途中出場で岡崎復帰も未勝利続くウエスカは7引き分け目《ラ・リーガ》

2020.11.21 06:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウエスカは20日、ラ・リーガ第10節でオサスナとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ウエスカのFW岡崎慎司は75分から出場している。代表ウィーク前に行われた前節エイバル戦を1-1で引き分け、6分け3敗と未勝利が続く最下位ウエスカ(勝ち点6)は、10月3日のエルチェ戦で左足太ももを痛めてリーグ戦4試合を欠場していた岡崎がベンチ入りした。

13位オサスナ(勝ち点10)に対し、ウエスカが開始5分に先制する。サンドロ・ラミレスのパスでボックス右に抜け出したラファ・ミルが鋭いクロスを送ると、GKが弾いたルーズボールをサンドロ・ラミレスが押し込んだ。

15分にもフェレイロがGK強襲のシュートを浴びせたウエスカがオサスナを攻守で上回る時間が続くと、37分にもラファ・ミルがGK強襲のシュートを放ち、ウエスカが1点をリードして前半を終えた。

迎えた後半立ち上がり、CKから決定的なヘディングシュートを許したウエスカは守勢の入りとなると、51分にもブディミルにGK強襲の決定的なシュートを許してしまう。

そして68分、同点とされてしまう。CKの流れからダビド・ガルシアにヘディングシュートを決められた。

追い付かれたウエスカは75分、サンドロ・ラミレスに代えて岡崎を最前線に投入。前線からハイプレスをかける岡崎に牽引されたウエスカが終盤にかけて流れを引き寄せるも、勝ち越しゴールを奪うには至らず1-1で終了。未勝利が続くウエスカは7引き分け目となった。
コメント
関連ニュース
thumb

乾フル出場&武藤途中出場のエイバル、岡崎欠場のウエスカに劣勢もドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第9節、ウエスカvsエイバルが7日に行われ、1-1で引き分けた。ウエスカのFW岡崎慎司は欠場し、エイバルのMF乾貴士はフル出場、FW武藤嘉紀は65分から出場している。 5分け3敗のウエスカと2勝2分け4敗のエイバルによる日本人対決。負傷からの復帰が噂された岡崎が今節も欠場となった中、乾が[4-2-3-1]のトップ下で開幕から9試合連続スタメンとなった。 オープンな展開で立ち上がった中、ウエスカは12分にFKの流れからミケル・リコがネットを揺らすも、その前にシオバスにハンドがあったとしてノーゴールに。 前がかるウエスカがゴールに迫る中、36分にはミケル・リコが立て続けに決定的なシュートを浴びせるも、GKドミトロビッチとゴールカバーに入ったパウロ・オリベイラの好守に阻まれた。 しかし38分、劣勢のエイバルが先制する。左CKからニアサイドのパウロ・オリベイラがうまくヒールで逸らし、ファーサイドのブルゴスが押し込んだ。 迎えた後半開始3分、エイバルはCKの流れでボックス内のパウロ・オリベイラがモスケラに倒されてPKを獲得しかけるが、VARの末にファウルはなかったとして判定が覆った。 追加点を奪い損ねたエイバルは乾を中心に前からプレスをかけるも、徐々にウエスカに決定機を許していく。 65分に武藤が2トップの一角に入り、キケ・ガルシアとコンビを組んだエイバルに対し、ウエスカが67分に同点とする。右サイドからのペドロ・ロペスのクロスをラファ・ミルがヘディングシュートで決めた。 1-1となって以降はウエスカが主導権を握る中、武藤が全くボールに触れないエイバルは凌ぐ時間が続く。結局、試合は1-1のまま終了。劣勢を強いられたエイバルだったが、勝ち点1を持ち帰っている。 2020.11.07 23:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第9節プレビュー】岡崎復帰で乾&武藤と日本人対決へ! 不振バルサはベティス戦

先週末に行われた第8節ではマドリード勢が揃って快勝を収めた一方、バルセロナとセビージャが再び取りこぼして明暗分かれる結果となった。 2020年最後のインターナショナルマッチウィークを控える中で開催される今節はFW岡崎慎司擁するウエスカと、MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁するエイバルの日本人対決に注目だ。 開幕から5戦未勝利と苦戦が続くウエスカは、前節のレアル・マドリー戦でも前半30分過ぎまでは格上を相手に堂々たるパフォーマンスを見せたものの、個の力の差を見せつけられて最終的に1-4で敗戦。内容面はそこまで悪くないだけに生みの苦しみが続いている。そういった中、今節ではチームに泥臭さとゴールをもたらすことが期待される岡崎の戦列復帰が見込まれる。先月の代表戦前のエルチェ戦でハムストリングを負傷して以降、直近3節を欠場してきたが、現在はチームトレーニングに復帰しており、満を持してこのエイバル戦で復帰することになる。 対するエイバルは前節、序盤戦で主役となりつつある昇格組カディスを相手に0-2の敗戦を喫し、4戦ぶりの黒星となった。開幕からスタメン出場を続けている乾は同試合でも先発を飾ったが、チームのシステム変更の煽りを受けて前半終了時にベンチに退く悔しい一戦に。武藤に関しては試合終盤に途中出場も、見せ場を作れず、ポジション奪取に向けてはもの足りない一戦となった。乾と岡崎の出場が濃厚な中、武藤に早い段階で出番が訪れれば、ラ・リーガ史上初となる日本人3選手によるピッチ上の競演も期待されるところだ。 前節、ウエスカを破ってリーグ連勝中の2位マドリーは、直近3敗1分けで13位に低迷するバレンシアとのアウェイゲームで3連勝を狙う。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のインテル戦ではFWロドリゴ、FWヴィニシウスの若手ブラジル人コンビの活躍により、2度のリードを追いつかれた接戦を3-2 で勝ち切って初白星を挙げており、チーム状態は良好だ。その勢いに乗って敵地メスタージャで不振の相手を撃破したい。 6戦2失点という持ち味の堅守に加え、ここに来てFWスアレスとFWフェリックスの2トップ、脇を固めるMFマルコス・ジョレンテなど、攻撃陣の充実ぶりが光る4位のアトレティコは、前節オサスナを3-1で下して今季初のリーグ3連勝を飾った。4連勝を狙う今節は5戦無敗で同勝ち点で並ぶ5位のカディスという難敵と対戦する。ミッドウィークのCLではロコモティフ・モスクワを相手に内容では圧倒も、1-1のドローに終わっており、堅守を特長とするカディス相手にはフェリックスを中心に決め切る勝負強さが求められる。 直近4戦未勝利と苦しい船出となっている12位のバルセロナは、7位のベティスをホームに迎え撃つ一戦で5戦ぶりの白星を狙う。前節のアラベス戦では後半半ばに退場者を出したアラベスの粘りの守備をこじ開けられず、痛恨の1-1のドローに。また、CLではディナモ・キエフ相手に2-1の勝利を収めたものの、ホームゲームとしてはもの足りない内容での辛勝となった。ここまで4勝4敗と出入りは激しいものの、確かな実力を持つベティスとの試合では流れの中でノーゴールが続くエースFWメッシの活躍に期待したい。 MF久保建英を擁する3位のビジャレアルは、ファウルを辞さないハードなプレーと堅守が売りの8位ヘタフェとのアウェイゲームで連勝を狙う。前節のバジャドリー戦では今季未勝利の格下相手に前半奪った2点のリードを最後まで守り切り、危なげない勝利に。また、直近のヨーロッパリーグ(EL)では豪雨によるピッチコンディション不良でキックオフが1時間遅れるアクシデントに見舞われた中、マッカビ・テルアビブを相手に4-0の圧勝。その試合で先発フル出場した久保は正確なクロスで2点目をアシストするなど、上々のパフォーマンスを披露した。ただ、中2日でのランチタイムキックオフということもあり、途中出場の可能性が高そうだ。 その他では4強を抑えて首位に立つ絶好調のレアル・ソシエダがホームに6位のグラナダを迎える上位対決。リーグ3連敗の中、直近のCLでFCクラスノダールに数的不利を撥ね返す劇的な逆転勝利を掴んだセビージャがオサスナ相手に連敗ストップを目指す一戦に注目だ。 《ラ・リーガ第9節》 ▽11/6(金) 《29:00》 エルチェ vs セルタ ▽11/7(土) 《22:00》 ウエスカ vs エイバル 《24:15》 バルセロナ vs ベティス 《26:30》 セビージャ vs オサスナ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs カディス ▽11/8(日) 《22:00》 ヘタフェ vs ビジャレアル 《24:15》 レアル・ソシエダ vs グラナダ 《26:30》 レバンテ vs アラベス バジャドリー vs アスレティック・ビルバオ 《29:00》 バレンシア vs レアル・マドリー 2020.11.06 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アザールが約1年ぶりの今季初ゴール! ベンゼマもドブレーテ達成でマドリーが岡崎欠場ウエスカに快勝!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第8節、レアル・マドリーvsウエスカが10月31日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、ホームのマドリーが4-1で勝利した。なお、ウエスカFW岡崎慎司はコンディションの問題で招集外となった。 マドリーは前節、敵地でバルセロナとのエル・クラシコを3-1のスコアで制し、公式戦連敗をストップ。だが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではボルシアMGを相手に、終盤の連続ゴールで辛くも勝ち点1を持ち帰る低調なドローに終わった。 来週ミッドウィークにCLグループステージ突破に重要なインテル戦を控える中、大幅なターンオーバーも見込まれたが、ジダン監督は先発4人の変更に留めた。メンディ、ヴァラン、クロース、ヴィニシウスに代えてミリトン、マルセロ、モドリッチを起用した他、そのボルシアMG戦で今季初出場を飾ったアザールがラ・リーガ初出場をスタメンで飾った。 昇格組相手に圧倒する入りが期待されたホームチームだが、開始7分にボックス右へ抜け出したラファ・ミルに際どいファーストシュートを許すなど、序盤はイーブンの戦いを強いられる。 相手の質の高いビルドアップに対してなかなかボールの奪いどころを定め切れず、マイボール時も中央をきっちり固める相手に攻め手を見いだせない。そのため、前半半ば過ぎまではミドルシュートやセットプレーからのセルヒオ・ラモスのヘディングシュートなど、チャンスは限られた。 それでも、直近のボルシアMG戦で爆発を予感させる好パフォーマンスを見せていた背番号7が圧巻の個人技で均衡を破る。40分、ボックス手前でバルベルデから足元にパスを受けたアザールが鮮やかなターンで前向きの状態を作って左足を一閃。威力、コース申し分ないミドルシュートがゴール左隅を射抜いた。 アザールの昨年10月のグラナダ戦以来となる約1年ぶりのゴールで先手を奪ったマドリーは、前半終了間際にも相手を突き放す2点目を奪い切る。45分、右サイド深くでボールを持ったルーカス・バスケスのファーを狙ったクロスをDFマフェオが手前で被ると、冷静に胸トラップしたベンゼマが角度のないところから左足のシュートを流し込んだ。 この連続ゴールにより、2点リードで試合を折り返したマドリーは後半も攻勢を仕掛けると、早い時間帯に試合を決定付ける3点目を奪う。54分、ボックス左でキープしたベンゼマから柔らかなパスを受け取ったバルベルデがボックス右から右足アウトにかけた鋭いシュートをゴール左隅に突き刺した。 これにより勝利を確信したジダン監督はすでに投入したメンディに続き、60分過ぎにはアザール、アセンシオ、バルベルデを下げてロドリゴと共に、ここ最近何かと話題のヴィニシウス、イスコを投入。さらに、出ずっぱりのカゼミロに代えてクロースを投入し、試合終了まで20分余りを残して交代枠5枚を使い切った。 そういった中、74分には守備陣が一瞬の隙を突かれて右サイドを崩され、ラファ・ミルの絶妙なクロスからフェレイロに一矢報いるボレーシュートを決められる。 これでクリーンシートを逃がすことになったが、試合終了間際にはマルセロの左クロスをファーのロドリゴが頭で折り返したところを、ゴール前のベンゼマがワンタッチで流し込み、ドブレーテを達成。 このまま逃げ切ったマドリーが今季初出場のアザールのゴールなど、実り多き内容でインテル戦に弾みを付ける4-1の快勝を飾った。 2020.11.01 00:09 Sun
twitterfacebook
thumb

ウエスカ岡崎慎司、レアル戦も欠場の見通し 負傷から3週間も間に合わず

ウエスカに所属する日本代表FW岡崎慎司の復帰はまだ先だという。 岡崎はラ・リーガ開幕から5試合連続で先発出場が続いたが、3日に敵地で行われたラ・リーガ第5節のエルチェ戦で左足の太もも裏を負傷して40分に途中交代した。 そのケガの影響で今月の代表ウィークにオランダ遠征を実施した日本代表の合流辞退となり、ウエスカもグレード1の左足ハムストリング負傷を公表。全治2〜3週間の見込みも明らかにして、ここリーグ戦2試合を欠場している。 スペイン『アス』によると、岡崎は31日に行われるラ・リーガ第8節のレアル・マドリー戦での復帰を目指しているが、間に合いそうにない模様。クラブのメディカル陣もリスクを避けたく、引き続き欠場する見通しのようだ。 昨夏にスペイン挑戦を果たして以来、ラ・リーガの舞台でレアル・マドリーとの対戦を夢に抱いてきた岡崎だが、それは次回に持ち越しとなるものとみられる。 2020.10.30 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司所属のウエスカが元バルサのFWサンドロ・ラミレスをフリーで獲得

岡崎慎司が所属するウエスカは5日、エバートンのスペイン人FWサンドロ・ラミレス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 フリートランスファーでの加入となり、契約期間は2023年6月30日までの3年間となる。 サンドロは、バルセロナのカンテラ出身で2015年7月にファーストチーム昇格。2016年7月にマラガへ完全移籍すると、2017年7月にはエバートンへ完全移籍していた。 エバートン加入後は、セビージャ、レアル・ソシエダ、レアル・バジャドリーへとレンタル移籍を経験。2019-20シーズンはラ・リーガで24試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。 エバートンでは公式戦16試合の出場に止まり、1ゴール2アシストを記録するに終わった。 トップのほか、両ウイングでもプレーできるサンドロは、ラ・リーガ通算で108試合に出場し19ゴール9アシストを記録。昇格組のウエスカにとっては大きな補強となった。 2020.10.06 09:50 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly