パオロ・カンナバーロが現役引退!! 兄・ファビオが率いる広州恒大のコーチ就任へ2017.12.29 09:02 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サッスオーロは28日、イタリア人DFパオロ・カンナバーロ(36)が現役を引退することを発表した。▽ナポリのユースからトップチームに昇格し、2014-15シーズンからサッスオーロでプレーするパオロ・カンナバーロ。同チームではここまで5シーズンを過ごして公式戦112試合1ゴールを奪う活躍を見せていた。

▽しかし、実の兄である元イタリア代表のファビオ・カンナバーロが、広州恒大の指揮官に2年ぶりに復帰したことを受けて、同チームでのコーチ就任が噂されている。そのために、現役を引退する決断を下したようだ。同選手は次のように語っている。

「ピッチ上や、ピッチ外でも生き様をみせたかった。ただ、僕自身は野心が強く、今回の決定を受け入れてくれたクラブには本当に感謝しているよ。このクラブには素晴らしい価値観がある。他のクラブでは見られなかったものであり、僕の家のように感じる」

「現役最後となる土曜日の試合は奇妙な気分になるだろうね。フィールドに立って全てを見逃さないようにしたい」

▽また、中国での新たなキャリアについても語っている。

「僕にとっては新しい都市だね。今はここでの最後の試合に向けて集中しているけれど、新しいキャリアについても準備している段階だ。僕が知っているサッカーの知識を伝えてきたい。中国語は難しいけれど、英語でコミュニケーションを取れるはずだ」

「兄とは一緒の時間を過ごしてこなかった。再び一緒に働けることを嬉しく思っているよ。僕にチャンスを与えてくれたので、それを逃さないようにしたんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

インテル、ポリターノの買い取りオプションを行使!

インテルは19日、サッスオーロのイタリア代表FWマッテオ・ポリターノ(25)の買い取りオプションを行使したことを発表した。買い取り金額は2000万ユーロ(約24億2000万円)とのことだ。 昨夏、サッスオーロからインテルに買い取りOP付きのレンタルで加入したレフティーのアタッカーであるポリターノは今季、セリエAで36試合に出場し5ゴール7アシストを記録。チャンピオンズリーグでは6試合に出場して1アシストを、ヨーロッパリーグでは4試合に出場し1ゴールを決め、主力として活躍していた。 また、インテルは同日、ジェノアのU-19イタリア代表FWエディー・サルセド(17)の買い取りオプションを行使したことも併せて発表した。昨夏、レンタルでインテルに加入したサルセドは、プリマヴェーラで35試合に出場し13ゴールを決めた。買い取り額は800万ユーロ(約9億7000万円)とのことだ。 2019.06.20 04:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベ、サッスオーロの21歳トルコ代表DFデミレルを約18億円で獲得へ

ユベントスはサッスオーロのトルコ代表DFメリヒ・デミラル(21)の獲得に迫っているようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 フェネルバフチェの下部組織出身で2017年にスポルティング・リスボンに完全移籍した192cmの長身センターバックであるデミラルは、アランヤスポルで頭角を現し、今年1月にサッスオーロへ買い取り義務付きのレンタルで加入した。そのサッスオーロではレギュラーポジションを掴み、セリエAで14試合に出場し2ゴールを挙げ、評価を高めていた。 また、2018年11月にデビューしたトルコ代表ではこれまで6試合に出場している。 700万ユーロの移籍金でサッスオーロに加入したデミラルに対し、同メディアによるとユベントスは1500万ユーロ(約18憶2000万円)の移籍金を支払うとのことだ。 2019.06.20 04:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランが狙うイタリア代表MF、所属クラブがボーナスを希望

ミランが獲得を目指すサッスオーロのイタリア代表MFステファノ・センシ(23)だが、金額面での折り合いがついていないようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 チームの立て直しを図っているミランは、中盤の選手の入れ替えにも動き出しており、かねてから注視していたセンシの獲得に近づいている。 『スカイ・スポーツ』によれば、センシ側も移籍へ前向きな状況であり、代理人との交渉も順調に進んでいる様子。しかし、サッスオーロ側が、条件面で新たな要望を出しているようだ。 サッスオーロは、センシに対し最低でも2000万ユーロ(約24億4500万円)の移籍金に加え、パフォーマンスに応じて500万ユーロ(約6億1000万円)のボーナスを希望しているとのことだ。 センシは、チェゼーナのユース出身で、2016年6月にサッスオーロへ加入。今シーズンはセリエAで28試合に出場し2ゴール4アシストを記録していた。 2019.06.13 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、若手イタリア代表2選手の獲得に接近か

ミランがサッスオーロのイタリア代表MFステファノ・センシ(23)とアタランタのイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)の獲得に接近しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』と『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 報道によれば、両選手の代理人を務めるベッペ・リソ氏が11日午後にミラノへ赴き、スポーツ戦略及び開発部門の責任者を務めるパオロ・マルディーニ氏と会談を行ったとのことだ。 セントラルMFのセンシは2018年11月にイタリア代表初招集を受け、今季はセリエAで28試合に出場し2ゴール4アシストを記録。一方、センターバックのG・マンチーニは2019年3月にイタリア代表初招集を受け、今季のセリエAで30試合に出場し、5ゴール1アシストを記録していた。 イタリア代表の今後を担うであろう両選手の獲得にはそれぞれ1500万ユーロ(約18億4000万円)の移籍金が必要になると同メディアは報じている。 2019.06.12 00:01 Wed
twitterfacebook
thumb

アタランタが9人のサッスオーロに逆転勝利で3位フィニッシュ! クラブ史上初のCL出場権獲得! 《セリエA》

アタランタは26日、セリエA最終節でサッスオーロと対戦し、3-1で逆転勝利してクラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。 前節ユベントス戦を引き分けてインテルに勝ち点で並び、3位に浮上したアタランタは、勝利すればクラブ史上初のCL出場権を獲得できる中、ベストメンバーで挑んだ。 アトレティ・アズーリ・ディタリアの改修工事のため、サッスオーロの本拠地マペイ・スタジアムで行われた一戦。11位サッスオーロ(勝ち点43)に対し、開始3分にフロイラーの左足ミドルでゴールに迫ったアタランタがハーフコートゲームを展開していく。 しかし、その後はシュートに持ち込めずにいると、19分に失点した。ロングカウンターに転じられた流れからダンカンのヒールでの落としに反応したボックス内のベラルディに右足で蹴り込まれた。 痛恨の失点を受け、悪い流れが続いていたアタランタだったが、35分に同点とする。左CKからニアサイドのディムスティがヘッドで合わせると、ゴールに向かったボールをD・サパタが混戦のなか押し込んだ。 追いついたアタランタは40分にはピンチを迎えるも、ベラルディのシュートはマジエッロが好クリアで凌いだ。すると44分、イリチッチのスルーパスに抜け出したボックス内のA・ゴメスが際どいシュートを浴びせたが、枠を捉えきれなかった。 そのまま前半を1-1で終えたが、前半ラストプレーでサッスオーロに退場者が出る。FKの流れからファウルを受けて倒れたデ・ルーンに対し、無理に起き上がらせようと腕を揺さぶったベラルディに一発レッドカードが提示された。 数的優位となったアタランタは迎えた後半、開始8分に勝ち越す。ボックス右のイリチッチのシュートはGKに弾かれるも、ルーズボールをA・ゴメスがチップキックシュートでうまく流し込んだ。 その後も敵陣で試合を進めたアタランタは、65分にアレハンドロ・ゴメスの左クロスから途中出場のパシャリッチがヘディングシュートを決めて決定的な3点目を奪った。 そして終盤の83分に主審への抗議でマニャネッリに2枚目のイエローカードが提示されて退場となった9人のサッスオーロに対し、アタランタが3-1で勝利。クラブ最高位の3位でフィニッシュし、史上初のCL出場権を獲得している。 2019.05.27 05:44 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース