「今日は終わらないでくれ」古巣相手にハットトリック、優勝を手繰り寄せた家長昭博「みんなと戦えたことが嬉しい」

2020.11.25 22:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
25日、川崎フロンターレがガンバ大阪をホームに迎えて明治安田生命J1リーグ第29節を開催。5-0と圧勝し、2年ぶり3回目のJ1優勝を達成した。引き分け以上で優勝が決まる川崎Fは、立ち上がりからインテンシティの高いプレーを見せてG大阪を圧倒。22分に登里享平のピンポイントクロスをレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせて川崎Fが先制する。

◆2年ぶり3度目のJ1優勝を決めた川崎フロンターレ

前半終了間際にはCKからレアンドロ・ダミアンが競り勝ったボールを家長昭博がダイレクトで合わせて追加点。2点リードで後半を迎えると、家長が2ゴールを重ねてハットトリック達成。試合終了間際には途中出場の齋藤学にシーズン初ゴールも生まれ、5-0で圧勝した。

試合後、優勝を決める試合で古巣のG大阪相手にハットトリックと大暴れを見せた家長昭博がコメント。ハットトリックについては「今日は終わらないでくれという感じです。それぐらい嬉しいです」と喜びのコメントを残した。

自身も大宮アルディージャから川崎Fに移籍してから3度目の優勝となったが「1年間チーム全員で戦えましたし、勝ち点も2位と結構離せたので素晴らしいシーズンでした。残りありますが、しっかり頑張りたいと思います」とコメント。優勝を喜びながらも、残り試合もしっかり戦うとコメントした。

直近2試合はベンチ外となっていた家長だがこの試合に向けては「ホームでやれる、決められるということで自信しかなかったですし、サポーターの皆さんとチームとみんなで戦えば結果が出ると思っていました」とコメント。ホームでの試合は優勝が決められると自信を持っていたことを明かした。

今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中断などもあり難しいシーズンとなったが、「コロナウイルスでJリーグも中断しましたし、初めはお客さんも入れない状況でしたが、みんなの支えがあってJリーグが再開できたと思います」とコメント。ファンの支えが大事だったとコメント。「最後まで、まだ満員じゃないですが、みんなと戦えたことが嬉しいです」とサポーターにも感謝した。また、「憲剛さんも今年で終わりで、特別なシーズンだったと思います」と語り、中村憲剛の引退に華を添えられたことを喜んだ。

改めてシーズンを振り返った家長。「今日のために日々一生懸命やってきましたし、それが報われて本当に良かったです」と優勝を改めて喜び、難しいシーズンだったがしっかりと良いサッカーを見せたいと意気込んだ。

「今年は色々なことが大変だったと思いますし、サッカー界だけじゃなく、生活する上でもみんなが大変な時期にサッカーを応援してくれる方もいっぱいいたと思います。感謝しかないですし、グラウンドで良いサッカーをしてみんなに笑顔を届けられればと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

中村憲剛氏、川崎Fの新役職FROに就任 「幅広い活動を」

川崎フロンターレは23日、中村憲剛氏(40)の「Frontale Relations Organizer(FRO)」就任決定を発表した。 FROはこのたび、新設された役職。クラブのアカデミー、普及・育成部門を中心に様々な活動に携わっていくという。 現役から退いた後もまた新たな形で川崎Fの発展に関わっていく中村氏はクラブを通じて、意気込みを語っている。 『このたび川崎フロンターレ リレーションズ オーガナイザー(FRO)に就任しました中村憲剛です。リレーションズと名がついているようにクラブがうまく回るよう、人と人、人と会社、会社と会社をつなげる役割を担いつつ、僕自身も幅広い活動をしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします』 2021.01.23 19:10 Sat
twitterfacebook
thumb

2冠王者の川崎Fが選手背番号を発表! ジョアン・シミッチは「6」、中村憲剛氏の「14」は…?

川崎フロンターレは23日、2021シーズンの選手背番号を発表した。 昨季の明治安田生命J1リーグを圧倒的かつ記録的な強さで2季ぶりに制して、クラブとして初の天皇杯優勝も成し遂げた川崎F。新シーズンも国内のタイトル獲得はもちろん、2季ぶりの参戦となるAFCチャンピンズリーグ(CL)での初制覇を目指す。 注目の新戦力となるMFジョアン・シミッチは海外移籍のMF守田英正から継承する形で「6」をつけ、MF塚川孝輝が「3」、MF小塚和季が「17」。復帰組はFW遠野大弥が「19」、FW知念慶が「20」、FW宮城天が「24」に決定した。 また、既存メンバーだと、FW旗手怜央が「47」に変更。MF山村和也とGK安藤駿介も新シーズンから新たな番号を背負ってプレーすることが決まった。なお、昨季限りで現役引退の中村憲剛氏がつけた「14」は空席という形になっている。 ◆選手背番号一覧 GK 1.チョン・ソンリョン 21.安藤駿介※背番号変更 27.丹野研太 40.イ・キョンテ DF 2.登里享平 4.ジェジエウ 5.谷口彰悟 7.車屋紳太郎 13.山根視来 26.神谷凱士 30.田邉秀斗←静岡学園高校/新加入 MF 3.塚川孝輝←松本山雅FC/完全 6.ジョアン・シミッチ←名古屋グランパス/完全 8.脇坂泰斗 10.大島僚太 15.イサカ・ゼイン 16.長谷川竜也 17.小塚和季←大分トリニータ/完全 18.三笘薫 22.橘田健人←桐蔭横浜大学/新加入 25.田中碧 28.山村和也※背番号変更 41.家長昭博 FW 9.レアンドロ・ダミアン 11.小林悠 19.遠野大弥←アビスパ福岡/復帰 20.知念慶←大分トリニータ/復帰 24.宮城天←カターレ富山/復帰 47.旗手怜央※背番号変更 監督 鬼木達 2021.01.23 18:25 Sat
twitterfacebook
thumb

王者・川崎Fが一挙17選手と契約更新! 主将DF谷口彰悟にFW小林悠、MF家長昭博、MF三笘薫も

川崎フロンターレは21日、17選手の契約更新を発表した。 今回、川崎Fと2021シーズンの契約を更新したのは、主将DF谷口彰悟(29)をはじめ、FW小林悠(33)、MF家長昭博(34)、DF登里享平(30)、DF車屋紳太郎(28)、MF大島僚太(27)、MF長谷川竜也(26)、MF脇坂泰斗(25)、MF田中碧(22)、DF山根視来(27)、MF三笘薫(23)、FW旗手怜央(23)、MF山村和也(31)、GK丹野研太(34)、GK安藤駿介(30)、DF神谷凱士(23)、DFイサカ・ゼイン(23)となっている。 昨シーズンからキャプテンを任された谷口は明治安田J1に30試合出場して3得点を挙げ2年ぶりのリーグ制覇に貢献。小林はリーグ戦に27試合出場して昨季クラブ最多の14得点を叩き出した。リーグ戦29試合に出場した家長はキャリアハイに並ぶ11得点をマーク。登里もリーグ戦29試合に出場し、左サイドを駆け上がり多くのチャンスを演出した。 左サイドバックのレギュラーを登里に譲る形となった車屋は、センターバックなどでも出場しリーグ戦22試合1得点を記録。大島は負傷離脱もありながらリーグ戦22試合で3得点を挙げた。調子を上げていた中で開幕早々に負傷離脱を強いられた長谷川はリーグ戦12試合で3得点の成績にとどまった。中盤を構成した脇坂はリーグ戦31試合に出場して3得点。同じく中盤で躍動した田中はリーグ戦31試合で5得点を挙げた。 右サイドバックで存在感を放った山根はリーグ戦31試合に出場して4得点をマーク。異彩を放った三笘は途中出場が多いもののリーグ戦30試合で新人最多得点タイの13得点。アシストも二桁とチームの優勝に尽力した。 チームの負傷事情で一時左サイドバックもこなした旗手はリーグ戦31試合5得点。どこのポジションでもカバーする山村はリーグ戦13試合1得点の成績を収めた。丹野、安藤、神谷、イサカ・ゼインはそれぞれリーグ戦の出番がなかった。 2021.01.21 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

最強王者・川崎Fが鬼木達監督との契約合意を発表

川崎フロンターレは21日、鬼木達監督(46)との契約更新を発表した。 鬼木監督は現役時代に鹿島アントラーズと川崎Fとプレー。2017年に風間八宏監督の後任として川崎Fの監督に就任した。 就任1年目に明治安田J1で初優勝を果たすと、2018年は連覇を達成。2019年はリーグ3連覇を逃すものの、YBCルヴァンカップで初優勝していた。 2020シーズンはリーグ12連勝を達成した他、最速優勝や最多勝ち点、最多得点数と歴史に名を残すチームを作り、3度目のJ1優勝を達成。さらに、天皇杯も初優勝するなどした。 2021.01.21 17:44 Thu
twitterfacebook
thumb

現役引退の狩野健太が古巣の川崎F復帰、スクール・普及コーチ就任「還元していけるよう全力で頑張ります!!」

川崎フロンターレは15日、スクール・普及コーチに2020シーズン限りで現役を引退した狩野健太氏(34)が就任することを発表した。 静岡県出身の狩野は2005年に静岡学園高校から横浜F・マリノス入団。以降、柏レイソルや川崎F、徳島ヴォルティスでプレー。2020シーズン限りで徳島との契約が満了となり、そのまま引退していた。 プロ15年間の通算成績はJ1リーグ148試合13得点、J2リーグ29試合1得点、Jリーグカップ戦43試合5得点、天皇杯26試合5得点を記録した。 指導者として2016年、2017年と2シーズン在籍した川崎Fへ復帰となる狩野はクラブを通じてコメントしている。 「フロンターレファミリーの皆さんお久しぶりです!またフロンターレのエンブレムを胸につけられることを本当に嬉しく誇らしく思います」 「プロサッカー選手として今まで培ってきたものをフロンターレの子供達に還元していけるよう全力で頑張ります!!皆さんどうぞよろしくお願いいたします」 2021.01.15 14:51 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly