初ゴールも負傷交代の遠藤渓太、来週から練習復帰 ウニオン・ベルリンが発表

2020.11.19 11:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウニオン・ベルリンに所属する日本代表MF遠藤渓太が来週にも復帰の見通しだという。今夏に横浜F・マリノスからウニオン・ベルリンに加わり、欧州挑戦を果たした遠藤。7日に行われたブンデスリーガ第7節のビーレフェルト戦を初先発で飾り、3分に初ゴールを記録したが、右ハムストリングを痛め、20分にピッチを後にした。

その影響で今月の日本代表活動にも招集されなかった遠藤だが、所属先が17日に明らかにしたところによれば、ウニオン・ベルリンが17日に明らかにしたところによれば、週明けからチームに合流できる見込みのようだ。

これにより、遠藤は代表ウィーク明けの22日に敵地で行われるケルンとのブンデスリーガ第8節を欠場へ。来週28日に本拠地で予定する第9節のフランクフルト戦での復帰となりそうだ。

なお、ウニオン・ベルリンは遠藤とともにケガの問題を抱えるDFニコ・シュロッターベックとMFクリスティアン・ゲントナーの状況も報告。遠藤と打って変わり、しばらく離脱を強いられる模様だ。
コメント
関連ニュース
thumb

鎌田2アシストのフランクフルトが遠藤渓太欠場のウニオンと打ち合い3-3ドロー!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第9節、ウニオン・ベルリンvsフランクフルトが28日に行われ、3-3で引き分けた。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は欠場し、フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、DF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節ケルン戦を競り勝って3連勝とした6位ウニオン・ベルリン(勝ち点15)は、前々節の試合でハムストリングを痛めた遠藤が引き続き欠場となった。 一方、前節ライプツィヒ戦を引き分け5試合勝利のない11位フランクフルト(勝ち点11)は、鎌田が開幕から9試合連続スタメンとなった一方、長谷部が前節に続いてベンチスタートとなった。 試合は開始2分に動く。左クロスをGKトラップがファンブルしたところをアンドリッヒが詰めてウニオンが先制した。 さらに4分、鎌田のボールロストからショートカウンターを受けると、ボックス内に侵入したタイウォがヒンテレッガーに倒されてPKを獲得。このPKをクルーゼが決めてウニオンに追加点が生まれた。 2点をリードしたウニオンは自陣に引いてカウンターを狙う展開とすると、11、15分とタイウォが決定的なシュートを浴びせて主導権を握り続ける。 フランクフルトの反撃は24分。ボックス左からコスティッチが決定的なシュートを放つと、27分に1点を返す。敵陣でボールを奪った流れから鎌田の右クロスをファーサイドのアンドレ・シウバが詰めきった。 鎌田のアシストで反撃の狼煙を上げたフランクフルトは36分、左サイドからのコスティッチのFKをニアサイドのアンドレ・シウバがバックヘッドでうまく逸らしてゴールに流し込み、一気に同点とした。 迎えた後半、52分にドストのヘディングシュートで逆転ゴールに迫ったフランクフルトだったが、その後は膠着状態に陥る。 そんな中79分にフランクフルトが逆転する。鎌田がスルーパスに抜け出してボックス右に侵入。クロスを入れ、ドストが合わせた。 鎌田の2アシスト目で逆転したフランクフルトだったが、87分に追いつかれる。ボックス手前中央のクルーゼがミドルシュートを叩き込んだ。 このまま3-3で終了。鎌田が2アシストと活躍したフランクフルトだったが、3-3の引き分けに終わり、6戦勝利なしとなっている。 2020.11.29 01:53 Sun
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリンに痛手…代表戦で負傷のポヒャンパロが左足首手術で長期離脱へ

ウニオン・ベルリンは16日、フィンランド代表FWヨエル・ポヒャンパロが負傷したことを発表した。 ポヒャンパロは、15日に行われたUEFAネーションズリーグのブルガリア代表戦(2-1で勝利)出場したが、前半半ばに左足首を負傷。35分にFWマーカス・フォルスとの交代を余儀なくされた。その後、フィンランド連盟(SPL)は16日にフィンランド代表からの離脱を発表した。 ウニオン・ベルリンの発表によれば、その後の精密検査の結果、左足首に重度の損傷が確認され、手術が必要なことが明らかとなった。なお、離脱期間に関しては長期とだけ発表している。 2013年にレバークーゼンに加入したポヒャンパロは、アーレンとデュッセルドルフへのレンタル移籍を経て、2016-17シーズンからトップチームでプレー。ボルシアMGとの開幕戦では、途中出場から1ゴールをマーク。続く第2節ハンブルガーSV戦でも途中出場からハットトリックを決め、一時新たな逸材ストライカーの誕生と話題を集めた。 しかし、鮮烈なデビューから一転、以降は度重なるケガに苦しめられ、レバークーゼンではゴールはおろか出場機会を得られない厳しい状況が続いていた。それでも、今年1月に半年間のレンタル移籍で加入したハンブルガーSVでは、ブンデスリーガ2部で14試合9ゴールをマーク。今夏にレンタルで加入したウニオン・ベルリンでは、ここまでブンデスリーガ6試合に出場し2ゴールを挙げていた。 2020.11.17 07:38 Tue
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリンの躍進支える守護神ルセ「カリウスとの競争が僕をより良くした」

ウニオン・ベルリンのドイツ人GKアンドレアス・ルセがGKロリス・カリウスとのポジション争いを歓迎している。ドイツ『キッカー』が伝えた。 昨季からブンデスリーガに昇格したウニオン・ベルリンは今季のここまで7試合を消化し、3勝3分け1敗で5位の位置につける躍進。加えて、ここまでの得点数「16」はバイエルンに次ぐリーグ2位の数字となっている。 そんな好調の攻撃陣を後ろで支える守護神が、今夏にアウグスブルクから移籍してきたルセだ。アウグスブルクでは控えの扱いだったが、ウニオン・ベルリンではリバプールから移籍してきたカリウスとのポジション争いを制して、ここまで公式戦全試合に出場している。 ドイツ『kicker meets DAZN』に出演したルセは、好調ながら注目度の低いチームについて「過大評価されるよりは過小評価の方が良い。今は僕にとって好きな状態だ」と語るとともに、今夏に移籍を決断した理由も明かした。 「アウグスブルクで過ごした4年間は素晴らしかった。とても楽しい時間を過ごしたよ。ただ、クラブが僕を完全に信頼してくれているという感覚は一度もなかった」 「プロのフットボーラーである以上、柔軟性は持たなければならないと思う。1つの場所にしがみつくことはできないんだ」 また、ルセはインタビューのなかで自身が加入した後に移籍が発表されたカリウスについても触れており、熾烈なポジション争いが自分を成長させると考えているようだ。 「クラブに加入した初日から、まだ(GK補強の)動きはあると思っていた。それについては、クラブもはっきり伝えてくれていたしね」 「ポジション争いのストレスはないよ。ロリスの存在は僕に危機感を抱かせてくれる。彼がいるおかげで僕は悪くなるどころか、むしろ良くなっているんだ」 2020.11.10 15:39 Tue
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太が初先発初ゴールも前半で負傷交代…堂安との日本人対決はウニオン・ベルリンが快勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第7節のウニオン・ベルリンvsビーレフェルトが7日に行われ、5-0でウニオン・ベルリンが快勝した。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は3分に移籍後初ゴールを記録するも20分に負傷交代、ビーレフェルトのMF堂安律は82分までプレーした。 前節3試合ぶりの白星を飾った8位ウニオン・ベルリンが、本拠地に4連敗中の15位ビーレフェルトを迎えた一戦。ウニオン・ベルリンの遠藤は左MFで移籍後初スタメン、ビーレフェルトの堂安は右MFで7試合連続のスタメンとなった。 遠藤のミドルシュートで幕を開けた一戦は、ウニオン・ベルリンが開始早々にゴールネットを揺らす。3分、クルーゼのパスで右サイドを抜け出したベッカーがボックス右から折り返しを供給すると、ゴール前の遠藤が冷静に流し込んだ。ベッカーのオフサイドの可能性からVARのレビューが入るも、無事ゴールが認められた。 遠藤の移籍後初ゴールで先制したウニオン・ベルリンは、13分にも左サイドを持ち上がったクルーゼの折り返しをペナルティアーク内のアンドリッヒがダイレクトシュート。これがゴール左に突き刺さった。 幸先良く2点を奪ったウニオン・ベルリンだったが、18分にアクシデント。プレー中に左もも裏を痛めた遠藤がプレー続行不可能となり、メディカルスタッフと共に歩いてピッチを後に。ゴギアが緊急投入された。 相手のハイプレスと激しい寄せに苦戦するビーレフェルトは、思うように攻撃の形を作れず。堂安も相手の素早い寄せになかなか前を向いてプレーをさせてもらえない。 すると、ウニオン・ベルリンは前半終了間際に追加点を奪う。47分、クルーゼのスルーパスでボックス右に抜け出したベッカーが、GKのニアを抜く巧みなダイレクトシュートをゴールに流し込んだ。 ハーフタイムに3人の選手交代を敢行したビーレフェルトだったが、後半も先にスコアを動かしたのはウニオン・ベルリン。51分、敵陣でパスカットしたベッカーが左に展開すると、ボックス左から縦に仕掛けたゴギアがピーペルに倒されてPKを獲得。このPKをクルーゼがゴール左隅に決めた。 リードを広げられたビーレフェルトは、79分にペナルティアーク手前でFKを獲得すると、堂安が直接ゴールを狙ったがボールは壁に当たり相手GKにキャッチされた。 試合を締めにかかるウニオン・ベルリンは、89分に途中出場のトイヒャートが2試合連続となるゴールでダメ押し。ブンデスリーガでクラブ最多となる5得点を挙げ快勝した。一方、4試合連続で複数失点を喫してしまったビーレフェルトはリーグ戦5連敗となっている。 2020.11.08 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太不出場のウニオン、10人のホッフェンハイムに勝利で2勝目《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは2日、ブンデスリーガ第6節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。ウニオンのMF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 遠藤が3試合連続途中出場を果たした前節フライブルク戦を1-1で引き分け1勝3分け1敗スタートとなったウニオンは、遠藤が今節もベンチスタートとなった。 試合はカウンターを狙うウニオンがより多くゴールに迫っていく。まずは10分、カウンターからタイウォが決定的なシュートを浴びせれば、21分にもCKからタイウォに決定機が訪れた。 そして40分にはグリースベックがゴール至近距離からダイビングヘッドを放つも、GKバウマンのビッグセーブに阻まれる。あと一歩でゴールが奪えないウニオンは追加タイムにピンチを迎えたが、ダブールのヘディングシュートはGKルセが好守で凌ぎ、0-0で前半を終えた。 それでも迎えた後半、一進一退の攻防で立ち上がった中、58分にPKを獲得する。グリースベックがスルーパスに抜け出してボックス右に侵入したところをスコフに後方から倒された。スコフには一発レッドカードが提示され、ウニオンは数的優位となった。 このPKをクルーゼが決めて先制したウニオンが主導権を握り続けていたが、80分に一瞬の隙を突かれてダブールに同点ゴールを許してしまう。 それでも85分、途中出場のポヒャンパロがクルーゼのラストパスを押し込んで勝ち越しに成功すると、追加タイムにトイヒャートがダメ押し弾を決めて勝負あり。ウニオンが2勝目を挙げている。 2020.11.03 06:31 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly