レバークーゼン、快足FWディアビ&大型CBタプソバとの契約延長を発表!

2020.12.18 02:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンは17日、U-21フランス代表FWムサ・ディアビ(21)とブルキナファソ代表DFエドモン・タプソバ(21)の2選手と契約延長したことを発表した。

公式サイトによれば、ディアビの契約期間は2025年6月30日まで、タプソバの契約期間は2026年6月30日までとなる。

2019年夏に パリ・サンジェルマンからレバークーゼンに加入したディアビは、爆発的な加速力を生かした背後への飛び出しや勝負度胸満点の鋭いドリブル突破を武器に、左ウイングを主戦場にすぐさまピーター・ボス監督の志向するアタッキングフットボールに順応。今シーズンここまでも公式戦19試合5ゴール6アシストと存在感を示し、ブンデスリーガ首位チームの攻撃をけん引している。
一方、2020年冬にポルトガルのヴィトーリア・ギマランイスからレバークーゼンに加入したタプソバは、190cmを誇る身長と身体能力を生かした守備が特徴的なCB。今シーズンはここまで公式戦14試合に出場し、ヨナタン・ターやとアレクサンダル・ドラゴビッチら共に首位チームの堅守を支えている。

関連ニュース
thumb

レバークーゼン、伊東純也の同僚GKペンツを獲得! フラデツキーのバックアップに

レバークーゼンは27日、スタッド・ランスからオーストリア代表GKパトリック・ペンツ(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 レバークーゼンへの移籍が決まったペンツは、公式サイト以下のようにコメントしている。 「オーストリア人として、ブンデスリーガはもちろん魅力的ですし、多くの同胞がここでプレーしている。レバークーゼンでは世界トップレベルの環境で僕の能力を試すことができるんだ。これまでやってきたことを継続し、今シーズンの目標を達成できるよう、自分の役割を果たすとともに、努力し続けるつもりだ」 2013年にザルツブルクの下部組織からオーストリア・ウィーンの下部組織へ移籍したペンツは、2016年5月にプロデビュー。オーストリア・ウィーンでは3年目の2017-18シーズンから守護神に定着し、公式戦154試合に出場。 ここでの活躍が認められ、昨夏に3年契約でスタッド・ランスへ移籍。今季は開幕からスタメンで起用されたが、第7節までに14失点を喫すると、第8節以降はフランス人GKイェフヴァン・ディウフにポジションを奪われていた。 また、各年代のオーストリア代表に選出されてきたペンツは、2022年3月にフル代表デビュー。これまで4試合に出場している。 レバークーゼンでは、守護神ルーカス・フラデツキーの控えを務めるロシア代表GKアンドレイ・ルニョフが背中のケガで長期離脱となっており、新たな控えGKの確保に動いていた。 2023.01.28 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

板倉フル出場のボルシアMGが終盤に猛追もレバークーゼンに惜敗…《ブンデスリーガ》

板倉滉の所属するボルシアMGは22日、ブンデスリーガ第16節でレバークーゼンと対戦し2-3で敗戦した。板倉はフル出場している。 ドイツは20日からリーグ戦が再開。8位で中断期間を迎えたボルシアMGは、再開初戦で12位に沈むレバークーゼンをホームに迎えた。カタール・ワールドカップで日本代表として活躍したボルシアMGの板倉はセンターバックで先発出場した。 序盤からハイプレスをかけるボルシアMGは、立ち上がりからボールを握ってゲームをコントロールするが、相手の守備を崩しきれずシュートに持ち込めない状況を強いられる。 膠着状態が続く中、ボルシアMGは21分に先制を許す。パラシオスのパスから右サイドを突破したフリンポンがボックス右に切り込みシュート。これはDFがブロックしたが、こぼれ球を繋がれるとフロジェクが放ったシュートが右ポストに当たり、こぼれ球をバッカーに流し込まれた。 反撃に出たいボルシアMGだったが、再びネットを揺らしたのはアウェイチームだった。42分、アドリのパスでボックス左に抜け出したディアビのクロスをフリンポンが流し込んだが、これはオフサイドに判定で取り消された。 追加点を凌いだボルシアMGだが、直後にロングカウンターから失点する。43分、自陣でボールを受けたタプソバのクリアを中盤のフロジェクがダイレクトで前線に送ると、DFの裏に流れたボールに反応したアドリがDFエルベディのマークを振り切り、GKとの一対一を制した。 迎えた後半も立ち上がりからボルシアMGがボールを握る展開となるが、なかなか決定機まで至らない状況が続くと、56分にエングム、クラマー、ライマーを下げてヴォルフ、シュティンドル、スカリーを投入する3枚替えを敢行。 しかし、後半も先にスコアを動かしたのはレバークーゼンだった。67分、ボックス左から侵入したバッカーのバックパスを受けた途中出場のアミリがアドリとのワンツーで中に切り込みゴール左隅にへシュートを流し込んだ。 3点を追う展開となったボルシアMGは、82分にバイタルエリア左への縦パスをプレアがヒールパスで落とすと、これを受けたヴォルフがボックス左から折り返し、最後はシュティンドルがゴール右隅に流し込んだ。 さらにボルシアMGは、試合終了間際の93分にもシュティンドルの強烈ミドルでゴールネットを揺らしたが、反撃はここまで。ボルシアMGは再開初戦を白星で飾れず、リーグ戦4連勝のレバークーゼンは10位まで順位を上げている。 2023.01.23 03:45 Mon
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、クラブ・ブルージュの若手MFエンバンバを獲得!今夏にフリーで加入

レバークーゼンは14日、クラブ・ブルージュからU-19ベルギー代表MFノア・エンバンバ(18)が完全移籍で加入することで合意したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までで、背番号は「18」となる。 なお、ドイツ『キッカー』によれば、エンバンバはクラブ・ブルージュとの契約が終了する今夏にフリーで加入するとのことだ。 2020年にヘンクの下部組織からクラブ・ブルージュの下部組織へ移籍したエンバンバは、2021年5月に16歳でトップチームデビュー。同年11月には、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節のマンチェスター・シティ戦でCLデビューを果たしていた。 しかし今季は、昨夏に行われた契約延長に応じなかったことからクラブはエンバンバを構想外とし、リザーブチームへ降格。ここまでベルギー2部で9試合に出場し3ゴール1アシストをしていた。 レバークーゼンに加入したエンバンバは、クラブの公式ツイッターで以下のように喜びを語った。 「レバークーゼンは若手選手がサッカーのトップレベルに到達するための最高の機会を与えてくれることで知られている。ここでのこれからの数年間をとても楽しみにしているよ」 2023.01.15 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリで出場機会失うデンメが移籍を検討? 獲得レースはミランがリードか

元ドイツ代表MFディエゴ・デンメ(31)が出場機会を求めてナポリ退団を検討しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 2020年の冬にRBライプツィヒからナポリに加入したデンメ。加入後は準主力として在籍2年半で公式戦85試合で5ゴール4アシストを記録。しかし、今季は7月に行われたプレシーズンマッチでヒザを負傷し、開幕から離脱を強いられるとここまでセリエA3試合と思うような出場機会を得られていない状態が続いている。 2024年6月まで契約を残しているデンメだが、同選手は出場機会を優先しており、すでに今冬での退団を検討。『ビルト』によれば、スクデット争いのライバルであるミランから強い関心を示されており、すでに話し合いも行われているようだ。 その他、かつてナポリで共闘したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の率いるバレンシアがオファーを提示。また、今夏にも獲得に動いていたレバークーゼンやフランクフルト、ホッフェンハイムらドイツのクラブも獲得に関心を示しているとのことだ。 2022.12.15 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、復帰目前だったMFアランギスの再離脱を発表

レバークーゼンは8日、チリ代表MFチャルレス・アランギスが左ふくらはぎの負傷で再離脱したことを発表した。 アランギスは、10月15日に行われたブンデスリーガ第10節のフランクフルト戦で左ふくらはぎを負傷。以降の公式戦8試合を欠場していた。 クラブの発表によれば、6日のトレーニング参加を見送っていたアランギスは、ふくらはぎに新たな問題を抱えており、離脱を余儀なくされるとのことだ。 今後はバイ・アレーナでリハビリプログラムをこなし、早ければ1月上旬にもトレーニングに復帰できる見込みだという。 2015年にブラジルの名門インテルナシオナルからレバークーゼンに加入したアランギスは、豊富な運動量とパスセンス、戦術眼を武器にセントラルMFで活躍。在籍8年間で公式戦214試合に出場し17ゴール28アシストを記録。今季も公式戦15試合で2ゴールをマークしている。 2022.12.08 22:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly