元コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスが引退、ブラジルW杯では日本代表戦で2ゴール

2020.12.07 21:17 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
現在は無所属の元コロンビア代表FWジャクソン・マルティネス(34)が引退したようだ。スペイン『マルカ』などが報じている。

ジャクソン・マルティネスは、母国のインデペンディエンテ・メデリンでキャリアをスタート。メキシコのチアパスを経て2012年7月にポルトへ加入すると得点力が爆発。2015年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍した。

◆ジャクソン・マルティネス、ポルト時代のスーパーゴール!

しかし、アトレティコでは期待された得点力を発揮できないでいると、2016年2月に中国スーパーリーグの広州恒大へと移籍。しかし、そこでも大きな活躍を見せられないと、2018年、2019年とポルティモネンセにレンタル移籍。2020年1月に完全移籍するも、昨シーズン限りで退団していた。

プリメイラ・リーガでは141試合で77ゴール14アシスト、チャンピオンズリーグでも26試合で13ゴール1アシストを記録。一方で、ラ・リーガでは15試合で2ゴール2アシスト、中国スーパーリーグでは10試合で4ゴール1アシストと鳴かず飛ばずだった。

コロンビアのラジオ『Munera Eastman Radio』によれば、ジャクソン・マルティネスは左足首のケガが治らずに現役復帰を諦めたとのこと。古巣であるインデペンディエンテ・メデリンへの復帰も浮上したが、結局は引退を選んだようだ。

コロンビア代表としても40試合に出場し8ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップでは、日本代表を相手に2ゴールを記録するなどインパクトを残していた。


関連ニュース
thumb

ケルンがマインツからレンタル中の若手DFキリアンの買取OP行使! 今季主力CBとして活躍

ケルンは17日、マインツからレンタル移籍しているドイツ人DFルカ・キリアン(22)の買い取りオプションを行使したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。 ドルトムント下部組織出身のキリアンは、192㎝の長身を生かした対人守備が特徴で、各年代のドイツ代表にも選出されてきた将来有望なセンターバック。2020年夏にパーダーボルンからマインツに完全移籍したが、昨夏出場機会を求めてケルンへ買い取りオプション付きのレンタル移籍でケルンへ加入した。 今シーズンのケルンではブンデスリーガ30試合に出場し、レギュラーに定着。今年4月に行われたマインツとの古巣対戦では待望のブンデスリーガ初ゴールも挙げていた。 2022.05.18 00:48 Wed
twitterfacebook
thumb

37歳DFシュクルテルが今季限りで現役引退…リバプールやゼニトで活躍

かつてリバプールやゼニト、フェネルバフチェで活躍した元スロバキア代表DFマルティン・シュクルテル(37)が現役引退を発表した。 昨夏、イスタンブール・バシャクシェヒルを退団し、母国のスパルタク・トルナヴァに加入したシュクルテル。今シーズンは公式戦20試合に出場し1ゴールの数字を残していた。 しかし、長年腰痛に悩まされてきた37歳DFは21日に行われるFCドゥナイスカー・ストレダ戦が、自身にとってキャリア最後の一戦となることを公式インスタグラムを通じて明かした。 「20年のキャリアを経て、FC DACドゥナイスカー・ストレダ)との試合が僕にとっての最後の試合となり、自分のキャリアが終わることをお伝えせざるを得ない」 「長年の腰痛のため、これ以上プレーを続けることは不可能であり、そのためこのような決断を下さなければならなくなった」 「これまでプレーしたすべての国のすべてのフットボールクラブ、コーチ、チームメイト、そしてファンの皆さんに感謝したい」 「同時に、すべての友人、とりわけ家族に感謝するよ。妻、息子、両親、親戚、この数年間、僕のそばにいて支えてくれた人たちに感謝する。これまで本当にありがとうございました」 母国のトレンチーンでプロキャリアをスタートしたシュクルテルは、2004年にゼニトへ完全移籍。2007シーズンのロシア・プレミアリーグ制覇に貢献した後、2008年1月にリバプールへステップアップを果たした。 2010-11シーズンからレギュラーセンターバックに定着すると、2011-12のEFLカップ制覇などにも貢献。リバプールでは在籍8年半で公式戦320試合18ゴールの数字を残したが、在籍ラストシーズンに就任したユルゲン・クロップ監督の下で構想外となり、2016年夏にフェネルバフチェへ新天地を求めた。その後、プレー機会が一度もなかったアタランタを経て、前述のイスタンブール・バシャクシェヒル、スパルタク・トルナヴァを渡り歩いた。 また、2004年7月にデビューを飾ったスロバキア代表ではユーロ2016、2010年南アフリカ・ワールドカップに出場するなど、同国歴代4位の104試合に出場。長らく頼れるディフェンスリーダーに君臨していた。 2022.05.17 23:47 Tue
twitterfacebook
thumb

マインツ、今季7ゴールのイングヴァルトセンら2選手の買取OP行使を発表

マインツは17日、ウニオン・ベルリンからレンタル移籍で加入していたデンマーク代表FWマルクス・イングヴァルトセン(26)の買い取りオプション行使を発表。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。 母国のノアシェランでプロキャリアをスタートし、ヘンクを経て2019年にウニオンに完全移籍で加入したイングヴァルトセン。187cmの左利きのストライカーは在籍2シーズンで63試合9ゴール11アシストの数字を残したが、昨夏にマインツへレンタル移籍した。 その新天地でも公式戦27試合中、スタメン出場は6試合とレギュラー定着には至らなかったが、ブンデスリーガ最終節のフランクフルト戦でドッペルパックを記録するなど、7ゴールとまずまずの結果を残した。 また、マインツは同日、ヘラクレス・アルメロからレンタル移籍で加入していたオランダ人FWデラノ・バルフゾルフ(23)の買い取りオプション行使を発表。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。 母国のデ・フラーフスハップでキャリアをスタートしたバルフゾルフは、スピードに特長を持つ打開力に優れた右利きのウイング。スペツィアを経て2019年に加入したヘラクレスでは完全移籍に移行した昨シーズンのエールディビジで32試合5ゴールを記録した。 今冬に加入したマインツでは加入後3試合で1ゴールとすぐさま結果を残したが、新型コロナウイルス感染後の心筋炎によって長期離脱を強いられていた。それでも、ポテンシャルを高く評価するクラブが完全移籍での獲得を決断した。 2022.05.17 22:42 Tue
twitterfacebook
thumb

RBライプツィヒ、在籍5年のカンプルと2024年まで契約延長!

RBライプツィヒは17日、元スロベニア代表MFケビン・カンプル(31)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 2017年にレバークーゼンから加入したカンプルは、在籍5シーズンでクラブ歴代9位となる公式戦170試合に出場。今シーズンはセントラルMFで公式戦39試合に出場し、質と量を兼ね備えた気の利くプレーで若手中心のチームを支えてきた。 21日にフライブルクとのDFBポカール決勝を控える中、クラブとの新契約にサインした31歳MFはクラブ公式サイトを通じて新たな意気込みを口にしている。 「RBライプツィヒは僕のクラブであり、ライプツィヒは僕の街であり、僕と家族にとって長い間、第二の故郷のようになったんだ。2017年からここで素晴らしい成功を収め、さらに歴史を刻み続けるこの場所に居られることを誇りに思う」 「今はベルリンで3度目のポカール決勝という大一番が控えているけど、今度はライプツィヒにトロフィーを持ち帰りたい。ファンのみんなにはその資格がある。決勝の前に新しい契約を発表できたことは、より素晴らしいことだし、これからも一緒にこの旅を続けていくことを示すものだよ」 2022.05.17 22:17 Tue
twitterfacebook
thumb

元神戸のフィンク監督、他リーグからのオファーを受けるため就任4カ月でリガFCを退団

かつてヴィッセル神戸を指揮したトルステン・フィンク監督(54)が、リガFCの監督を退任した。クラブ公式サイトが伝えた。 フィンク氏は、ドルトムント生まれ。現役時代はドルトムントの下部組織やカールスルーエ、バイエルンなどでプレーした。 引退後は指導者の道を歩み、ザルツブルクの下部組織で監督業をスタート。その後、インゴルシュタットやバーゼル、ハンブルガーSV、APOEL、オーストリア・ウィーン、グラスホッパーなど、様々な国で監督を務めた。 2019年6月から2020年9月まではヴィッセル神戸を指揮。Jリーグでは期待された結果が出なかったものの、天皇杯では優勝するなど結果を残したが、家族のところへ戻ると電撃退任していた。 そんな中、今年1月にリガFCの監督に就任。ラトビア1部リーグで13試合を指揮し、チームは8勝1分け4敗だった。 クラブの発表によると、フィンク監督は別のリーグからのオファーがあり、それを受けるために契約を解除することで合意したという。また、違約金がフィンク監督からクラブへと支払われるとのこと。金額は非公開となっているが、ラトビアサッカー界においては新記録となる金額のようだ。 また、神戸でも共に働いたセバスチャン・ハーン氏と、神戸時代にフィジカルコーチだったニコラ・ヴィドヴィッチ氏も退任するという。 <span class="paragraph-title">【写真】リガFCで指揮を執ったフィンク監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="lv" dir="ltr">Riga FC (@RigaFC_Official) <a href="https://twitter.com/RigaFC_Official/status/1526261022641758208?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.17 21:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly