30億円払ってもクビか? 優勝逸&ACLはGS敗退の広州恒大がカンナバーロ監督解任か

2020.12.08 18:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
広州恒大のファビオ・カンナバーロ監督の去就が危ぶまれているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。現役時代はナポリやパルマ、インテル、ユベントス、レアル・マドリーなどでプレーしたカンナバーロ監督。引退後は指導者の道を歩むと、2014年11月に中国スーパーリーグの広州恒大で監督キャリアをスタート。その後、アル・ナスル(サウジアラビア)、天津権健(後に天津天海となり解散)で監督を務め、2017年11月に復帰。2試合だけ中国代表監督も務めていた。


そのカンナバーロ監督だが、2019シーズンにリーグ制覇を達成。今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でイレギュラーなシーズンとなる中で連覇に手がかかっていたが、プレーオフで江蘇蘇寧に敗れタイトルを逃していた。

また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも出場したものの、ヴィッセル神戸と水原三星ブルーウィングスと同居したグループGで3位となり、2016シーズン以来のグループステージ敗退となっていた。

マルチェロ・リッピ監督やルイス・フェリペ・スコラーリ監督に率いられ、2012年から国内では圧倒的な強さを誇っていた広州恒大だが、カンナバーロ監督就任後は3シーズンでタイトルは1つ。中国『羊城晚報(Yangcheng Evening News)』によると、この状況に経営陣が解任を考えているようだ。

カンナバーロ監督はヨーロッパでの指揮を希望する旨を予てから口にしていたものの、広州恒大との契約は2022年11月末まで。しかし、残り2年間の給与2400万ユーロ(約30億3000万円)を支払って解任する可能性があるようだ。

クラブの上層部はまだ決めかねている状況のようだが、復権を目指す上では解任の可能性が高いとみられている。
関連ニュース
thumb

中国スーパーリーグが年俸上限を設定、外国人の年俸は3億8000万円

中国スーパーリーグが、2021シーズンからのサラリーキャップ制度導入を発表した。 かつては“爆買い”が大きな話題となり、ヨーロッパで活躍するトッププレーヤーを資金力に任せて大量に獲得していた中国スーパーリーグのクラブたち。しかし、近年は中国サッカー協会(CFA)の方針転換などもあり、給与面などが改善されている。 また、クラブの給与未払い問題や、クラブの消滅などを繰り返した中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けて変則的なシーズンを過ごしていた。 その中国スーパーリーグは、2021シーズンからサラリーキャップを導入することを発表。外国人選手の年俸は300万ユーロ(約3億8000万円)を上限、国内選手は500万元(約8000万円)を上限とすることになった。 なお、この制限を超えたチームに関しては、最大で勝ち点24が剥奪されることとなる。また、選手はCFA主催の試合への出場停止措置を受ける可能性もあるとのことだ。 中国スーパーリーグではチェルシーなどでプレーした元ブラジル代表MFオスカルが6000万ユーロ(約75億5000万円)で上海上港で加入。年俸は2300万ユーロ(約29億円)であり、今回も受けられる上限のおよそ8倍をもらっていた。 CFAがサラリーキャップ制度を導入する理由は「マネーフットボール」の抑制と中国代表への「投資バブル」をもたらしたいとのことだ。 CFAの陳戌源会長は、「中国スーパーリーグのクラブの支出は、韓国のKリーグの約10倍、日本のJリーグの3倍となっている。しかし、我々の代表チームははるかに遅れをとっている」とコメントしている。 FIFAランキングで見れば、中国は75位に対し、韓国は38位、日本は27位となっており、会長の言葉通りコストに対して代表強化が進んでいないのが現状だ。 なお、1月1日から有効となり、2部と3部でもサラリーキャップ制度が導入されるとのことだ。 2020.12.16 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴィッセル神戸、戦わずしてグループ首位通過が決定!広州恒大vs水原三星がドロー《ACL2020》

1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループG第4節、広州恒大(中国)vs水原三星ブルーウィング(韓国)が行われ、1-1の引き分けに終わった。 マレーシアのジョホール・ダルル・タクジムがカタールへの渡航許可が下りずに棄権し、3チームでのリーグ戦となったグループG。すでに神戸はグループステージ突破を決めている中、広州恒大は最終節に臨んだ。 グループステージ突破には勝利が必要な広州恒大と、勝利して一気に優位に立ちたい水原三星の一戦。前半は互いに攻めるも得点を奪えないまま時間が経過する。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのは水原三星だった。53分、ボックス手前でファウルを受けてFKを獲得すると、元清水エスパルスのイ・キジェが得意の左足で直接シュート。これがボール右を襲うもGKがセーブ。しかし、イム・サンヒョブが押し込んで水原三星が先制する。 先制を許しピンチに陥った広州恒大だが、72分に同点に追いつく。自陣からのカウンターが発動。エウケソンのスルーパスに反応し裏に抜け出たウェイ・シーハオが飛び出してきたGKの頭上を越える浮き球のシュート。これが決まり、広州恒大が追いつく。 その後は勝ち越しを狙う両チームだったがゴールを奪えず、1-1で終了。この結果、グループ首位のヴィッセル神戸のグループステージ首位通過が決定した。 また、広州恒大は2位をキープしたものの全日程が終了。最終節で水原三星が神戸相手に勝利した場合、スコア次第で順にが入れ替わる可能性がある。 広州恒大 1-1 水原三星ブルーウィングス 【広州恒大】 ウェイ・シーハオ (後27) 【水原三星】 イム・サンヒョブ (後8) 2020.12.01 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

先発全員入れ替えの神戸、後半猛攻も広州恒大に敗戦…前半にセットプレーから2失点《ACL2020》

ヴィッセル神戸は28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループG第4節で広州恒大(中国)と対戦し、0-2で敗れた。 25日に行われた第3節の広州恒大戦では3-1の快勝を収めて決勝トーナメント進出を確定させた神戸。その一戦からスタメン全員を入れ替え、最後尾を守るGK飯倉の前に藤谷、大崎、渡部、初瀬を配置。中盤に小川、中坂、安井、小田を並べ、田中と佐々木が2トップ形成した。 ここまで未勝利でグループ最下位に沈み、後がない広州恒大は前線のタリスカとエウケソンにロングボールを供給して攻撃の形を組み立てていく。それに対して、勝てば首位通過となる神戸は12分に自陣から持ち運んだ小田がボックス左からフィニッシュまで持ち運んだが、枠を外してしまう。 広州恒大の強力2トップに翻弄される神戸は16分、GK飯倉のフィードをカットされた流れから渡部がボックス内でタリスカを倒してしまいPKを献上。これをタリスカにきっちりと決められてしまい、先制点を許してしまう。 その後もエウケソンとタリスカの2人で攻撃を構成する広州恒大に対して、神戸は守勢の展開が続く。そのなかで、36分に佐々木がボックス中央手前やや左の位置でエウケソンを倒してしまいFKを与える。このチャンスでエウケソンが豪快に右足を振り抜くと、ゴール右上に強烈なシュートが突き刺さり、2点ビハインドとされてしまう。 セットプレーから2失点を喫して試合を折り返した神戸は左サイドからの攻撃を中心に攻め込む場面を増やしていき持ち直していく。ただ、チャンスらしいチャンスが作れないまま時間が推移。60分に古橋とアンドレス・イニエスタ、ドウグラスを投入して攻撃の活性化を図りにかかる。 チャンスを徐々に作っていく神戸は70分に決定機。ボックス左外でボールを受けた古橋がグラウンダーのクロスを送る。ボックス中央の安井が左足で合わせたが、GKリウ・ディアンズオに弾かれたボールはポストに嫌われてしまう。 攻勢を強める神戸は76分にイニエスタの右CKからドウグラスがニアサイドで反応するも、放ったヘディングシュートは枠の外。81分にもイニエスタがボックス中央手前からミドルシュートを放ったものの、GKの正面に飛ばしてしまう。 後半アディショナルタイムのラストプレーではイニエスタのロングパスに抜け出したドウグラスがボックス右から折り返し、藤本が右足シュートを放ったが、GKの好守に遭い決めきれず。結局、1点も返すことができず、0-2で敗戦。首位通過決定はお預けとなった。 ヴィッセル神戸 0-2 広州恒大 【広州恒大】 タリスカ(前17[PK]) エウケソン(前36) 2020.11.28 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】中2日で連戦、神戸は勝って首位通過を決められるか《ヴィッセル神戸vs広州恒大》

28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第4節のヴィッセル神戸vs広州恒大(中国)が行われる。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 ◆3日前は快勝 25日に行われた第3節と同じカードとなる今節。神戸は広州恒大との再開初戦で1-3と快勝を収めた。 直近のJリーグでは5連敗と全く良いところがなかった神戸だったが、アンドレス・イニエスタと中心とした攻撃陣が躍動。前半終了間際に古橋亨梧のゴールで先制すると、同点とされた後半にもドウグラス、そしてアンドレス・イニエスタがネットを揺らした。 この勝利でグループステージ突破を決めた神戸。この試合に勝利すれば首位通過も確定するが、残りの2試合は決勝トーナメントに向けて主力を温存する可能性もある。 三浦淳寛監督の判断はどうなるのか。ACL初出場でのタイトル獲得に向けて、リーグ戦の悪い流れを払拭しておきたい。 ◆再開初戦はドロー 再開初戦で水原三星ブルーウィングス(韓国)と引き分けていた広州恒大は、神戸の前に1-3で敗戦。2試合で勝ち点1と出遅れている。 グループステージ突破に向けては勝利が欲しいところだが、ここで連敗となると状況は厳しくなる。 かつて2度大会を制したこともある王者としての意地を見せられるか。前回対戦で神戸の手の内も把握したことは間違いなく、どこまで攻略の準備をしてくるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:菊池流帆、大崎玲央、渡部博文 MF:郷家友太、山口蛍、安井拓也初瀬亮 FW:小川慶治朗、ドウグラス、小田裕太郎 監督:三浦淳寛 ◆注目選手 注目選手はGK前川黛也をピックアップ。 今シーズンはシーズン途中から飯倉大樹に代わって正守護神となり、直近は交互に出場するなどして出場機会を伸ばしている前川。前日会見は英語で挑むなど、初のACLの舞台でチャレンジを忘れていない。 初戦もしっかりとゴールを守り、スケールの大きさと存在感を発揮。チームを勝利に導く活躍を見せるとともに、アジアでの戦いで経験を積み、さらなる飛躍につなげられるかに注目だ。 2020.11.28 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】再開のACL、神戸は中国の雄・広州恒大と激突《広州恒大vsヴィッセル神戸》

25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第3節の広州恒大(中国)vsヴィッセル神戸が行われる。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 ◆9カ月ぶりのACL <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/kobe20201125_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> ヴィセル神戸は2月19日に第2節で水原三星ブルーウィングス(韓国)と対戦し0-1で勝利。それ以来、9カ月ぶりのACLでの試合となる。 明治安田生命J1リーグではなかなか結果を残せず、トルステン・フィンク監督をシーズン途中に解任。三浦淳寛監督にとっては初のACLでの指揮となる。 チームは直近のJ1リーグで5連敗と最悪な状況。攻撃陣も5試合で2点しか奪えておらず、苦しい中でのACL再開となってしまった。 過去を振り返っても仕方ないが、逆に気持ちを切り替えてACLモードになれるかどうか。チームとしての目標であるアジアでのタイトル獲得に邁進したい。 ◆再開初戦はドロー <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/kobe20201125_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対する広州恒大は、新型コロナウイルスの影響で今回の集中開催まで今季のACLではプレーなし。しかし、すでにカタールで1試合を戦っている。 22日に水原三星と対戦し、0-0のゴールレスドロー。ACLの再開戦で勝利を挙げることはできなかった。 今シーズンは変則的に行われた中国スーパーリーグでファイナルまで進出するも、江蘇蘇寧に敗れてしまいタイトルを逃す事態に。さらに元ブラジル代表MFパウリーニョがケガによりACLメンバーから外れるという苦境に立たされている。 それでもACLでの経験豊富なFWリカルド・グラルが代わりにメンバー入り。また、中国代表FWエウケソンもおり経験値では神戸よりも上だ。 今シーズンのACL初勝利を目指して神戸にどのような戦いを挑むだろうか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:飯倉大樹 DF:西大伍、大崎玲央、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、郷家友太 MF:小川慶治朗、アンドレス・イニエスタ、古橋亨梧 FW:ドウグラス 監督:三浦淳寛 ◆注目選手 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/kobe20201125_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> 注目選手はMFアンドレス・イニエスタをピックアップ。 今シーズンはケガなどもありながら、明治安田J1で26試合に出場し4ゴールを記録。チームの攻撃の軸であることは変わらず、そのテクニックの高さを存分に発揮している。 チームとしては最近得点に恵まれない展開となっているが、アジアの舞台でもイニエスタの力は必要なはず。チームの悲願でもあるACL制覇へイニエスタがどんな輝きを見せるだろうか。 2020.11.25 18:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly