームが成長出来た事に関して、ファン・サポーターの皆さん、クラブスタッフ、現場スタッフ。FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様に感謝しています。来シーズンも一緒に闘いましょう!」 2021.11.23 11:33 Tue
twitterfacebook
thumb

藤枝のMF谷澤達也が19年の現役生活を引退、柏、千葉、FC東京などでもプレー「本当に幸せでした」

藤枝MYFCは22日、MF谷澤達也(37)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 谷澤は静岡県出身で、静岡学園高校から2003年に柏レイソルへと入団。1年目から出場機会を得ると、同年のFIFAワールドユース(現:U-20ワールドカップ)に出場した。 2008年にはジェフユナイテッド市原・千葉へと完全移籍すると、2011年にFC東京へ移籍。2012年に千葉へと復帰すると、2016年の期限付き移籍を経て、2017年にFC町田ゼルビアへと完全移籍。 2018年にはSC相模原へと完全移籍すると、2019年から藤枝でプレーしていた。 スーパーサブとしても活躍し、数多くの決定的なゴールを記録したことでも知られている。 J1通算164試合出場15得点、J2通算288試合27得点、J3通算99試合10得点を記録。リーグカップで27試合1得点、天皇杯24試合7得点を記録していた。 谷澤はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンで引退します。高校を卒業してから19年間もサッカーが出来て本当に幸せでした」 「柏レイソル、ジェフユナイテッド千葉、FC東京、FC町田ゼルビア、SC相模原、藤枝MYFCで色々な経験をさせてもらいました」 「レイソルではJ1昇格。千葉ではJ1残留争いでの奇跡の残留一生忘れません。FC東京ではJ2優勝、天皇杯優勝、ACLに出場できたことは本当に最高の思い出です」 「ゼルビアでは同い年の深津、中島と一緒にプレーしたこと。相模原では初めてキャプテンマークを巻かせてもらい、藤枝MYFCでは地元でプレーできた喜び」 「今まで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝したいと思います。ありがとうございました」 2021.11.22 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

青森山田高の宇野禅斗が町田加入内定 「自身を鍛え続けると同時に恩返し」

FC町田ゼルビアは9日、青森山田高校からMF宇野禅斗(17)の2022シーズン加入内定を発表した。 宇野は同世代屈指のボランチで、2019年に全国高校選手権準優勝を経験。2020年の全国高校選手権も準優勝に終わったが、大会優秀選手に輝いた。また、今年はU-18日本代表候補や日本高校選抜に選ばれるなかで 全国高校総体で優勝に導き、個人としても優秀選手にノミネートされた。 ボランチでコンビを組み、FC東京に加入内定のU-22日本代表MF松木玖生とともにプロ入りが決定した宇野は町田の公式サイトを通じて、喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「来年からFC町田ゼルビアに加入することになりました、宇野禅斗です。プロの世界に飛び込みその第一歩をFC町田ゼルビアで歩み始められことを誇りに思っています。自分を見て、選んで、決めてくださった全ての方々に感謝したいと思います」 「FC町田ゼルビアのサッカーを理解し、自分に何が出来るのかを考え続けたいと思います。そして、自身を鍛え続けると同時に、恩返ししていきたいと思います。ファン・サポーター、応援してくださる全ての方に感謝し、全力でプレーしていきます。応援よろしくお願いします」 2021.11.09 12:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly