セルビア代表、ミリンコビッチ=サビッチら3名が新型コロナ陽性

2020.11.18 20:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルビアサッカー連盟(FSS)は18日、セルビア代表の3選手が新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。FSSによると、検査の結果陽性反応を示したのは、ラツィオのMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ、エラス・ヴェローナのMFダルコ・ラゾビッチ、バーゼルのGKドルデ・ニコリッチの3選手とのことだ。


セルビアは18日にUEFAネーションズリーグ2020-21のリーグB・グループ3でロシア代表と対戦する予定だったが、その試合に向けた検査で陽性反応を示したとのことだ。

また、フィジオセラピストの1名も陽性反応を示しているとのこと。残りの選手やスタッフは陰性とのことだ。
関連ニュース
thumb

元セルビア代表のマティッチがポルトガル代表MFブルーノに痛烈なイジり! 代表戦での誤審問題をネタに…

マンチェスター・ユナイテッドの元セルビア代表MFネマニャ・マティッチが、同僚であるポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスに対して、先日の代表戦での誤審問題をイジった。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 ユナイテッドで良好な関係を築くマティッチと、B・フェルナンデスの母国であるセルビアとポルトガルは、27日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第2節で対戦。試合が2-2のドローに終わった中、大きな物議を醸したのが、ポルトガルの劇的決勝点が取り消された誤審問題。 この試合の後半アディショナルタイムには、左サイドからのフィードに反応したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが右足ダイレクトで合わせたボールがゴールラインを割ったように見えたが、セルビア代表FWアレクサンデル・ミトロビッチがかき出し、審判団はゴールを認めず、試合を続行。結局、試合は2-2のドローに終わっていた。 その後、激昂したC・ロナウドがキャプテンマークを投げつける不適切な行為や、試合後の主審の謝罪も大きな話題となっていた。 その一戦をピッチで戦い、誤審の被害者の1人となったB・フェルナンデスに対して、自身は2019年に引退も判定の恩恵を受けた側のマティッチは、「あれは不運だったな」と同僚のサポートを行うかに思われたが、ブラックユーモアを好む男は逆のアプローチを実行した。 マティッチは30日午前にキャリントンのロッカールームにあるB・フェルナンデスのロッカーに前述の誤審場面のキャプチャー画像を引き延ばしたポスターを貼り付けた。そして、SNS上に投稿した画像には「(ボールは)ライン上にある。これでハッキリしたか?」とのキャプションが付け加えられていた。 なお、このポスターはボールがラインを割る寸前の場面を切り取ったものであり、SNS上には丁寧にC・ロナウド、B・フェルナンデスの名前がタグ付けされるという、鬼畜じみた投稿となった。 なお、かつてベンフィカでプレーしたマティッチと、スポルティング・リスボンでプレーしていたB・フェルナンデスに関しては、昨年6月にもマティッチがソーシャル・ディスタンスと互いの古巣の戦績をかけた「ベンフィカとスポルティングの間ではいつも適切な距離が保たれてるな」という、痛烈なジョークをかましたことが話題になっていた。 <span class="paragraph-title">【画像】傷心の同僚に鬼畜の所業?</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Nemanja Matic leaves a nice surprise on Bruno Fernandes&#39; locker for when he returns to Manchester <a href="https://t.co/5SzRcFYsXX">pic.twitter.com/5SzRcFYsXX</a></p>&mdash; Serbian Football (@SerbianFooty) <a href="https://twitter.com/SerbianFooty/status/1376865616288743428?ref_src=twsrc%5Etfw">March 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.30 23:58 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの行為にはノーコメントのストイコビッチ監督、物議を醸した場面は「間違いもスポーツの一部」

セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督が、物議を醸しているシーンについて見解を語った。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 セルビア代表は27日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第2節でポルトガル代表と対戦。試合は2-2のドローに終わった。 ストイコビッチ監督の初陣となったアイルランド代表戦を3-2で逆転勝利し、連勝を目指したセルビアだったが、前半にポルトガルに2点をリードされてしまう。 しかし、後半に反撃。46分にアレクサンダル・ミトロビッチのゴールが決まり1点を返すと、60分にはフィリップ・コスティッチのゴールが決まり同点とする。 このまま同点かと思われた後半アディショナルタイムにクリスティアーノ・ロナウドがボレーシュート。これが無人のゴールに入ったと思われたが、カバーに戻ったDFステファン・ミトロビッチがボールを掻き出すと、主審はノーゴールの判定とし、2-2の引き分けに終わった。 このシーンは大きな物議を醸し、抗議したC・ロナウドはイエローカードを受けると、怒りが収まらずにキャプテンマークを投げ捨てて試合終了前にピッチを去る事態に発展していた。 ストイコビッチ監督は、C・ロナウドがキャプテンマークを投げ捨てた行為に対してはコメントを拒否したものの、今回の件について自身の見解を述べた。 「良いか悪いかに関わらず、レフェリーの決定についてはコメントしない。ミスもスポーツの一部だ」 「私はその状況を見ていない。そのゴールを見た時には、何かをコメントするかもしれない」 また、試合に関しては「とても面白かった。前半はポルトガルのものだったが、後半は我々のものだった」とコメント。「我々にとっては、2つのゴールを取り戻さなければならなかったので、間違いなく難しかったが、選手たちは勇敢な試合を見せ、降伏するという言葉は存在せず、現実的な結果となった」と諦めずに2点差を追いついたチームを評価した。 <span class="paragraph-title">◆C・ロナウドのシュートは完全にゴールラインを超える</span><span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1sqabq5lq8ly81tbr30iyaqzvv" async></script> 2021.03.29 10:13 Mon
twitterfacebook
thumb

物議を醸す判定でC・ロナウドの決勝弾が幻に…セルビアvsポルトガルは後味の悪いドローで終幕《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第2節のセルビア代表vsポルトガル代表が27日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 ストイコビッチ新監督の初陣となった欧州予選第1節のアイルランド代表戦を3-2で逆転勝利したセルビアは、その試合から先発を6人変更。ミトロビッチとヴラホビッチを2トップに据えた[3-4-1-2]の布陣で試合に臨んだ。 一方、24日に行われた欧州予選第1節のアゼルバイジャン代表戦をOG弾で辛勝したポルトガルは、その試合から先発を5人変更。アンドレ・シウバやペドロ・ネト、ネヴェスらに代えてジョタやダニーロ、フォンテらが先発。最前線にC・ロナウドを据えた[4-2-3-1]で、2列目は右からベルナルド・シウバ、ブルーノ・フェルナンデス、ジョタが並んだ。 予選連勝を目指す両者の一戦は、ポルトガルが11分に先手を取る。ボックス右横まで持ち上がったC・ロナウドのバックパスを受けたベルナルド・シウバがクロスを供給すると、これをファーサイドに走り込んだジョタがヘディングで叩き込んだ。 その後は一進一退の展開が続く中、セルビアが31分にチャンスを迎える。ミリンコビッチ=サビッチのスルーパスで左サイドを抜け出したコスティッチの折り返しをボックス中央のヴラホビッチがダイレクトで合わせたが、シュートは枠の上に外した。 ピンチを脱したポルトガルは36分、右サイドをオーバーラップしたセドリックがベルナルド・シウバからのパスを受けると、右クロスをゴール前のジョタが再びヘディングで叩き込み、追加点を奪った。 ポルトガルの2点リードで迎えた後半、セルビアはヴラホビッチとラゾビッチを下げてラドニッチとN・マクシモビッチを投入。すると開始早々の46分、タディッチのスルーパスで右サイド抜け出したラドニッチがボックス右深くからクロスを上げると、ゴール前のミトロビッチがヘディングシュートを突き刺し、1点を返した。 最高の立ち上がりとなったセルビアは、54分にもコスティッチの左クロスのセカンドボールをペナルティアーク手前のタディッチがハーフボレーで合わせたが、これは相手GKの好セーブに弾かれた。さらに、これで獲得した右CKからミリンコビッチ=サビッチがゴールに迫ったが、ヘディングシュートはわずかにゴール左に逸れた。 後半の主導権を握ったセルビアは、60分に自陣からのカウンターで試合を振り出しに戻す。自陣でのボール奪取から左サイドを経由して中盤のタディッチにボールが渡ると、タディッチのスルーパスを前線で受けたラドニッチがトラップで相手DFをかわしラストパス。最後は逆サイドから駆け上がったコスティッチがゴールネットを揺らした。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、後半アディショナルタイムに試合が動く。91分、中盤でロストしかけたボールを奪い返そうとしたミレンコビッチがダニーロに危険なタックルを見舞いレッドカードで一発退場。 すると数的優位となったポルトガルは94分、メンデスのアーリークロスをボックス右に駆け上がったC・ロナウドが右足ボレーであわせると、飛び出したGKの脇を抜いたシュートが無人のゴールへ。 完全にゴールラインを割ったかと思われたが、カバーに戻ったS・ミトロビッチがボールを掻き出すと、主審はノーゴールの判定を下した。 試合は直後にタイムアップ。後味の悪い形で終了を迎えた一戦はドロー決着となった。 また、同日に行われたグループA第2節のアイルランド代表vsルクセンブルク代表は、試合終盤の85分にロドリゲスのゴールで先制したルクセンブルクがそのまま逃げ切り0-1で勝利した。 ◆欧州予選グループA第2節結果 セルビア 2-2 ポルトガル 【セルビア】 ミトロビッチ(後1) コスティッチ(後15) 【ポルトガル】 ジョタ(前11) ジョタ(前36) アイルランド 0-1 ルクセンブルク 【ルクセンブルク】 ロドリゲス(後40) 2021.03.28 07:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ポルトガルが格下にOG弾で1-0勝利、ピクシー初陣のセルビアはアイルランドに逆転勝利《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ欧州予選グループA第1節の2試合が24日に行われ、ポルトガル代表はアゼルバイジャン代表をホームに迎え、1-0で勝利した。 C・ロナウドやルベン・ジアス、ベルナウド・シウバらがスタメンとなったポルトガルは[4-3-3]を採用。3トップに右からペドロ・ネト、アンドレ・シウバ、C・ロナウドと並べ、中盤アンカーにネヴェス、インサイドにモウティーニョとベルナルド・シウバを配置した。 そのポルトガルが押し込む展開とすると、カンセロが積極的にミドルシュートを放ってゴールに迫っていく。そして37分、幸運な形から先制した。右サイドからネヴェスの入れたアーリークロスをGKがパンチングで弾くと、相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 オウンゴールで先制して迎えた後半、モウティーニョに代えてブルーノ・フェルナンデスを投入したポルトガルが引き続き押し込む展開で推移したものの、チャンスを生み出すには至らない。 結局、後半も拙攻が続いたポルトガルはオウンゴールのみに終わり、格下相手に1-0の白星スタートとなった。 また、グループAもう一試合のセルビア代表vsアイルランド代表は3-2でセルビアが逆転勝利した。 ストイコビッチ監督の初陣となるセルビアはヨビッチやミリンコビッチ=サビッチ、コスティッチらをベンチスタートとした中、ヴラホビッチを最前線で起用。 ポゼッションする展開となったが、18分にブラウンのヘディングシュートで先制される。それでも40分、タディッチのヘディングでのパスを受けたボックス左のヴラホビッチが決め、1-1として前半を終えた。 迎えた後半、セルビアはDFのムラデノビッチに代えてコスティッチを投入。さらに63分、ミトロビッチを投入したセルビアは6分後にそのミトロビッチのゴールで逆転に成功する。 そして75分にもミトロビッチにゴールが生まれたセルビアがその後のアイルランドの反撃を1点に抑えて3-2で勝利。ストイコビッチ監督の初陣を白星で飾っている。 ◆欧州予選グループA第1節結果 ▽3/24(水) ポルトガル 1-0 アゼルバイジャン 【ポルトガル】 OG(前37) セルビア 3-2 アイルランド 【セルビア】 ヴラホビッチ(前40) ミトロビッチ(後24) ミトロビッチ(後31) 【アイルランド】 ブラウン(前18) コリンズ(後41) 2021.03.25 06:48 Thu
twitterfacebook
thumb

ピクシー就任のセルビア代表がメンバー発表《カタールW杯欧州予選》

セルビアサッカー協会は5日、今月末に行われるカタール・ワールドカップ(W杯) 欧州予選に向けたセルビア代表メンバー30名を発表した。 セルビア代表では3日、名古屋グランパスなどで活躍した同国のレジェンドであるドラガン・ストイコビッチ氏が監督に就任している。 そのストイコビッチ監督はMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(ラツィオ)やFWルカ・ヨビッチ(フランクフルト)、MFフィリップ・コスティッチ(フランクフルト)、MFドゥシャン・タディッチ(アヤックス)ら主力を選出。 今夏に行われる予定のユーロ2020出場を逃したセルビアは、24日にW杯欧州予選初戦のアイルランド戦を、27日にポルトガル戦を、30日にアゼルバイジャン戦を戦う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆セルビア代表メンバー30名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;"> マルコ・ドミトロビッチ</span>(エイバル/スペイン) <span style="font-weight:700;">プレドラグ・ライコビッチ</span>(ランス/フランス) <span style="font-weight:700;">ジョルジェ・ニコリッチ</span>(バーゼル/スイス) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ミラン・ガイッチ</span>(ツルヴェナ・ズヴェズダ) <span style="font-weight:700;">マルコ・ペトコビッチ</span>(バチュカ・トポラ) <span style="font-weight:700;">フィリプ・ムラデノビッチ</span>(レヒア・ワルシャワ/ポーランド) <span style="font-weight:700;">ウロシュ・スパイッチ</span>(フェイエノールト/オランダ) <span style="font-weight:700;">ストラヒニャ・パヴロビッチ</span>(セルクル・ブルージュ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ステファン・ミトロビッチ</span>(ストラスブール/フランス) <span style="font-weight:700;">ミロス・ヴェリコビッチ</span>(ブレーメン/ドイツ) <span style="font-weight:700;"> ニコラ・ミレンコビッチ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ネナド・クルスティチッチ</span>(AEKアテネ/ギリシャ) <span style="font-weight:700;">アンドリヤ・ジヴコビッチ</span>(PAOK/ギリシャ) <span style="font-weight:700;">ミハイロ・リスティッチ</span>(モンペリエ/フランス) <span style="font-weight:700;">ドゥシャン・タディッチ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">マルコ・グルイッチ</span>(ポルト/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">サシャ・ルキッチ</span>(トリノ/イタリア) <span style="font-weight:700;">セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">フィリップ・ジュリチッチ</span>(サッスオーロ/イタリア) <span style="font-weight:700;">イヴァン・イリッチ</span>(ヴェローナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダルコ・ラゾビッチ</span>(ヴェローナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ネマニャ・マクシモビッチ</span>(ヘタフェ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ネマニャ・グデリ</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ネマニャ・ラドニッチ</span>(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">フィリプ・コスティッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アレクサンダル・ミトロビッチ</span>(フルアム/イングランド) <span style="font-weight:700;">ルカ・ヨビッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ドゥシャン・ヴラホビッチ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ジョルジェ・デスポトビッチ</span>(ルビン・カザン/ロシア) 2021.03.05 23:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly