町田、水本裕貴の完全移籍移行を発表! 8年半を過ごした広島に別れ

2020.12.29 12:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©FCMZ
FC町田ゼルビアは29日、元日本代表DF水本裕貴(35)の完全移籍移行を発表した。

水本はジェフユナイテッド千葉、ガンバ大阪、京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島、松本山雅FCを経て、今季からレンタル加入。明治安田生命J2リーグ41試合に出場して、1得点と活躍した。

8年半を過ごした広島に別れを告げ、来季も町田でプレーする水本は両クラブを通じて次のようにコメントしている。

◆FC町田ゼルビア
「完全移籍で加入する事になりました。今年の経験を活かして来年はもっと上の順位に行けるよう頑張ります。自分の力を全て出し、チームに貢献していきたいと思います。ファン・サポーターの皆さん一緒に戦いましょう」

◆サンフレッチェ広島
「このたび、サンフレッチェ広島からFC町田ゼルビアへ完全移籍することになりました。8年半、素晴らしいチームや仲間、ファン・サポーターと共に戦えたことは誇りです。そして3回のリーグ優勝や残留争いなど全ての経験が僕の財産となっています。本当にありがとうございました」

関連ニュース
thumb

町田の選手1名が新型コロナ陽性、39.7度の発熱

FC町田ゼルビアは23日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は22日に38.9℃の発熱がありPCR検査を実施。23日には39.7℃と熱が上がり、陽性判定を受けたとのことだ。 なお、当該選手は管轄の保健所の指示によりホテルに隔離されているとのことだ。 また、当該選手の行動履歴を確認したところ、トップチーム関係者及びチーム関係者に濃厚接触者はおらず、体調不良などの症状も現時点では確認されていないとのことだ。 2021.07.24 11:11 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FC副主将の田代真一、古巣町田にレンタル移籍 「本当に嬉しく全てが楽しみ」

FC町田ゼルビアは23日、横浜FCからDF田代真一(33)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日までで、背番号は「35」。26日からチームに合流する予定だ。 田代は横浜F・マリノス、町田、ジェフユナイテッド千葉、モンテディオ山形、V・ファーレン長崎を渡り歩き、2018シーズン途中から横浜FCでプレー。副主将を務める今季もここまで明治安田生命J1リーグ10試合出場で1得点をマークするなどの活躍を披露したが、2011年から2シーズンを過ごした町田復帰を決断した。 約10年ぶりの古巣復帰となる田代は町田の公式サイトを通じて、意気込みを語った。 「この度、FC町田ゼルビアに加入することになりました。田代真一です。僕自身、約10年ぶりにFC町田ゼルビアでプレーさせていただくことになりますが、本当に嬉しく全てが楽しみです。FC町田ゼルビアをJ1昇格させることに使命感を持って取り組んでいきます!」 「そして町田という地域の次世代を担う子供たちに夢を与えられる様にピッチで走り続けたいと思います。スタジアムを満員にできるよう常に結果に拘って日々努力します。引き続き熱い応援をよろしくお願いします。町田GIONスタジアムでお会いできる日を楽しみにしています」 一方、慣れ親しんだ横浜FCの公式サイトを通じては思い出を振り返るとともに、移籍の理由、そしてチームのJ1残留を願った。 「この度、FC町田ゼルビアに期限付き移籍する事になりました。横浜FCでは約3年間、数多く学び、経験することが出来ました。幼い頃から慣れ親しんだ三ツ沢で、プロとして試合をし、ゴールを決めて、そして昇格する事も出来ました。本当に僕自身、最高の思い出が詰まった3年間となりました。シーズン途中、そしてチームが苦しい状況の中、簡単な決断ではありませんでしたが、常にチャレンジし続けたいという思いからこの様な決断をさせて頂きました」 「今後はFC町田ゼルビアをJ1に昇格させる為に尽力していきますが、横浜FCの活躍と今後の発展を心から願っています。そして今シーズン残りの試合、苦しい状況に変わりはありませんが、残ったメンバーが覚悟を決めて必ずやってくれるはずです。是非最後まで一緒に戦って下さい。宜しくお願い致します。町田から応援しています! またお会い出来る日を楽しみにしてます。3年間本当にありがとうございました!」 2021.07.23 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

町田がFWマソビッチとの契約を解除を発表…今季はリーグ戦6試合に出場

町田ゼルビアは18日、セルビア人FWマソビッチ(26)と契約解除したことを発表した。 マソビッチは複数のセルビアクラブを経て、2020年から町田でプレー。J初挑戦となった昨季は明治安田生命J2リーグ22試合に出場して1ゴールをマーク。契約を更新した今季はここまでJ2リーグ6試合、天皇杯1試合の出場に留まっていた。 マソビッチはクラブを通じてコメントしている。 「この度、FC町田ゼルビアと契約解除をすることになりました。この決断はお互いに前進するための決断です」 「この1年半、監督・コーチングスタッフ・強化部スタッフ、そしてチームメイトと一緒に良い仕事ができたことを幸せに思います」 「そして、クラブを支えてくれているオーナーを始めクラブスタッフ、ファン・サポーターの皆様、この一年半、本当にありがとうございました。皆様が暖かく迎え入れてくれたことに対して、感謝の気持ちでいっぱいです」 「これから違う道を歩むという決断をしましたが、FC町田ゼルビアというクラブはめざましく成長しているクラブであり、チームも非常に早いスピードで成長しています」 「このクラブは私の胸の中にずっとあり続けますし、必ずJ1昇格という目標を達成することを確信しています。心から皆様の成功を祈っています」 「私はまだ次のチームは決まっていませんが、ここで得た大きな経験を活かして頑張っていきたいと思います」 「最後にこのクラブに関わる全ての皆さんに“ありがとう”という言葉を伝えたいと思います。1年半ありがとうございました」 2021.07.19 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸生え抜きの攻撃的MF安井拓也が町田に完全移籍「新天地でも頑張ってきます」

FC町田ゼルビアは29日、ヴィッセル神戸のMF安井拓也(22)が完全移籍で加入することを発表した。 なお、合流は30日を予定。第2登録ウインドーが始まる7月16日以降に選手登録される。 安井は兵庫県出身で、神戸のU-15から所属。U-18に昇格すると、2017年にトップチームへ昇格していた。 世代別の代表も経験していた安井は、攻撃的なMFで主にプレー。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ加入後は代役として起用されることも多かった。 2020シーズンは明治安田J1で20試合に出場し初ゴールも記録するなどしたが、今シーズンはここまで明治安田J1でわずか5試合の出場に終わっており、YBCルヴァンカップで6試合とカップ戦要員となっていた。 J1通算41試合出場1得点、リーグカップ通算18試合出場、天皇杯通算9試合出場3得点、AFCチャンピオンズリーグ通算7試合出場だった。安井は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC町田ゼルビア 「皆さん初めまして。今回ヴィッセル神戸から移籍する事になりました安井拓也です。コロナ禍の厳しい状況の中で、オファーをいただけたことに感謝しています」 「自分の力を発揮し、チームに還元できるよう全力を尽くします。昇格を目指して戦いましょう」 ◆ヴィッセル神戸 「この夏、FC町田ゼルビアに移籍する事になりました。アカデミー時代からお世話になりました」 「スタンドから見える僕のユニホームやフラッグ、とても嬉しかったです。ありがとうございました。アカデミー時代からいただいた皆様の声援は忘れません。新天地でも頑張ってきます」 2021.06.29 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

大宮が長いトンネルから抜け出す15試合ぶり勝利! 町田MF吉尾はハットトリック達成【明治安田J2第20節】

27日、明治安田生命J2リーグ第20節の3試合が各地で行われた。 維新みらいふスタジアムでは、5試合未勝利の山口(勝ち点21)と、14試合もの間勝利から遠ざかっている大宮(勝ち点16)が激突。9分にCKからチャンスに繋げた山口に対し、大宮もCKの流れから小島のミドルシュートが相手GKを強襲する。 一進一退の攻防を経て迎えた32分、アウェイの大宮は速攻から左サイドの翁長がクロス。相手GKに弾かれたところを黒川が押し込んで、先制に成功した。 後半に入り、山口はボックス外からのミドルシュートでゴールに迫るも、大宮GK上田が安定したセービング。最後まで黒川の今季初ゴールを守り切った大宮が15試合ぶりの白星を記録。霜田正浩監督にとっての初勝利は古巣相手となった。 町田GIONスタジアムでは吉尾が大活躍。まずは0-0で迎えた41分、中島の短いパスをペナルティアークからダイレクトで流し込むスーパーゴールで狼煙を上げると、後半立ち上がりの50分には、右のショートコーナーの流れで右サイドから左足で送ったクロスがそのままゴールイン。 その後さらに追加点を挙げた町田は67分、自陣からのロングボールに後半頭から途中出場のドゥドゥが反応。ゴール前でDFに囲まれこぼれたところを吉尾が押し込みハットトリックを達成した。 後半アディショナルタイムにもゴールが生まれた町田は5-0の快勝。5位タイに順位を上げている。 その他、泉澤の2ゴールを含む6得点で群馬に圧勝した甲府も、町田に並んで5位に浮上した。 ◆第20節 ▽6/27(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 6</span>-2 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 5</span>-0 愛媛FC レノファ山口 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> ▽6/26(土) V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ジュビロ磐田</span> ブラウブリッツ秋田 1-1 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 2</span>-1 栃木SC アルビレックス新潟 0-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガS.C. 2</span>-0 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 4</span>-0 松本山雅FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-1 ツエーゲン金沢 ギラヴァンツ北九州 0-0 ジェフユナイテッド千葉 2021.06.27 21:36 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly