CLでの得点率上位の選手たちは?1位は1試合1ゴール以上のペースでゴールを量産

2020.12.03 18:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)歴代最多得点者であるユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、通算ゴール数を132まで伸ばした。(CL予選での1ゴール除く)CLでの通算得点数は、さらにバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(118ゴール)、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(71ゴール)と続いているが、単純なゴール数ではなく、1試合当たりのゴール数でみれば、どんなランキングになるのだろうか。

◆C・ロナウドがカルデロンで決めたアトレティコキラーぶりを見せつけるハットトリック


『Transfermarkt』の情報をもとに、出場10試合以上の選手に限定したデータを紹介する。

C・ロナウドは、これまで173試合に出場して132ゴールと、1試合あたりに換算すると、0.76ゴールとなる。これは6番目に優れた数値で、試合数を重ねれば重ねるだけ数値を上げるのは難しいため、さすがといったところか。

また、メッシは146試合で118ゴール。1試合当たりの0.81ゴールとC・ロナウド以上の数値を残している。メッシは2012年3月のレバークーゼン戦で1試合最多記録の5ゴールをマークするなど、固め取りの印象も強い。

彼ら2人を数字で上回っているのが、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインとドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドだ。

今シーズンのプレミアリーグでも好調を維持しているケインは、今年こそCLに出場していないものの、これまでに24試合に出場して20ゴールという数字を残している。

そして、唯一1試合当たりのゴール数が1を超えたのがハーランドだ。昨シーズンにザルツブルクでCLデビューを飾ったハーランドは、ドルトムント移籍後もゴールを重ね、12試合で16ゴールをマーク。CLの舞台で1試合当たり驚異の1.33点を記録していることになる。

◆チャンピオンズリーグでの1試合当たりのゴール数
1.アーリング・ハーランド
出場チーム:ザルツブルク、ドルトムント
12試合/16ゴール
1試合平均:1.33ゴール

2.ハリー・ケイン
出場チーム:トッテナム
24試合/20ゴール
1試合平均:0.83ゴール

3.リオネル・メッシ
出場チーム:バルセロナ
146試合/118ゴール
1試合平均:0.81ゴール

4.ウィントン・ルーファー
出場チーム:ブレーメン
10試合/8ゴール
1試合平均:0.80ゴール

5.ルート・ファン・ニステルローイ
出場チーム:PSV、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー
73試合/56ゴール
1試合平均:0.77ゴール

6.クリスティアーノ・ロナウド
出場チーム:マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ユベントス
173試合/132ゴール
1試合平均:0.76ゴール

7.ロベルト・レヴァンドフスキ
出場チーム:ドルトムント、バイエルン
94試合/71ゴール
1試合平均:0.76ゴール

8. ウィサム・ベン・イェデル
出場チーム:セビージャ
14試合/10ゴール
1試合平均:0.71ゴール

9.ロベルト・ソルダード
出場チーム:レアル・マドリー、バレンシア
23試合/16ゴール
1試合平均:0.70ゴール

10.マウロ・イカルディ
出場チーム:インテル、パリ・サンジェルマン
13試合/9ゴール
1試合平均:0.69ゴール

関連ニュース
thumb

ミラン、守護神メニャンの負傷を受けて第3GKタタルサヌがCL登録メンバー入りへ

ミランがフランス代表GKマイク・メニャンの負傷を受けて、チャンピオンズリーグ登録メンバーの変更を行うようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 メニャンは22日に行われたUFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ1第5節のオーストリア代表戦に先発。しかし、左ふくらはぎを痛めて交代していた。 約1カ月の戦線離脱となり、残りのCLグループステージ4試合を欠場する可能性が高いため、UEFAの規則にのっとってメニャンの代わりに第3GKのチプリアン・タタルサヌがCL登録メンバー入りするようだ。 ミランではメニャンの他、第2GKアントニオ・ミランテがCL登録メンバー入りしていた。 2022.09.25 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「伝説」元チェルシーMFラミレス、CLバルサ戦のあのシーンをタトゥーに「UCL史上最高のゴールの1つ」

チェルシーなどで活躍した元ブラジル代表MFラミレスが、印象的なシーンをタトゥーとして残したようだ。 2010年8月にチェルシーに加入したラミレスは、豊富な運動を誇るボックス・トゥ・ボックスタイプのMFとして、チェルシーの中盤の主力の1人として活躍した。その中でもひと際印象に残るシーンが、2012年4月24日のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのバルセロナ戦で決めたゴールだ。 ホームでの1stレグを1-0で勝利していたチェルシー。バルセロナのホーム、カンプ・ノウで行われた2ndレグでは守りを固めてリードを守りにいくも前半で2失点を許しあえなく逆転を許した。さらにはキャプテンのDFジョン・テリーが、ボールのないところで相手FWアレクシス・サンチェスを蹴り、1発レッドを食らってしまう。10人になったチェルシーはビハインドに加え、数的不利という絶体絶命の状況となった。 しかし、前半アディショナルタイムの46分、相手の一瞬の隙を突き、MFフランク・ランパードからのボールに反応したラミレスは、ボックス内に入ると、この日チェルシーにとっての数少ないチャンスの場面で、絶妙のチップキック。GKビクトル・バルデスの意表を突いたシュートは美しい放物線を描いてゴールネットを揺らした。 『ESPN』はそのラミレスのタトゥーを公開。懐かしくも印象的な瞬間には、「チェルシーの歴史の中で最も重要なゴールの1つ」「印象的だった」「伝説」「バルサのファンとして、ゴールは美しかったと今でも言える」「UCL史上最高のゴールの1つ」などの、今でも多数の賛辞が寄せられている。 ラミレスのゴールで息を吹き返したチェルシーは、バルセロナの猛攻を防ぎながら92分に再びゴールを奪い、2-2の引き分けに持ち込んだ。2戦合計スコア3-2とバルセロナに勝利したチェルシーは決勝へ駒を進めると、決勝でもバイエルンをPK戦の末に破り、初のCL制覇を成し遂げている。 <span class="paragraph-title">【写真】伝説のチップキックをタトゥーにしたラミレス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci2822TMwjy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci2822TMwjy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci2822TMwjy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】タトゥーにしちゃった実際の伝説のチップキックがこちら!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYczlEOXJwYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.09.24 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

中々に苦し紛れ…女子CLで背番号を“手書き”で変えた選手が出場

苦肉の策とはまさにこのことだろうか。 20日、女子チャンピオンズリーグ(UWCL)ラウンド2の1stレグ、レンジャーズvsベンフィカの一戦が開催。試合はベンフィカが3-2の逆転勝利を収めたが、ベンフィカのブラジル女子代表FWニコール・レイスラの身に異変が起きていた。 後半開始から途中出場したレイスラだが、ユニフォームの背中には手書きの背番号「28」が。よくよく見ると「9」の上から丸を書き足して「8」にし、その左に「2」を書き足しているのが分かる。 ポルトガル『レコルド』によると、リーグ戦では背番号「9」で登録されているレイスラだが、UWCLでの登録は「28」番。しかしクラブは「28」番のユニフォームを見つけることができず、このような対応を取ったようだ。 日本でも近いようなアクシデントは過去にあり、1995年にはサンフレッチェ広島の選手たちがユニフォームを間違ってしまい、サポーターに借りたユニフォームにガムテープで背番号を貼ってプレーするということがあった。 <span class="paragraph-title">【画像】背番号を「9」→「28」に無理矢理変えた手書きのユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Benfica resort to paintwork to solve forward&#39;s shirt number problem <a href="https://t.co/BSWFfagnk4">https://t.co/BSWFfagnk4</a></p>&mdash; Sun Sport (@SunSport) <a href="https://twitter.com/SunSport/status/1572555748391124995?ref_src=twsrc%5Etfw">September 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.23 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

負傷で出遅れのジョタが復活をアピール「これからベストを尽くさなければ」

リバプールのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタが、ケガからの挽回に意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ジョタは今年6月の代表戦でハムストリングを負傷。当初の想定より復帰が遠ざかりプレミアリーグ開幕から欠場が続くと、頼れる得点源の1つを失ったチームは6試合2勝3分け1敗と低調なスタートを切った。 プレミアリーグ第6節のエバートン戦で復帰したジョタは、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節のアヤックス戦で今季初先発。1アシストで2-1の勝利に貢献し、存在感をアピールした。 クラブ公式のインタビューに応じたジョタはアヤックス戦での活躍を喜びつつ、負傷明けの難しさにも言及。プレシーズンを全休した不安はあると認めながらも、出遅れた分をこれから取り戻していきたいと意気込んでいる。 「(1-4で大敗した)ナポリ戦は十分ではなかったから、チームとして大きな改善だったと思う。もちろん、完璧な内容ではなかったけど、僕たちにとっては非常に良い試合だった。 失点には値しなかったと思うけど、それもフットボールさ。チームは可能な限りの方法で反応して、最終的に相応しい結果を得られた」 「(負傷からの復帰は)簡単ではないね。特にプレシーズンに参加できなかったのは大きいと思う。ケガから復帰すれば、すべてが機能して試合に勝つことを望んでしまうものさ。でも、現実はそうじゃない。僕たちは頭を回転させながら状況に対処しなければならないんだ。僕はそうしたし、チームもそうしたから、すべてがうまくいった」 「プレシーズン全休は僕のキャリアで初めてだった。でも、もうそれを変えることはできない。だから、これからベストを尽くさなければいけないと思っているよ。もちろん、それは監督も理解してくれている。ここから徐々にプレー時間を増やして、すぐ90分プレーできるようにしたいね」 2022.09.16 18:12 Fri
twitterfacebook
thumb

名産ビールを無料で振る舞う! コペンハーゲンがCLセビージャ戦でアウェイサポーターをおもてなし

14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のコペンハーゲンvsセビージャでホームクラブからアウェイサポーターへの素晴らしいおもてなしが話題を集めている。 今季のCLグループステージでマンチェスター・シティ、ドルトムントと同じグループGに属する両クラブは、いずれも強豪2チームに対して開幕戦を大敗していた。 そういった中、初勝利を懸けた今界の一戦では地力で勝るセビージャが優勢に試合を運んだものの、いずれも決定機をあまり作れないクローズな展開に。結局、0-0のドローで勝ち点1を分け合う形となった。 今季ここまで苦しい戦いが続いているうえ、強豪とは言えないコペンハーゲンとの対戦ということもあり、今回の一戦ではアウェイスタンドはやや空席が目立ったが、それでも現地でチームをサポートした熱狂的なセビジスタには思わぬプレゼントが待っていた。 試合前にコペンハーゲンの多くのスチュワードがアウェイスタンドに現れると、その手には同地の名産としても知られるビールを載せたトレイが…。 当初、多くのスチュワードの登場にセビジスタは事態を把握していなかったようだが、スチュワードからビールの無料配布との説明がなされると、多くのサポーターが笑顔と感謝の言葉を伝えながら受け取り、最終的にはチャントを歌いながら乾杯の音頭が取られた。 その後の試合内容はさておきホームクラブからの素晴らしいおもてなしを受けたセビジスタは、ほっこりとした気持ちでスタジアムを後にすることになった。 なお、今回のコペンハーゲンのおもてなしを受け、10月25日にサンチェス・ピスフアンで行われるリターンマッチでは、コペンハーゲンのアウェイサポーターに対して、同地名産のワインやシェリー酒が振る舞われる可能性もありそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】1パイントのビールをセビジスタに無料配布</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Salud <a href="https://twitter.com/SevillaFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@SevillaFC</a> <br><br>Thanks for traveling to Copenhagen <a href="https://twitter.com/hashtag/fcklive?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcklive</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ucl?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ucl</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/copenhagen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#copenhagen</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/fcksfc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcksfc</a> <a href="https://t.co/HUhtWxMkGm">pic.twitter.com/HUhtWxMkGm</a></p>&mdash; F.C. København (@FCKobenhavn) <a href="https://twitter.com/FCKobenhavn/status/1570132779802984448?ref_src=twsrc%5Etfw">September 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.09.15 23:37 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly