京都の實好礼忠監督が1年で退任、今季は昇格逃すも現在6位

2020.12.07 18:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
京都サンガF.C.は7日、實好礼忠監督(48)が契約満了により今シーズン限りで退任することを発表した。

實好監督は、現役時代はガンバ大阪でプレー。引退後、G大阪ユースでコーチに就任すると、トップチームのコーチやヘッドコーチを歴任。また、名古屋グランパスでも、西野朗監督の下でトップチームコーチを務めた。

2016年にG大阪U-23で監督業をスタート。2017年から2018年7月まではG大阪ユースで監督を務めると、宮本恒靖監督がトップチームを率いることになったことを受けて2018年7月から再びG大阪U-23の監督に就任。2019年に京都のトップチームコーチになると、今シーズンは監督に昇格していた。

また、佐藤一樹ヘッドコーチ、佐藤尽コーチ、出口拓馬アシスタントコーチについても契約満了で退団となる。

なお、来季の新体制については決定次第発表される。

関連ニュース
thumb

磐田躓き京都が首位浮上! 町田と長崎の上位対決は合計6ゴールの打ち合いに【明治安田J2第30節】

明治安田生命J2リーグ第30節の7試合が、18日に各地で行われた。 2位の京都(勝ち点61)はアウェイで山形(勝ち点49)と対戦。序盤のピンチをヨルディ・バイスの決死の守備で乗り切ると、44分に山形のカウンターをはね返し逆カウンターを発動。自陣右サイドから一気に最前線へボールが送られると、ディフェンスラインの裏へ抜け出したウタカが飛び出してきたGKをかわしてシュート。これはゴール目前でDF山崎にブロックされてしまうものの、セカンドボールを宮吉が押し込んだ。 リードした状態で後半を迎えた京都は荒木を下げて武田を投入。53分には福岡に代わって三沢がピッチに立つと、60分に敵陣右サイドのライン際での華麗なパス回しから三沢がボックス手前右でフリーに。三沢はここから迷わず左足を振り抜くと、これがネットを揺らして追加点を挙げた。 結局、このまま京都が点差をキープしたまま逃げ切り、岡山と引き分けた磐田を抜いて首位に浮上した。 大雨の影響で劣悪なピッチと化した町田GIONスタジアムで行われた、町田(勝ち点52)と長崎(勝ち点49)の上位対決は激しい点の取り合いとなった。 まずはキックオフ早々に長崎のカイオ・セザールが前線にグラウンダーのロングボールを放り込むと、濡れたピッチの影響でボックス手前でボールが急ストップ。町田DFは慌ててクリアを試みたものの、それが十分なクリアにならず、ボールは再び長崎の下へ。 そのクリアボールを拾った植中が短くエジガル・ジュニオに繋げると、ペナルティアークの手前から右足一閃。これがネットに突き刺さり、開始10秒でアウェの長崎が先制に成功した。 だが、その後は後半までスコアは動かず。それでも再び試合が動いたのも後半開始直後だった。54分、長崎の右CKの場面で山崎のアウトスイングのクロスをE・ジュニオが頭で合わせて追加点。 しかしその4分後、今度は町田の左CKの場面で、セカンドボールを拾った吉尾がボックス中央からシュートを放つと、ゴール前の佐野がコースを変えてゴールイン。試合はここからさらに激しさを増していく。 それからさらに4分後の62分、長崎は再びカイオ・セザールが攻撃の起点となり、ボックス右の毎熊に鋭い縦パスを供給。その折り返しをE・ジュニオが合わせてハットトリックを達成。アウェイチームが大きく勝利に近づく。 町田はその後、一挙に3選手を入れ替えて勝負に出る。すると76分、GK福井のロングフィードを、この交代で入った太田が相手ゴール前で収めてそのままゴールを決めて見せた。 これで再び1点差とした町田の勢いは俄然強くなり、迎えた86分、左サイドから吉尾が上げたクロスをボックス右で岡田が収めてバックパス。これをまたも太田がゴールに突き刺し、ついに同点に追いついた。 こうなると長崎は一転して負の連鎖にはまり、カイオ・セザールが2枚目のイエローカードで退場に。そして町田は最後までゴールに迫り続けたが、試合は3-3で終了。壮絶な打ち合いは痛み分けに終わった。 その他、上位返り咲きを目指す琉球(勝ち点51)は、ホームで16位の群馬(勝ち点29)に敗戦。これで3連敗となり、順位も7位に落としている。 また、大宮を1-0で下した甲府は3連勝で3位に浮上している。 ◆第30節 ▽9/18(土) 栃木SC 0-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 愛媛FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 大宮アルディージャ モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 京都サンガF.C.</span> FC町田ゼルビア 3-3 V・ファーレン長崎 ジュビロ磐田 1-1 ファジアーノ岡山 FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> ▽9/19(日) ブラウブリッツ秋田 vs ギラヴァンツ北九州 相模原SC vs レノファ山口 東京ヴェルディ vs アルビレックス新潟 ツエーゲン金沢 vs 松本山雅FC 2021.09.18 22:17 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田、京都が揃って勝利、足踏みが続く新潟に町田が急接近し3位以下は混戦模様に【明治安田J2第29節】

11日、明治安田生命J2リーグ第29節の9試合が各地で行われた。 フクダ電子アリーナで千葉と対戦した首位磐田(勝ち点59)。鈴木のクロスや遠藤の縦パスなどからルキアンが何度かフィニッシュまで持ち込むも、千葉の堅守の前になかなか得点を奪えない。すると、ゴールレスでホイッスルかと思われた前半のアディショナルにPKを献上し、これを見木に決められてビハインドを背負って折り返した。 追い掛ける磐田は65分、大井が前線へのロングフィードを送ると、鈴木大輔が処理を誤ったこぼれ球を拾った小川大貴が流し込んで試合を振り出しに戻す。畳みかける磐田はルキアンのヒールパスからボックス内で金子、さらには鈴木雄斗のスルーパスからルキアンが狙い、千葉ゴールを脅かす。 押し込み続けた磐田は迎えた84分、大森が中央からスルーパスを送ると、高野がボックス左から折り返し、ゴール前でルキアンがタップイン。逆転に成功した磐田は、後半のアディショナルタイムにも前係がかりになった千葉の背後を取り、抜け出したルキアンが再び沈めて勝負あり。J2最多得点を誇る攻撃陣が火を噴き、逆転勝ちで首位をキープした。 上位対決となった2位京都(勝ち点58)と4位琉球(勝ち点51)の一戦はサンガスタジアム by KYOCERAで行われた。先手を取ったのは琉球。16分、沼田のクロスに阿部が頭で合わせてネットを揺らした。さらに、23分には武田がボックス内で倒されてPKを獲得。だが、京都はこれを守護神GK若原がストップすると、今度は川崎がボックス内で倒されて京都にPKが与えられる。これを41分にピーター・ウタカが沈めて試合を振り出しに戻した。 同点で迎えた後半も互いに1点を奪おうと攻勢に出る中、徐々にホームチームが主導権を握る。しばらくゴールを割れずにドローも頭をよぎり始めたが、後半のアディショナルにドラマが待っていた。右でボールを受けた白井がカットインから左足で巻いたクロスを送ると、頭で合わせたのはイスマイラ。途中出場の2人が値千金の決勝ゴールをたたき出し、京都が磐田を追走している。 直近4試合で無得点が3試合と、攻撃陣に陰りの見える3位新潟(勝ち点51)は、12試合負けなしの後に2連敗と、正念場を迎えている8位山形(勝ち点46)とホームで対戦した。新潟は10分に早川からボールを高木が収めて右サイドからクロス。ゴール正面で谷口がボレーで合わせて先制に成功した。 追い掛ける展開となった山形は36分にヴィニシウス・アラウージョのゴールで追い付くと、同点で迎えた61分には中原輝とヴィニシウス・アラウージョの連係から、最後は山田康太がネットを揺らして逆転に成功。これが決勝点となり、山形が3試合ぶりの勝利で6位に浮上した。 また、町田がドゥドゥの決勝ゴールで山口を下し、3連勝で4位に浮上。相模原は長崎とゴールレスドローで勝ち点1を積み上げ、暫定ながらも最下位を脱出した。金沢をホームに迎えた北九州は後半頭の高橋大悟のゴールを守り切り、5戦負けなしとした。 ▽9/11(土) ジェフユナイテッド千葉 1-3 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ</span> 2-0 松本山雅FC アルビレックス新潟 1-2 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形</span> 水戸ホーリーホック 0-3 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガF.C.</span> 2-1 FC琉球 レノファ山口FC 0-1 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC町田ゼルビア</span> V・ファーレン長崎 0-0 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州</span> 1-0 ツエーゲン金沢 ファジアーノ岡山 0-1 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">栃木SC</span> ▽9/12(日) 《18:00》 ザスパクサツ群馬 vs ヴァンフォーレ甲府 《19:00》 愛媛FC vs 大宮アルディージャ 2021.09.11 22:18 Sat
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】京都、武田将平&本多勇喜が次節出場不可に

Jリーグは9日、出場停止選手の情報を更新した。 今回は7日に行われた明治安田生命J2リーグ第25節の松本山雅FCvs京都サンガF.C.を受けて、新たに京都からMF武田将平、DF本多勇喜の2選手が処分対象に。それぞれ警告の累積による1試合停止処分が科され、次節欠場が決定した。 【明治安田生命J1リーグ】 MF瀬古樹(横浜FC) 第28節 vs浦和レッズ(9/11) 今回の停止:1試合停止 MFハイネル(サンフレッチェ広島) 第28節 vs横浜F・マリノス(9/11) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DFチャン・ミンギュ(ジェフユナイテッド千葉) 第29節 vsジュビロ磐田(9/11) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF武田将平(京都サンガF.C.) 第29節 vsFC琉球(9/11) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF本多勇喜(京都サンガF.C.) 第29節 vsFC琉球(9/11) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF田中陸(レノファ山口FC) 第29節 vsFC町田ゼルビア(9/11) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 FWブレンネル(いわてグルージャ盛岡) 第18節 vs鹿児島ユナイテッドFC(9/11) 今回の停止:3試合停止(3/3) 【JリーグYBCルヴァンカップ】 DF小川諒也(FC東京) 準決勝第1戦 vs名古屋グランパス(10/6) 今回の停止:1試合停止 2021.09.09 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

降格圏脱出を目指す松本と首位奪還を狙う京都の一戦は2-2の引き分けに【明治安田J2第25節】

明治安田生命J2リーグ第25節、松本山雅FCvs京都サンガF.C.が7日にサンプロアルウィンで行われ、2-2の引き分けに終わった。 松本はリーグ戦3連敗中。その3試合はいずれも無得点に終わっており、攻守ともに改善が必要な状況だ。今節は上位チームとの一戦ではあるが、降格圏からの脱出を図りたいところ。 一方、京都は直近のヴァンフォーレ甲府戦で敗れ、ジュビロ磐田に首位の座を明け渡してしまった。それでも勝ち点差は「2」しかないため、勝利を挙げて首位の奪還を目指す。 開始11分、いきなり松本が先制。自陣左サイドでボールを受けたセルジーニョが、高い位置から積極的に奪いに来た京都のDFラインの裏にスルーパスを出す。これに抜け出した河合が、ボックスの外まで飛び出してきたGK若原をかわして冷静に無人のゴールに流し込んだ。 しかし、その10分後に京都がすぐに追いつく。敵陣左サイドからのFKは跳ね返されたものの、こぼれ球を繋いでボックス右から白井がクロスを上げる。このボールに宮吉がファーサイドで頭で合わせて、スコアを振り出しに戻した。 それでも再びホームチームが勝ち越し。33分、相手陣地の左サイドで得たFKの場面で、セルジーニョのキックは跳ね返されたものの、もう一度セルジーニョが左からクロスを上げると、ゴール前で合わせたのは伊藤。移籍後初ゴールは値千金の勝ち越し弾となった。 ハーフタイムを挟んだ後半開始早々、京都がゴールネットを揺らす。51分、左サイドでボールを受けた黒木がクロスを上げると、ボックス中央で頭で合わせたのは宮吉。今日2点目となるゴールを決めて、再び同点に追いついた。 その後はアウェイチームがボールを保持しようとするも、松本のアグレッシブな守備に手を焼き、なかなかシュートまで持っていけない。一方の松本も、京都のビルドアップを妨害してカウンターを幾度も発動したが、ゴールネットを揺らすまでには至らず。 結局、合計4ゴールの点の取り合いとなった一戦は、2-2の引き分けで幕を閉じた。 松本山雅FC 2-2 京都サンガF.C. 【松本】 河合秀人(前11) 伊藤翔(前33) 【京都】 宮吉拓実(前21) 宮吉拓実(後6) 2021.09.07 21:23 Tue
twitterfacebook
thumb

京都が逆転勝ちで首位浮上、山形はクラモフスキー体制後初黒星【明治安田J2第27節】

28日、明治安田生命J2リーグ第27節の7試合が各地で行われた。 首位の磐田(勝ち点55)は、最下位の相模原をホームに迎えた。2試合連続の逆転勝利で連勝中の磐田だったが、開始直後に藤本の直接FKであわやの場面を作られるも、GK三浦がわずかに触り、ポストにも助けられて事なきを得る。37分にもボックス手前で鈴木が松橋を倒してしまい、先ほどより近い位置でのFK。今度は藤本が右隅に鋭いシュートを突き刺し、相模原が先手を取った。 後半早々にも磐田はピンチを迎え、CKから松橋に押し込まれそうになるが、ライン上で辛うじてルキアンが防いだ。以降はボールも主導権も握り倒して攻め続ける磐田だが、ゴールだけが遠い。終了間際の89分、遠藤のマイナスのパスから山本康裕がグラウンダーのミドルを左隅に沈めて同点とするも時すでに遅し。相模原の倍以上のシュートを放った磐田だったが1点にとどまり、勝ち点1を分け合った。 消化試合が少ないながらも2位につける京都(勝ち点54)は、ホームで東京Vと対戦。ここまで主軸を担っていた飯田、川﨑を出場停止で欠く影響もあってか、足元に優れる東京Vから思うようにボールを奪えない。20分には、ンドカ・ボニフェイスの自陣深い位置からのフィードを起点に少ないパスでゴール前まで運ばれ、梶川のクロスから端戸に生成ゴールを許してしまう。 だが、後半の頭から三沢に代えてイスマイラを投入すると流れは一遍。56分、京都は中盤でボールを奪ってショートカウンターを仕掛けると、自陣浅い位置でパスを受けたピーター・ウタカはボックス手前まで持ち運び、DFをかわして自ら右足のフィニッシュ。左上に突き刺して同点とすると、4分後には左CKからヨルディ・バイスが沈めてあっという間に逆転に成功した。 さらに67分には、またしてもウタカが奪ってカウンターから持ち運ぶと、最後はボックス左からイスマイラがニアを抜いて追加点を挙げる。終盤にはあわやの場面を迎えるも、GK若原を中心に守り切って3連勝。磐田をかわして首位へと返り咲いた。 3位新潟(勝ち点50)はアウェイに乗り込んで水戸と対戦するも、21分に中山仁斗に先手を取られると、ビハインドで折り返した後半の頭には藤尾に決められて2点差に。以降も再び中山仁斗、さらには安藤にもゴールを許し、今季ワーストの4失点で完敗を喫した。 前節は引き分けながらも好調・山形の連勝を止めた4位琉球(勝ち点48)は、タピック県総ひやごんスタジアムに秋田を迎えた。ゴールレスで迎えた62分にクロスから井上直輝にヘディングでネットを揺らされて先制されるも、直後に清武、武田を下げて清水、上原慎也を投入して前への圧力を高める。すると、風間宏矢のシュートが千田のハンドを誘発し、PKを獲得。阿部がきっちり沈めて同点とする。 攻め続ける琉球はさらに83分、セットプレー崩れから幾度も秋田ゴール前にボールを放り込むと、最後は途中出場の福井がボックス手前から左足のミドルをねじ込んで値千金の決勝ゴール。3試合ぶりの白星を手にし、3位へ浮上した。 前節の琉球戦は引き分けに終わり、連勝が7で止まった5位の山形(勝ち点46)は、今季初めて山田康太がベンチスタートに。6分にセットプレーから菊地に決定機を許すと、38分には何でもないFKから山崎が草野に競り負け、強烈な一撃で失点を喫する。 ビハインドで迎えた56分にはU-20日本代表トレーニングキャンプにも招集された半田のクロスからヴィニシウス・アラウージョが頭で合わせて同点とするも、71分には池上に決勝ゴールを許してしまう。終盤の猛攻も実らず無敗は12試合で途絶え、ピーター・クラモフスキー監督就任後、初の黒星となった。 そのほかの試合は以下の通り。 ◆ 第27節 ▽8/28(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉</span> 2-0 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガF.C. </span> 3-1 東京ヴェルディ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球</span> 2-1 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック</span> 4-0 アルビレックス新潟 ジュビロ磐田 1-1 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口FC</span> 2-1 モンテディオ山形 ギラヴァンツ北九州 0-0 ファジアーノ岡山 ▽29日(日) 《19:00》 ザスパクサツ群馬 vs ツエーゲン金沢 大宮アルディージャ vs 松本山雅FC FC町田ゼルビア vs ヴァンフォーレ甲府 愛媛FC vs 栃木SC 2021.08.28 22:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly