「最高以外の言葉が浮かばない」現役ラストシーズンで3度目優勝の中村憲剛が語った優勝の秘訣「あの言葉がなければ」

2020.11.25 21:24 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
25日、川崎フロンターレがガンバ大阪をホームに迎えて明治安田生命J1リーグ第29節を開催。5-0と圧勝し、2年ぶり3回目のJ1優勝を達成した。引き分け以上で優勝が決まる川崎Fは、立ち上がりからインテンシティの高いプレーを見せてG大阪を圧倒。22分に登里享平のピンポイントクロスをレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせて川崎Fが先制する。


◆2年ぶり3度目のJ1優勝を決めた川崎フロンターレ

前半終了間際にはCKからレアンドロ・ダミアンが競り勝ったボールを家長昭博がダイレクトで合わせて追加点。2点リードで後半を迎えると、家長が2ゴールを重ねてハットトリック達成。試合終了間際には途中出場の齋藤学にシーズン初ゴールも生まれ、5-0で圧勝した。

試合後、今シーズン限りで現役を引退し、試合に途中出場した中村憲剛がコメント。優勝については「最高です。最高以外の言葉が浮かばない」と歓喜。「初優勝した時とは違う光景で、来てくれた皆さんもそうですし、応援してくれた皆さんもそうですし、本当に1年間の戦いの成果が今日しっかりゲームに反映された。フロンターレらしい優勝ができたと思います」と圧倒的な攻撃力を披露して5ゴールを奪っての勝利を喜んだ。

4-0で迎えた86分に大島僚太と交代してピッチに立った中村。交代時には大島のが巻いていたキャプテンマークを巻かれたが「にくいことするなと思いました」と回想。「ちょっと泣きそうになりました。僚太ちゃんと育ったなと」と語り、かつてはボランチでコンビも組んだ大島の演出について語った。

優勝決定後には多くの選手が中村のところへ駆け寄ったが「子供を見る親みたいな感じでした」と語り、「みんなだいぶ(歳が)離れている選手が多いです。ルーキーの時からみんな、移籍してきた選手は別ですが、フロンターレのために若い時からみんな頑張って、ここまで自分たちでチームを作ってくれたので、今日は本当にそこに乗っかるだけでしたし、みんなが強いフロンターレを作ってくれたので、僕は心置きなく先に進みたいなと改めてみんなの顔を見て思いました」とコメント。今シーズン限りでチームを離れることになるが、それも問題ないと語った。

昨シーズンのYBCルヴァンカップ決勝後にヒザの大ケガを負った中村。Jリーグは新型コロナウイルス(COVID-19)で中断があった中、リハビリをした中村は8月に復帰。現役最後の年で優勝となるなど多くのことがあった。

ラストシーズンについては「Jリーグが再開するときに、鬼さん(鬼木達監督)がこういう時だからこそ、自分たちで日本サッカーを引っ張って優勝しようと。俺はあの言葉がなければ、みんなここまで頑張れなかったと思います」と鬼木監督の言葉がチームを支えてきたとコメントした。

そして「鬼さんはじめスタッフ、ついていったチームメイト、クラブスタッフ、スポンサーの皆さん、サポーターの皆さんもそうです。今年優勝するんだという強い気持ちが最初の10連勝を生みましたし、その後の連勝もみんなで1つになって色々な選手が出たシーズンだったと思うので、本当にみんなで1個1個乗り越えていったと思います」と、着実に一歩ずつ進めてきたことが優勝につながったと語った。

中村は最後に「皆さんもおめでとうございました」と応援し支えてくれたファン・サポーターにも祝福のメッセージを送った。
関連ニュース
thumb

川崎F、法政大MF松井蓮之の来季加入内定を発表! 今季の特別指定選手にも登録

川崎フロンターレは25日、法政大学に在学するMF松井蓮之(20)の来季加入内定を発表した。 福島県生まれの松井は矢板中央高校出身の大学3年生。身長178cm、体重73kgのボランチだ。加入内定を受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「来シーズン、法政大学より加入することが内定した松井蓮之です。川崎フロンターレという素晴らしいクラブでプロのキャリアをスタートできることを嬉しく思います。自分の強みである運動量やボール奪取という部分を生かし、1試合でも早く試合に絡んでチームの勝利に貢献できるよう頑張ります。またこうしてプロになれたのは、育ててくれた両親や今まで教えてくださった監督やコーチのおかげだと思っています。その方々に恩返しできるような活躍をしていきたいと思います。応援よろしくお願いします」 なお、正式加入は来季からだが、今季からJFA・Jリーグ特別指定選手としてプレー。背番号は「31」を着用する。 2021.02.25 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMの仲川輝人が見る後輩MF三笘薫は「非常に厄介」、開幕戦勝利目指す「勝ちにこだわる」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 横浜F・マリノスのFW仲川輝人は開幕戦の川崎フロンターレ戦に向けて「開幕戦ですし、ダービーですし、激しい戦いになると思います」とコメント。「スタートダッシュすることが僕たちには必要だと思っています。勝ちにこだわりながら、僕たちのサッカーを表現することをしていきたいと思います」と語り、王者相手での開幕戦勝利を誓った。 今回の合同会見では昨シーズンはルーキーながら13得点を記録し、ベストイレブンにも選ばれたMF三笘薫とともに出席。その三笘は、川崎フロンターレの下部組織時代の後輩にあたる。 仲川は三笘について「緩急のつけ方がうまいので、人数をかけて味方を使うこともできますし、うちとしてはホームとアウェイで点を取られているので、非常に厄介な選手」と警戒。「止めに来ると思いますり、それを三笘くんにも楽しんでもらって、サッカーできればと思います」と、対決を楽しみにしていると語った。 その仲川は2019シーズンに得点王と最優秀選手賞を獲得し、チムのJ1優勝に貢献。しかし、2020シーズンはケガの影響もあり、出場機会が限られていた。 今シーズンに向けては「去年は怪我をしていて半分以上試合に出ていなかったので、今年はそういったところを改善していって、フルシーズン試合に絡めるようにする」と目標を語ると、「数字では23点を目標にしているので、1試合1点を目標にしてなるべく近づけるように頑張っていければと思います」と背番号と同じ得点数を目指すと語った。 その仲川だが、今シーズンに向けての課題は「去年と同様、マークは激しくなると思います。チームとしても相手に研究されるということもあるので、自分にボールが入った時に個人で1人、2人はかわす力がないとチームの攻撃力も上がらないと思います」とコメント。個の力で打開していきたいと語った。 今シーズンについては「自分たちのサッカーをやることだけを目指してキャンプからスタートしているので、非常に楽しみですし、見ている皆さんが楽しめるサッカーをお互いできればと思います。最後は自分たちが勝てればと思っています」と語り、王者との開幕戦で勝利し、シーズン制覇も目指すと意気込んだ。 2021.02.25 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ACLのマッチスケジュールが決定! 山東泰山の出場資格剥奪により川崎Fのグループの組み分けが変更《ACL2021》

2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージのマッチスケジュールが決定した。 2021シーズンのACLは出場クラブ数が8チーム増え、過去最多の40チームが参加。西地区と東地区はそれぞれ6グループになった。 そんな中、グループ分けが決定したのちに、中国の山東泰山が出場資格を剥奪。その結果、グループ分けに変更が生じた。 セレッソ大阪が勝ち上がった場合にグループJで同組だったが、グループJには広州FC(元広州恒大)が入ることに。一方で、川崎フロンターレのグループIには広州FCの代わりに北京FC(元北京国安)が入ることとなった。 また、マッチスケジュールも全て決定。集中開催となるグループステージは4月21日から5月7日にかけて6試合が行われる。 【グループG】 ①江蘇(中国)、②名古屋グランパス(日本)、③ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、④東地区プレーオフ勝者3[浦項スティーラーズ(韓国) vs ラチャブリFC(タイ)] ▽4月21日(水) ジョホール・ダルル・タクジム vs 名古屋グランパス ▽4月24日(土) 名古屋グランパス vs 江蘇 ▽4月27日(火) 東地区プレーオフ勝者3 vs 名古屋グランパス ▽4月30日(金) 名古屋グランパス vs 東地区プレーオフ勝者3 ▽5月3日(月) 名古屋グランパス vs ジョホール・ダルル・タクジム ▽5月6日(木) 江蘇 vs 名古屋グランパス 【グループH】 ①全北現代モータース(韓国)、②ガンバ大阪(日本)、③タンピネス・ローバーズFC(シンガポール)、④シドニーFC(オーストラリア) ▽4月22日(木) タンピネス・ローバーズFC vs ガンバ大阪 ▽4月25日(日) ガンバ大阪 vs 全北現代モータース ▽4月28日(水) シドニーFC vs ガンバ大阪 ▽5月1日(土) ガンバ大阪 vs シドニーFC ▽5月4日(火) ガンバ大阪 vs タンピネス・ローバーズFC ▽5月7日(金) 全北現代モータース vs ガンバ大阪 【グループI】 ①川崎フロンターレ(日本)、②北京FC(中国)、③ユナイテッド・シティFC(フィリピン)、④東地区プレーオフ勝者4※[大邱FC(韓国) vs チェンライ・ユナイテッド(タイ)] ▽4月21日(水) 川崎フロンターレ vs 東地区プレーオフ勝者4 ▽4月24日(土) 北京FC vs 川崎フロンターレ ▽4月27日(火) 川崎フロンターレ vs ユナイテッド・シティFC ▽4月30日(金) ユナイテッド・シティFC vs 川崎フロンターレ ▽5月3日(月) 東地区プレーオフ勝者4 vs 川崎フロンターレ ▽5月6日(木) 川崎フロンターレ vs 北京FC 【グループJ】 ①広州FC(中国)、②ポートFC(タイ)、③傑志(香港)、④東地区プレーオフ勝者2※セレッソ大阪(日本) vs [メルボルン・シティ(オーストラリア) vs シャン・ユナイテッド(ミャンマー)の勝者] ▽4月22日(木) 広州FC vs 東地区プレーオフ勝者2 ▽4月25日(日) 東地区プレーオフ勝者2 vs 傑志 ▽4月28日(水) 東地区プレーオフ勝者2 vs ポートFC ▽5月1日(土) ポートFC vs 東地区プレーオフ勝者2 ▽5月4日(火) 東地区プレーオフ勝者2 vs 広州FC ▽5月7日(金) 傑志 vs 東地区プレーオフ勝者2 2021.02.25 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

昨季大ブレイクの川崎F・三笘薫は連覇を狙う「ゴールやアシストでチームの勝利に貢献したい」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 昨シーズンの王者として新シーズンを迎える川崎フロンターレ。その中でも最も注目を集めるMF三笘薫が会見に出席した。 すでに富士ゼロックス・スーパーカップでガンバ大阪と対戦。ゴールも記録している三笘だが、リーグの開幕戦ではオープニングゲームで横浜F・マリノスと対戦する。開幕戦については「開幕戦はチームとしても初戦ですし、神奈川ダービーで気合いも入っています。勝てれば勢いに乗れると思うので、注目される一戦です。勝ち切ることは重要なので良い準備をして臨みたいです」と語り、すでに勝負への気合が入っているようだ。 この会見には、横浜FMのFW仲川輝人が出席。2人は川崎Fの下部組織出身で先輩と後輩の関係にあたる。 三笘は仲川の印象について「仲川選手はスピードがあって、カットインのシュートやクロスと1人いるだけで脅威になる選手だと思います」と称賛。「そこは僕たちもケアしないといけないです。ドリブラーとしてタイプは違いますが参考にさせていただいております」と憧れの存在であることを明かした。 また「去年に引き続き自分の特徴はドリブルやアイデアなので、そういったところで観客のみなさんに楽しんでもらいたい」と語り、「数字にこだわってゴールやアシストでチームの勝利に貢献したい」と語った。 昨シーズンは途中出場、または途中交代とフル出場の数が少ない三笘。フル出場するために必要なことは「後半の強度や運動量はもっともっと改善しないといけないと思っています。体力面やプレー選択を今後もやっていく必要があります」とし、自身の課題をしっかり認識していることを明かした。 また、2年目のジンクスにぶち当たる可能性がある三笘。相手からのマークも厳しくなっていく中で、「プレー選択のところでどこで力を使うのかが重要になる」と語り、「ガンバ戦もドリブルの回数を減らしてゴール前に入るとか、一対一で抜くことも重要。ボックス付近で脅威になる必要がある」と、反省した。 今年は東京オリンピックが開催される年。引き続きの活躍に期待が集まるが、「オリンピックは今年もどうなるかわかりませんが、期限も迫っています。18枠とすごく限られているので、そこでプレーできれば自分の可能性も広がると思います」とコメント。それでも、「自信が足りないところがあるので、数カ月で準備となるようなプレーをしていたいと思う」と語り、東京五輪出場へ向けて、結果を残したいと語った。 2021.02.25 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

王座奪還へ、横浜FMのポステコグルー監督が開幕戦の川崎F戦へ意気込み「自分たちのサッカーを貫いていきたい」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 2019シーズンは明治安田生命J1リーグを制した横浜F・マリノス。2020シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に参戦するなどしたが、過密日程の影響やケガ人の影響もあり、結果が伴わなかった。 アンジェ・ポステコグルー監督は新シーズンに向けて「開幕戦を楽しみにしている。昨シーズンは大変なシーズンだった。良いスタートを切りたいし、良い形でやっていきたい」とコメント。「自分たちのサッカーを貫いていきたいし、楽しみにしている」と意気込みを語っている。 今シーズンは主力選手に大幅な入れ替えはなく、チームとしては新たなことにチャレンジ。「ポジティブなスタートを切りたい。開幕という一戦で良いスタートを切りたい、チームも増えて38試合という長いシーズンになる」とコメント。「開幕ではどちらもスタートを切りたいと思うが、自分たちのサッカーをやることが重要だ。チャレンジする開幕戦になる。しかも、前年王者の川崎フロンターレとの試合なので、しっかりと戦いたい」と語った。 川崎Fの印象については「私は日本に来て4年目。この3年で川崎Fが素晴らしいサッカーを見せていた。3年いて2回優勝している。そういった部分でも良いチームで、個人の能力もある。監督、コーチ陣も素晴らしいチームだと思っている。その部分も踏まえて、開幕戦に準備し、チャレンジングな試合になる」とコメント。「毎試合、毎試合そう考えている。川崎Fに向けて準備をして、自分たちのサッカーをし、そうすれば結果がついてくると思っている」と語り、開幕戦への意気込みを語っている。 苦しいシーズンとなった昨シーズンについては「昨シーズンはスケジュールがとてもタイトだった。その中で、なかなかチームとして波もあったシーズンだった」とコメント。「自分たちはメンバーという部分でも色々と入れ替えながらやったシーズンで、うまく順応してできなかったシーズン」とコメント。「今シーズンはそこをしっかりチームとして、自分も含めて選手たちも学んだはず。その分、今シーズンにかける思いは強い」と語り、今シーズンは昨シーズンの反省を生かしていきたいと語った。 また、「優勝した時はフィーリングがあった。特別なフィーリングがあったが、昨年はなかった」とコメントしている。 選手の入れ替えも少なかったが「これまで見てきた選手をほとんど変えずに来ているので、1年、2年とやってきた選手なので浸透も早い。今シーズンは得点を取り、支配をし、自分たちのサッカーを見せることでエキサイティングな試合展開が望めると思うし、結果もしっかりついてくると思う。今シーズンはみんなで一丸となって昨シーズン学んだことを意識してやっていきたい」と語り、リベンジのシーズンにしたいと意気込みを語った。 2021.02.24 18:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly