カンナバーロ弟、パオロがセリエCで初の監督就任! これまでは兄のアシスタントコーチも独り立ち

2024.06.29 22:55 Sat
兄の下を離れて初めて監督を務めるパオロ・カンナバーロ氏
Getty Images
兄の下を離れて初めて監督を務めるパオロ・カンナバーロ氏
セリエC(イタリア3部)のプロ・ヴェルチェッリは29日、新監督にパオロ・カンナバーロ(43)を招へいしたことを発表した。

現役時代はナポリ、パルマ、エラス・ヴェローナ、サッスオーロでプレーしたカンナバーロ氏。兄にはイタリア代表DFとして活躍し、バロンドールも受賞したファビオ・カンナバーロ氏を持つ。
兄はウディネーゼの監督を2023-24シーズンまで務めていたが、シーズン終了後に退任していた。

パオロ・カンナバーロ氏はその兄の下で中国スーパーリーグの広州恒大(現:広州FC)でアシスタントコーチを務めると、ベネヴェント、ウディネーゼと兄と共に戦ってきた。

指導者キャリアで初めて兄から離れて監督としてスタートする中、どのような手腕を見せるのか注目が集まる。

パオロ・カンナバーロの関連記事

セリエBのベネヴェントは4日、ファビオ・カンナバーロ監督(49)の解任を発表した。 現役時代はナポリや、パルマ、インテル、ユベントス、レアル・マドリーなどでプレーしたカンナバーロ監督。 イタリア代表ではキャプテンも務め、2006年にはドイツ・ワールドカップで見事に優勝すると、同年のバロンドールも受賞していた。 引退後はキャリア終盤に所属したUAEのアル・アハリで指導者キャリアをスタート。中国スーパーリーグの広州恒大(現:広州FC)では初めて監督を務め、アル・ナスル、天津権健といったクラブを率いた後、今夏からベネヴェントの監督に就任しており、これが母国イタリアでの初の指揮となっていた。 昨季は7位フィニッシュとなり、昇格プレーオフ進出も果たしていたベネヴェントだったが、カンナバーロ体制を発足した今季は第23節終了時点で降格圏の19位に低迷。4日に行われたヴェネツィア戦に敗れたことでリーグ3連敗となり、同日中に更迭された。 なお、アシスタントコーチを務めており、カンナバーロ監督の弟でもあるパオロ・カンナバーロ氏(39)と、スポーツ・ディレクターであるパスクアーレ・フォッジャ氏(39)の解任も併せて発表されており、クラブは大幅な体制変更に踏み切るようだ。 2023.02.05 17:50 Sun
中国超級の大連一方への移籍が近づいているナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシクが、サンプドリア戦で着たユニフォームをかつての同僚パオロ・カンナバーロに贈っていたようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 大連一方への移籍が時間の問題となっているハムシクは2日に行われたセリエA第22節のサンプドリア戦に先発出場した。3-0で勝利した後、その試合で着用したユニフォームをかつての同僚で、昨年サッスオーロで引退したP・カンナバーロに贈っていたことが分かった。 ナポリの下部組織出身であるP・カンナバーロは1999年に一度ナポリを離れるものの、2006年に復帰。サッスオーロに移籍する2014年までプレーした。その間、2007年に加入してきたハムシクとは7年間ともに過ごし、2011-12シーズンにはコッパ・イタリアを制した。 盟友ハムシクからプレゼントを受け取ったP・カンナバーロは自身のインスタグラムにユニフォーム写真を投稿し、以下のように綴っている。 「残念なことに、ナポリファンが決して望んでいなかった日がやってきてしまった。人生では全てのことに始まりと終わりがある。しかし、誰もがこの間に成し遂げられるものがある」 「最終的に、選手たちが築いた時代は何年もすれば忘れ去られてしまうもの。しかし、一つだけ確かなものがる。“マレク・ハムシク”という名前は、我々の街の小さな路地にいつまでも鳴り響くだろう」 「たくさんの感動と、多くの愛情のこもった最後のユニフォームをありがとう」 2019.02.04 16:27 Mon
▽サッスオーロは28日、イタリア人DFパオロ・カンナバーロ(36)が現役を引退することを発表した。 ▽ナポリのユースからトップチームに昇格し、2014-15シーズンからサッスオーロでプレーするパオロ・カンナバーロ。同チームではここまで5シーズンを過ごして公式戦112試合1ゴールを奪う活躍を見せていた。 ▽しかし、実の兄である元イタリア代表のファビオ・カンナバーロが、広州恒大の指揮官に2年ぶりに復帰したことを受けて、同チームでのコーチ就任が噂されている。そのために、現役を引退する決断を下したようだ。同選手は次のように語っている。 「ピッチ上や、ピッチ外でも生き様をみせたかった。ただ、僕自身は野心が強く、今回の決定を受け入れてくれたクラブには本当に感謝しているよ。このクラブには素晴らしい価値観がある。他のクラブでは見られなかったものであり、僕の家のように感じる」 「現役最後となる土曜日の試合は奇妙な気分になるだろうね。フィールドに立って全てを見逃さないようにしたい」 ▽また、中国での新たなキャリアについても語っている。 「僕にとっては新しい都市だね。今はここでの最後の試合に向けて集中しているけれど、新しいキャリアについても準備している段階だ。僕が知っているサッカーの知識を伝えてきたい。中国語は難しいけれど、英語でコミュニケーションを取れるはずだ」 「兄とは一緒の時間を過ごしてこなかった。再び一緒に働けることを嬉しく思っているよ。僕にチャンスを与えてくれたので、それを逃さないようにしたんだ」 2017.12.29 09:02 Fri
中国スーパーリーグ(CSL)広州恒大の指揮官を務める元イタリア代表のファビオ・カンナバーロに強力な助っ人が現れた。イタリアメディア各紙が報じている。<br><br>カンナバーロは今シーズン、天津権健を率いてチームを3位へ導いた。シーズン終了後、リーグ戦7連覇を決めた広州恒大のルイス・フェリペ・スコラーリ監督退任に伴い、約2年半ぶりに同クラブ監督に復帰した。<br><br>来年の新シーズン開幕に備え、カンナバーロに強力な助っ人が加わる。8歳年下の弟、パオロ・カンナバーロだ。パオロはファビオ同様、ナポリの下部組織出身で、兄の背中を追いパルマへと移籍した。兄がその後ユベントス、レアル・マドリーへとステップアップを続け、2006年にはバロンドールを受賞したのに対し、パオロは当時、セリエA復帰を目指すナポリへ戻り、7年半に渡り主力として活躍した。<br><br>2014年冬にサッスオーロへ移籍し、プレーを続けていたが、36歳DFは引退を決断。インスタグラムを更新し、スパイクを脱ぎ新たなキャリアへと踏み出すことをファンに報告した。ホームでの最終戦となった23日のインテル戦では1-0で有終の美を飾り、チームメートらに胴上げで見送られ、涙を見せていた。来年1月から広州恒大の兄ファビオの下でコーチを務めることになる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.27 14:46 Wed
▽サッスオーロは22日、MFダビデ・ビオンディーニ(34)、DFパオロ・カンナバーロ(35)、MFフランチェスコ・マニャネッリ(32)、GKジャンルカ・ペーゴロ(36)との契約延長を発表した。 ▽クラブの発表によると、ビオンディーニ、P・カンナバーロ、ペーゴロは2018年6月30日まで、マニャネッリは2019年6月30日までの契約延長とのことだ。 ▽ビオンディーニは、2014年7月にジェノアからサッスオーロに加入。今シーズンはセリエAで14試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 ▽P・カンナバーロは2014年7月にナポリから加入。今シーズンはセリエAで18試合出場1ゴール、ヨーロッパリーグで3試合に出場していた。 ▽マニャネッリは2005年からサッスオーロでプレー。今シーズンはセリエAで15試合に出場し1ゴール、ヨーロッパリーグで5試合に出場していた。 ▽ペーゴロは2013年9月にシエナからサッスオーロに加入。今シーズンはセリエAで1試合、ヨーロッパリーグで1試合に出場していた。 2017.06.22 21:30 Thu

記事をさがす


NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly