フリーのウィルシャー、ハマーズ時代の確執明かす 「ペジェグリーニ監督と意見が合わなかった」

2020.11.27 17:54 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーがウェストハム時代の出来事を振り返っている。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。

アーセナルのアカデミー出身であり、10代の頃から高い期待をかけられていたウィルシャー。しかし、度重なるケガによって出番を失うと、2018年夏に契約満了でアーセナルを退団後、同じロンドンのクラブであるウェストハムに加入した。

しかし、ウェストハムでも振るわず、昨季は公式戦わずか10試合の出場にとどまり、今季も開幕から状況は変わらなかったため、2020年10月に双方合意の上で契約解除となっている。
現在フリーの状態であり、新天地を探しているウィルシャーはイギリス『ITV』のインタビューに応じた際、ハマーズ時代の一時期に師事したマヌエル・ペジェグリーニ氏との確執を明かした。

「(加入シーズンはケガで)試合に出られず、最悪だったよ。シーズン終盤には何度か出場できたけどね。翌シーズンは良い状態だったし、最初の数試合でプレーした。でもその後、サッカーではよくあることだけど監督と意見の相違があってね。チームから外された」

「それから僕は股関節に小さな問題を抱えてしまい、そこからの復帰が思った以上に長引いた。そうしているうちに、新しい監督(デイビッド・モイーズ)がやってきたんだ」

「僕にとって良いきっかけになると感じたよ。モイーズとはすぐに話した。彼は『君は計画の一部に入っているし、早く復帰しなければならない』と言ってくれたよ」

ウィルシャーにとって、監督交代はチャンスだったが、離脱が長引いている間にチームは低迷。中盤はより守備力に長けたMFデクラン・ライスとMFトマシュ・スーチェクで固定され、復帰後もウィルシャーの起用はわずかな時間にとどまった。しかし、ウィルシャーにモイーズ監督を恨む気持ちはないようだ。

「モイーズと一緒に仕事をするのは本当に楽しかったし、彼のトレーニングは良かったと思っている。僕は明らかにもっとプレーする機会が欲しかったけど、監督である彼の決断を尊重したよ」

「ビッグマッチで、チームはほとんどの時間を守備に費やしている気がした。監督はデク(ライスの愛称)とスーチェクを中盤でプレーさせたがっていたし、実際彼らは素晴らしかったと思う。ボールを握って何かを起こそうとするテクニシャンに、居場所はなかったね」

関連ニュース
thumb

モテモテのライス... リバプールはファビーニョの後釜に?

リバプールが、ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。 若くしてウェストハムの主将を務め、現在はカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のライス。イングランド代表でも所属クラブ同様に不動の主軸として君臨しており、4日にはベスト8進出を懸け、セネガル代表との対戦に臨む。 そんなライス、過去数年にわたってメガクラブへのステップアップが噂され、マンチェスター・シティやユナイテッド、チェルシーなどといった名前が。今大会の直前にはレアル・マドリーが関心を強めたとも一部で報じられた。 そんななか、リバプールも関心を一段階強めた模様で、ブラジル代表MFファビーニョ(29)の後釜として来夏の獲得を検討。ファビーニョは今季のパフォーマンスがやや優れず、もしライスを確保できれば、同選手の売却を進める方針だという。 一方、リバプールは現在、オーナーグループのフェンウェイ・スポーツ・グループ(FSG)がクラブ売却に動いており、事が進めば、来夏に新体制が発足している可能性も。そのため、必ずしも現在の補強戦略がそのまま受け継がれるとは言い切れないようだ。 2022.12.04 14:33 Sun
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

レスター戦で負傷交代のズマがヒザを手術…PL再開初戦のアーセナル戦は欠場か

ウェストハムのフランス代表DFクル・ズマがヒザの手術を受けてたようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ズマは12日に行われたプレミアリーグ第16節のレスター・シティ戦に先発。しかし、前半15分にヒザを負傷しDFナイーフ・アゲルドとの交代を余儀なくされていた。 今回の報道によれば、ズマはレスター戦後にヒザの手術を受けたとのこと。なお、離脱期間などは明かされておらず、カタール・ワールドカップ後のプレミアリーグ再開となる12月26日のアーセナル戦間に合うかは不透明となっている。 2022.11.27 00:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、W杯でモロッコ代表FWエン=ネシリを注視? セビージャは売却躊躇せず

ウェストハムが、セビージャのモロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリ(25)への関心を強めているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 エン=ネシリはマラガの下部組織出身で、レガネスを経て2020年1月にセビージャへ加入。今季はラ・リーガ10試合0得点と不調だが、モロッコ代表では主力を担い、カタール・ワールドカップ(W杯)初戦のクロアチア代表戦でも先発出場していた。 ウェストハムは今夏にエン=ネシリへの関心を寄せるも、オファーを出すには至らず。それでも、スペイン『Estadio Deportivo』によると、現在もリストアップしており、W杯でのプレーぶりを注視している段階だという。 一方、セビージャは放出に前向き。エン=ネシリのパフォーマンスに納得していないと考えられる上、苦しい財政状況が続いているため、2025年6月まで契約を残す控えストライカーの売却には躊躇する理由がないとされている。 2022.11.24 15:34 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、イングランド代表MFライスへの関心を強化... W杯で注視する方針に

レアル・マドリーが、ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)への関心を強めているようだ。スペイン『Fichajes』が報じている。 イングランド代表としてカタールW杯に臨むライス。21日の初戦からスタメンに名を連ねる可能性が高く、半世紀以上にわたって優勝から遠ざかるサッカーの母国が覇権を取り戻すには、圧倒的な存在感で中盤を引き締めるこの23歳が不可欠と言われる。 所属するウェストハムでは若くして主将を務め、契約を2024年6月まで残すことから移籍こそ実現していないものの、ここ数年来、マンチェスター・シティやユナイテッド、チェルシーらを始めとするメガクラブからの接触が途絶えることはない。 マドリーも以前からライスに注目してきたが、優先度は低く、過去の移籍市場では静観。しかし、ゼネラル・マネージャー(GM)を務めるホセ・アンヘル・サンチェス氏の指示の下、ここに来て急速に関心を強めており、W杯でのプレーぶりを評価する方針に至ったという。 2022.11.21 20:03 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly