岡山が後藤圭太、三村真、赤嶺真吾と来季契約結ばず

2020.11.30 15:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ファジアーノ岡山は30日、DF後藤圭太(34)、FW三村真(31)、FW赤嶺真吾(36)の3選手と契約満了に伴い、来季の契約を更新しないと発表した。

後藤は2005年に鹿島入り後、2010年に岡山移籍。2015年に松本山雅FC入りするが、2018年から再び岡山に活躍の場を移して、今季もここまで明治安田生命J2リーグ20試合に出場している。

三村は拓殖大学を卒業後、岡山に2011年入団。ファジアーノ岡山ネクストでプレーする時期もあったが、これまで岡山一筋のキャリアを歩み、今季は14試合に出場して、1得点を記録している。

赤嶺は2005年に駒澤大学からFC東京入り後、ベガルタ仙台やガンバ大阪を渡り歩き、2016から岡山でプレー。岡山在籍5年目の今季は得点こそないものの、26試合に出場している。

関連ニュース
thumb

岡山のMF宮崎幾笑が右大腿部肉離れで全治6~8週間

ファジアーノ岡山は26日、MF宮崎幾笑の負傷を発表した。 クラブの発表によると、宮崎は24日のトレーニング中に負傷したとのことだ。 検査の結果、右大腿部肉離れと診断。全治は6~8週間とのことだ。 宮崎は今シーズンの明治安田生命J2リーグでここまで21試合に出場し1ゴールを記録していた。 2021.08.26 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

岡山のプロ2年目FW野口竜彦がJFLのラインメール青森へ育成型期限付き移籍

ファジアーノ岡山は17日、FW野口竜彦(23)がJFLのラインメール青森へと育成型期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2022年1月31日までとなる。 野口は前橋育英高校から中央大学を経て、2020年に岡山に入団。プロ1年目は明治安田生命J2リーグで27試合に出場し1得点を記録していた。 しかし、今シーズンはここまでリーグ戦6試合の出場に終わっていた。 野口は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ラインメール青森 「こんにちは!ファジアーノ岡山から来ました野口竜彦です。Jリーグ昇格に向けて、共に頑張りましょう!よろしくお願いします!」 ◆ファジアーノ岡山 「このたび、ラインメール青森FCへの移籍を決断しました。クラブを離れるのは寂しいですが、チャレンジしてきます。成長した姿で、またCスタでお会いしましょう!」 2021.08.17 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

岡山のFW松木駿之介がJFLの鈴鹿ポイントゲッターズへ期限付き移籍

ファジアーノ岡山は11日、FW松木駿之介(24)がJFLの鈴鹿ポイントゲッターズへ期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。 松木は神奈川県出身で、横浜FCのジュニアユースから青森山田中学校へ進学。青森山田高校、慶應義塾大学へと進学し、2020年に岡山へ入団した。 プロ1年目の2020シーズンは明治安田生命J2リーグで17試合に出場。今シーズンはここまで2試合の出場に終わっていた。 松木は両クラブを通じてコメントしている。 ◆鈴鹿ポイントゲッターズ 「ファジアーノ岡山から加入することになりました、松木駿之介です。こうした機会をいただけたこと、そしてご縁に心から感謝しております。今の気持ちを忘れることなく、私自身のサッカーにかける熱や本気をピッチ内外において表現していきたいと思っています」 「私がこのクラブに来た覚悟を示すことができるようハングリーにやっていきたいと思いますので、ともに戦ってください!」 「皆さまに少しでも早く信頼され、認めていただけるようクラブのために泥臭く戦います。よろしくお願いいたします」 ◆ファジアーノ岡山 「このたび、鈴鹿ポイントゲッターズへ期限付き移籍することになりました。加入してからこれまでの期間、応援してくださっていた皆さまに活躍という形で返せない日々が続き、本当に申し訳なく思っています」 「大好きなクラブを離れることは難しいことでしたが、客観的に自分を見つめ、今の立ち位置でクラブに残るよりも成長できることを確信できたからこそ、今回この決断をしました」 「自分のために、そして応援してくださっている方々のためにも、覚悟を持って必ず成長してきます。残りのシーズンを離れることになりますが、更なるファジアーノの飛躍を応援しています。ありがとうございました」 2021.08.11 09:27 Wed
twitterfacebook
thumb

岡山のMF石毛秀樹がデビュー戦で負傷、7月末に清水から期限付き移籍

ファジアーノ岡山は4日、MF石毛秀樹の負傷を発表した。 クラブの発表によると、石毛は2日に行われた天皇杯3回戦の名古屋グランパス戦で負傷した。 検査の結果は、右大腿部肉離れと診断。4〜6週間とのことだ。 石毛は7月25日に清水エスパルスから期限付き移籍で加入。名古屋戦がデビュー戦だった。 2021.08.04 16:18 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪にも出場した元清水FWミッチェル・デュークが岡山に加入内定「日本でプレーすることも、この国も大好きです」

ファジアーノ岡山は4日、元オーストラリア代表FWミッチェル・デューク(30)の完全移籍加入が内定したことを発表した。 ミッチェル・デュークは5日に来日し、メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。背番号は「19」となる。 ミッチェル・デュークはオーストラリア出身で、 セントラルコースト・マリナーズやウェスタン・シドニー・ワンダラーズでプレー。また、サウジアラビのアル・タアーウンでもプレーした。 また、Jリーグでもプレー経験があり、清水エスパルスに4シーズン在籍。J1通算82試合2得点、J2通算7試合1得点、リーグカップ通算13試合1得点を記録していた。 ミッチェル・デュークはクラブを通じてコメントしている。 「ファジアーノ岡山は野心的で、成功を収めたいと思っているクラブだと感じており、このような素晴らしいチームでプレーできることをうれしく思っています」 「以前Jリーグでプレーしたことがありますが、日本でプレーすることも、この国も大好きです。チームのJ1昇格に貢献できるよう最善を尽くします」 2021.08.04 14:32 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly