リシャルリソン、自身への踏み付けで退場カバーニに「骨折してたかも。だけど、悪意はなかった…」

2020.11.18 22:07 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジル代表FWリシャルリソンが、自身への危険な踏み付けで退場処分となったウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニについて言及した。イギリス『ミラー』が伝えている。

ブラジルは17日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第4節でウルグアイ代表と対戦し、2-0で勝利を飾った。

同試合で先発出場し、チームを勝利に導く貴重な追加点を記録したリシャルリソンだが、同試合の後半半ばにはあわや重傷というアクシデントに見舞われていた。
69分、ピッチ中央でドリブルを仕掛けたリシャルリソンは、後方から追いかけてきたカバーニに右足をスパイクされてピッチでもんどりうった。このファウルに対して主審はイエローカードを掲示したが、オンフィールドレビューの末にウルグアイ代表FWに対してレッドカードを掲示した。

そして、リシャルリソンはこの直後にFWエヴェルトンとの交代を強いられていた。

重傷も懸念されたリシャルリソンだったが、幸いなことに大事には至らず。試合後にはこのプレーに関して自身の見解を示している。

0-2のビハインドによるフラストレーション、近くに味方DFマルティン・カセレスがいたことを考えれば、カバーニのプレーは故意、あるいは行き過ぎたプレーに見えたが、リシャルリソンはプレー自体の危険性は認めながらも、あくまで「ボールの奪い合い」だったと偶発的なプレーであったと考えているようだ。

「個人的には単なるボールの奪い合いだったと思う。ただ、彼の足は少し上に行き過ぎていた感じだったね」

「もし、自分の足が芝に引っかかっていたら、足首を骨折していたかもしれない。だけど、彼に悪意はなかったと思っているよ」

「彼はボールを取ろうと試みていたけど、それがうまくいかなかっただけさ」

ひとつ間違えば、重傷を負う可能性もあったリシャルリソンだが、カバーニに対して非常に寛大な反応を示した。

なお、所属するエバートンではリバプールとのマージーサイド・ダービーでスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラへのアフターチャージで一発退場となっていたリシャルリソンは、3試合の出場停止処分を科されていた。しかし、22日に開催されるフルアム戦で出場停止が明ける。

関連ニュース
thumb

元日本代表監督のザッケローニがカタールW杯の優勝国を予想「選手層とクオリティが違う」

元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、ブラジルのカタール・ワールドカップ優勝を予想している。 先月20日に開幕したカタールW杯も決勝トーナメントまで進み、オランダやアルゼンチン、イングランドにフランスなど、大会前から優勝候補と目されていた強豪が順当に勝ち上がっている。 日本も史上初のベスト8を目指して5日にクロアチア戦が控える中、かつて日本を率いてブラジル大会に臨んだザッケローニ氏が、イタリア『Rai Radio』のインタビューで今大会の結果を予想。フランス擁するキリアン・ムバッペは驚異的な存在だとしながらも、今回からの新ルールや選手層の厚さからブラジルが最有力とみているようだ。 「ブラジルが優勝候補だろう。5人交代制が彼らを有利にしている。ただ、ムバッペは常軌を逸した存在だ。フランスとブラジルの決勝戦? ありそうだね」 「ムバッペは違いを生む。昨日のポーランドはほとんど深い位置を取られなかったが、彼にやられてしまった。唯一無二の足を持っており、ボールを持つたびに守備陣をパニックに陥れる。調子が良い日の彼を止めす術はない」 「ブラジルは、これまで失点しないことだけを考えるチームと戦ってきたため、得点するのに苦労してきた。しかし、最後には祖国にトロフィーを持ち帰ることができるだろう。層の厚さと5人交代制のおかげでね」 「5つの交代枠がワールドカップを良い方向に狂わせた。そのおかげでチームは最後までクオリティを保つことができる」 「イングランド? 彼らはサプライズを起こすことができる。とてもソリッドなチームで、スピードがあり、前線にはずる賢いケインがいる。しかし、私はブラジルが有利と見ている。彼らの持つクオリティは凄まじいのだ」 2022.12.05 19:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「非人道的であり、公平ではない」奇跡のGS突破を果たした韓国指揮官が日程に怒り、激闘から中2日でのブラジル戦に「我々は努力し、諦めない」

劇的な逆転勝利でラウンド16に進出した韓国代表。しかし、パウロ・ベント監督は、日程に怒りを露わにした。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 韓国は、グループステージ最終節を2日に戦い、ポルトガル代表と対戦。勝たなければいけない試合で開始5分に失点も、後半アディショナルタイムのゴールで逆転勝利を収めていた。 その後、同時刻に開催されたガーナ代表vsウルグアイ代表の試合終了を待ち、逆転でのグループステージ突破が決まっていた。 その熱戦から中2日、ラウンド16の試合でブラジルと対戦する韓国だが、パウロ・ベント監督は国際サッカー連盟(FIFA)が決めた試合日程に苦言を呈し、あり得ないとした。 「2018年に起こっていたことを見ていたが、72時間ということはなかったと思う。4、5日はあったが、72時間はなかった」 「非人道的であり、公平ではない」 「ただ、我々はFIFAが望んでいるこの現実を受け入れるしかない」 「ブラジルのような偉大なチームと争うことはすでに困難だ。世界チャンピオンになるための最強の候補だが、こういった制約により、我々の仕事はより困難になる。ただ、我々は努力し、諦めない」 あまりにも時間がない中での試合となる韓国。もちろんブラジルも同じ状況ではあるが、この日程ではトレーニングなどできないとコメント。実際に練習はしていないことを明かし、すでにグループステージ突破を決めていたブラジルのようなメンバー変更ができなかったことを語った。 「72時間後にピッチでこういった試合に向けた準備をすることは不可能だ。ビデオを通じて行った」 「前の試合で肉体的、精神的に疲れ果てた後、誰も準備することはできなかった。チームにとって、ブラジルよりも我々にとって、大きな恥を生むこととなってしまった。ブラジルのメンバーは前の試合で変更されている」 2022.12.05 18:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ブラジル主将チアゴ・シウバが韓国を最大限警戒「超難関グループを突破した実力がある」

ブラジル代表DFチアゴ・シウバが、カタール・ワールドカップのラウンド16で対戦する韓国代表に最大限の警戒を示している。 最有力の優勝候補として臨むブラジル代表は、グループステージを首位通過し。5日に韓国代表と対戦する。ただ、ネイマールをはじめ、ガブリエウ・ジェズスやアレックス・テレスがケガでの離脱を余儀なくされており、決して順調とは言えない状況だ。 満身創痍で臨むノックアウトステージに向けて、キャプテンのチアゴ・シウバは韓国を厳重警戒。ポルトガルやウルグアイ、ガーナといった強豪ひしめくグループを突破した実力を高く評価しているようだ。 「この試合はとても難しい。韓国のクオリティはわかっているからね。彼らはボールを保持して攻撃的なサッカーを好む。予選突破のためには、彼らの勢いを最小限に抑えなければならないし、そのためにハードワークしなければならないだろう」 「前回の対戦(6月の親善試合でブラジルが5-1で勝利)はこのレベルの試合とは全く関係ない。非常に難しい試合だが、僕が言えることは、準備はしておくということだ」 「今日も僕らは韓国とのこのタフな試合に立ち向かうために身体を鍛えているよ。簡単だとは決して思えない。彼らは超難関なグループを突破したんだ」 2022.12.05 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウスがナイキとのスポンサーシップ解除を要求…以前から関係は悪化

レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウスが、個人契約を結んでいる『ナイキ』との契約解除を求めているようだ。ブラジル『O Globo』が伝えている。 ヴィニシウスとナイキのスポンサーシップは、ヴィニシウスが13歳の頃からスタートしている。試合でナイキが誇る名器『マーキュリアルシリーズ』を履く姿はすっかりお馴染みとなった。 2028年まで契約を結んでいるものの、現在はその関係が悪化しているとのこと。『O Globo』によれば、両者は数カ月前から対立しており、ヴィニシウスはナイキ主催のイベントへの参加を拒否する姿勢を見せていたという。 そして、今回のカタール・ワールドカップでナイキがマーキュリアルシリーズの旧モデルの着用を求めたことが追い討ちをかけ、ついにヴィニシウスは弁護士に契約を打ち切るよう指示を出したようだ。 なお、昨季のチャンピオンズリーグでもヴィニシウスは旧型のスパイクを履いてプレー。当時から契約解除に向けた法的手続きは始まっていたようだ。 2022.12.05 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

2試合欠場のネイマール、ラウンド16韓国戦出場へ

パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールが5日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16の韓国代表戦に出場するようだ。ブラジル代表を率いるチッチ監督が明かしている。 ネイマールは11月24日に行われたW杯初戦のセルビア代表戦で先発するも、後半30分過ぎにDFニコラ・ミレンコビッチに削られて負傷。右足首の外側靭帯損傷と骨の腫れがあり、スイス代表戦、カメルーン代表戦を欠場していた。 だが、韓国戦前日会見に臨んだチッチ監督は「今日(4日)の午後にトレーニングをし、問題がなければプレーするだろう」とゴーサインを出した。 20年ぶりのW杯優勝へ、一発勝負が始まるノックアウトラウンドを前に頼れる王国のエースが戻ってくるようだ。 2022.12.05 01:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly